『ハケン占い師アタル』【反響】 関連記事

  • 『ハケン占い師アタル』制作発表記者会見時の杉咲花

    杉咲花 “最後の占い”に視聴者「涙出てきた」 『ハケン占い師アタル』最終話

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の最終話が放送され、占いを続ける意志を固めたアタル(杉咲)が同僚や上司を占うシーンに、視聴者から「涙出てきた」「これは泣くやつ」などのツイートが寄せられた。@@cutter イベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームで働き続けることを決意したアタルが過労で倒れてしまう。ちょうどその頃、Dチームのメンバーは新たな悩みに直面していた。神田和実(志田未来)と目黒円(間宮祥太朗)、上野誠治(小澤征悦)と田端友代(野波麻帆)は今後の付き合いについて、部長・代々木匠(及川光博)と品川一真(志尊淳)は各々の仕事について、そして課長の大崎結(板谷由夏)は義母の介護問題について…。同僚や上司が思い悩む姿を目の当たりにしたアタルは、言葉を掛けたくなる自分をぐっと抑えるのだが…。  自分にしかできない仕事に改めて考えたアタルは“占い”を続けていくことを決意。最後に「シンシアイベンツ」制作Dチームの面々をもう一度占うことに。アタルが決意の表情で「皆さんを見ます」と語ると、SNSには「アタルちゃんから占い続行宣言が出た~」「泣く準備はできている」などの反響が。  神田(志田未来)はアタルから「友達だから言います。もうすぐ赤ちゃんが生まれるんだから、目黒さんに自分の気持ちを伝えなきゃダメです」と促されると、その場で目黒に対して「あなたと結婚したら幸せになれると分かってるんだけど、私やっぱり彼ともう一度やり直したい」と以前の同棲相手との復縁を宣言。そしてアタルは上野(小澤)に「上野さんは誰よりも愛に溢れた優しい人だけど自分の気持ちをちゃんと伝えるのがヘタすぎます」と田端(野波)に気持ちを伝えるように説得する。  アタルが穏やかな調子で仲間たちを占う姿に、視聴者からは「こんなん泣くわ」「思わず涙出てきた」「これは泣くやつ」などのツイートが殺到。また放送終了後には、「1話放送時に比べたらみんな成長したし綺麗に最終回を迎えて満足」「広ーい意味での働き方改革ドラマ」「たくさんの感動をありがとう」などの声もSNSに寄せられていた。

  • 『ハケン占い師アタル』のキャストたち

    杉咲花への“逆占い”に「最高」と感激の声 『ハケン占い師アタル』第8話

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第8話が7日に放送され、これまで同僚を占ってきた杉咲演じるアタルが、逆に同僚から占われるシーンに、視聴者から「このチーム最高」「みんな本当に素敵」などのツイートが寄せられた。@@cutter 占い師・キズナ(若村麻由美)は、自分の元から突然逃げ出した娘のアタル(杉咲)の居場所を突き止め、連れ戻そうとする。だが彼女に嫌気がさしていたアタルは頑なに拒否。勤務先のイベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームの仲間も自分たちを救ってくれたアタルを守ろうと、キズナの前に立ちはだかる。アタルは「占い以外にも、この会社であたしにしかできないことがある」と母親に宣言するのだが…。  これまでソツなく仕事をこなしていたアタルだったが、自分にしかできない仕事があることを母親に証明しようと意気込むあまり空回り。コピーを間違えたり、廃棄する書類のシュレッダーをかけ忘れたり、伝票整理で入力ミスをしたり…。そんな彼女に上司の大崎(板谷由夏)は「こういう日は早く帰って頭と気分を切り替えた方がいいから」と声をかける。これまで描かれることがなかったアタルの姿にネット上には「空回ってるのかわいい」「まったくらしくない」「アタルちゃんが自分のことについてはポンコツなの、いいなぁ」などの反響が。  会社での自分の存在意義がわからなくなったアタルは制作Dチームの仲間に対して「占い以外、できることいくら探しても見つかりそうにないし…みなさんに迷惑ばっかりかけるし」と苦悩を吐露する。すると品川(志尊淳)は「簡単に辞めるんですか? 前のオレみたいに」と語り、神田(志田未来)は「働いてたらミスするの当たり前じゃん」とフォロー。そして上野(小澤征悦)が「しょうがねぇなぁ。俺たちが占ってやるか〜」と声をかける。  画面が変わると、アタルが占いをするスタイルと同じく、会議室で腕組みをしてアタルを迎える制作Dチームの面々の姿が。「質問は3つまでね」とやはり同じようなセリフを放ち、Dチームのメンバーはアタルの悩みに対して真摯に答える。これまでアタルに占われてきた面々が彼女を占うというまったく逆の展開に視聴者からは「このチーム最高かよ泣」「アタルが支えた代わりにみんなが占ってくれるのいいね」「みんな本当に素敵だなぁ」「あ、Dチーム好き」などの称賛の声が寄せられた。

  • 『ハケン占い師アタル』制作発表記者会見時の杉咲花

    杉咲花の名言に視聴者「泣いた」「刺さった」『ハケン占い師アタル』第7話

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第7話が放送され、アタル(杉咲)が上司である代々木(及川光博)に向けて放ったセリフに、視聴者から「一番泣いた」「すごい響いた」「刺さった」などのツイートが殺到した。@@cutter 出世を夢見る代々木部長(及川)は、リストラ計画を大崎(板谷由夏)に潰されて逆恨み。そんな代々木は人気ピアニスト・タカオのミニコンサートの仕事を制作Dチームに押し付ける。気難しいタカオが別チームの提案内容を却下した挙げ句、急にコンサートの開催自体を拒否し始めたとのこと。開催予定日はわずか1週間後。Dチームはそれでも何とかしようと奮起する。  度重なるトラブルを解決し、コンサートにこぎつけたDチーム。Dチームの奮闘ぶりを間近で見ていた代々木はあろうことかコンサート会場に脅迫電話をかけてしまう。それを見てふびんに思ったアタルは、代々木の相談にのることを決意。アタルは、代々木が若手社員の頃に憧れの上司から“才能がない”ことを嘲笑され「営業いったら? その方が向いてるから」と言われたことがトラウマになっていることを知る。  そんな代々木にアタルは「この世に才能のない人間なんて一人もいないんだよ。どんなに辛くても諦めずに努力し続けることを“才能”って言うんだから」と言い放つ。この言葉に視聴者から「すごい響いた涙でそう」「本当に刺さった」「一番泣いた回だー!」などのツイートが殺到。  アタルの言葉に感じ入っている代々木の携帯に大崎から電話が。コンサート会場の楽屋で「演奏しない」と言い出したタカオを説得してほしいという大崎からのSOSだった。楽屋に駆けつけた代々木があいさつするも、タカオは「もう中止にして」と一言。そんなタカオに対して代々木は「あなたは人前でピアノを弾くのが怖いんだよ」と指摘すると、彼が才能の枯渇を恐れていることを見抜き「どんなに辛くてもあきらめずに努力し続けることを才能っていうんだから!」と語りかける。  このシーンに対してネット上には「アタルに言われたことをまんま言った」「部長の受け売りが過ぎるwww」「いいじゃん代々木さん!!」などの声が寄せられていた。

  • (左から)杉咲花、板谷由夏

    杉咲花が板谷由夏にビンタ! 視聴者「強烈」「痛そう」の声 『ハケン占い師アタル』第6話

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第6話が21日放送され、アタル(杉咲)が上司である大崎(板谷由夏)にビンタを浴びせるシーンに、視聴者から「強烈」「痛そう」などのツイートが寄せられた。@@cutter 謎の占い師・キズナ(若村麻由美)の元を「シンシアイベンツ」制作Dチームの課長・大崎結が訪れる。その姿は疲れ果て、まさに抜け殻のようだった。さかのぼること2日前、大崎はいつものように中学生の息子から無視され、夫にもろくに話を聞いてもらえずにいた。そんな大崎に、部長・代々木匠(及川光博)から“遠く離れた倉庫への出向という名目で、Dチームからリストラ候補者を1名選べ”という指令が下る…。  リストラを迫る部長と仕事に前向きな部下との板挟みに悩み、プライベートでは夫の浮気や反抗期の息子の存在に悩む大崎は、憔悴しきって出社拒否をしてしまう。街をさまよう大崎が踏切の中に吸い込まれそうになったところを、白装束の女性に呼び止められキズナと引き合わされる。  キズナの言葉に癒しを得た大崎は、会社へ行き、自分の荷物をダンボールに整理し始め「私が辞めるのが一番いいのよ…」とつぶやき、その場を立ち去ろうとする。大崎がキズナの言葉に影響されたことを見通したアタルは彼女にビンタ!。「目を覚ましてください!!」と問題から逃げないよう促す。このシーンに視聴者から「アタルちゃん?!ビンタ炸裂!」「まさかのビンタ」「強烈」「痛そう」「ビンタしてまで止めたかったのねアタルちゃん…」などのツイートが多数寄せられた。  アタルに悩みを打ち明けた大崎は、誰もやめさせることなくリストラ問題を解決。翌朝、久しぶりに爽やかな目覚めを味わった大崎は、隣で寝ている夫の顔に強烈なビンタを一発。大崎は夫に対して「知ってるんだからね~浮気しているの。ちゃ~んと後始末つけてくださいね」と笑顔で語りかける。このシーンに対してネット上には「ビンタする清々しい大崎さんいいなwww」「ビンタ2回目」「朝起きて5秒でビンタ」などの声が寄せられていた。

  • 『ハケン占い師アタル』制作発表記者会見時の志田未来

    志田未来の“告白”に視聴者「泣いちゃった…」 『ハケン占い師アタル』第5話

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第5話が14日に放送され、神田(志田未来)が田端(野波麻帆)に日頃の感謝と愛を伝えるシーンに、視聴者から「こんなん泣いちゃう…」「泣いちゃった…」「涙腺崩壊」などのツイートが寄せられた。@@cutter 田端は残業や余計な仕事は徹底して断る主義。彼女は早期退職した父と無職の弟の3人暮らしで、恋愛する暇もない毎日を送っていた。そんな田端は社内の“女性躍進プロジェクト”のモデルケースとして、社内報の密着取材を受けるハメに。さらに、この取材で気を良くした部長の代々木(及川光博)は、田端に社内の大学OB会に出るよう指示。そこでのセクハラ発言に、彼女は不満を爆発させてしまう。  代々木を怒らせたことで女性躍進プロジェクトから外され、さらに自身がアイデアを出したバレンタインイベントからも外されてしまう田端。イベントの様子を見るため会場へ赴いた彼女は、神田がステージに上がる現場に遭遇する。神田は日頃の愛を伝えたい相手として田端の話をし始め、会場に来ていた田端を発見すると彼女を見つめて「人に嫌われても自分のやり方を貫く先輩の仕事の仕方は“人に好かれるために仕事をしている”みたいになってる私たちに、ブレない大切さと勇気を教えてくれるんです」と告白。そして「 “運命の出会い”というものがあるのなら先輩と働けることが私たちにとってそうだから…」と続けて思いを伝える。  志田演じる神田の告白に対して視聴者からは「未来いいいいい!!!」「神田ちゃんこんなん泣いちゃう…」「神田ちゃん可愛い…田端さん泣いちゃうよ…」「涙腺崩壊したぁぁぁ」「ほんと未来は天才…泣いちゃった…」などのツイートが殺到。  さらに神田は客席に向かって「田端さぁ〜ん!よかったらチョコレート受け取ってもらえませんか?」と呼びかけると田端はその場から逃走。このシーンにSNS上には「逃げたw」「田端さん逃げないで!」「もはや田端先輩のためのイベント」などのコメントが寄せられていた。

  • 『ハケン占い師アタル』制作発表記者会見時の杉咲花

    杉咲花、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳の仲良しランチにホッコリ 『ハケン占い師アタル』第4話

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第4話が7日に放送され、ヒロイン役の杉咲花と、同僚役の志田未来、間宮祥太朗、志尊淳が仲良く昼食をとるシーンに、視聴者から「仲良くなってるの可愛い」「めっちゃキャラ変しとる」などのツイートが寄せられた。@@cutter イベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチームの上野(小澤征悦)は、10年前に才能が認められ、一気に管理職に上り詰めるも、“俺様的性格”のせいであっという間に降格。プライベートでは妻と離婚し、中学生の娘ともうまくコミュニケーションが取れない日々が続いている。そんなある日、上野を指名した仕事が舞い込む。しかし上野は、張り切るあまりに周りが見えなくなり、アタル(杉咲花)らDチームのメンバーをこき使ったり悪態をついたりと、傍若無人ぶりを加速させてしまう。  ドラマの序盤で描かれた昼休みのシーンでは、アタルとこれまでのエピソードで彼女に悩みを解決してもらった神田(志田)、目黒(間宮)、品川(志尊)が一緒に昼食を共にすることに。4人は笑顔で並んでメニューを受け取り、テーブルを囲みながら、離れた席で仕事の電話をする上司の上野や大崎(板谷由夏)の話題で盛り上がる。この和やかなシーンに視聴者からは「仲良くなってるねぇこの4人」「4人仲良くなってるの可愛い」「アタルちゃんに見てもらった人はもれなく一緒にランチする仲になるのか」などのツイートが寄せられた。  特に、これまでのエピソードでは、笑顔を見せることもなく昼食もコンビニのパンばかりだった品川が、笑顔で同僚と社食のテーブルを囲んでいる姿に「品川君めっちゃキャラ変しとる」「品川君社食食べるようになってる!」「品川君笑顔になってる泣」などの声もネット上に投稿されていた。

  • 『ハケン占い師アタル』に出演中の志尊淳

    志尊淳の女装姿に「美しすぎ」と驚きの声 『ハケン占い師アタル』第3話

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第3話が31日に放送され、志尊淳演じる新人社員の女装姿に、視聴者から「めちゃめちゃ可愛い」「最高にかわいい」「美しすぎる」などのツイートが殺到した。@@cutter 本作は、他人のあらゆることが見える特殊能力を持つ派遣社員の的場中=アタル(杉咲)を主人公に、彼女が周囲の人たちの悩みを解決していく姿を描くお仕事コメディードラマ。『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』を手がけた遊川和彦が脚本を担当し、テレビの連続ドラマの演出にも初挑戦する。  ある日、イベント制作会社「シンシアイベンツ」制作Dチームに大手化粧品会社のサンプル配りの仕事が舞い込む。入社1年目の品川(志尊淳)は、直属の上司・上野(小澤征悦)からサンプル配りの提案書作りを押し付けられることに。なんとか提案書を書き上げた品川だったが、提案書の内容はおろか、自分自身の人格や仕事ぶりについても上野から猛烈なダメ出しを食らってしまう。そんな彼は、会社を辞めると宣言し…。  品川不在の中、残りのメンバーでサンプル配りをすることになった制作Dチーム。雪が降る中、300個のノルマを達成するために、必死で配布をするメンバーたち。そんな中、サンプルを配る大崎(板谷由夏)の前に現れたのは、長髪のカツラを身につけ、メイクもバッチリ施して女性に変身した品川。「どうしたの〜!?」と驚く大崎に対して、品川は「自分でもわからないです。なんかこうでもしないとここに来れなくて」と恥じらいながら一言。品川は「サクラがいた方が人も集まって来ると思って…」とつぶやくと、続けて高い声で「えー! コレ、なんかスゴいイイかも〜!」と猛アピール。  品川の予想外の登場に対してネット上には「斜め上からの登場」「凄いこと考えるヤツだな!」などの反響が。さらに、品川を演じる志尊のハイクオリティな女装に視聴者から「めちゃめちゃ可愛い〜」「最高にかわいい」「きれいすぎて女の子の立場ないわ」「美しすぎる」などのツイートが殺到した。また、志尊がトランスジェンダー女子を演じた2018年のドラマ『女子的生活』(NHK)を彷彿させる見事な女装に「突然の女子的生活」「ん?NHKですか?」などの声もSNSに寄せられていた。

  • 『ハケン占い師アタル』に出演中の志尊淳

    志尊淳「戦隊ヒーローとかゼロ興味」に視聴者ツッコミ 『ハケン占い師アタル』第2話

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第2話が放送され、志尊淳演じる新人社員が言い放つ「戦隊ヒーローとかゼロ興味」のセリフに、視聴者から「志尊淳に言わせるのか!?」「数年前までばりばりレッドやってたん」「それはヤバイやろ(笑)」などのツイートが寄せられた。@@cutter 本作は、他人のあらゆることが見える特殊能力を持つ的場中(杉咲)を主人公に、彼女が周囲の人たちの悩みを解決していく姿を描くお仕事コメディードラマ。『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』を手がけた遊川和彦が脚本を担当し、テレビの連続ドラマの演出にも初挑戦する。  コネ入社で制作Dチームに所属した目黒(間宮)は、失敗続きの毎日。大した仕事も任されなければ、婚活アプリでもフラれっぱなしの日々を送っていた。ある日、特撮番組『キセキ戦隊ミラクルヒーロー』の新グッズ発表イベントのコンペに参加することになったDチーム。昔から『ミラクルヒーロー』の大ファンだった目黒は、担当に立候補。周囲に不安視されても意に介さず、企画書も1人で作ると言って張り切り出すのだが…。  初めて企画を立ち上げる目黒のために会議をすることになったDチーム。大崎(板谷由夏)や、田端(野波麻帆)が次々と目黒にダメ出しをする中、ベテラン社員の上野(小澤征悦)が隣に座っていた新人社員の品川(志尊)に「お前、なんか意見ないのか?」と水を向けると、品川は困ったような表情で「無理ですよ…特撮ヒーローとかゼロ興味だし…」と一言。  2014年放送の『列車戦隊トッキュウジャー』で主人公のライト/トッキュウ1号を演じていた志尊。そんな彼から飛び出したこのセリフに、視聴者から「志尊淳に言わせるのか!?」「きみ数年前までばりばりレッドやってたん」「それはヤバイやろ(笑)」「ライトが戦隊に興味ないって言った」などのツイートが殺到。意外なセリフにネット上がにぎわっていた。

  • 『ハケン占い師アタル』制作発表記者会見時の志田未来

    『ハケン占い師アタル』 志田未来の役名に、あのヒットドラマとの共通点

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の初回が放送され、志田未来演じるイベント会社社員の役名と、かつての大ヒットドラマに登場したキャラクターとの共通点が判明。視聴者からは「すごい」「遊び心が素晴らしい」などの声が寄せられた。@@cutter 本作は、他人のあらゆることが見える特殊能力を持つ的場中(杉咲)を主人公に、彼女が周囲の人たちの悩みを解決していく姿を描くお仕事コメディードラマ。『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』を手がけた遊川和彦が脚本を担当し、テレビの連続ドラマの演出にも初挑戦する。  志田は、遊川が脚本を手がけた2005年放送の大ヒットドラマ『女王の教室』(日本テレビ)にも出演しており、その時の役名が“神田和美”。そして今回、『ハケン占い師アタル』で演じているのが、“神田和実”だ。“和美”と“和実”の1文字違い。それに気づいた視聴者からは「カンダ…カズミ…だと!?」「志田未来ちゃんが『女王の教室』で演じた役も神田かずみだったはず」などのツイートが寄せられ、さらに「すごいっ、遊川さん!」「遊び心が素晴らしい」などの声も多数投稿された。  “神田和実”を演じる志田は、脚本・演出の遊川から「今回の役柄は“女王の教室”のときの志田さんの役の14年後のイメージだよ」と言われたそう(『ハケン占い師アタル』公式サイトインタビューより)。劇中では終始、優柔不断でオドオドとした女性を好演した。自分に自信のない女性を体現したようなキャラクターに対して、ネット上には「志田ちゃんの演技にすこぶるイライラしたので、演技すごいと思った」「上手いから、余計にイライラする」などの声も寄せられた。

  • 『ハケン占い師アタル』制作発表記者会見時の杉咲花

    杉咲花、笑顔からの「ぶっ殺す」に視聴者騒然 『ハケン占い師アタル』初回

    エンタメ

     女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の初回が放送され、杉咲演じるヒロインが笑顔からひょう変し「ぶっ殺す」とささやくシーンに「毒が強いなwww」「怖いけどめっちゃ面白い」「遊川節効いてるな〜」などのツイートが寄せられた。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  本作は、他人のあらゆることが見える特殊能力を持つ的場中(杉咲)を主人公に、彼女が周囲の人たちの悩みを解決していく姿を描くお仕事コメディードラマ。『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』を手がけた遊川和彦が脚本を担当し、テレビの連続ドラマの演出にも初挑戦する。  イベント会社「シンシアイベンツ」に、派遣社員のアタル(杉咲)が入ってきた。社会人経験のないアタルは、正社員・神田和実(志田未来)の下で、雑用から覚え始めることに。その矢先、部長の代々木匠(及川光博)は新商品イベントの舞台に50人の赤ちゃんを集めるよう指示。そんな中、初めて運営を任された和実は大きな悩みを抱えていた…。  和実は、ひょんなことから一緒に働いているアタルがかつて“天才占い少女”と呼ばれていたことを知る。和実は職場でアタルに「私のこと見てくれないかな」と懇願。和実は占いを固辞するアタルに、涙ながらに自身の生きづらさを吐露する。するとアタルは「わかりました」と、会社の中の空き部屋へ和実を導く。部屋で2人っきりになるとアタルは腕組みし「言っとくけど10万だよ、私の占い料」と一言。仕事中の穏やかな態度から一変したアタルに和実は「そんでそんないきなり上から目線なんですか…?」とタジタジ。このシーンに対してネット上には「こっわwww」「豹変(笑)」「アタルちゃんのキャラ変がスゴイwww」などの反響が。  第1話の終盤、和実から“友達になってほしい”と言われたアタルは「うれしいです! 初めてだから友達」と満面の笑みに。しかし表情を一変させると「でも…占いのこと…人に言ったらぶっ殺すから」と言い放つ。このセリフに視聴者からは「最後に毒舌」「毒が強いなwww」「怖いけどめっちゃ面白い」などのツイートが殺到。さらにSNS上には「アタルちゃん、いかにも遊川ヒロインらしい」「遊川節効いてるな〜」などの声も寄せられた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access