広瀬アリス 関連記事

  • 広瀬アリス、2019年カレンダー発売イベントに登場

    広瀬アリス、2018年に満足「過去最高に早い1年でした」

    エンタメ

     女優の広瀬アリスが、8日に都内で開催された『広瀬アリス 2019年カレンダー』の発売記念イベントに登場した。広瀬は今年を「過去最高に早い1年でした」と振り返り、芸能界入りして10年が経ったことについて「こんなに長くいると思っていなかった」と語った。@@cutter 梅雨時の6月に撮影を行ったという本作は、カラフルなスカートや、浴衣、ハットなどを見につけた広瀬の姿を収めている。お気に入りのカットに、自然体な表情を収めた1~2月のページを選んだ広瀬は「ボケーっとしているところを撮ってもらった感じなので、逆にポージングをしていないところが良かったなと。無ですね(笑)」と回想。  今年がどんな1年だったか聞かれると「過去最高に早い1年でした。忙しかったですね(笑)。でも、ありがたいなと思いながら、日々過ごしていました」と満足げ。「長期の休みは、今年はなかったですね」と言い、休みがもらえたらどう過ごしたかったか問われると「ずっと家にいたいです(笑)。ほんと。目覚ましかけないで寝たりとか。1日中ソファから動かないとか。そんな生活をしばらく送りたいなって」と白い歯を見せた。  その後、10日に最終回を迎える出演中のドラマ『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)の撮影で、なかなかOKが出なかったエピソードにも言及。「初めて本番中に足がガクガク震えながらやったりとか。この年齢で、そういうことってなかなかないので。言われなくなりはじめる年なので、すごくありがたいなって思いました」と明かしていた。 芸能界入りしてから10年が経ったことにも触れ「まさか自分がこの世界に、こんなに長くいると思っていなかったですし、当時の自分が見たら、たぶんすごくびっくりすると思うんです」としみじみ。当時の自分にどんな言葉をかけてあげたいか聞かれると「ちゃんと仕事してるよって言いたいです(笑)。勉強も特にできなかったので。たぶん、兄妹の中で一番親に心配されていたので」と発言。どんな部分で心配されていたのかについては「自由すぎて。この子は大丈夫なのか? って、たぶん親に思われていたと思います」と話していた。  『広瀬アリス 2019年カレンダー』は発売中。

  • (左から)広瀬すず、広瀬アリス

    広瀬すずが姉アリスと遭遇 美人姉妹の“おんぶ”動画にファン歓喜

    エンタメ

     女優の広瀬すずが7日、自身のインスタグラムで姉で女優の広瀬アリスと遭遇したことを報告。アリスがすずをおんぶする仲良しな動画がファンの間で話題となっている。@@cutter 「スタジオで会った」というコメントとともに投稿されたのは、アリスがすずを背負い、2人がはしゃいでいる動画。すずはアリスの背中に乗りつつも、カメラに向かって「お姉ちゃんが急に楽屋に入ってきて、裸足で私は出ました。うわーってなって外出たら、楽屋はオートロックでした!」と、裸足のままである経緯を説明。アリスはすずが裸足のまま床に落ちないように、笑いながら彼女を支えているというかわいさがたまらない映像となっている。  コメント欄には、2人のおちゃめな姿に心打たれたファンの声が殺到。「どんだけ可愛い姉妹なんだ」「仲良し姉妹にほのぼの」「好きすぎるわ」「最高かよ」といった書き込みが相次いだ。 引用:https://www.instagram.com/suzu.hirose.official/

  • 映画『銃』初日舞台挨拶に登壇した(左から)リリー・フランキー、村上虹郎

    リリー、初共演の村上虹郎を絶賛「親のいいところだけもらったな」

    映 画

     映画『銃』の初日舞台挨拶が17日、都内にて行われ、主演の村上虹郎、広瀬アリス、リリー・フランキーらが登壇した。村上とリリーは本作が初共演。リリーは村上について「こいつのお父ちゃん(村上淳)とは友達なんですけど、今回初めてお芝居させてもらって、本当親のいいところだけもらったなと思って。才能も性格も。短い時間だけど楽しかったですね」と絶賛していた。@@cutter 本作は、映画化もされた『去年の冬、きみと別れ』の原作者として知られる芥川賞作家・中村文則のデビュー作を実写化したもの。河原で偶然に銃を拾った大学生の西川トオル(村上)が、銃に魅了され、次第に精神が追い詰められていく様を、緊張感あふれる映像で描き出す。  中村作品の印象を問われた村上は「ニコチンとカフェイン」と一言。その心は「中村さんの作品をすべて読んでいるわけではないんですけど、主人公がよくタバコとコーヒーを狂気じみた感じで摂取することが多い印象」と語った。今回の撮影では「肉体的にも精神的にも“中村文則ワールド”のアリ地獄に引きずりこまれて、いつ抜け出せるのかと思っていました」と振り返った。  そんな村上と間近で接していた広瀬は「正直現場にいるときは怖かったです。あまり近くにいたくなかった。狂気じみていた」と明かした。そんな狂気に「飲み込まれないように、飲み込まれないように、という感じでしたね。私が引っ張られたら、この作品を誰も救えなくなってしまう」と撮影時の思いを語った。  リリーは、本作の監督やキャストを聞いた第一印象として「これは面白くなるな。こういう映画が日本で作られるのはいいな」と思ったという。そんな映画の初日舞台挨拶を盛り上げるために何かできることはないかと、事前に広瀬と話し合ったというリリー。結果「お互いどれだけ露出できるか」という結論に達したといい、広瀬はリリーから「俺は胸に穴が空いたシャツを着て行くからアリスも一緒に着て行こう」と誘われたそう。それを聞いた村上から「それ、あかんヤツやろ」とツッコまれていた。無事、広瀬もリリーも露出度の高い服を着てくることはなかった。  舞台挨拶には、日南響子、新垣里沙、岡山天音、後藤淳平(ジャルジャル)、武正晴監督、奥山和由プロデューサー、原作者・中村文則氏も登壇した。

  • (左から)広瀬すず、広瀬アリス

    広瀬アリス「ネットニュースで知った」 妹すずの紅白初司会にツッコミ

    エンタメ

     女優の広瀬すずが大みそか恒例の『第69回NHK紅白歌合戦』の紅組司会を務めることが分かった9日、ツイッター上で姉の広瀬アリスとコミカルなやり取りを披露。人気女優同士でもある姉妹の飾らないやり取りが、ファンをなごませている。@@cutter 紅白司会が公表されたあと、すずは自身のツイッターで「平成最後の、か、、、ふぅ、、ががががががんばります」と意気込みを投稿。総合司会の内村光良、桑子真帆アナ、白組司会の櫻井翔と共に、広瀬は紅組司会を初めて務めることになった。  すずの「がんばります」投稿の直後、今度は姉のアリスが「さっきまで一緒にいたのにネットニュースで知ったよ。がんばれ」と引用リプライ。この言葉にすずは「ごめん、吹いちゃったありがとうお姉ちゃん 昼寝終わったんだね、おはよう」と返信を送っている。  飾らない姉妹のゆるいやりとりに、ファンからは「なにこの会話可愛いムリ」「まってさすが広瀬姉妹www」「いつも、直接あってるのにネットでお互いのこと知るよね」「やっぱその関係好き」といった好意的な意見が相次いだ。  そのほかにも「アリスちゃんは朝ドラ出てたから、ゲスト審査員あるかも」「御姉様も朝ドラヒロイン応援団に混ざって出演オファーあったりして」と『紅白』内で姉妹が共演することを期待する声も寄せられている。 引用:https://twitter.com/Alice1211_Mg https://twitter.com/Suzu_Mg

  • 広瀬アリス

    広瀬アリスが“貞子”になる!? インパクト抜群の立ち姿を披露

    エンタメ

     女優の広瀬アリスが29日に自身のツイッターに、髪を振り乱した異色の姿を投稿した。ホラー映画『リング』シリーズで知られる「貞子」を彷彿とさせる姿に、ファンの間で「きゃー貞子だー」「広瀬貞子」などと話題を呼んでいる。@@cutter 広瀬が出演しているテレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)は、企業コンプライアンスをテーマとするドラマ。主人公・秋津渉(唐沢寿明)が、スーパー業界の老舗「マルオーホールディングス」内で発生するさまざまなハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決していく。広瀬は秋津の部下・高村真琴を演じている。  広瀬は「この後22時からハラスメントゲーム第3話!!!ぜひ!」という呼びかけとともに、髪で顔が隠れてしまっている姿を収めた写真を投稿。その姿は、映画『リング』シリーズに登場する「貞子」を彷彿させる。  写真を見たファンは「アリスちゃん、どうしたんですか?(笑)突風がきたんですか?(笑)」「ハロウィン仕様なのかな?笑可愛い!!」「きゃー貞子だー」「広瀬貞子」「風からハラスメント受けてますね」といったコメントが寄せられ、ファンに大いにウケているようだった。 引用:https://twitter.com/Alice1211_Mg

  • 映画『旅猫リポート』公開記念舞台挨拶にて

    福士蒼汰、主演猫との別れに本音「ずっとこれからも一緒にいたい」

    映 画

     俳優の福士蒼汰が、26日に都内で開催された主演映画『旅猫リポート』公開記念舞台挨拶に出席した。主演猫のナナを抱いて観客を魅了した福士は「これだけずっと一緒にいたら、ずっとこれからも一緒にいたいと思っちゃう」と、ナナへの思いを語った。@@cutter 有川浩の同名小説を基にする本作は、心優しい青年・悟(福士)が、とある事情から飼えなくなってしまった愛猫・ナナと共に、新しい飼い主を探す姿を描く。この日の舞台挨拶には、高畑充希、竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、三木康一郎監督も登壇した。  福士は初日を迎えたことについて「撮影が1年半くらい前だったので、本当にようやく公開だなという気もします」と言い「23歳とかだった頃の自分が、今と違うんだけど、その良さもあったりするなと客観的に見れたりして、あの日あのタイミングだから撮れたものが画に映っているなと思う」とも語った。  物語に絡めて、人生に欠かせないものや夢中になっているものを聞かれた高畑は「私の周りが今ベビーラッシュで」と言い「合間を見つけて会いに行ったりして。動画を撮って、そのいい感じに撮れた動画を、1日に同じのを20回くらい見て、にやける」と笑顔で回答。一方の竹内は「最近、ドライブしてキャンプに行ったりとか。そういう遊びにはまっています」と明かし「火おこしを覚えた」とも報告。これを聞いた共演者に、古典的な方法で火おこしをするのか聞かれると「何時代!? ちゃんと固形燃料とかでね(笑)」と返していた。  当日は、ナナが猫用ミルクで、福士ら俳優陣は通常のミルク(牛乳)で鏡開きを行う一幕も。改めてマイクを握った福士は「明日舞台挨拶をやって、ナナとはなかなかもう会えなくなっちゃうので、すごく寂しいですね。これだけずっと一緒にいたら、ずっとこれからも一緒にいたいと思っちゃうけど…」と本音をこぼしつつ「本当に1年半、撮影からプロモーション、ありがとね、ナナ」と、感謝の気持ちを語っていた。

  • ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』出演者

    亀梨和也主演ドラマ『東野圭吾 手紙』に広瀬アリス&中村倫也ら出演

    エンタメ

     KAT‐TUNの亀梨和也が主演を務めるドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』(テレビ東京系/12月19日21時)の追加キャストが発表され、女優の広瀬アリス、俳優の中村倫也らの出演が発表された。@@cutter 本作は、東野圭吾の小説『手紙』を実写ドラマ化。高校3年生の頃、自分の大学進学のために兄が強盗殺人を犯してしまった武島直貴(亀梨)が、友情、恋愛、就職、結婚と幸せを掴もうとする度に「強盗殺人犯の弟」というレッテルを貼られ、社会からさまざまな差別を受けながらも、やがて自分の家庭を持つまでの軌跡を描く。  広瀬が演じるのは、亀梨扮する主人公の恋人で、一流企業の令嬢でもある中条朝美。広瀬は本作について「人間の良いところばかりを描いていない、妙にリアリティーのあるとこに恐怖を感じます」と語り、「それでも懸命に生きている一人の人間の姿がとても心に残ります」とコメント。  そんな広瀬扮する朝美の従兄で許嫁の嘉島孝文を演じる中村は「直貴とは住む世界の違う、少し嫌な奴? でも憎めない男??」と自身の役柄について話すと、「作品の中で良いスパイスになっていれば幸いです」と語った。 さらに、直貴の職場の先輩・寺尾祐輔を高橋努が演じ、直貴が就職する『真芝電機』人事部の社員・町谷健二に眞島秀和、朝美の母・中条京子に西田尚美が扮する。  また直貴のバイト先の居酒屋店長を渡辺いっけいが演じ、強盗殺人被害者遺族の息子・緒方忠夫を田中哲司、朝美の父親で一流企業の社長・中条浩臣を榎木孝明、直貴の就職先の社長・平野宗一郎に小日向文世といった実力派キャストが顔をそろえる。  ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』は、テレビ東京系にて12月19日21時放送。

  • 新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編』場面写真

    濱田岳×広瀬アリス『釣りバカ日誌』SPドラマ、2019年1月放送決定

    エンタメ

     濱田岳と広瀬アリスが共演する『釣りバカ日誌』シリーズのスペシャルドラマが、2019年1月に放送決定し、場面写真も解禁となった。濱田は「ついに、ハマちゃんとみち子さんの結婚式に向けてのお話!! ただ釣りバカなので、そう簡単に結婚式には辿り着きません(笑)」とコメントを寄せている。@@cutter 四国・香川を舞台とする本作では、新婚ホヤホヤのハマちゃん(濱田)とみち子さん(広瀬)が、結婚式を挙げようと奮闘。しかし、スムーズに事は運ばず、2人が新婚生活を送る四国・香川に、スーさん(西田敏行)と佐々木課長(吹越満)が乱入し…?  濱田は「釣りバカの制作チームの皆とは本当に長い付き合いなので、皆と会えることが何よりも喜びです! 西田さん演じるスーさんと久しぶりに楽しいセリフのキャッチボールができたので楽しかったし、また監督はじめ、スタッフの皆と賑やかに撮影に臨めたのは、とても嬉しかったなと…」とコメント。  また「もう勝手知ったる仲なので、スタッフキャスト一人一人の距離がとっても近くて他の現場にはない釣りバカ独特の空気になっていました。これをアットホームというのかな(笑)」と振り返り「僕にとっては居心地が良く、“ただいま”という感じで、とても楽しく毎日を過ごしていました」とも明かしている。  一方の広瀬は「シーズン2が終わった時に、また皆さんと一緒に釣りバカをやりたいと本当に思っていたので、ホームに帰るような感覚ですごく嬉しかったです。相変わらず温かくて楽しくて、ずっと笑いに包まれている現場だと思いました」と述懐。「実は今回夜遅くまで撮影することが多くありまして、なかなかハードなスケジュールだったのですが、不思議と疲れないんです。ずっと楽しいまま撮影が終わった感じがしました」とも。さらに「今回はみち子さんのお母さんが出てくるのですが…そこに皆さん注目して頂きたいです!」と見どころをアピールした。  新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編』は、テレビ東京系にて2019年1月放送。

  • 映画『ドラえもん のび太の月面探査記』製作発表会見に登壇した広瀬アリス

    広瀬アリス、ドラえもん出演も妹・すずには内緒「驚かせたくて」

    アニメ・コミック

     『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の製作発表会見が15日、都内で行われ、レギュラー声優の水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、本作のゲスト声優を務める広瀬アリス、ロッチの中岡創一、サバンナの高橋茂雄、柳楽優弥、吉田鋼太郎が登壇した。@@cutter 劇場版シリーズ39作品目となる本作は、ドラえもん、のび太たちが月を舞台に大冒険する。脚本は、直木賞作家の辻村深月がオリジナルで書き下ろし、監督は『新・のび太の日本誕生』などの八鍬新之介、主題歌は平井大が担当することが明らかになった。  ミステリアスな転校生・ルナを演じる広瀬は「誰もが知っている国民的アニメーションに声優として出させていただくこと、とてもうれしく思います」と喜び。幼い頃から家族で親しんできた『ドラえもん』だが、妹の広瀬すずには出演のことを「驚かせたくてまだ言っていません。妹の仕事はネットニュースで知るので同じことをしようかと」とおちゃめに笑った。  読書が趣味で、辻村の小説も愛読していたという水田は、辻村が脚本に決まり「息が止まりそうなくらいだった」と驚き。「辻村先生が書いた文字に命を吹き込むことができる。これほどうれしいことはない。本当にドラちゃんには感謝しかございません」と感無量の様子だった。また「私はどの作品に対してもいつも平等に全力で挑んでいる。なので、今回も同じように全力で挑みます」と意気込みつつ「辻村先生と藤子・F・不二雄先生のコラボには震えが止まらない感じになるのでは」と力作を期待した。  ドラえもんファンでありながらも5年前、映画脚本のオファーを「一度断った」と明かした辻村。ドラえもんの脚本は「私にとって聖書の続きを書くようなもの」と表現し、プレッシャーを感じながらも執筆したことを振り返った。そして「当たり前にあるドラえもん映画の1本として観ていただけたら、こんなにうれしいことはありません」と呼びかけた。  『映画ドラえもん のび太の月面探査記』は、2019年3月1日全国ロードショー。

  • 映画『銃』場面写真

    村上虹郎主演『銃』に、父・村上淳が出演 共演シーン写真解禁

    映 画

     俳優の村上虹郎が主演を務める映画『銃』から、主演の虹郎と、彼の父親であり俳優の村上淳の共演シーンを捉えた場面写真が解禁された。息子との共演に村上淳は「正直“親子共演”ということを意識しないかというとそうはいかない」と語っている。@@cutter 本作は『去年の冬、きみと別れ』の原作者としても知られる芥川賞作家・中村文則のデビュー作の実写化。河原で偶然に銃を拾った大学生の西川トオル(村上虹郎)が、銃に魅了され、次第に精神が追い詰められていく様を、緊張感あふれるモノクロームの映像で活写する。  このたび公開された場面写真は、虹郎扮するトオルと村上淳演じるある男がシートに並んで座っているカット。村上淳と虹郎による親子共演は、映画では河瀬直美監督の『2つ目の窓』以来となる。  共演を果たした村上淳は「今回出演を決めたのもオファーをいただきそれに向き合った結果であり、武組の空気を感じられる機会をいただいたことへのアンサーです」とコメント。さらに「いち役者といち役者がなにかしらの縁で同じ座組になることは、そんなに珍しいことではないということです」と語っている。  映画『銃』は、11月17日より全国公開。

  • (左から)唐沢寿明、広瀬アリス

    唐沢寿明ら“昭和生まれのおじさん”たち、自由すぎるハラスメント会見

    エンタメ

     俳優の唐沢寿明が10日、都内にて行われた主演ドラマ『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)の完成披露試写&記者会見に出席。唐沢が「昭和生まれで、ほとんどハラスメントに引っかかりながら暮らしています。いつ訴えられるかヒヤヒヤしているんですけど、このドラマが終わるまで捕まらないよう逃げ切りたいと思います」とユニークな挨拶で口火を切ると、以降キャストたちによるセクハラ発言、ぶっちゃけ発言が次々飛び出す自由な会見となった。@@cutter 本作は企業のコンプライアンスをテーマに、主人公・秋津渉(唐沢)がスーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の中で起こるさまざまなハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決に導く姿を描く。  冒頭の唐沢に続き、同社CEO・丸尾隆文役の滝藤賢一も「この本を読んだとき僕もハラスメントの塊だなと思いました」と明かしたが、中でも際立っていたのが脇田治夫常務役の高嶋政宏。コンプライアンス室に勤める高村真琴役の広瀬アリスが乗馬の話をすると「一本鞭とか入れたりするの?」と発言したり、「広瀬さんが肋間神経痛で痛いと言ってたので、唐沢さん、ちょっと触診したほうがいいですよと言いいました」と言ったり、セクハラ発言を連発。  一方、弁護士・矢澤光太郎役の古川雄輝が撮影現場のエピソードとして、広瀬から「顔が赤ちゃんみたいと言われた」と話すと、以降、唐沢は事あるごとに「赤ちゃんとしてはどう思うの?」と古川に“赤ちゃん”いじり。防戦一方の古川が「赤ちゃんじゃないですから!」と突っ込む中、高嶋は広瀬に「赤ちゃんプレイがしたかったんでしょ」と語り、周りを呆れさせていた。  また唐沢は“アルコールハラスメント”についてのエピソードで、「若い俳優に食事に誘ったらLINEを既読スルーされた。名前がもうここまで出かかってるんだけどな」と暴露しようとして周りを慌てさせ、さらに「飲みに行って自分の話しかしない俳優がいて…」とまたしても実名を挙げようとして止められていた。  ドラマBiz『ハラスメントゲーム』はテレビ東京系にて10月15日より毎週月曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 広瀬アリス

    広瀬アリス待望のインスタ開設 早くも「ドラマ終わっても続けて」の声

    エンタメ

     女優の広瀬アリスが30日、自身のインスタグラムのアカウントを開設した。待望のインスタ開設にファンからは大きな反響が寄せられている。@@cutter 広瀬が開設したのは、10月19日スタートのドラマ『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週金曜21時)で演じるヒロイン真琴役としてのアカウント。初めての投稿は「はじめちゃうよ。ぐっふっふ」というお茶目なコメントと、ドラマの脚本を手にニッコリとほほ笑む広瀬自身のショットだ。今後ドラマが進むにつれ、どのような投稿を見せてくれるのか期待するファンも多いだろう。  人気女優のインスタグラム開設にファンからは「アリスちゃん!待ってたよー」「インスタ嬉しすぎます!」という歓喜の声のほか、「フォローしました!」という報告、さらには「ドラマが終わったても続けて欲しい」「ドラマやってる期間限定、とかは寂しいからできれば続けて欲しい」など、1投稿目から早くも“継続希望”の声も数多く寄せられた。なお開設から1日余りですでにフォロワーは2万を超えている。 引用:https://www.instagram.com/harassmentgame_makoto/

  • (左から)米倉涼子、新垣結衣、有村架純

    新垣結衣、有村架純、米倉涼子…女優で選ぶ注目の秋ドラマは?【前編】

    エンタメ

     夏ドラマが続々と最終回を迎え、10月からはいよいよ秋ドラマがスタートする。ネットなどでは、すでに予告編も流れている。連続ドラマが春夏秋冬の3ヵ月サイクルになってからずいぶん経つが、季節がめぐるたびにワクワクしてしまう。この秋、果たしてどんな作品が私たちを楽しませてくれるのか? 今回は女優にスポットを当てながら、前・後編の2回に分けてチェックしてみよう。@@cutter■ガッキー×脚本・野木亜紀子の“逃げ恥”コンビ再び  新垣結衣ヒロインで野木亜紀子が脚本…とくれば、“逃げ恥”コンビ。10月10日スタートの『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)は、徹底的にリアルにこだわったラブストーリーを描くという。新垣の役どころは、常に周囲に気を遣い笑顔で仕事は完璧だが、実は必死で理想の女を演じている深海晶。相手役は松田龍平演じる根元恒星で、人当りが良いエリート会計士だが実はすべての物事に対し斜めに構え、冷めた目で見ている。共にひたすら本音を隠し続け、自由に、本能のまま生きられない頭でっかちな2人が繰り広げる物語だ。  新垣と松田の共演は実に11年ぶり、ダブル主演という扱いだ。前回の共演時には新垣はまだ高校生だった。人間としても女優としても成長した新垣が、松田とどんな物語を見せてくれるか。共演陣も田中圭、黒木華、菊地凛子、田中美佐子ら、きっちり芝居のできる実力派をそろえ、万全の構え。安心して楽しむことができそうだ。 ■有村架純の女教師が中学生と“禁断の純愛”  “先生と教師の禁断の純愛”といえば、たびたびドラマでお目にかかるテーマだが、10月9日スタートの『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)は国語教師・末永聖役で主演する有村架純と、相手役に抜てきされた新人の岡田健史に期待がかかる。原作はかわかみじゅんこの人気コミックで、片田舎の中学校が舞台。自分を大切に思ってくれる年上の婚約者がいるにもかかわらず、教え子の中学生に心を奪われてしまう女教師を有村がどう演じるか。役者としてまた一皮むける機会となりそうだ。  その教え子・黒岩晶を演じる岡田は、福岡県出身の19歳。高校時代は野球強豪校の球児だったという。わずかな予告編の画面からも、イケメンという以上に透明感の伝わってくる人であることが感じられ、中学生役も違和感はなさそう。新たなスターがドラマから生まれるか、楽しみだ。 ■米倉涼子、今度は弁護士 菜々緒との美脚対決も?  米倉涼子が弁護士資格を、はく奪されたワケありの元弁護士役で主演する『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)は10月11日スタート。米倉でテレ朝の連ドラといえば『ドクターX~外科医・大門未知子~』だが、今度は髪を約20センチもカットし並々ならぬ意気込みで新境地にチャレンジする。  弱小法律事務所を立ち上げて、大手法律事務所に闘いを挑む。超エリート弁護士相手にどんな不利な訴訟でも勝利をもぎ取って行くというから、観ていて爽快感のあるドラマとなりそうだ。向井理、林遣都、菜々緒、荒川良々、内藤理沙、安達祐実ら、共演陣も充実しているが、やはり米倉がどれだけ脱・大門の新鮮味を見せることができるかが話題となりそうだ。ネットでは、菜々緒との美脚対決も静かな話題となっている。@@separator■広瀬アリスがコンプライアンス室、女性社員に  テレビ東京が開局55周年特別企画ドラマBizとして力を入れるのが、10月15日スタートの『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)。実力派の俳優がズラリと顔をそろえている。主演は唐沢寿明で、スーパー業界大手の富山支店長・秋津渉役を演じる。昨今何かと話題になる企業のコンプライアンスを主軸にした物語だが、広瀬アリスがコンプライアンス室の女性社員を演じる。  そのほか、顧問弁護士役には古川雄輝、容姿端麗な役員担当秘書役に市川由衣、秋津の妻役に石野真子。そして滝藤賢一、佐野史郎、高嶋政宏、喜多乃愛と、豪華な顔ぶれだ。脚本は『BG~身辺警護人~』が記憶に新しい井上由美子、監督は「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」などで知られる西浦正記。テレ東の連ドラは初という2人だが、期待して良さそうだ。 ■鈴木保奈美が『東ラブ』織田裕二と共演 1年ぶり月9の今田美桜にも期待  そして月9で初めてアメリカの人気ドラマをリメイクするという10月8日スタートの『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)は、織田裕二が勝利至上主義のスゴ腕弁護士役で主演する。共演はHey! Say! JUMPの中島裕翔で、織田演じる正午とバディを組むことになる天才フリーター・大貴役だ。人としても役者としても貫禄を増した織田と、フレッシュな中島のバディぶりが楽しみだ。  また、正午が所属する法律事務所の代表弁護士役に『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりの共演となる鈴木保奈美がキャスティングされているのも話題となっている。人気の若手女優・今田美桜にも注目だ。日本版だけのオリジナルキャラクターを演じる。月9は、昨年の秋ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』以来1年ぶり。どれだけ役者として成長したか。  ちなみに原作の『SUITS』はニューヨークの大手法律事務所が舞台で、2011年にNBCユニバーサルのUSAネットワークで放送され、初回視聴者数が460万人超を記録した大ヒットドラマ。折り紙付きの面白い物語、舞台を日本に移して成功できるかどうか。  ほかにも話題を呼びそうなドラマが数多くラインアップされている。後編も、注目作ぞろい!(文:志和浩司) ※後編は明日9月30日公開です。

  • 映画『食べる女』公開記念舞台挨拶にて

    小泉今日子は「ツナグ女」 新婚の前田敦子は「猫といる女です」

    映 画

     女優の小泉今日子と前田敦子が、22日に都内で開催された映画『食べる女』公開記念舞台挨拶に出席。自分はどんな女性か問われた小泉は「ツナグ女」と答え、前田は「猫といる女です」と明かした。@@cutter 本作は筒井ともみによる短編集の実写化。食と性をテーマに“自分を味わいつくす”ことの大切さを、年齢・職業・価値観も異なる8人の女性たちの姿を通して描く。  この日のイベントには小泉と前田のほか、沢尻エリカ、広瀬アリス、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香、原作の筒井、生野慈朗監督が登壇した。  当日は、キャストが自分は「○○女」だと発表する一幕があり、雑文筆家で古書店“モチの家”の主人でもあるトン子を演じた小泉は「ツナグ女」と回答。「36年くらいですかね。お仕事をしてきて、たくさんの恩師や偉大なる先輩たちに会いました。そういう方から教えていただいたことを、次の世代につないでいかなくちゃいけない世代なんだろうという意味で」と理由を語った。  男を寄せつけない書籍編集者・小麦田圭子役の沢尻は「そのまんまなんですけど、食べる女です(笑)」と答え「原動力というか、日々の活力。おいしいものがあるからこそ頑張れるというところがあるので」とコメントし、「家で食べるのもいいんですけど、たまに皆でご飯に行ったりとか、女子会したりとか、そういうのが好きですね」と白い歯を見せていた。  一方、制作会社で働く白子多実子に扮した前田は「猫といる女です」と回答。「最近、一番何してるかな? って考えたときに、猫といる時間が一番長いんですよね。目の前にいる猫を見ていると、私かなって思うことがよくありますね」とニッコリ。「お母さんも猫を14匹飼ってて。猫女ですね。私とお母さんは(笑)」とも話していた。

  • テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz『ハラスメントゲーム』に出演する広瀬アリス

    広瀬アリス、『ハラスメントゲーム』にヒロイン役で出演 唐沢寿明の部下に

    エンタメ

     女優の広瀬アリスが、俳優の唐沢寿明が主演するテレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)に出演することが明らかになった。ヒロイン・高村真琴を演じる広瀬は「今までにない役柄への挑戦になると思っています」と意気込みを明かしている。@@cutter 企業のコンプライアンスをテーマとする本作は、主人公・秋津渉(唐沢)が、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の中で起こるさまざまなハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決に導く姿を描くビジネスドラマ。  広瀬が演じる真琴は、自分の意見を持っており、物怖じせず、時には上司にもきちんと意見することが出来る女性。上司の秋津と、2人しかいないコンプライアンス室に所属している。左遷のたらいまわしでコンプライアンス室長となった変わり者の秋津の言動に対して、ツッコミを入れるしっかり者だが、一方で、自分のこととなると無頓着な一面も。  広瀬は役柄について「真琴は、セリフではある意味過去一番難しいかなと思います。難しい専門用語をたくさん並べ、業務的な言葉遣いでかなり早口で話すことが多く、これまでそういう役はなかったので、楽しみでもあり、もっともっと今よりも頑張らなきゃと」と意気込みを語る。また「これだけバリバリのキャリアウーマンを演じるのは初めてで、パンツスーツやストレートの髪型でのお仕事もほぼなかったので、かっこよくジャケットを着こなせるよう、すっと背筋が伸びます」とも話している。  そしてドラマの見どころに関しては「人間らしいシーンがすごく多い作品なので、そこを楽しんでいただけたらなと。そして、色んなキャラクターの方たちが出てくるので、そこを楽しみつつ、私は20代のフレッシュな感じを出していきたいと思います。笑」とコメントを寄せた。  テレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz『ハラスメントゲーム』は、テレビ東京系にて10月15日より毎週月曜22時から放送。

  • 映画『食べる女』完成披露舞台挨拶にて

    小泉今日子、勉強の大切さを熱弁! 広瀬アリスは10時間一人カラオケ告白

    映 画

     女優の小泉今日子が、沢尻エリカ、広瀬アリスらと30日に都内で開催された映画『食べる女』の完成披露舞台挨拶に出席した。小泉は高校生のうちにやっておくべきことを「ずばり、勉強です(笑)」と語り、広瀬は10時間に及んだ一人カラオケについて明かした。@@cutter 本作は、食と性をテーマに“自分を味わいつくす”ことの大切さを、年齢・職業・価値観も異なる8人の女性たちの姿を通して描いた筒井ともみによる短編集を映画化。この日の舞台挨拶には、ほかに前田敦子、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香、原作者の筒井、生野慈朗監督も登場した。  雑文筆家で古書店“モチの家”の主人でもあるトン子こと餅月敦子を演じた小泉は「この映画の撮影で、おいしい物をたくさん食べました」とニッコリ。そして「教わったレシピを家で作ってみたりもしました。するとやはり、生活やちょっとした時間が豊かになるんだなと、改めて感じております」と続けた。  当日は、観客から寄せられた質問に登壇者が答える一幕も。高校1年生から“高校生のうちにやっておくべきこと”を聞かれた小泉は「ずばり、勉強です(笑)」と即答。「私は高校をすぐに辞めてしまったんですね。それと同時に歌手活動が始まったんです」と振り返り、「後から後から苦労するんです。なのでたくさん本を読んだり。台本を読みながら知らない字を毎回辞書で調べたり、意味を調べたり、人よりも手間が多くなるんですね。なので、高校生の時は、勉強するのが一番いいと思います」とアドバイスを贈った。  劇中で古着ショップの店員・本津あかりを演じた広瀬は、「心が元気になりたい時に、どんなことをしたり、どんなものを食べたりしますか?」という質問を受けると「肉ですね」と回答。また「大声を出すと本当にすっきりするんです」と言い「一人で10時間くらい、カラオケに行ったり…その時はちょっと、暇すぎて(笑)」と告白。男を寄せつけない書籍編集者・小麦田圭子役の沢尻は「え? マジで!?」と驚き、照れ笑いを見せる広瀬に「誘って(笑)! 行こうよ」と呼びかけていた。  映画『食べる女』は9月21日より全国公開。

  • 『探偵が早すぎる』第7話場面写真

    今夜『探偵が早すぎる』千曲川の過去が明らかに 一華には新たな刺客が

    エンタメ

     滝藤賢一と広瀬アリスがダブル主演を務めるドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第7話が今夜放送。第7話では、千曲川のことが許せない一華が彼を解雇しようとする中、知られざる過去が明らかになる。@@cutter 屋上から転落した城之内(佐藤寛太)は、一命は取り留めたものの、意識不明となった。一華(広瀬)は千曲川(滝藤)への怒りが収まらず、解雇を宣言。だが、千曲川は橋田(水野美紀)に雇われたのだと主張し、変わらず一華について回る。橋田に彼を解雇してほしいと訴えるも、一蹴されてしまう一華。  城之内の一件で口論となった二人だったが、橋田は千曲川がなぜ事件を未然に防ぐ“早すぎる探偵”になったのか、過去の話を語り始める。一方その頃、大陀羅一族の舞輝斗は、“密室殺人”を企み、着々と暗殺計画を進めていた。  その後、城之内が入院する病院にお見舞いに行った一華。そこには、城之内に寄り添う妹・早苗(優希美青)の姿があった。早苗は、兄の事故と大陀羅グループが何か関係しているのではないかと疑っていた。大陀羅グループについて知りたがる早苗に対し、返答に窮する一華。そこに現れた千曲川に対し、早苗は彼のような頼りがいのある素敵な人に守られる一華が羨ましいと告げる。  食事のあと、早苗と別れた一華と千曲川。千曲川が「実に賢い娘だ。君も少しは見習うべき」と一華に話しかけたその時、後方から早苗の悲鳴が聞こえてきた。心配した一華は、早苗を側に置くから二人セットで守ってと千曲川に命令する。未だ犯人に狙われている一華、そして城之内の身に起こった異変。さらに、あることをきっかけに一華は橋田への不信感を募らせていく…。  ドラマ『探偵が早すぎる』第7話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜8月30日23時59分放送。

  • 『探偵が早すぎる』第6話場面写真

    今夜『探偵が早すぎる』監禁されてしまう千曲川 一華の身に危険が…

    エンタメ

     滝藤賢一と広瀬アリスがダブル主演を務めるドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第6話が今夜放送される。第6話では、滝藤演じる探偵が監禁されてしまい、探偵不在の中でヒロインに魔の手が伸びる。@@cutter 千曲川(滝藤)、一華(広瀬)、橋田(水野美紀)が3人で歩いていると、高級レストランに女性と入っていく城之内(佐藤寛太)の姿を見かける。ショックを受ける一華だったが、千曲川と橋田は含み笑いを浮かべ、店にズカズカと入っていく。    一方、壬流古(桐山漣)が重傷を負い、怒り狂う朱鳥(片平なぎさ)は、探偵を先に始末するよう麻百合(結城モエ)に命令。麻百合は、千曲川が人通りのない道を歩いている隙を狙って拉致しようとする。その頃、亜謄蛇(神保悟志)も自ら決めた“誰かが殺害を計画しているときは動かない”というルールを無視し、プロの刺客を雇い一華に襲い掛かる。  一華は、千曲川が急にいなくなったことで不安を募らせていた。彼女は、友人の結婚式のために京都へ行くことになっていたのだが、千曲川と連絡が取れるまでは外出は控えるようにと橋田が忠告。するとそのとき、ポストに封書が投函される音が。橋田が中身を確認すると、そこには、椅子に繋がれ血まみれになった千曲川の姿が写っていた。  ドラマ『探偵が早すぎる』第6話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜8月23日23時59分放送。

  • 『探偵が早すぎる』第5話場面写真

    今夜の『探偵が早すぎる』、一華への次なる刺客は幼い子ども!?

    エンタメ

     滝藤賢一と広瀬アリスがダブル主演を務めるドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第5話が今夜放送。第5話では一華(広瀬)の命を狙うべく、幼い子供が刺客として送り込まれる。@@cutter 大陀羅朱鳥(片平なぎさ)の息子・壬流古(桐山漣)が、トンネルで出会ったのは、養護施設を抜け出してきた兄弟・透と乃亜だった。不敵に微笑み、「ゲームやらない?」と子どもたちに声をかける壬流古。  一方、未夏(南乃彩希)と律音(水島麻理奈)から、夏祭りに一緒に行けなくなったと言われる一華。大好きな城之内(佐藤寛太)と二人きりとなることに「ムリ!」と動揺する一華に対し、千曲川は一緒に行動しようかと持ち掛けてくる。それも嫌がる一華だが、夏祭りは命を狙うには絶好の機会だと聞かされ、5メートル以内には近寄らないという約束で手を打つことになった。  夏祭り当日、それぞれが祭りを楽しむ中、壬流古は子どもたちにゲームの説明をしていた。「この玩具のナイフでお姉ちゃんの胸を突き刺して、びっくりさせてくれたらクリアだ」と言って、透にナイフを手渡す。  壬流古と麻百合(結城モエ)は、一華と刺客である子どもたちを監視する。その頃、バイト先からの電話で、急きょ呼び出されてしまった城之内。城之内と別れ、一人きりになった一華を確認すると、壬流古はついに子供たちに指示を出す…。  ドラマ『探偵が早すぎる』第5話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜8月16日23時59分放送。

  • 自身のツイッターに可愛すぎる浴衣姿の写真を公開した広瀬アリス

    広瀬アリス、夏らしい浴衣姿に「可愛すぎる」「一緒に花火見に行きたい」

    エンタメ

     女優の広瀬アリスが10日、自身のツイッターを更新し、浴衣姿の写真を投稿。ファンからは「可愛すぎる」「一緒に花火見に行きたい」「どんだけ可愛いんだよ!」などのコメントが殺到している。@@cutter 広瀬が投稿した写真は、夏らしい清涼感漂う水色の浴衣の写真。手に持ったスイカに唇をつけて、カメラの方に目を向けている。  また、「顔にお肉つかなくなった!と思わずに顔に肉がつきすぎて、これ以上つかないって状態を長期間みてきたから見慣れただけ。年齢のせいにしない。と決めています。ハードスケジュール+猛暑ですが、維持頑張ります」とコメントも添えている。  ツイートされた写真に対してファンからは「可愛すぎる」「どんだけ可愛いんだよ!」などの反響が寄せれている。夏らしい浴衣姿には「一緒に花火見に行きたい」「スイカ一緒に食べたい」といった声も。さらに、広瀬のコメントに対して、「そのままで、良いよねぇ」や「撮影続きだと思いますが暑さに負けず頑張ってください」とエールが送られている。 引用:https://twitter.com/Alice1211_Mg/

  • (左から)土屋太鳳、広瀬すず

    土屋太鳳が1位、広瀬すずが2位の「チアリーダーになってほしい芸能人」

    エンタメ

     女優の土屋太鳳が、「チアリーダーになって応援してほしい芸能人」ランキングで1位に輝いた。2位には広瀬すずが選ばれている。@@cutter 今回の結果は、株式会社大和ネクスト銀行が2018年7月18、19日の2日間、「応援に関する調査」をインターネットリサーチにより実施し、全国の20歳~69歳の男女1000名の回答を集計した結果に基づくもの。  男女1000名に「チアリーダーになって応援してほしい芸能人」を聞いたところ、1位が、高校のチアリーダー部が舞台のドラマ『チア☆ダン』(TBS系/毎週金曜22時)で現在主演を務めている土屋となった。2位には、映画版となる『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』でヒロインを演じた広瀬がランクイン。  以下、3位には綾瀬はるかと新垣結衣、5位は石原さとみ、6位に有村架純、7位に橋本環奈、8位に深田恭子と続いた。9位にはローラ、広瀬アリスと共に、元プロテニスプレイヤーの松岡修造が男性で唯一のランクインを果たしている。

  • 『探偵が早すぎる』第4話場面写真

    今夜『探偵が早すぎる』一華に新たな刺客が 千曲川vs天才の対決が始まる

    エンタメ

     滝藤賢一と広瀬アリスがダブル主演を務めるドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第4話が今夜放送。第4話では、作品史上、最高峰の対決が幕を開ける。@@cutter けがも回復し、アルバイトに復帰した一華(広瀬)。千曲川(滝藤)は、「君は5兆円もの遺産を受け取れる。働く必要性が見当たらない」と話しながらついてくる。アルバイト先である遊園地に到着した2人だが、復帰早々、園長から閉園することにしたと聞かされ、ショックを受ける一華。ここは、一華が母親とよく訪れていた思い出の遊園地でもあったのだ。  一方、大陀羅家では、貴人が朱鳥(片平なぎさ)の元を訪れ「僕も参戦するよ」と告げていた。貴人は大陀羅一族の中でも随一の天才。なぜ貴人が一華殺害計画参戦を表明してきたのか、朱鳥は測りかねていた。  “どうしたら閉園を防げるか?”一華は遺産が入ったら遊園地に投資したいと橋田(水野美紀)に話すが、「そこの経営者になるくらいの覚悟がおありですか? 情けで人を助けると、助けた相手も苦しむことが世の中にはあります」と、一蹴されてしまう。考えを巡らせながら遊園地に向かうと、そこには「蔵本」と名乗る貴人の姿があった。ここの遊園地のファンだと話す彼は、力になりたいと閉園を阻止するためにクラウドファンディングでの資金集めを提案するが…。  ドラマ『探偵が早すぎる』第4話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜8月9日23時59分放送。

  • 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』大ヒット祈願イベントに登場した広瀬アリス、DAIGO

    DAIGO、『ミッション』吹き替えオファーに「まさに“M:I”という感じ」

    映 画

     タレントのDAIGOと女優の広瀬アリスが、2日に都内で開催された、日本語吹き替え版声優を務めるトム・クルーズ主演の映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の大ヒット祈願イベントに登場した。@@cutter 史上最強のスパイ、イーサン・ハント(トム・クルーズ)が究極のミッションに挑む人気シリーズ第6弾。イーサン・ハントとIMFチームが、奪われた3つのプルトニウムによる同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッションに身を投じる。DAIGOはヘンリー・カヴィル演じるウォーカー、広瀬はヴァネッサ・カービー演じるホワイト・ウィドウの声を担当した。  世界的ヒットシリーズへの声優オファーにDAIGOは「まさに“M:I”という感じ」とDAI語で喜びを表し、司会から「それは『ミッション:インポッシブル』という意味?」と聞かれると「いや…“マジで、いいの?”」と説明。DAIGOは同シリーズの大ファンだそうで「まさか僕が日本語版吹き替えをやることができるなんて。でも僕が断っても他の誰かがやるんだと思うと悔しいので、ぜひと引き受けた」と意気込みを明かした。  これまで声優経験はあるものの、今回のアフレコ収録をDAIGOは「人生の中での一番のミッション。俺にとっての『ミッション:インポッシブル』と思うくらい難しかった」と振り返り、「ウォーカーは自分と比べてガタイがよくて、自分のイメージとは結び付かなかったけれど、自分史上一番の低い声で役作りした。これ以上低くしたら声も出てないくらいの声で」と熱演を報告。  吹き替え版を観た関係者からは好評のようで「これまでアフレコは何度かやって、不評だったこともあるけれど、今回はしっかりと全力でやらせてもらった。僕のアフレコ人生の中でいい作品になった」と手応え十分。広瀬から「素敵でした」と褒められると、DAIGOは「本当? うれしい」と謙遜ゼロで満面の笑みだった。  映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より全国公開。

  • 映画『銃』場面写真

    村上虹郎がモノクロームで静かに狂う 映画『銃』特報解禁

    映 画

     俳優の村上虹郎が主演を務める映画『銃』の特報が解禁された。村上演じる主人公が偶然拾った銃の魅力に取りつかれていく様や、広瀬アリス扮するヒロイン、リリー・フランキーが演じる刑事の姿などがモノクロームで収められている。@@cutter 本作は、今年映画化された『去年の冬、きみと別れ』の原作者として知られる芥川賞作家・中村文則のデビュー作を実写化したもの。河原で偶然に銃を拾った大学生の西川トオル(村上)が、銃に魅了され、次第に精神が追い詰められていく様を、緊張感あふれる映像で描き出す。  解禁となった特報には、銃を拾い、その魅力に取り憑かれてしまうトオルの衝動が、美しくも危ういモノクロームと鮮烈な赤色の文字を用いた映像で描かれている。途中には「人間の理性が崩壊する」という衝撃のコピーが展開され、人の欲望・本能・闇に迫る物語の一端も垣間見える仕上がりに。また、ヒロインのヨシカワユウコ(広瀬)や、トオルを追いつめる刑事(リリー)の姿も確認できる。  新たに解禁された場面写真には、街角で佇み、警察と握手し、道路を駆け抜けるトオルの姿が。ほかにも、幼い少年と向かい合うトオルの横顔や、リリー扮する刑事と並んで歩くシーンなどが捉えられている。  共演に、日南響子、新垣里沙、岡山天音、ジャルジャルの後藤淳平らを迎える本作。中村自身が“偏愛している”という原作を、重鎮・奥山和由プロデューサーによる企画・製作のもと、武正晴監督がメガホンを取って映画化する。  映画『銃』は、11月17日より全国公開。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access