アネット・ベニング 関連記事

  • 映画『リヴァプール、最後の恋』場面写真

    大女優の最後のロマンスを描く『リヴァプール、最後の恋』公開

    映 画

     イギリス人俳優ピーター・ターナーの同名回顧録を映画化した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』が、邦題を『リヴァプール、最後の恋』として、2019年3月30日に公開されることが決定。本作のポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、ピーターが1987年に発表した回顧録を基に、1950年代にハリウッドで活躍し、映画『悪人と美女』でオスカー助演女優賞にも輝いた往年の大女優グロリア・グレアムと、駆け出しの若手舞台俳優ピーターの、歳の差もキャリアも超えた恋模様を描く。  1981年9月29日、ピーターの元に、かつての恋人グロリアがホテルで倒れたとの知らせが飛び込んできた。グロリアのもとに駆け付けたピーターは、自分の実家で彼女を療養させることに。彼女と楽しく過ごした日々の記憶を思い出していくピーターは、彼女から「リヴァプールに行きたい」と懇願される。死期の近いグロリアが、リヴァプールにこだわり続ける理由とは…。  4度の結婚歴もある自由奔放なグロリアを演じるのは、実力派女優の映画『20センチュリー・ウーマン』『キッズ・オールライト』のアネット・ベニング。若手俳優ピーターには、映画『リトル・ダンサー』で知られるジェイミー・ベルが扮する。  解禁となったポスタービジュアルは、女優としてスポットライトにあたることに最後までこだわるグロリアと、優しく彼女に寄り添うピーターの姿がピックアップされたもの。また、同時に公開された場面写真では、明るく微笑むグロリアに対し、彼女を背後から抱きしめるピーターの険しい表情が印象的なシーンとなっている。2人の表情の違いには一体どのような物語が隠されているのか。深いラブロマンスに注目したい。  映画『リヴァプール、最後の恋』は2019年3月30日より全国公開。

  • 第74回ゴールデン・グローブ賞結果発表!映画の部『ラ・ラ・ランド』が最多7冠

    第74回ゴールデン・グローブ賞結果発表!映画の部『ラ・ラ・ランド』が最多7冠

    映 画

     現地時間8日、アメリカ・ロサンゼルスにて第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が開催。<映画の部>では、『セッション』で知られるデイミアン・チャゼル監督の新作『ラ・ラ・ランド』が最多7冠に輝いた。@@cutter ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの共演作である『ラ・ラ・ランド』は、<映画の部>コメディ/ミュージカル部門で作品賞、男優賞、女優賞を受賞。さらに、監督賞、脚本賞、主題歌賞、作曲賞とノミネートされた7部門を全て制覇。売れないピアニストと女優志望のウェイトレスが織りなすロマンスを描く同作は、今月末にノミネーションが発表されるアカデミー賞に向かって、大きく弾みをつけた。  一方、ドラマ部門の作品賞 では、麻薬や同性愛を絡めながら黒人青年の姿を描く『ムーンライト』が、『Manchester by the Sea(原題)』などを抑えて受賞。極上エロティックサスペンス『Elle(原題)』は、イザベル・ユペールの主演女優賞と外国語映画賞の2冠に輝いた。  アニメ作品賞では、動物が暮らす社会に人種間の対立を象徴させて好評を博したディズニーの『ズートピア』が、同スタジオの最新作『モアナと伝説の海』などを退けた。また、映画界に対して長年にわたって貢献した人物に贈られるセシル・B・デミル賞は、主演を務めた『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』が4部門にノミネートされていたメリル・ストリープに贈られている。  第74回ゴールデン・グローブ賞<映画の部>主な受賞結果は以下の通り。(★が受賞作品&受賞者) ●作品賞(ドラマ) 『最後の追跡』 『Lion(原題)』 『Manchester by the Sea(原題)』 ★『ムーンライト』 『Hacksaw Ridge(原題)』 ●女優賞(ドラマ) エイミー・アダムス『メッセージ』 ジェシカ・チャステイン『Miss Sloane(原題)』 ★イザベル・ユペール『Elle(原題)』 ルース・ネッガ『Loving(原題)』 ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 ●男優賞(ドラマ) ★ケイシー・アフレック『Manchester by the Sea(原題)』 ジョエル・エドガートン『Loving(原題)』 アンドリュー・ガーフィールド『Hacksaw Ridge(原題)』 ヴィゴ・モーテンセン『はじまりへの旅』 デンゼル・ワシントン『Fences(原題)』 ●作品賞(コメディ/ミュージカル) 『20th Century Women(原題)』 『デッドプール』 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 ★『ラ・ラ・ランド』 『シング・ストリート 未来へのうた』 ●女優賞(コメディ/ミュージカル) アネット・ベニング『20th Century Women(原題)』 リリー・コリンズ『Rules Don’t Apply(原題』 ヘイリー・スタインフェルド『The Edge of Seventeen(原題)』 ★エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』 メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 ●男優賞(コメディ/ミュージカル) コリン・ファレル『ロブスター』 ★ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』 ヒュー・グラント『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 ジョナ・ヒル『War Dogs(原題)』 ライアン・レイノルズ『デッドプール』 ●アニメ作品賞 『モアナと伝説の海』 『My Life As A Zucchini(原題)』 『SING/シング』 ★『ズートピア』 『Kubo And The Two Strings(原題)』 ●外国語映画賞 『Divines(原題)』(フランス) ★『Elle(原題)』(フランス) 『Neruda(原題)』(チリ) 『The Salesman(英題)』(イラン/フランス) 『Toni Erdmann(英題)』(ドイツ) ●助演女優賞 ナオミ・ハリス『ムーンライト』 ニコール・キッドマン『Lion(原題)』 オクタヴィア・スペンサー『Hidden Figures(原題)』 ミシェル・ウィリアムズ『Manchester by the Sea(原題)』 ★ヴィオラ・デイヴィス『Fences(原題)』 ●助演男優賞 マハーシャラ・アリ『ムーンライト』 ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』 サイモン・ヘルバーグ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 デヴ・パテル『Lion(原題)』 ★アーロン・テイラー=ジョンソン『Nocturnal Animals(原題)』 ●監督賞 ★デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』 トム・フォード『Nocturnal Animals(原題)』 メル・ギブソン『Hacksaw Ridge(原題)』 バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』 ケネス・ロナーガン『Manchester by the Sea(原題)』

  • 「アカデミー賞」に幾度となくノミネートされるも、無冠の男優&女優とは

    レオ、トム、ジョニデ…「アカデミー賞」ノミネートされるも“無冠”の俳優とは

    映 画

     日本時間2月29日開催される第88回アカデミー賞。主演男優賞にノミネートされた俳優レオナルド・ディカプリオが初受賞となるか、各部門での受賞者・受賞作品予想が加熱しているが、Hollywood Reporterがこれまでに演技部門で何回もノミネートされていながら一度も受賞するに至っていない「アカデミー賞を受賞していない最多ノミネート男優・女優20名」をまとめたのでここに紹介する。@@cutter 往年の映画スターなど蒼々たる顔ぶれがランクインした同リスト。注目したいのは日本でも人気の高い6名だ。今月末に発表されるアカデミー賞にノミネートされている俳優陣のうち、最多ノミネートはレオ。1993年の『ギルバート・グレイプ』で助演男優賞を1度、『アビエイター』(05)、『ブラッド・ダイヤモンド』(07)、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(14)、今回の『レヴェナント:蘇えりし者』で主演男優賞4度と、通算5度ノミネートされている。  マット・デイモンは『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(98)で脚本賞を受賞したが、演技部門の主演男優賞では受賞を逃している。ほか、2009年の『インビクタス/負けざる者たち』では助演男優賞、そして今回『オデッセイ』(16)で2度目の主演男優賞候補に挙がっている。  ブラッドリー・クーパー、トム・クルーズがそれぞれ助演男優賞1度、主演男優賞2度の通算3度のノミネート。ジョニー・デップは主演男優賞候補に3度。シガニー・ウィーバーは1986年の『エイリアン2』で主演女優賞、第59回アカデミー賞では『愛は霧のかなたに』で主演女優賞、『ワーキング・ガール』で助演女優賞にダブルノミネートされた。    「アカデミー賞を受賞していない最多ノミネート男優・女優20名」は以下の通り。()内はノミネート回数。 ピーター・オトゥール(8) リチャード・バートン(7) グレン・クローズ(6) デボラ・カー(6) セルマ・リッター(6) エイミー・アダムス(5) レオナルド・ディカプリオ(5) アイリーン・ダン(5) アルバート・フィニー(5) アーサー・ケネディ(5) ウォーレン・ビーティ(4) アネット・ベニング(4) エド・ハリス(4) ミッキー・ルーニー(4) ブラッドリー・クーパー(3) トム・クルーズ(3) ジョニー・デップ(3) シガニー・ウィーバー(3) マット・デイモン(3) マーク・ラファロ(3)

  • エル・ファニング主演『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』公開決定

    エル・ファニング主演『ジンジャーの朝』公開決定、サリー・ポッター監督最新作

    映 画

     『耳に残るは君の歌声』『愛をつづる詩』と美しい映像美だけでなく、人々の心と心の触れ合いを大胆な独創性で描き、観る者を魅了し続けてきた、イギリス人女性監督サリー・ポッター。このたび、エル・ファニング主演で贈るポッター監督最新作『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』が、8月に日本公開することが決定した。@@cutter 本作は、社会の矛盾や政治不安など、刻々と変わりゆく時代を生き抜かねばならない思春期の少女の、煩悶、葛藤、愛などが絡み合い揺れ動く心情と、成長していく様を描く。また、60年代の社会が不安と変貌で揺れる雰囲気を見事に再現し、女性監督であり自らも吟遊詩人であるポッター監督ならではの描写で、常に一緒だった2人の少女の姿を微笑ましく、そしてそんな関係に亀裂が生まれてしまう姿を見事なほど繊細に描き出している。  主演のファニングは、思春期ならではの、完璧なまでにはかなげな美しさがほとばしっている魅力をスクリーンに映し出す。そして、その親友役にジェーン・カンピオン監督&コリン・イングラート監督を両親に持ち、『ビューティフル・クリーチャーズ(原題)』で大ブレーク中のアリス・イングラード、自由奔放に生きる心に深い傷を負った思想家という難しい役所を『ココ・アヴァン・シャネル』のアレッサンドロ・ニヴォラが演じる。さらに、『マッドメン』のクリスティナ・ヘンドリックス、アカデミー賞主演女優賞に3度のノミネート経験を持つ、ハリウッドを代表する女優アネット・ベニング、『ハリー・ポッター』シリーズのティモシー・スポール、数々の作品に出演する名バイプレーヤー、オリヴァー・プラッドなど豪華出演陣が顔を揃えた。  舞台は、冷戦時代に突入した1960年代のロンドン。生まれた時から、どこへ行くのも何をするのも一緒だった仲良しの二人の女の子、ジンジャーとローザ。学校の授業をさぼって宗教や、政治、ファッションについて話し合い、少女から大人へ変化する青春時代を満喫していた。しかし、思想家でありジンジャーの父親でもあるローランドに、ローザが恋をしたことや、それぞれの反核運動への思いの違いから、二人の友情関係に亀裂が生じていく。家族や友人ともうまくいかず、日々核の脅威が報道されるなど、ジンジャーを取り巻く世界は、思い描いていたものとはかけ離れていく…。  『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』は2013年8月より全国順次公開。

  • オスカーノミネート作がTVシリーズへ

    オスカーノミネート作「キッズ・オールライト」がTVシリーズ化?

    映 画

     昨年、アカデミー作品賞を含む4部門にノミネートされたドラマ「キッズ・オールライト」にTVシリーズ化の話が出ている。 @@cutter   企画しているのは「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」や「Sex and the City」などの人気TVシリーズを送り出してきたHBO。映画を監督したリサ・チョロデンコがパイロット版の脚本、監督を手がける予定だという。製作が決定すれば1話60分もののシリーズとして放送される。映画版のプロデューサーであるジェフリー・レヴィ=ヒント、セリーヌ・ラトレイ、ゲイリー・ギルバートらと共にチョロデンコも製作に加わるようだ。  「キッズ・オールライト」はレズビアンのカップル(アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア)と暮らす娘(ミア・ワシコウスカ)と息子(ジョシュ・ハッチャーソン)が遺伝子学上の父(マーク・ラファロ)を探し当てたことから始まる新しい形の家族ドラマ。同作はアカデミー作品賞の他、ベニングが主演女優賞、ラファロが助演男優賞、チョロデンコとスチュアート・ブルムバーグが脚本賞にノミネートされた。

  • 動物保護を呼びかけ

    Aリストセレブが集結!「第3回Power of Women Luncheon」

    セレブ&ゴシップ

      Aリストの女性セレブたちが一堂に会する昼食会「第3回Power of Women Luncheon」が現地時間23日、ロサンゼルスで開催された。 @@cutter   米Variety誌が主催するこのイベントは、チャリティ活動に多大な貢献をした女性に敬意を表する会であり、今年の“パワー・オブ・ウィメン”には女優のエヴァ・ロンゴリア、オリヴィア・ワイルド、アネット・ベニング、R&Bシンガーのメアリー・J・ブライジ、そしてミュージカルドラマ「glee/グリー 踊る!?合唱部♪」のレイチェル役でブレイクしたリー・ミシェルらが選ばれた。   同ドラマ、シーズン3の撮影で大忙しのリーはその傍ら、動物愛護団体PETAのキャンペーンにも積極的に参加しており、その活動が評価されたようだ。   「今日から何かを学ぶとしたら、一人ひとりが声を出すべきだということです」とコメントした彼女。「ニューヨーク・ブロンクス出身の私にとってそれはごく自然なこと。みんな自らの意思を声に出して叫んでいます。とても大きな声で」。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access