スポーツ 関連記事

  • クロスカントリーレース優勝者のジミー・グレシアー※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    スライディングでのゴール失敗! クロスカントリーで有終の美ならず?

    気になる

     クロスカントリーレースの優勝者が、ゴールの決め方で失敗するという事態が起こった。オランダで開催されたEuropean U23男子クロスカントリーで、1着のジミー・グレシアー(21)はスライディングでのゴールを試みた。ゴール地点の地面はぬかるんで見えたため、膝から着地しスライディングが決まるはずだったのだが、予想外の展開が待っていた。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter 見た目の割に地面はあまりぬかるんでおらず、グレシアーが膝を地面につけても滑ることはなかったのだ。地面に捕らえられた膝はそのままに、上半身だけがそのままの勢いで前方に進んだ。前に倒れながらグレシアーの顔はゴールテープを捉え、派手に転ぶような形でゴールを迎えることになった。  この様子はヨーロッパ陸上競技連盟により「クロスカントリーのレースでゴールする悪い見本」のコメントとともにツイートされ、2900回以上「いいね」され、数百回リツイートされている。なおグレシアーは23分37秒の素晴らしい記録を残し、泥を洗い流した後にメダルを授与された。

  • おならで試合を妨害? ダーツ選手がお互いを訴える (※イメージ写真)

    おならで試合を妨害? ダーツ選手がお互いを訴える

    気になる

     ダーツのグランドスラムで競っていた選手2人が、おならで試合を妨害したとしてお互いを糾弾する事態が起こった。その2人とは世界チャンピオンの座をこれまで2回獲得したスコットランドのゲイリー・アンダーソンと、対戦相手のオランダのウェスリー・ハームスだ。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter 会場はイギリスのウルヴァーハンプトンにあるAldersley Leisure Village。ハームスは、「かぐわしい香り」によって影響を受けたと訴え、その香りはアンダーソンが立ち去った時に残されたものだと話す。彼はオランダのテレビ局RTL7に対して「あの臭いを鼻からなくすには2晩かかる」とコメント。  アンダーソンはその訴えに対し「ウェスリーがステージでおならをしたのだと思いました」「汚いなと」「その後彼は調子が良くなり始めたので、きっとおならを外に出さなければならなかったんだと思いました。私の子供の命にかけて、私ではないと誓います。でも臭かった」。  またアンダーソンはもし自分がおならをしたなら、自ら「ごめんなさい」と名乗り出ると語る。そして、腐った卵のようで非常に臭かったため「誰かのおならならば医者にかかるべきだ」と加えた。なお、試合は10対2でアンダーソンが勝利し、準々決勝に進出した。

  • 『四大陸フィギュアスケート選手権』に出場する宇野昌磨

    宇野昌磨&紀平梨花ら出場『四大陸フィギュアスケート選手権』開幕

    エンタメ

     米アナハイムで開催される『四大陸フィギュアスケート選手権2019』が、フジテレビ系にて2月8日から3夜連続で実況中継される。男子は宇野昌磨、女子は紀平梨花らが出場。解説は女子が荒川静香、男子が本田武史、ゲスト解説は無良崇人が務める。@@cutter 同選手権は、アメリカ、アジア、オセアニア、アフリカの4つの大陸から各国の代表選手が集い毎年行われる国際大会。国際スケート連盟が主催するチャンピオンシップで、ヨーロッパ選手権と並び、世界選手権に次ぐ大会と位置づけられている。かつて、高橋大輔、浅田真央、キム・ヨナらもこの大会で世界の頂点に立つ足がかりを作った。また羽生結弦のシニア初表彰台もこの「四大陸フィギュアスケート選手権」だった。  男子は8日にショートプログラム、10日にフリーの競技が行われる。全日本3連覇を達成しながら主要国際大会では優勝がない宇野昌磨が悲願のビッグタイトル獲得を狙うほか、これまで国際大会で満足な結果が出せていない田中刑事が世界へ力を見せつけることができるか、また昨年の世界選手権で5位入賞を果たした友野一希の初の四大陸出場での成長ぶりも期待される。  女子は8日にショートプログラム、9日にフリーの競技が行われる。昨年末の「全日本フィギュアスケート選手権」で新女王となった坂本花織が世界を相手に連覇を果たせるか、またシニアデビューでいきなりのグランプリファイナルを制覇した紀平梨花が再び世界に実力を証明できるか、そして前々回大会優勝の三原舞依のリスタートも注目される。  大会を前に、宇野は「世界大会で“シルバーコレクター”と皆さんに言っていただいて、満足できる2位、満足できない2位、たくさんあったと思いますけど、1位を目指して頑張りたいと思います」、田中は「自分でもっとチャレンジできるものはチャレンジして、そこで得たものを世界選手権でいかせれば」とそれぞれ語っている。  連覇を目指す坂本は「ミスない演技はもちろんですが、表現もひとつひとつ考えながらショート・フリー両方を完璧に演じられるようにしたいです」、紀平は「ショート・フリー両方とも、ノーミスでそろえるということを1番の目標にして、後は自己ベストを更新したい」と意気込んでいる。  『四大陸フィギュアスケート選手権2019』はフジテレビ系にて、男子・女子ショートプログラムが2月8日19時57分、女子フリーが2月9日19時、男子フリーが2月10日19時放送。

  • 泥酔でカーリング!金メダル選手が試合出場停止に (※イメージ写真)

    泥酔でカーリング! 金メダル選手が試合出場停止に

    気になる

     世界的なカーリング選手権Red Deer Curling Classicで、選手が泥酔していることを理由に出場を停止させられた。出場停止となったのは2014年のソチオリンピックで金メダルを獲得したライアン・フライ率いるチーム。選手権側は彼らの様子を「スポーツマンにあるまじき振る舞い」だと表現している。海外メディアSkyNewsが伝えた。@@cutter CBC Sportsによると、対戦相手と観客から多数の苦情が寄せられ、Pidherney Curling Centreの選手権員会は介入を余儀なくされた。カナダ人であるフライと、そのチームメートのジェイミー・コー、クリス・シル、DJ・キッドビーは、決勝の舞台を放棄することを強いられた。  会場施設のマネジャーは、彼らの悪態が許されないほどのものだったとし「もうたくさんでした」「ロッカールームにも損傷があり、他のチームからは持ち物が中で蹴り回されていたという苦情がありました」。まとめて彼らを試合から追放することが決定されたという。  その後、追放されたフライは謝罪。CBC Sportsに対し「Red Deer Curling Classicのファン、参加者、運営者の皆様に真摯に謝罪したいです」とコメントし、ツイッターでは「自分のコントロールを失うことを許し、自分自身の行為で人々を不愉快な気分にさせてしまった」と語っている。その後他のチームメートも謝罪文を発表している。

  • 『独占密着!高橋大輔 現役復帰ドキュメント ~Restart 2018 明日への道を探して~』より

    高橋大輔、現役復帰への日々に密着したドキュメント番組放送決定

    エンタメ

     7月に現役復帰を果たした日本男子フィギュアスケート・高橋大輔の全日本選手権帰還までの軌跡をたどる『独占密着!高橋大輔 現役復帰ドキュメント ~Restart 2018 明日への道を探して~』が、フジテレビ系で22日16時30分から放送されることが発表された。新プログラムの振り付けや復帰戦までの道のり、そしてついに迎える最終目標の全日本選手権へ、32歳の新たな挑戦の日々を追う。@@cutter たび重なるケガや周囲からのプレッシャーでスケートから心が離れ始め、2014年のソチ五輪を最後に現役引退を発表した高橋。しかし、その決断には後悔があった。「もう一度真剣にスケートと向き合ったら、本当の意味で前に進めるかもしれない…」、そう思い直し、4年の時を経て自身の競技人生にけじめをつける戦いが始まった。  32歳、4年のブランクを経ての現役復帰は、10~20代前半の選手が多く活躍するフィギュア界では異例の挑戦。それでも徐々によみがえっていく「スケートが楽しい」という気持ち、そして幾度となく襲い掛かるケガ。「この現役復帰は本当に正しかったのか」と自問自答を繰り返しながらも、目標として掲げた“全日本選手権”へ向け走り続けた。  高橋は「現役復帰発表から5ヵ月の月日が流れました。以前の現役時代には起こらなかったケガ、時に成長を感じる出来事、良いことも悪いこともありましたが、ここまで充実した時間を過ごすことができています」と話した上、全日本選手権を迎える心境を「誠心誠意滑り抜くこと、そしてフリープログラムを最終グループで迎えられたらなと思っています」と明かす。  番組直前の15時30分からは『全日本フィギュアスケート選手権2018 今夜いよいよ男子開幕SP』と題し、村上佳菜子と無良崇人が現地より中継で見どころを紹介する。また、今回は平成最後の全日本選手権ということで、“平成の名シーン”をプレイバック。2002年、小学6年生で特例出場した浅田真央のデビューや、2012年の羽生結弦の初制覇、元祖トリプルアクセルの伊藤みどりが平成最初の全日本女王に輝いた瞬間など数々の名シーンがよみがえる。  『独占密着!高橋大輔 現役復帰ドキュメント ~Restart 2018 明日への道を探して~』はフジテレビ系にて12月22日16時30分放送。

  • アリーナ・ザギトワ『炎の体育会TVSP』に出演

    ザギトワ、“まどマギ”コスプレで人生初の挑戦も前代未聞の事態!?

    エンタメ

     平昌五輪フィギュアスケート女子シングル金メダリストのアリーナ・ザギトワが、今夜19時放送の『炎の体育会TV SP』(TBS系)で、日本のアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の魔法少女に変装し、人生初となるサプライズの仕掛け人に挑戦することが分かった。@@cutter ザギトワが登場するのは、同番組の人気コーナー「いきなりドリームアスリート」。トップアスリートが変装して、キッズアスリートたちにバレないようにしながらスーパーパフォーマンスを披露するドッキリ企画のコーナーだ。  このコーナーでザギトワは、自身で考えたという3パターンの変装に挑戦。中でも、大好きだという『魔法少女まどか☆マギカ』のコスプレ姿は、「私にぴったり合う最高の衣装!」とご満悦だったそう。  撮影が始まり、ザギトワは変装した姿でキッズアスリートたちに接近するが、あることで番組史上前代未聞となるハプニングが起こり、会場が騒然となってしまう。果たしてどんなハプニングが起こったのか。  アリーナ・ザギトワが出演する『炎の体育会TV SP』は、TBS系にて本日20日19時放送。

  • ※海外メディア「HUFFPOST」のスクリーンショット

    かわいい! かっこいい! 犬のサーフィン世界選手権開催 アメリカ

    気になる

     アメリカ、カリフォルニア州のパシフィカでこの夏、犬たちのサーフィン世界選手権「ワールド・ドッグ・サーフィン・チャンピオンシップ」が開催された。大会には45匹のサーファー犬が出場し、素晴らしい技術を披露したと海外メディアHUFFPOSTが伝えている。@@cutter 3年目となったこの大会にはさまざまなカテゴリーがあり、1匹でサーフィンする部門、飼い主もしくは仲間の犬と一緒にサーフィンする部門などに分かれている。全45匹の犬たちは熱戦を広げ、観客は大いに沸いたのであった。  数あるカテゴリーの中、スピリット・オブ・サーフィン賞を受賞したわんこの名前はアビー・ガール。犬種はオーストラリアン・ケルピーだ。卓越したそのスキルと、熱心なサーフィンへの取り組みが評価された。また、アビー・ガールは中型犬部門では3位に入賞している。  また、小型犬部門で優勝したパグ犬のギジェットはインスタグラムで7万人のフォロワーを有するわんこ。ギジェットはほかにもパートナー犬と一緒の部門で2位に入賞。また犬のおもちゃブランドGoughnutsから、Goughnutsトップ・ドッグ賞にも輝いた。  そのほかにも飼い主と同じモヒカンヘアなど、個性豊かな犬たちが楽しそうに波乗りを披露した。なおこのイベントの収益は2つの動物向け慈善事業に寄付されている。

  • 日産ブランドアンバサダー就任発表会に登場した大坂なおみ

    全米OP女王の大坂なおみ、テニス界の“ゲームチェンジャー”は「私」

    エンタメ

     テニスの全米オープン・女子シングルスで日本人初の優勝を飾ったプロテニスプレイヤー・大坂なおみが13日、日産ブランドアンバサダー就任発表会に登場。テニス界の“ゲームチェンジャー”(試合の流れなどを一変させる選手、世の中を変える新しい可能性を秘めた人物、世論を覆す活躍を成し遂げる人物などの意)を問われて「私でしょうか」と笑顔で答えた。@@cutter 8日(現地時間)に、4大大会の一つに数えられる同大会で偉業を成し遂げた大坂。この日早朝に帰国したためか、ウトウトした表情を見せながらも、同席した同社専務執行役員の星野朝子氏とトークやショートラリーを展開し、リラックスした様子を見せた。  日産とのスポンサーシップ契約締結に関して「(日産の自動車を)私の父が運転していた。アンバサダーになれてとてもうれしい」と喜びをコメント。プレイさながらに、車の運転もワイルドかと聞かれて「ノー」と笑い、普段は安全運転だと告白。星野氏に「(日産で)ナオミっていう車を作りますかね」と提案されて白い歯をこぼした。  会場には、全米OP優勝後とあって取材陣が殺到。「これほどの規模(の取材)には慣れていない」とやや戸惑いを見せつつ、自身の強みを聞かれて「メンタル面が非常に改善した」。「あまりにネガティブにならないように、(物事を)後悔しないようにしています」と話した。  テニス界のゲームチェンジャーを聞かれて「私でしょうか」とニコリ。「もっとランクを上げてゲームチェンジャーになりたい」と述べ、「年末まで頑張って、トップ5に入りたい」と目標を掲げた。  また、ハイチ出身の父と日本人の母の間に生まれ、3歳の頃に大阪からアメリカへ移り住んだ背景を持つ大坂。外国人記者から、さまざまな国を代表した存在である現状をどう思うかと質問されて「そういうことは考えないようにしている。“私は私だ”と思っている。そういう質問を受けること自体に(自身の思考などが)固まってしまう。考えなければならないのかなと逆に思ってしまう」と慎重に答えた。

  • (左から)櫻井翔、上田晋也、舘ひろし

    櫻井翔が「ラグビーW杯」スペシャルサポーター 注目する選手を告白

    エンタメ

     嵐の櫻井翔が、日本テレビ系で放送される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のスペシャルサポーターに就任した。小学生時代、2年間のラグビー経験がある櫻井は、「ラグビーの魅力を皆さんにお伝えできるよう、一ラグビーファンとして頑張りたいと思います」と意欲を語っている。@@cutter 1987年から4年に1度行われている「ラグビーワールドカップ」は、サッカーワールドカップ、夏季オリンピックと並ぶ「世界3大スポーツイベント」とも称されるビックイベント。2015年のイングランド大会では、247万枚以上チケットが売れ、世界中で推定40億人以上がテレビで観戦したとされる。2019年は開催国を日本に移し、全国12都市で日本を含む全20チームが、優勝を目指して戦う。  櫻井は小学5~6年生の2年間、「スクラムハーフ」のポジションをやっていたという。「今でもラグビーは好きで、トップリーグや学生の試合は観に行ったりしています」とラグビー好きを公言。注目している日本の選手としては、「スクラムハーフながらハードにタックルもする田中史朗選手です。体格の全く違う海外の大きい選手にも動じず、タックルしていく姿は、見ていて惚れ惚れします」と語っている。  そのほか、スペシャルMCに就任したくりぃむしちゅー・上田晋也は「ワールドカップならではの世界一流のハイレベルな試合を日本で体感出来ると思うと、嬉しく思います」とコメント。応援団長の俳優・舘ひろしは「日本で開催されるラグビーワールドカップは一生のうちに二度と見られないかもしれない貴重な大会です。最近では日本チームの調子がとても上がっているので、大会でも相当上にいけるのではないかと信じています」と期待し、「とにかくラグビーが大好きなので、精一杯、応援団長として頑張ります」と誓っている。  「ラグビーワールドカップ2019日本大会」は、2019年9月20日~11月2日まで開催。日本テレビ系で中継される。

  • ※「本田圭佑」ツイッター

    本田圭佑「ずっとお前を認めていた」 香川真司への思いにファンも感動

    エンタメ

     サッカー日本代表の引退を示唆した本田圭佑が5日、自身のツイッターを更新し、ロシアワールドカップを共に戦った香川真司との2ショットを掲載。本田から香川への「俺はずっとお前を認めてたよ」という言葉に、ファンからは「泣ける」「感動した…」といった声が届いている。@@cutter ワールドカップでは惜しくもベスト8入りを逃した日本代表。敗退後には代表引退を示唆した本田だが、ツイッターで香川に向けて「シンジ、メディアには関係悪化されるような書かれ方を沢山したけど、俺はずっとお前を認めてたよ」と投げかけた。  投稿された画像は、ブルーの代表ユニフォームではない、私服の二人が向かい合い、笑顔で握手を交わしている様子だ。  ファンからは、本田の香川への思いに「めっちゃかっこいいっす…」「泣ける」「感動した…」といった反響が巻き起こった。また、本田が代表引退を示唆しているだけに、「代表引退しないでほしいです。 まだまだいけますよ」「本田圭佑ロスが半端ない」といった声も届いている。 引用:https://twitter.com/kskgroup2017

  • ※「長友佑都」インスタグラム

    長友佑都「最高に楽しいW杯だった」 ファン「涙が出ました」と感動の声

    エンタメ

     サッカー日本代表DFの長友友都が3日、ロシアW杯ベルギー戦の敗戦を受けて自身のインスタグラムを更新。監督、チームメイト、応援した国民らへの感謝を示す言葉に多くのファンから、感謝や労いの言葉が寄せられた。@@cutter 日本時間3時にキックオフとなった決勝トーナメント1回戦のベルギー戦。日本は一時、世界ランク3位を相手に2-0とリードしたが、後半ロスタイムに勝ち越しを許して敗戦。長友は4試合連続のフル出場を果たしたが、日本史上初のベスト8にあと一歩届かなかった。  長友はインスタグラムで「ありがとう。やりきった。出し切った。最高に楽しいW杯だった」と今大会を振り返り、「こんな下手くそを使ってくれた監督、仲間、いっぱいのエネルギーを送ってくれた皆さんに心から感謝します」と、感謝を示した。  ベルギー戦前にはツイッターで「元気玉作ってるんで、みなさんがっつりエネルギー送ってください!」と『ドラゴンボール』の主人公・孫悟空の技の一つ「元気玉」に言及し、応援を要請していた長友。今回投稿した画像では、長友がピッチ上で両手を空へ投げ出し、ファンの応援の力を吸収しているかのような姿を披露している。  観戦したファンからは「ありがとう」や「お疲れ様でした」といった声が殺到した。「感動で涙が出ました」「サッカーの試合見て初めて泣きました!」といったコメントも多く、長友らのプレーに感動した人も多かったよう。「4年後も長友さんのプレーが見たいです!」と、次回カタール大会への出場を願う声もあった。   引用:https://www.instagram.com/yutonagatomo55/    https://twitter.com/yutonagatomo5

  • アリオナ・サフチェンコとの2ショットを披露した羽生結弦

    羽生結弦、平昌金メダリストと豪華2ショットにファンも「素敵」と反響

    エンタメ

     フィギュアスケートの羽生結弦が2日、平昌五輪フィギュアスケートペア金メダリスト、ドイツのアリオナ・サフチェンコのインスタグラムに登場。金メダリストたちの楽しげな2ショットに、ファンからは「2人とも素敵!!」「Two legends!!! 」といった声が届いている。@@cutter トップスケーターが一堂に会する「ファンタジー・オン・アイス」に、ペアのブルーノ・マッソーとともに出演中のアリオナ。今回、「we had a amazing time in Fantasy on Ice」とのキャプションとともに投稿したのは、羽生との仲よさげな2ショットだ。  まるでペアスケーターのように、手を取り合ってポーズをとる二人。ハッシュタグで「#infinity」とあり、二人が両手で作っているのは「∞」の文字のようだ。  ファンからは「2人ともかわいい」「2人とも素敵!!」「すばらしい!!!」といった日本語での反響のほか、金メダリスト二人の豪華共演に「Two legends!!! 」「Two of the greatest skaters ever!」といった英語での書き込みも相次いでいる。   引用:https://www.instagram.com/aljonasavchenko/

  • 夫の長友佑都の初戦勝利に歓喜した平愛梨

    日本代表が初戦勝利! 平愛梨は夫・長友佑都の活躍に歓喜の笑顔

    エンタメ

     女優の平愛梨が19日、お笑いコンビ・はんにゃ川島章良のインスタグラムに登場。夫の長友佑都も出場した日本代表のワールドカップ初戦勝利に歓喜している。@@cutter 日本は、グループリーグ初戦となったコロンビア戦に2-1で勝利。グループリーグ初戦で貴重な勝ち点3を手にした。長友はフル出場し、攻守にわたって日本の白星発進に大いに貢献した。  試合後、川島はインスタグラムを更新し、「日本歴史的勝利~!サプライズ~!すごい。すごすぎる」と興奮のコメント。写真では満面の笑みの平が、川島とお笑い芸人の三瓶と共におそろいの日本代表のユニフォームでの3ショットを披露している。平の鮮やかな金髪は、試合前の18日に自身のインスタグラムでも披露していたものだ。夫の長友がチームの雰囲気を盛り上げるために染め上げた金髪にそろえたもので、「#papaと#同じ気持ち#私も#魂込めて#応援する」という気持ちは、たしかに夫に届いたようだ。    また川島のインスタグラムでは、勝利後のインタビューに応える夫の姿をテレビで眺めている平の背中も公開している。膝の上には2月に生まれた息子も座っており、生後4ヵ月にして父親の最高の仕事を目撃できたようだ。  ファンからは、日本勝利に対する歓喜の声が集まったほか、日本代表を夫にもつ平に対しての祝福のコメントも相次いだ。また、平の金髪について「金髪効果」「ご夫婦で同じ色~~~」「奥さん同じ金髪で子供とパパを見てる後ろ姿、心暖まりました」といった声も届いている。 引用:https://www.instagram.com/kawashimaakiyoshi/    https://www.instagram.com/harikiri_tairi/

  • デヴィッド・ベッカム、「2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE」に登場

    ベッカム、W杯コロンビア戦イベントに降臨!生FK披露で観客魅了

    エンタメ

     元サッカー選手でモデルのデヴィッド・ベッカムが19日夜、東京・お台場で開催された「2018FIFAワールドカップ」のコロンビア対日本のパブリックビューイングイベント「2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE」にサプライズ登場。現役時代さながらの華麗なフリーキックを披露し、会場に詰めかけた約2100人の観客を魅了した。@@cutter 4年前、1対4と大敗を喫したコロンビアと対峙したサッカー日本代表の初戦。試合開始前に登場した元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ選手(ヴィッセル神戸)は、日本代表の10番のユニフォームを着て登場。「(日本代表が)必要であれば、電話をくれればロシアに行くよ」とジョークを飛ばす一方、ドイツ代表で10番のユニフォームを身につけて2014年のブラジルワールドカップで優勝したことを思い返し、「もちろん最高の気分だったよ」と話した。  SNS上で、築地市場を中心に多数の目撃情報が飛び交っていたベッカムはこの日、試合のハーフタイムに突如登場。43歳になった今も衰えぬイケメンぶりに、会場から試合中に勝るとも劣らない歓声が巻き起こった。  ベッカムは日本とコロンビアの前半の激闘(1‐1)を振り返り「素晴らしいスタートでしたが、終わりはちょっとだけ残念な感じになったね」とニコリ。「日本はスゴく若いチームだが、一体となっている感じがする。コロンビアももちろん劣っていない」と冷静に分析した。  さらに、日本代表のユニフォームを元サッカー日本代表の中田浩二氏からプレゼントされると、お返しとばかりにサッカーボールへサイン。抽選の仕方を決める段になると、自ら「(来場者席へ)キックしようよ」と提案し、現役当時さながらのフリーキックを披露。ハーフタイム中のわずか時間で、詰めかけた観客を虜にした。    試合は後半、大迫勇也のヘディングシュートが決勝点となり、日本が2‐1でコロンビアを破り、勝ち点3を手にし幸先のいいスタートを切った。  「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」は6月28日まで開催中。

  • 竹内涼真、TBS『FIFAワールドカップ』中継スペシャルサポーターに

    手越、村上、涼真参戦『FIFAワールドカップ』各局中継シフトをチェック

    エンタメ

     いよいよ今夜開幕する、4年に1度の世界最大のスポーツイベント『2018FIFAワールドカップ』ロシア大会。監督交代や親善試合連敗と不安視された日本代表も、12日の強化試合最終戦でパラグアイに勝利し、本大会に期待を繋いだ。そんなサムライブルーの雄姿を全力で届けるべく、テレビ局も万全のシフトで本番を迎える。オンエアの前に、各局渾身の中継シフトをチェックしよう。@@cutter 今回のロシア大会は、日本との時差は4~7時間。ほとんどの試合が日本時間21時以降開催とあり、各局それぞれワールドカップシフトに力を注いでいる。  NHKは、今夜の開幕戦、ロシアvsサウジアラビア戦を皮切りに7月15日の決勝戦まで32試合を総合テレビで生中継。BS1では録画も含めて全64試合を放送と圧倒的なボリュームを誇る。特に、日本の初戦となるコロンビア戦(19日19時30分)の中継は大きな注目を集めそうだ。また、毎回大会を熱く盛り上げるテーマソングには、音楽ファンから絶大な支持を受けるSuchmosの『VOLT‐AGE(ボルテージ)』が採用された。  日本のグループリーグ戦、第2戦のセネガル戦(24日22時)を生中継するのは日本テレビ。日本が属するグループHで、FIFAランクが一番日本に近い相手(日本61位、セネガル27位)とあり、グループリーグ突破に向けて負けられない一戦、日曜夜の放送とあり高視聴率が予想される。日本テレビではこの試合を含め8試合を生中継。メインキャスターには前回に引き続きNEWSの手越祐也が、スペシャルキャスターには明石家さんまとサッカー好きが顔をそろえた。テーマソングには、NEWSの『BLUE』が選ばれている。  グループリーグの日本戦、第3戦目はフジテレビの中継。ポーランド戦を28日21時より放送するほか、全8試合を届ける。テーマソングはRADWIMPSがワールドカップのために書き下ろした『カタルシスト』に決定。これまで同局のサッカーテーマソングはオペラの『アイーダ』が起用されており、特定のアーティストが担当することは初めてとなる。RADWIMPSの野田洋次郎は「学生時代ずっと音楽と部活をがむしゃらにやっていたものとして、スポーツの感動に日々刺激を受けるものとして、絶対この曲を形にしたいと思い、是非やらせてくださいとお受けしました」とオファーを受けた際の心境を語る。続けて「あらゆる境界線をとり払い、人々を一つにつないでくれるサッカーという競技と、この曲が一緒に皆さんのもとに届いたら幸せに思います」とコメントを寄せている。  また同局ではワールドカップサポーターズとして、小柳ルミ子、息子がJ1清水エスパルスの選手の六平直政、サッカー好きのJOYなどを任命。特に一躍芸能界屈指のサッカーご意見番と化した小柳の愛ある叱咤、涙のエールに注目したい。@@separator 準々決勝2試合を含む全8試合の中継を担当するTBSでは、メインキャスターを5大会連続で加藤浩次が務める。また、かつて東京ヴェルディユースに所属するなど、サッカーに本格的に取り組んでいた竹内涼真がスペシャルサポーターに就任。大会期間中にはロシアに渡り、日本代表の取材を行うことも決まっている。竹内は「このお話をいただいた時、泣きそうになるほどうれしかったです。サッカーをやってきただけに、サッカー関連の仕事が一番、緊張するんです。いっぱい勉強して、ワールドカップの魅力をお伝えできるように頑張ります!」と意気込みを明かしている。テーマソングはEXILEの『Awakening』が起用され、作詞は中学・高校とサッカー部に所属していたATSUSHIが担当した。  テレビ朝日では、3位決定戦や準決勝1試合など全8試合を生中継。サッカー中継プレゼンターは関ジャニ∞の村上信五。ほかに、同局のサッカー番組『やべっちF.C.』で抜群の実績を誇るナインティナインの矢部浩之や川平慈英がキャスターを務める。解説陣にはセルジオ越後、松木安太郎、中山雅史、中田浩二が顔をそろえており、その解説内容も話題の的となりそうだ。  それぞれの局が個性あふれる人選で臨む『2018FIFAワールドカップ』。日本戦だけではなく、全64試合の熱い戦いに染まる1ヵ月がいよいよ始まる。

  • 『TVガイド特別編集 KISS & CRY 2017‐2018シーズン総括&2018‐2019シーズン展望号~Road to GOLD!!!』(東京ニュース通信社刊)より

    羽生結弦、表紙&70P超特集号が発売4日で異例の増刷決定

    エンタメ

     男子フィギュア・羽生結弦の70ページを超える特集が反響を呼んでいる6月8日に発売された『TVガイド特別編集 KISS & CRY 2017‐2018シーズン総括&2018‐2019シーズン展望号~Road to GOLD!!!」(東京ニュース通信社)の増刷が決定した。発売から4日で増刷されるのは異例の事態だという。@@cutter 本誌は66年ぶりに金メダル連覇という快挙を果たし、国民栄誉賞受賞も決定した羽生選手の70ページを超えた総力特集や、宇野昌磨、田中刑事なども掲載されている日本男子フィギュアスケートの応援ブック。  巻頭特集は、世界の一流スケーターたちが集うアイスショー『ファンタジー・オン・アイス2018』から、羽生の最速美麗グラビア。さらに地元・宮城県仙台市で約11万人のファンに祝福された『羽生結弦選手2連覇おめでとう』パレード密着特集や、羽生が初プロデュースしたアイスショー『Continues~with Wings~』のリポートまで、羽生を多方面から徹底取材している。  同時に掲載されている『Continues~with Wings~』の出演者の一人である佐野稔の独占インタビューでは、冬季オリンピックの振り返りや裏話のみならず、羽生が幼かった頃のエピソードも。  さらに宇野や友野一希が来シーズンへの抱負を語る独占インタビュー、町田樹の描き下ろし連載などフィギュアスケートファン必見のコンテンツが満載。試合やアイスショーといったフィギュアスケートの関連番組やテレビ放送のスケジュールも網羅している。  『TVガイド特別編集 KISS & CRY 2017‐2018シーズン総括&2018‐2019シーズン展望号~Road to GOLD!!!」は東京ニュース通信社より発売中。価格は1600円(税別)。

  • 平成29年度JOCスポーツ賞 表彰式に出席した羽生結弦

    羽生結弦「まだまだ挑戦し続ける」 JOCスポーツ賞授賞式にメダリスト集合

    エンタメ

     フィギュアスケート男子の羽生結弦、スピードスケート女子の小平奈緒、高木美帆らが8日、都内で行われた平成29年度「JOCスポーツ賞」表彰式に出席。羽生は受賞の挨拶の中で、今後の抱負として「フィギュアスケートで挑戦したいことがまだまだある」と述べた。@@cutter 「JOCスポーツ賞」は日本オリンピック委員会が主催する、スポーツの各分野で優れた成果を挙げた者に贈られる賞。羽生、小平、高木美帆をはじめ、カーリング女子日本代表チームやスピードスケート女子の高木菜那など、平昌オリンピックのメダリストたちが顔をそろえた。  「年度賞 特別栄誉賞」を受賞した羽生は受賞時のインタビューで、司会者に「この先も挑戦し続けますか?」と問われ、「自分としてはオリンピック2連覇という目標は達成できたし、実際に達成感もある。でも自分自身挑戦したいことがフィギュアスケートではまだまだあるし、まだ磨き続けなければいけない」と回答。今後、4回転アクセルに向けて挑戦していくことを口にした。授賞式後の囲み取材では今シーズンに向けた新プログラムに関して「ある意味新しい自分を出したいと思うし、新たな決意を胸に滑っていくことになると思うので、皆さんに楽しんでいただきたいし、自分自身も楽しみたい」と述べた。  同じく「年度賞 特別栄誉賞」を受賞した高木美帆は、羽生や優秀賞を受賞したバドミントンの奥原希望と同学年。このことについて「共に戦える同い年の仲間がいるというのは自分の中でも励みになりますし、勇気にもなる。そういうつながりは私の中でも貴重なもので、パワーにもなる存在」と話した。  また、「最優秀賞」を受賞した小平は今回自身が所属する相澤病院もアスリートのサポート面が評価され受賞したことに触れ、「私自身、本当に苦しいときもいいときも悪いときも、同じようにサポートを続けてくださったので、今回このようにJOCに評価されたことは私自身もすごくうれしかったです」と喜びのコメントを述べた。

  • 「大谷翔平×大谷翔平 THE二刀流インタビュー」より

    大谷翔平、“二刀流”インタビュー動画でかわいいスイーツ男子な素顔公開

    エンタメ

     米MLBロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が出演するJAL『大谷翔平×大谷翔平 THE 二刀流インタビュー』動画が公開。この動画は大谷の“二刀流”にちなみ、ピッチャーの大谷とバッターの大谷が同時にインタビューに応じるというもの。動画では二人の大谷がお気に入りのスイーツについて論争するという一幕も収められている。@@cutter このインタビュー動画は、大谷がサポート契約を結んでいる日本航空株式会社(JAL)が制作。大谷の代名詞である“二刀流”をコンセプトに、試合では見ることができない彼の素顔を引き出している。  現在公開されている動画は、カメラに向かい合うように座る二人の大谷を映しながら、インタビュアーが質問していく構成。インタビュアーは二人の大谷に対して開幕に際しての心境や、意識している選手、自身の持つ強みなど野球に関する話題を投げかけるのだが、ピッチャーの大谷とバッターの大谷では回答が異なる姿を見ることができる。  インタビュアーは野球以外のプライベートについても質問を展開。「アメリカではどんなスイーツを?」という問いに、ピッチャーの大谷が「僕は昔からクレープが好きです」と答えると、バッターの大谷が「本場アメリカのドーナツが好きです」と意見が対立。二人の大谷が「クレープでしょ?」「いや、ドーナツです」などと一向に好みのスイーツを譲らない様子をユーモアたっぷりに描いている。  撮影現場では、インタビュアーからの質問に答える大谷の隣に、彼と仲の良いスタッフを座らせたことで自然な会話や表情、笑顔を引き出すことに成功。さらにスイーツについて論争するシーンは、公開されている映像の3倍以上の長さも撮影したことが明らかにされている。  JAL『大谷翔平×大谷翔平 THE 二刀流インタビュー』動画は公開中。

  • フィギュア界超大物の2ショット…!! ※「エフゲニー・プルシェンコ」インスタグラム

    羽生結弦、プルシェンコと2ショット 金メダリストの共演にファン歓喜

    エンタメ

     冬季五輪2連覇を果たしたフィギュアスケート選手の羽生結弦が15日、同じくフィギュアの五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコのインスタグラムに登場。金メダリスト二人の共演にファンは「スーパースター2人の写真ステキ」と歓喜している。@@cutter この日、憧れの人物と公言するプルシェンコと、自身のプロデュースするアイスショーで共演した羽生。    「We are looking at you our fans」というコメントとともにアップされたのは、羽生とプルシェンコが肩を組み、アイドル顔負けの横ピースを出している2ショットだ。満面の笑みを浮かべる羽生からは、憧れの人を前にして本当に楽しんでいることが伺える。    プルシェンコの投稿には世界中のファンが反応。日本語でも「おぉー! 望んでたツーショット」「スーパースター2人の写真ステキ」とフィギュアスケート界の超大物二人が並び立つ姿に興奮気味のコメントが届いている。   引用:https://www.instagram.com/plushenkoofficial/

  • カーリング女子・ロコ・ソラーレ北見「日本代表決定戦」生中継決定

    カーリング、ロコ・ソラーレ北見出場の「日本代表決定戦」生中継決定

    エンタメ

     カーリング女子のロコ・ソラーレ北見が挑む日本代表決定戦の初戦が、北海道文化放送で生中継されることが明らかになった。@@cutter 平昌オリンピックで悲願の銅メダルを獲得し、日本中に感動を届けたロコ・ソラーレ北見(以下「LS北見」)。今回彼女たちが挑むのは、世界選手権代表チーム・富士急との日本代表決定戦。LS北見の地元である北海道・北見市常呂町で開催され、5月18日の初戦を皮切りに20日まで最大5試合行われる。先に3勝したチームには11月に開催される『カーリング パシフィックアジア選手権2018』(開催場所未定)の代表権が与えられる。  『カーリング パシフィックアジア選手権2018』は、日本・韓国・中国・チャイニーズタイペイ・ニュージーランド・オーストラリア・カザフスタン・香港の8つの国と地域が参加。来年の世界選手権(デンマーク)への出場権をかけて行われ、2022年冬季北京オリンピックにも繋がる重要な大会だ。  そんな「4年後への第一歩」を踏み出すLS北見メンバーが氷上で見せる真剣な表情、平昌オリンピックでも話題になった「そだねー」や「もぐもぐタイム」などが再び注目を集める一戦となりそうだ。  『カーリング パシフィックアジア選手権2018 日本代表決定戦 女子初戦(仮)』は、北海道文化放送にて、5月18日14時50分から生中継(北海道ローカル)。

  • 吉岡里帆、"カープ女子”姿に大反響 ※「吉岡里帆」インスタグラム

    吉岡里帆、“カープ女子”姿に大反響「始球式してほしい」

    エンタメ

     女優の吉岡里帆が、15日に自身のインスタグラムを更新し、プロ野球・広島東洋カープのユニフォームに身を包み、捕球に挑戦する姿を収めた写真を投稿した。ファンからは「始球式してほしい」などのコメントが集まっている。@@cutter 吉岡は「“いい顔に迫る、資生堂クロストーク”。『文藝春秋』さんより、今月から連載をさせて頂くこととなりました」と新たな仕事が始まったことを報告。「第一線で活躍されているスポーツ選手の方をお招きし、そのいい顔の理由に迫っていきます!」としつつ「ここでしか聞けない強さや魅力をお伝え出来るよう丁寧にインタビューしていきたいと思います」と意気込みを明かしている。  「第1回目のゲストは野球選手の菊池涼介さんです」という言葉とともに投稿された写真には、赤白のユニフォームに身を包んだ吉岡が、菊池選手が見守る中、柔らかい表情を浮かべながら捕球に挑む様子が捉えられている。  写真を見たファンからは、「カープの始球式してほしいな」「似合う!可愛すぎるやろ」「カープカラーの里帆ちゃんもステキ」「世界で1番可愛いカープ女子ですね」「うまく取れたかな~」「そのまんま広島カープに入団すれば?」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/riho_yoshioka/

  • 『パラ駅伝 in TOKYO 2018』にて稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾

    稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、パラスポーツ応援チャリティー曲を『パラ駅伝』で熱唱

    エンタメ

     「新しい地図」の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が4日、東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催された『パラ駅伝 in TOKYO 2018』に登場。閉会式で、売上を全額寄付する菅野よう子作曲、麻生哲朗作詞の新曲『雨あがりのステップ』を披露した。@@cutter 2020年の東京五輪に向け、日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターとして活動する3人。この日はタカアンドトシ、次長課長の河本準一、ユーチューバーのはじめしゃちょーらと共に朝からイベントを盛り上げた。  開会式では、サポートセンター内に据え置かれた巨大壁画を実物大で再現した“レゴ壁画”をお披露目。自ら描いた2.6m×6.1mの立体アート化について香取は、「これなら分割して運べるから、パラスポーツのイベントでお披露目できる機会が増えたらいいな…と、勝手に思っています」と明かした。  さらに競技中、観覧席の応援ウェーブを先導するためトラックをリレー形式で回った際、まさかの全力疾走で会場中の意表を突いたことについて香取は「(自分でも)走ると思っていなかった。めちゃめちゃインドア派なんで、この青空の下でスポーツをして応援するのはこんなに気持ちいいんだ~!って気づきました」とニッコリ。これには日常的に運動している稲垣と草なぎが「普段からやりなよ!」「サボりすぎ!」「意外といいフォームしてたよ」と口々にツッコミ。  閉会式後に初披露した新曲について草なぎは「歌詞の“僕にも 新しい道を行ける気がした”“誰もが 新しい道を行ける気がした”が、僕らの心情にピッタリ」と満足げな表情。稲垣も「今日の天気と雰囲気も歌詞の内容に合っていたよね」と賛同した。  大観衆の前でのライブに香取は「すごい久々で、とっても気持ちよかったですね…歌うこと、歌っているときに応援してくれる皆さんの顔を見ることがこんなに好きなんだなと改めて実感しました」と感慨深げ。草なぎも「すごい緊張したけど、選手の方たちにもらった高揚感があったから、3人で緊張を乗り越えて歌うことができました」と振り返った。  現状の活動について問われた香取は「楽しい…まぁでも常に必死ですよ。一生懸命ですよ!」と力説し、大勢の報道陣を見渡して「そこからしたら、こんなにたくさんの方が集まってくれたことがうれしい」と屈託のない笑顔を見せた。動画ではこの模様を配信中。  『雨あがりのステップ』はパラスポーツ応援チャリティーソングとして3月19日よりiTunes Storeにて限定リリース。6月30日までチャリティー販売される(以降、通常販売に切替)。寄付の状況や使途は「新しい地図」サイト内で随時報告予定。

  • 羽生結弦

    羽生結弦、連覇の偉業達成したオリンピックは「人生そのもの」

    エンタメ

     平昌オリンピックのフィギュアスケート男子の金メダリスト・羽生結弦が27日、日本代表選手団の帰国報告会に宇野昌磨らフィギュアスケート陣と共に登場。66年ぶりの連覇を成し遂げた五輪は、自身にとってどんな存在なのか問われて「人生そのものだった。全てを懸けました」と話した。@@cutter フィギュアスケート男子のソチ五輪王者として平昌オリンピックに臨んだ羽生。来場者で一杯になった帰国報告会に登場すると、一際大きい声援を受けた。  羽生は今回、大会直前に右足首をケガをするも、痛み止めを飲んで強行出場。無理をした自らの決断について「靭帯だけだったらすぐ治ったと思う。いろんなところを痛めすぎて(一番ケガした部位は)どこだか分からない。(今は)ちょっと休みたいな、という気持ちはある」と本音を吐露。「ただ、休むといっても治療ってそんな簡単なものではない。リハビリも大変になると思う。またそれも苦しみながら頑張る」と意気込んだ。  自身の人生に大きな影響を与えた五輪。どれだけ大事な存在なのか質問されると「スケート人生だけじゃなく、これからの人生も懸けた結果がこの金メダル。こうやって皆さんが喜んでくれるのがすごくうれしい。その喜びが自分の喜びにもなっている。本当に、(ファンなどに向けて)“ありがとう”という言葉が一番伝えたい言葉」とコメント。さらに「(五輪は)人生そのものだった。全てを懸けました。足がどうであれ、気持ちがどうであれ、心臓がどうであれ、全てを懸けないと勝ちきれないと分かっていた。それを勝ち取ったのも自分の人生。人生の全てがそこにかかったと思う」と語り、充実感を漂わせた。  同種目で銀メダルを手にした宇野は、会場の熱気を受けて「これだけの皆さんに見ていただけたと思ってうれしい」とニッコリ。五輪を通じて「今まで僕がやってきたこと、練習してきたこと、どの状態でも全力を尽くすことが間違っていなかった。常に100%でやり続けることが正解だと思った」と笑みをこぼした。  日本選手団・応援団長の松岡修造は、本帰国報告会で選手たち一人一人に至近距離で熱いインタビューを敢行。リハーサル時もハッスルし、本番さながらのトークを展開して会場の笑いを取って、寒い中、選手たちを長時間待つ来場者の労をねぎらった。

  • 平昌オリンピック「日本代表選手団 帰国報告会」にて

    カーリング女子・藤澤五月、「そだねー」の反響に驚き「なまってると思ってなかった」

    エンタメ

     平昌オリンピックのカーリング女子団体戦のメンバー5人(ロコ・ソラーレ北見)が27日、都内で開催された日本代表選手団の帰国報告会に登場。司令塔のスキップ・藤澤五月が、話題になった相づち「そだねー」の反響に対して「私たち、なまっていると思っていなかった。ちょっと衝撃だった」と明かした。@@cutter 2月9日から始まった平昌五輪では7競技102種目が開催され、日本勢は冬季五輪史上最多となる13個(金4個、銀5個、胴4個)のメダルを獲得。小平奈緒主将ら選手団は26日に帰国の途につき、27日に解団式および帰国報告会に出席した。  帰国報告会の壇上に上がった藤澤は、詰めかけた大勢の来場者を目の当たりにして「たくさんの方に支えられてきたとすごく感じる」と感無量の様子。メダル獲得への重たいプレッシャーを乗り越えるにあたって「自分たちが今までやってきたことを全力で試合で出すだけだと思っていた。自分たちを信じてやっていただけ」と回想した。  チーム主将の本橋麻里は「皆すごいたくましかった。たくさん笑顔が出ていたので、チーム『ロコ・ソラーレ』らしい試合ができた」と言い、「セミファイナルで韓国に負けてしまった後に、気持ちに整理をつけ、自分たちを鼓舞して、3位決定戦でしっかりこのメダルを受け取れたことが一番の収穫」とチームを称えた。  サードの吉田知那美は「皆で最後に流したうれし涙が、人生で一番最高の瞬間だった。私たちが3位決定戦で勝った後に私たち以上に、監督が泣いて喜んでくださったり、男子のカーボーイズが声を張ってずっと応援してくれたりした。私たちの夢が誰かの夢になるって本当に幸せ」と笑顔を見せた。  試合では、マイクを通じてメンバーたちの声が放送され、「そだねー」などの相づち言葉が注目を集めた。藤澤は「マイクを付けることで、カーリングの選手たちがどんなことを話し、どういうコミュニケーションを取っているのかさらけ出せた。(視聴者に)見て頂けたのは良かったと思う」とニコリ。「そだねー」の予想外の反響を関しては「私たち、なまっていると思っていなかった。ちょっと衝撃だった」と率直な心境を明かした。  最後は日本選手団・応援団長の松岡修造のリクエストで、各メンバーが「そだねー」を笑顔で生披露。会場を盛り上げた。  帰国報告会には他に、羽生結弦、宇野昌磨、高梨沙羅、高木菜那、高木美帆、小平奈緒らが出席した。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access