べしゃり暮らし 関連記事

  • ドラマ『べしゃり暮らし』でヒロイン・鳥谷静代役を演じる小芝風花

    小芝風花『べしゃり暮らし』ヒロイン役で金髪&おかっぱ&関西弁 漫才にも初挑戦

    エンタメ

     俳優の間宮祥太朗が主演を務め、共演の渡辺大知と漫才コンビを演じる7月スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)で、ヒロインの島谷静代役を女優の小芝風花が演じることが発表された。@@cutter 人気漫画家・森田まさのりが“最高傑作”と自負する同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇。人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右(間宮)と高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺)の運命の出会いから漫才師への道に踏み出していく姿を描く。  小芝演じる静代は、かつて辻本とお笑いコンビ「SHIZU-JUN(シズジュン)」を組み、芸人として活動していた女子高生というキャラクター。辻本とのコンビは解散状態に陥っているものの、静代は辻本のことを相方としても恋愛相手としても諦めきれないでいるという役どころだ。  関西出身の静代役を務める小芝は大阪府出身のため演技ではネイティブ関西弁を披露し、漫才にも初挑戦。小芝は関西弁での芝居について「関西弁にはとても馴染みがあり、標準語よりも気持ちを表現しやすいですし、演じていて楽しいです」と語り、「現場には関西出身の方が多いので、セリフの微妙なニュアンスを確認させてもらうこともよくあります」とコメントしている。  さらに原作の静代と近づけるために、撮影中は金髪ショートヘアのウィッグを着用。これに小芝は「違和感しかありません(笑)」と言いつつも「静代は私自身とは違い、はっきり自己主張をするタイプなので、このウィッグをつけることで意思の強い静代になることができます。気持ちを切り替えるスイッチですね」と明かしている。  ドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月より毎週土曜23時15分放送。

  • (左から)土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する駿河太郎、尾上寛之

    『べしゃり暮らし』、原作人気キャラ“デジタルきんぎょ”に駿河太郎&尾上寛之

    エンタメ

     俳優の間宮祥太朗が主演を務め、共演の渡辺大知と漫才コンビを演じる7月スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)より、原作でも人気のキャラクター、プロ漫才コンビ「デジタルきんぎょ」役を俳優の駿河太郎と尾上寛之が務めることが発表された。ボケ担当の金本浩史を駿河、ツッコミ担当の藤川則夫を尾上が演じる。@@cutter 人気漫画家・森田まさのりが「僕の最高傑作」と自負する同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇。人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤と運命の出会いを果たすところから始まり、やがて圭右は辻本と漫才コンビを結成し、厳しい漫才の道へと踏み出していく。間宮が主人公・圭右役、渡辺が相方の潤役で初共演する。  「デジタルきんぎょ」は実力、人気ともに若手トップクラスで、主人公・圭右や辻本にも大きな影響を与える非常に重要な登場人物。仕事ではコンビを組みながら、プライベートでは確執を抱えるという複雑な関係でもある。  ボケの金本を演じる駿河は、役どころについて、「金本は、愛のある人です。でも第一印象が恐いので、僕なりに恐いイメージを作って行ったんです。そうしたら演出を担当する劇団ひとりさんに恐すぎると言われてしまいました(笑)。僕は元々“格闘家顔”なので見た目は恐いですが、性格は原作よりもう少し柔らかくなっていると思います」と話している。  原作ではツッコミの藤川は、芸人としての道を切り開くために体重を20キロ増やす。「だから僕も太りたくて、オファーを受けてからひたすら食べ、短い期間でしたが、なんとか増量して、少しでも近づけるようにしました」と、藤川を演じる尾上。漫才シーンの撮影に関しては、「劇団ひとりさんに見ていただきながら、めちゃくちゃ練習しましたが、ステージに立つたび脚がガクガクします。相方役の駿河さんと2人で、1回やってしまえば落ち着くだろうと話していたんですが、実際には逆で、余計に緊張するようになりました」と語っている。  土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月より毎週土曜23時15分放送。

  • 土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する矢本悠馬

    矢本悠馬、『べしゃり暮らし』で大親友・間宮祥太朗と熱い友情を展開

    エンタメ

     俳優の間宮祥太朗が主演を務め、共演の渡辺大知と漫才コンビを演じる7月スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)に、俳優の矢本悠馬が出演することが決まった。間宮とは私生活で親交が深い矢本は、役の上でも主人公・上妻圭右(間宮)の親友・子安蒼太役を務める。@@cutter 人気漫画家・森田まさのりが「僕の最高傑作」と自負する同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇。人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺)と運命の出会いを果たすところから始まり、やがて圭右は辻本と漫才コンビを結成し、厳しい漫才の道へと踏み出していく。間宮が主人公・圭右役、渡辺が相方の潤役で初共演する。  矢本が演じる子安蒼太は、上妻圭右の親友であり一番のファン。笑いを極めようと奮闘する圭右を支えながら応援する、重要な役どころだ。  矢本は「人気のマンガなのでプレッシャーも感じますが、今はあえて何も考えずに子安を演じようと思います」と作品に臨む姿勢を明かす。間宮との共演に関しては、「現場に面倒くさいのがいるなと思いました(笑)。カメラが回っていない時に仲のいい人がいると、普段の現場と違うので照れくさいです」と親友らしい冗談を飛ばしながらも、「学生の頃から好きなマンガ『べしゃり暮らし』を、仲の良い人と演じられるのは、何か運命的なものを感じて、感慨深いです」と語っている。  さらに矢本は、間宮と渡辺のコンビについて、「カメラが回っていなくてもふたりが話しているだけで、圭右と辻本に見えます。本物の圭右と辻本が目の前にいるような自然さで、僕も子安を演じられてます。ふたりはとても最高のコンビだと思います!」と話し、はまり役だと称賛している。  間宮も矢本との共演について、「『べしゃり暮らし』が実写化されるとしたら、子安役は悠馬だろうなと、ずっと思っていました! 原作のマンガを読んでいた時から、すでに悠馬を思い浮かべていました。本当にベストキャスティングだと思います!」と話している。  土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月より毎週土曜23時15分放送。

  • 土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する徳永えり

    徳永えり、令和婚後初ドラマ 『べしゃり暮らし』で間宮祥太朗の姉に

    エンタメ

     5月1日に「令和婚」を果たした女優の徳永えりが、7月スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)で俳優の間宮祥太朗演じる主人公・上妻圭右の姉役として出演することが発表された。@@cutter 人気漫画家・森田まさのりによる同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇で、劇団ひとりが演出を担当。人を笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右(間宮)が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺大知)と出会うところから始まり、やがて圭右が辻本と「きそばオートマティック」という漫才コンビを結成、厳しい漫才の道へ踏み出していく姿を描く。  徳永が演じる圭右の姉・しのぶは、圭右の実家が営むそば店「きそば上妻」で父の手伝いをしなら、お笑い嫌いの父と圭右の間に入って2人を温かく見守る役どころ。徳永は「間宮さん演じる圭右はとてもパワフルで一緒にお芝居を作っていく中で心を揺さぶられる瞬間が沢山あります。その隣にいる辻本役の渡辺さんは、圭右のパワーを優しく大きく包み込んでいて、とてもバランスの良い2人がこの物語を形成しているんだなと感じました」とした上、演出の劇団ひとりについても「我々と同じ、役目線に立って言葉や行動を選んで演出してくださるので、とても新鮮でした」と語る。  徳永の「令和婚」には、彼女と姉弟の関係を演じる間宮も既に撮影現場で祝意を表し、改めて笑顔で「おめでとうございます!」と述べたという。共演者からの祝福ムードに、徳永も「現場中にお祝いをしていただきすごく嬉しかったです。最後まで姉として、時に厳しく時に優しく見守れる存在でいたいと思います」と意気込んでいる。  このほかの上杉家のキャストとして、圭右の父・上妻潔役で俳優の寺島進、母・美津子役で篠原ゆき子も出演。  圭右の父で「きそば上妻」店主の潔は、かつてはお笑い好きで、店にはお笑い芸人が集っていたが、ある時を境に突然毛嫌いし始め、やがて漫才師を志す息子・圭右とは時に激しく衝突する。演じる寺島は「このドラマは、芸人さんの話ですが、芸人さんというのは本当に大変な仕事だと思います。どんな仕事も同じように大変ですが、続けていくことがとても大事なんだと思います」とコメント。  圭右の母・美津子はすでに他界しているが、良妻賢母として家族の胸に深く刻みつけられている。演じる篠原は「ひとに喜んでもらうことが大好きな上妻家。そういう家族だったからこそ、あんなに愛される主人公が育ったんだろうなと思いました」としている。  土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月より毎週土曜23時15分放送。

  • (左から)土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』に出演する渡辺大知、間宮祥太朗

    間宮祥太朗主演、森田まさのり『べしゃり暮らし』7月スタート 相方は渡辺大知

    エンタメ

     俳優の間宮祥太朗が主演を務め、共演の渡辺大知と漫才コンビを演じる土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)が7月にスタートすることが決まった。演出は劇団ひとりが担当する。@@cutter 人気漫画家・森田まさのりが「僕の最高傑作」と自負する同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇。人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”上妻圭右(間宮)が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺)と運命の出会いを果たすところから始まり、やがて圭右は辻本と「きそばオートマティック」という漫才コンビを結成し、厳しい漫才の道へと踏み出していく。間宮が主人公・圭右役、渡辺が相方の潤役で初共演する。  圭右役の間宮は、劇中で披露する漫才について、「他の芸人役の演者さんたちは、かっちりしたネタを練習されていて大変な部分もあると思いますが、僕たちはアドリブの“べしゃり”が多いです。もちろん元になるネタはあるのですが、それをベースにポンポンとやり取りしていきます」と話す。演出の劇団ひとりからは「その場の空気感を大切にするために、あえてあまり練習をしない方がいい」と言われたそうで、「何が起こるかわからない、一発本番の緊張感ある空気で撮影する予定です」としている。  潤を演じる渡辺も「すごくアドリブ力が試されますね。練習はほとんどしていないので、笑えるものになっているのか不安ですが…ちゃんと漫才として笑っていただければ嬉しいです」とした上、作品について「お笑いをする人たちの青春の話ですが、笑いに限らず、そして年齢も関係なく、やりたいことに向かって突き進んでいく人たちのうずきというか、熱さみたいなものを感じ取ってもらいたいです」と視聴者に呼びかける。  初の連続ドラマ演出に挑戦する劇団ひとりは「以前からやってみたかったので嬉しいです。早速、時間と予算の重圧に押し潰されそうな日々を送っておりますが、いい物を届けられるよう現場の皆さんと奮闘しております」とコメント。  原作者の森田は「この作品を描くために、僕は多分漫画家になりました」と話し、「生命を吹き込まれた圭右や辻本たちがどんな声で、どんなしゃべり方で笑わせに、また泣かせに来てくれるのか、楽しみで仕方ありません」と期待する。  土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月より毎週土曜23時15分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access