仮面ライダージオウ 関連記事

  • 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』製作発表記者会見に登場したISSA

    仮面ライダーファンのISSA、劇場版への出演に「涙が出ました」

    映画

     『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』製作発表記者会見が22日、都内で行われた。『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』にDA PUMPがゲスト出演&主題歌を担当すること、『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』に佐野史郎と北原里英がゲスト出演することが発表された。@@cutter 会見にはISSA、佐野、北原のほか、奥野壮、押田岳ら『仮面ライダージオウ』出演者、一ノ瀬颯、綱啓永ら『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の出演者が登壇した。  DA PUMPは『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』に歴史の管理者と名乗る謎の集団「クォーツァー」役で出演する。これまで「仮面ライダー」ファンを公言していたというISSAは「昔からずっと好きで、いつか自分も仮面ライダーになりたいと思って生きてきたので、今回、なれたことは非常に感慨深かったです。涙が出ました。それくらいうれしかったです」と真摯にその思いを語った。  しかし、ダンスを一切封印して挑んだ演技については「はたして僕らの演技がどうだったのかは分かりません。危ないかもしれない」と自信なさげで、撮影前日は「寝れませんでした」とも。これを受けて、本作の田﨑竜太監督から「めちゃくちゃ格好良かったですよ! ISSAさんの愛が出ている」と太鼓判を押されると、ようやく「それが出ていれば良かった」と笑顔を見せた。  主人公の常盤ソウゴを演じる奥野は「(ドラマシリーズを)観ている視聴者の方が、こんなことがあっていいのかと思う展開や見どころがたくさんある作品になると思います。この映画は、僕たちキャスト含めスタッフさんも、全力で撮影に臨んだ映画です。渾身の作品となっていますので、ぜひ足を運んでください」と力強くアピールした。  『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』にゲスト出演するのは、北原と佐野。リュウソウ族のユノ役での出演となる北原は「小さい頃から憧れで、絶対に誰もが通っている道である『戦隊シリーズ』に自分も関われることができて、本当にうれしかったです」と出演を喜ぶ。  一方ユノの父親ヴァルマ役の佐野は、本作が「戦隊シリーズ」3回目の出演。「ヒーローよりも悪役に感情移入してしまう子どもだったので、こうして、ヴァルマを演じさせていただくことは楽しかったです」とコメントした。さらに、「撮影現場は過酷でした。とにかく寒い! あまりにも寒くて、何をやっているか分からなくなった」と撮影の裏話を明かして会場を盛り上げた。  『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』は7月26日より全国公開。

  • 『仮面ライダージオウ』より

    中村優一が“響鬼”に!? 『仮面ライダージオウ』響鬼編スタート

    エンタメ

     平成仮面ライダーシリーズ最終作『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系/毎週日曜9時)では、平成から令和への変わり目となる第33話(4月28日)と第34話(5月5日)に、シリーズ第6作『仮面ライダー響鬼』(2005年1月~2006年1月)で仮面ライダー響鬼/ヒビキの弟子となった桐矢京介役の中村優一と、仮面ライダー轟鬼/トドロキ役の川口真五が友情出演。それぞれ当時の役を演じ、シリーズ中でも異色だった楽器を使う“音撃戦士”たちが復活する。@@cutter 未来の自分=“最凶最悪の魔王”オーマジオウと肩を並べようとするソウゴ(奥野壮)と、そんな彼を支援するゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)。一方、オーマジオウが支配する世界ではない違う未来を構築しようと平成仮面ライダーのライドウォッチを狙うスウォルツ(兼崎健太郎)、ウール(板垣李光人)、オーラ(紺野彩夏)のタイムジャッカーたち。そんな2組の戦いの中に現れるのが、京介(中村)とトドロキ(川口)だ。  かつて「鬼になりたい」と言っていた小学校の同級生がいたことを思い出したソウゴは、彼の師匠がヒビキという鬼=仮面ライダー響鬼であることを知り、ゲイツと共に彼を訪ねることに。そこへ突如アナザー響鬼に襲われ、二人は迎え撃つが、響鬼ライドウォッチを持たない二人はアナザー響鬼に苦戦。そんな二人を救うのが、古代から続く力で人々を守る鬼・トドロキ。トドロキは仮面ライダー轟鬼に変身、アナザー響鬼を追い詰めるが…。  ソウゴとゲイツは轟鬼を響鬼と誤認するが、そんな誤解を解くのが、新たに現れた京介。そして自らを「俺は桐矢京介。響鬼だ」と名乗る。ソウゴらは京介に響鬼ライドウォッチを手に入れるための協力を申し出るが、京介は交換条件としてソウゴらに鬼になるための厳しい特訓を要求する。その中には太鼓を叩く訓練も。ライドウォッチのためならと特訓に励むソウゴ、ゲイツ、そしてウォズ。さまざまな謎を絡ませつつストーリーは進行、そして轟鬼によるギターを使った“音撃”など『仮面ライダー響鬼』の世界が2019年によみがえる。  京介役の中村は「桐矢京介として約13年ぶりに再び出演することができ、とても嬉しいです。監督は『響鬼』の時に僕の登場回を撮られた諸田敏監督で、すごいご縁を感じました」とコメント。  轟鬼/トドロキ役の川口は「41歳にして轟鬼に変身させていただけたことは、非常に感慨深いものがありました。ただ、少しだけアクションがあったのですが、せっかくアクション監督の宮崎さんが格好良く付けて下さったのに、わたしは老いを感じるだけでした(笑)」と話す。  『仮面ライダージオウ』はテレビ朝日系にて、第33話「2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!」が4月28日9時、第34話が5月5日9時放送。

  • 『仮面ライダージオウ』メインビジュアル

    『仮面ライダージオウ』主題歌、AAA・末吉秀太とDA PUMP・ISSAがタッグ

    エンタメ

     AAAの末吉秀太と、DA PUMPのISSAによるユニット「Shuta Sueyoshi feat.ISSA」が、9月2日よりスタートする『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系/毎週日曜9時)で主題歌を担当することが分かった。@@cutter シリーズ20作品目にして“平成最後の仮面ライダー”となる同作は、高校生の常磐ソウゴ(奥野壮)が、時空を旅する「タイムトラベルライダー」として、歴代の平成仮面ライダーたちと遭遇しながら戦う姿を描く。  主題歌『Over“Quartzer”(オーヴァークォーツァー)』について末吉は、「2007年にAAAとして『仮面ライダー電王』の主題歌『Climax Jump』を歌わせていただいてから、11年ぶりに、今度はソロとしてまた仮面ライダーに携わることができて嬉しいです!『平成最後』という記念すべき主題歌をつとめさせていただけて本当に光栄です」とコメント。さらに「今回の『仮面ライダージオウ』が、過去の歴代平成ライダー達の力をかりて共に戦うということで、ISSAさんと共に楽曲に取り組ませていただきました。まさに時をかけているような疾走感溢れる楽曲になったと思うので、是非番組と一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです!」と熱く語った。  一方、平成仮面ライダー4作目『仮面ライダー555(ファイズ)』の主題歌『Justiφ’s』をDA PUMPとして提供したことのあるISSAは、「平成最後の『仮面ライダージオウ』の主題歌をシュウタとやることになり、こんな光栄なことはありません!」とこちらも喜びしきり。「幼少期に仮面ライダー1号に憧れて、自分もいつか改造人間になって『地球の平和を守るんだ 』と思った気持ちは今も変わりません!今の自分が持てる力と魂を全て出し、シュウタと歌った主題歌と『仮面ライダージオウ』が、小さいお子さんからお爺ちゃんお婆ちゃんまで愛される作品になると思いますのでよろしくお願いします!」とアピールしている。  また、『仮面ライダージオウ』の第5話と6話に、『仮面ライダー555』で仮面ライダーファイズに変身する主人公・乾巧を演じた半田健人と、仮面ライダーカイザに変身する草加雅人役の村上幸平が、当時の役のまま出演することも発表された。  『仮面ライダージオウ』は、テレビ朝日系にて9月2日より毎週日曜9時放送。

  • 『仮面ライダージオウ』制作発表記者会見にて

    仮面ライダー新作主演の奥野壮、変身ポーズを生披露「王様になる!」

    エンタメ

     ジュノンボーイ出身のモデル・奥野壮が7日、仮面ライダーシリーズ最新作にして平成ラスト作となる9月2日スタートの『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系/毎週日曜9時)制作発表会見に、共演者の押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐と出席。本作への思いを語ったり変身ポーズを生披露したりして、大勢の報道陣が詰めかけた会場を盛り上げた。@@cutter 本作は、平成仮面ライダーシリーズの20作品目。突然現れたタイムマシンから登場した謎の少女・ツクヨミ(大幡)に、50年後の未来世界に君臨する魔王にして時の王者“ジオウ”になると告げられる高校生・常磐ソウゴ(奥野)が、時空を旅して戦う“タイムトラベルライダー”たる「仮面ライダージオウ」(以下、ジオウ)として、歴代の平成仮面ライダーたちと遭遇しながら奮闘する姿を描く。  クライマックスが迫る『仮面ライダービルド』からバトンを受け、今秋から始まる本作の主役に選ばれた奥野。平成仮面ライダーシリーズが始まった2000年(8月21日)生まれの17歳で、2017年11月の「第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をダブル受賞した。  そんな奥野は、自身が演じるソウゴを「物事を楽観的に捉えていたり、自信家であったりする普通の高校生。ですが『王様になりたい』と平気で言う。どんなにつらいことがあっても笑ってやってのける人物」と紹介。また、顔に「ライダー」と書いてあるジオウについては「(いろんなところに文字が入ってることに関して)コミカルに見えてスタイリッシュでカッコいい。足の裏に『キック』と入ってる。たぶんライダーキックのときに見られる」と明かした。  本作の主役に選ばれた直後の心境を尋ねられると「仮面ライダーになると(所属事務所などから)報告を受けたときは放心状態でした。家に帰ってしっかり考えたら、光栄なことだとヒシヒシと感じました」と述懐。とはいえ「まだ実感がないです。9月2日の放送までは(実感が)湧かないのかな」と漏らした。  また、オダギリジョーや佐藤健など多くの実力派俳優を輩出してきた本シリーズへの参加については「偉大な先輩方と同じスタートラインに立てた。うれしい反面、不安な気持ちもあるが精一杯頑張りたいです」と意気込んだ。  会見終盤には、奥野が変身ポーズを生披露し、「オレは、王様になる!」と主人公のセリフを決めて会場を盛り上げた。  『仮面ライダージオウ』はテレビ朝日系にて、9月2日より毎週日曜9時から放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access