『グッドワイフ』【反響】 関連記事

  • 『グッドワイフ』に出演する常盤貴子

    常盤貴子が“イケメンすぎ” 夫の弁護を決意した『グッドワイフ』第6話

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第6話が17日に放送され、終盤で杏子(常盤)が行う決断と、多田(小泉孝太郎)と壮一郎(唐沢寿明)の三角関係が、視聴者間で大きな反響を呼んでいる。@@cutter 多田(小泉)が、賠償金15億円が見込める健康被害の集団訴訟の代理人をすることになる。それは、彼が3年かけて無料相談に応じ、満を持して臨む案件だった。杏子(常盤)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう1人の弁護士が呼ばれていた。車いすに乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。病気により車いす生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちが分かる」と被害者たちに取り入っていく一方、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。  一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。佐々木(滝藤賢一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。そんな中、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。南原に自ら接触をはかる…。  さまざまな思惑が交差する中、不倫に関する報道に対し記者会見を開きたいと申し出た壮一郎。しかし、何かをひた隠しにする壮一郎の態度に、弁護士・林幹夫(博多華丸)は「あなたの弁護はもうできません。これ以上お飾りの弁護士ではいられませんから」と決別する。真相を話そうとしない壮一郎にしびれを切らした杏子は、「隠し事をしている依頼人を弁護する弁護士はいないよ」と叱咤しつつも、「じゃあ、私があなたの弁護をする」と宣言、記者会見に同席する。  当日、記者会見をテレビで見ていた多田(小泉)は、留守番電話に「もうごまかすのはやめる、この先ずっと自分の気持ちにウソついて生きていくのはもう嫌だ」「ずっと好きだった」と告白メッセージを入れる。しかしその発言を聞いていたのは、杏子ではなく壮一郎。神妙な面持ちで多田の告白を聞いていた壮一郎だったが…。  この日の事件、そして三角関係でも進展を見せた怒涛の展開に視聴者は騒然。SNSでは、「益々面白くなってきた!」「凄い展開に」といった称賛が殺到。記者会見に挑む杏子の凛とした表情に「常盤貴子がやっぱりイイ!!」「常盤貴子イケメン過ぎて惚れそう」などの声も数多く寄せられた。また、何も確認せず留守番電話に告白メッセージを入れてしまった多田に対し「告白する時は相手が本人かどうか確かめようか」といったツッコミが投稿されるなど、さまざまな意見が見受けられる回となった。

  • 『グッドワイフ』に出演する常盤貴子

    常盤貴子の自宅に“盗聴器” まさかの事実に視聴者驚き 『グッドワイフ』第5話

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務めるドラマ『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第5話が10日に放送され、終盤で吉田鋼太郎演じる脇坂が行なっていた衝撃的な行動に視聴者が騒然。「ゾワっとした」「嘘でしょ…」といった反響が多数寄せられている。@@cutter 杏子(常盤)は、資産20億のロックスター・東城数矢(宇崎)の離婚訴訟を巡り、妻のちなみ(銀粉蝶)の代理人を担当することになった。数矢は、売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈(松本)と結婚するつもりだという。杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲(芦名星)は、6000万円が妥当だと主張。しかも美咲は多田(小泉)の元彼女とあって、多田を知り尽くした様子から、杏子たちは窮地に追い込まれる。そんな中、突然の事故で、意識不明の重体になってしまった数矢を前に、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争いを始める。  一方、杏子の元を、杏子の夫・壮一郎(唐沢)のライバルである東京地検特捜部長の脇坂(吉田)の妻・怜子(峯村リエ)が訪れる。脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいという。そんな怜子は、壮一郎に関する脇坂の弱みを握っているようで、脇坂が血相を変えて怒鳴り込んでくる事態になってしまう。  その後、脇坂のパソコンから知り得た情報は全て明かさないという条件で離婚が成立した怜子。もう1つの離婚訴訟も無事解決し、一息つけると思われた瞬間、怜子は「ここにサインしたら、あの人の秘密はもうしゃべっちゃいけないのよね」と切り出す。すると、「盗聴してるのよ。あなた(杏子)の家を、脇坂が」と衝撃の事実告げる怜子。不安に思った杏子が業者に家を調べさせると結果はクロ。その事実を聞いた壮一郎は「これは違法捜査だ」と脇坂に詰め寄るが…。  東城と脇坂の離婚劇が交差する複雑な展開を見せながらも、徐々に壮一郎を取り巻く環境が明かされていった今週の放送。終盤で暴露された盗聴器の存在にSNSでは驚がくする視聴者が続出しており、「毎回とんでもない終わり方するなあ」「犯罪じゃん」などの声が。突然離婚を申し出た脇坂の妻・怜子に対しても「人の家盗聴する旦那なんて絶対やだ」「そりゃ離婚する」と同調する意見が上がっていた。

  • 北村匠海

    北村匠海の意外な一面に視聴者「闇が深い」 『グッドワイフ』第4話

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第4話が3日放送された。北村匠海扮するいつも勝気な新人弁護士・朝飛光太郎の意外な一面が描かれ、大きな話題を呼んでいる。@@cutter 杏子が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、杏子の夫である壮一郎(唐沢)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人物だった。杏子は奈津子のことを考え、事件を朝飛(北村)にメインでやってもらうようにお願いする。翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張するが、本人が否認している限り裁判で争うべきだという杏子と対立してしまう。そんな中、円香(水原)から朝飛は法廷に立った経験がなく、前の事務所では企業法務ばかりを担当していたことが明かされる。  一方、裁判のため夜遅くまで残業していた朝飛。そんな朝飛に多田(小泉孝太郎)は杏子と一緒に作業すればいいと提案し、「お前、口じゃ余裕かましてるが、朝早く来て夜遅くまで残って、人一倍努力しているのを俺は知っている」と語り掛ける。しかし朝飛は「あいにく天才じゃないので」「親に放置されて育ちましたから」「兄弟はそれこそ天才でしたけど、僕はそうじゃなかった。いまだに父は僕のこと認めていない」と断言。そして裁判当日、あろうことか質疑応答がうまくできず、たびたびどもってしまう朝飛。とっさに杏子が助け舟を出し難を逃れたが、彼は複雑そうな表情を浮かべていた…。  いつも自信満々で、杏子に食って掛かるイメージの強かった朝飛が初めて見せた一面に対し、視聴者からは「闇が深い」「家庭環境色々あるのか」といった感想が寄せられたが、同時に「朝飛くんのハングリー精神カッコいい」「頑張れ」などのエールも。また演じる北村にも「北村匠海くんすごいうまいな」「自信と不安に揺れ動く表情がよかった」「こっちまで不安になって焦らされた」といった称賛の声が殺到していた。

  • (左から)常盤貴子、小泉孝太郎

    常盤貴子を小泉孝太郎がハグ! 『グッドワイフ』終了間際の展開にネット騒然

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第3話が27日放送された。夫の策略にショックを受ける杏子(常盤貴子)を多田(小泉孝太郎)が強く抱きしめるシーンに対し、視聴者は大興奮。「距離感がなんともたまらない」「もう多田先生にしちゃいなって」と、大きな反響を呼んでいる。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、子どもたちを守るため困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演。第3話では江口のりこが杏子を翻弄する弁護士役で出演する。  回送列車の脱線事故が発生。杏子、多田(小泉)、朝飛(北村匠海)は、死亡した運転士の遺族代理人として担当することになる。相手の東神鉄道の代理人を務めるのは河合映美(江口)。杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。真っ向から主張が対立する。さらに、妊婦である映美は、形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断してしまう。そんな映美に翻ろうされ、杏子たちは窮地に追い込まれていく。  一方、杏子は拘置所にいる夫・壮一郎(唐沢寿明)と面会し、過去の幸せだったころの話をする。壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度前向きな気持ちになっていく。そんな杏子を見て多田ははがゆい思いをするが、気持ちを抑えながら過重労働を証明すべく、勤務実態を調べていく。  全てが解決し一安心と思った矢先、事件に関する報道ではこの脱線事故をかつて担当していた検事が、なんと特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)だったことが判明。全ては壮一郎が脇坂を陥れるために用意し、妻までもを利用した壮大な作戦だったのだ。  事実を知り、「びっくりする。私を利用して自分の敵を窮地に追い込んだんだよ」「あの人が全部仕組んでた…」と涙を流す杏子を見た多田は「もうやめろよ、もう、別の未来を行けばいい」と抱きしめ、第3話は放送終了。その瞬間SNSでは視聴者が阿鼻叫喚。「たまんねぇぇぇえぇえ多田先生ぇええぇええ」「多田さん切ないよ…幸せにしてあげてよ」「最後の最後にきた」といった興奮の声が殺到。しかし、中には「どうしても多田先生が信用ならん」と疑うファンも多く、さまざまな意見が飛び交っていた。

  • 『グッドワイフ』に出演する常盤貴子

    『グッドワイフ』第2話 誰が味方? 予測不能な展開に「謎だらけで面白い」の声

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話が20日、放送された。徐々に明らかになっていく夫・壮一郎(唐沢寿明)の真実や、さまざまな思惑を持った登場人物に対し、SNSでは「本編と裏の事件、楽しい」「信じていいのかな?」といった意見が飛び交っている。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、子どもたちを守るため困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演。  第2話では、法律事務所の名誉顧問で経営者・神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)が事務所を訪ねてくる。大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されていた。状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)だが、大輔は無罪を主張。その弁護を杏子は大輔から依頼される。自由奔放な大輔に翻弄される杏子だが、彼女は大輔の意外な秘密を知り、苦悩することになる。  一方、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触。脇坂から聞かされる話から、夫の壮一郎(唐沢)の疑惑がますます深まっていく。杏子は疑いを持ちながら壮一郎と接見し、高価な宝飾品などの賄賂を受け取っていないかと問う。しかし壮一郎は「受け取ったよ。でもすぐに返した」と即答。  その後、壮一郎(唐沢)は元部下である佐々木(滝藤賢一)を介しさまざまな画策を行うそぶりを見せる。それに対し脇坂は「お前の口座に振り込みがあった」という証拠を突きつけた上「お前が悪あがきしている間に、お前の奥さんにはもう守ってくれる男が出来た様だぞ?」と忠告。そこに映し出されたのは、事務所で資料を読み込む多田(小泉孝太郎)。今後、果たしてどの様な展開を見せるのか。  このスリリングなストーリー展開に対し、SNSでは「疑心暗鬼に思わせてくれる」「まだ謎だらけだけど面白いわ!展開もリズム良いし!! 」「多田さんてほんとのほんとに味方??」「蓮見は本当に無実なのか?」といった憶測とともに、「それだけ上手い人が多すぎる」と出演者の演技を絶賛する声が相次いだ。演技はもちろん、ストーリー展開に対しても「いや、素直に面白いな」などといった呟きが数多く寄せられている。

  • 『グッドワイフ』に出演する常盤貴子

    常盤貴子46歳、変わらぬ美ぼうに「綺麗すぎ」と称賛の声 『グッドワイフ』初回

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務めるドラマ『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が13日に放送された。19年ぶりの日曜劇場主演、現在46歳の常盤貴子に対し、ネット上では放送直後から「常盤貴子さんが可愛すぎ」「綺麗」といった声が相次いでいる。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演。第1話には武田鉄矢が人気キャスター役でゲスト出演した。  かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退し専業主婦として東京地検特捜部長の壮一郎(唐沢寿明)を支える日々を過ごしていた杏子。しかし壮一郎の汚職疑惑と女性スキャンダルが発覚したことをきっかけに、家族のために16年ぶりの弁護士復帰を決意する。  第1話で杏子の相手となったのは、ネット配信で人気を博している日下部(武田鉄矢)。番組で幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと配信したばかりに、風評に追い詰められた母親が自殺。そんな日下部を名誉棄損で訴えるべく、父親(泉澤祐希)が依頼に来たのだった。法律事務所代表の多田征大(小泉孝太郎)と共に事件を担当することになった杏子は、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始める。  2000年に大ヒットしたドラマ『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』以来、19年ぶりの“日曜劇場”主演となる常盤。その変わらぬ美ぼうと好演に、ネットでは「常盤貴子全然変わらない!!めっちゃ美人」「なんかもう全体的に美」「過去たくさんドラマに出てる時と全然変わらない」といった驚がくの声が多数投稿された。  そのほかにも、このまま裁判に勝っても妻は戻ってこないと嘆く失意の夫(泉澤)を励ます際「テレビもネットも見ないで、日常を大切にして過ごすんです」と言い放ったシーンには「グっときた」など反響が寄せられた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access