クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

パッション 関連記事

  • 『パッション』続編で主演ジム・カヴィーゼルとメル・ギブソン監督が再タッグ

    メル・ギブソン監督『パッション』続編、ジム・カヴィーゼルがキリスト役続投

    映画

     俳優メル・ギブソンが、製作・脚本・監督を務めた2004年の衝撃作『パッション』。主役のイエス・キリストを演じた俳優ジム・カヴィーゼルがUSA Todayとのインタビューで、続編に出演することを肯定したという。@@cutter 『パッション』はイエス・キリストの最後の12時間を描き、生々しい暴力描写などが話題になったメル渾身の一作。メルがアカデミー賞監督賞を受賞した『ブレイブハート』で脚本を務めたランドール・ウォレスが、『パッション』の続編の脚本を執筆していると、2016年にThe Hollywood Reporterが報じていた。続編はイエス・キリストの復活に焦点をあてるという。  「明かせないけど、観客に衝撃を与えることが待っている。素晴らしいんだ。楽しみにしていてくれ」とジム。「だがこれだけは言える。続編は映画史上最高に壮大な作品になる。それだけすごいということさ」と、メルが進めているイエス・キリストの復活のストーリーに感銘を受けている様子だ。  ジムいわく、メルはついにイエス・キリストの復活を語る方法を見出したという。仮の撮影スケジュールも大枠は決まっているとのことだ。『パッション』には、マグダラのマリア役で女優モニカ・ベルッチが出演していたが、ジムのほかにも1作目から続投する俳優がいるのか、続報が待たれる。

  • 撮影現場が呪われていた映画

    『マトリックス』や『ダークナイト』も!撮影現場が呪われていた映画10選

    映画

     素晴らしいシーンの数々が生まれる映画の撮影現場では、死亡事故や呪いとしか思えない怪奇現象、はたまた幽霊の出現などが見受けられることもあるらしい。 海外メディアListverseは、『悪魔の棲む家』、『マトリックス』、『死霊館』など10本の映画を、撮影現場が呪われていた映画として紹介している。@@cutter ケヴィン・コスナー主演の『ウォーターワールド』(95)は、海を舞台にする作品のためキャストとスタッフの多くが船酔いしてしまったほか、大金をかけたセットが流され海に沈んだ。また、強風による撮影中止が頻発し、コスナーのスタントマンは命を落としかけ、クラゲに刺されるスタッフも続出。挙句の果てには、スタッフの組合が就労違反として補償を求めた。  メル・ギブソンがメガホンを取った『パッション』(04)では、助監督を務めたジャン・ミシェリーニが雷に二度打たれて亡くなった。そして、主演俳優のジム・カヴィーゼルも雷に打たれ、こちらは耳から煙が出ていたという。  『ポゼッション』(13)は、ユダヤ教がモチーフのホラー映画。出演したジェフリー・ディーン・モーガンは、25年の俳優生活で、撮影中に奇妙なことが起こったことはそれまでなかったものの、本作の現場では極めて重要なシーンの撮影中に限って照明の爆発や原因不明の冷風が吹き、小道具を収納していた倉庫も全焼した。  革新的な映像表現と深遠なストーリーで絶賛された『マトリックス』(99)では、撮影中に主演のキアヌ・リーヴスの当時の恋人ジェニファー・サイムが死産。この悲劇を受け入れることができなかった2人は破局を迎え、その18ヵ月後にはサイム自身も自動車事故で死亡している。他にも、2作目の『マトリックス リローデッド』と『マトリックス レボリューションズ』に出演するはずだった歌手のアリーヤは飛行機事故で、オラクル役を務めたグロリア・フォスターは糖尿病が原因で亡くなっている。  『The Ghost Of Goodnight Lane(原題)』(未/14)は、メディア・ワールド・カンパニーが所有する「呪われたセット」をモチーフに作られたホラー映画。本作のプロデューサーは、照明がちらつき、天井から備品が落下したほか、数名のスタッフが正体不明の何者かに名前を呼ばれたことを報告している。@@separator 日本にもファンが多い『オーメン』(76)では、撮影の二ヵ月前に主演俳優であるグレゴリー・ペックの息子が自殺。撮影開始後には、とある男性スタッフが自動車事故に巻き込まれたほか、脚本家が乗っていた飛行機が雷に打たれ、その8時間後にはペックとエグゼクティブ・プロデューサーが搭乗していた飛行機が、同じく雷に打たれている。これを受け、スタッフは専用の飛行機をチャーターしたものの、飛行機は墜落して自動車に衝突、巻き込まれた人数名が死亡した。  ハリウッド史上に残る傑作『ダークナイト』シリーズも呪われている。ジョーカーを怪演したヒース・レジャーは2008年に急逝。1日2時間の睡眠を自身に強い、鬱病と闘いながら役作りしていったレジャーは日記をつけていたそうで、その最後のページには、ジョーカー姿の写真に「バイバイ」という言葉が添えられていたという。また、撮影現場では、スタントシーンを撮影中に、1名の技術スタッフがトラックの事故によって死亡している。さらに、出演者であるモーガン・フリーマンも自動車事故に遭遇。2012年には、コロラド州の劇場で続編が上映中に銃乱射事件が発生。12人が死亡した。  テレビシリーズの『ゴースト ~天国からのささやき』(05~10)も「呪われたセット」を用いた作品。主演したジェニファー・ラヴ・ヒューイットは、撮影中にスタッフが彼女の肩の周りを何かしらが動き回っていたのを目撃し、その正体を突き止めようと映像を再生すると、幽霊が彼女の背中から振り向いている姿がはっきりと映っていたと告白している。  70年代にロードアイランド州で怪奇現象を経験したペロン一家の実話を基にする『死霊館』(13)でも様々な異常現象が起こった。監督のジェームズ・ワンは、夜遅くに作業していたとき、愛犬が「見えない何か」に向かって吠え続けていたと回想。主演のベラ・ファーミガは、脚本を夜に読んだり家に持ち帰ろうとすると決まって身体が動かなくなってしまったほか、自身のPCに原因不明の3本の傷がいきなりついていたことを明かしている。    スチュアート・ローゼンバーグ監督の『悪魔の棲む家』(80)では、主演のジェームズ・ブローリンが脚本を読んでいるときに、いきなりハンガーからズボンが落下。これにはブローリン自身非常に驚き、それまで乗り気でなかった彼は、これをきっかけにオファーを受けたという。また、2005年にライアン・レイノルズ主演でリメイクされた際には、撮影地にほど近い海岸線で遺体が発見されている。 Listverseが挙げた「撮影現場が呪われていた映画」10選は下記の通り。 『ウォーターワールド』(95) 『パッション』(04) 『ポゼッション』(13) 『マトリックス』(99) 『The Ghost Of Goodnight Lane(原題)』(未/14) 『オーメン』(76) 『ダークナイト』シリーズ 『ゴースト ~天国からのささやき』(05~10) 『死霊館』(13) 『悪魔の棲む家』(80)

  • 全世界で大ヒットを記録した衝撃作『パッション』続編始動か

    メル・ギブソン、大ヒット宗教映画『パッション』続編を企画か

    映画

     オリジナル版の『マッドマックス』シリーズや『リーサル・ウェポン』シリーズの俳優メル・ギブソンが、2004年に製作・脚本・監督を務めた渾身の作『パッション』の続編を企画しているという。The Hollywood ReporterやComingsoon.netなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 2004年の『パッション』は12年の構想の末、ジム・カヴィーゼルを主演に迎えて、イエス・キリストの最後の12時間を史実に限りなく近づけて描いたというメルの力作。キリストに対する生々しい暴力描写などでも話題になった。  The Hollywood Reporterによると、メルにアカデミー賞をもたらした映画『ブレイブハート』(95)の脚本を担当したランドール・ウォレスが、メルと共にイエス・キリストの復活に焦点をあてた続編の脚本を執筆していることを認めたという。ウォレスは今年11月に全米公開されるメル監督の戦争映画『Hacksaw Ridge(原題)』で、アンドリュー・ナイトらと脚本を共同執筆しており、同作の撮影中に『パッション』続編についてメルと真剣に協議し出したという。  ウォレスは大学時代に宗教学を専攻しており、キリストの復活は彼の専門だったそうだ。「復活について描きたいと常々思っていた。『パッション』は始まりで、その後も話は続くんだ」と、The Hollywood Reporterに語ったという。  『パッション』続編については先月から噂が立っていた。メルがバージニア州のキリスト教系大学リバティ大学で行われた『Hacksaw Ridge(原題)』の先行試写会にサプライズゲストとして登場した際に、『パッション』の続編を制作することに興味を示していたそうだ。しかしその時は具体的な企画について触れなかったという。

  • 『パッション』プレミアイベントに登場した小島みなみ、紗倉まな

    セクシー女優・紗倉まな、大人な“小道具”に「私も使ってみたい」

    映画

     2日、セクシー女優の小島みなみと紗倉まなが、映画『パッション』の公開直前イベントに登壇した。@@cutter 『パッション』は、ブライアン・デ・パルマ監督がフランスの名匠アラン・コルノー監督の遺作『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』(日本未公開)をリメイクした作品。女性の権力闘争と殺人事件を描き、『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムスと『プロメテウス』のノオミ・ラパスが競演する。  『半沢直樹』をイメージしたスーツ姿の小島と「お・も・て・な・し」の滝川クリステルをイメージした衣装で登場した紗倉。  小島、紗倉ともに本作に登場する“小道具”が、とても印象的だったようで、「彼氏とエッチをするときに仮面をつけたりとか、おもちゃを使ったりとか、彼氏にそれを使って(エッチ)したいと素直に伝える貪欲な感じに憧れます」と感想を述べた小島。  また紗倉も「結構過激なシーンが多くて、マスクやマニアックなおもちゃも出てきて、自分にはまだ早いかなーと思うような道具も…。そういうのは使ったことはないので…こういう世界もあるんだなと。私も使ってみたいな(笑)」とさり気なく大胆なコメント。  最後に、敗者がシャツのボタンを3つ開けて写真撮影を行うという罰ゲーム付きの『パッション』アピール対決をした小島と紗倉。衣装同様に“倍返し”と“おもてなし”でアピール対決した2人。対決の軍配は、“倍返し”アピールの小島が制した。 『パッション』は10月4日より全国ロードショー。

  • ブライアン・デ・パルマ監督

    秋の夜長はブライアン・デ・パルマ祭り! リメイク作品を見比べよう!

    映画

     10月4日より公開されるブライアン・デ・パルマ監督最新作『パッション』。さらに、デ・パルマ監督の代表作『キャリー』が、クロエ・グレース・モレッツを主演に迎えてリメイクされ、新装版『キャリー』として11月8日に公開される。デ・パルマファンにはたまらない秋がやって来る…。@@cutter 『パッション』は、フランスの名匠アラン・コルノー監督の遺作『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』(日本未公開)をリメイクしたもの。リメイクにあたりデ・パルマ監督は、「オリジナルは素晴らしいアイデアがたくさん詰まっていて、キャラクターの人間関係も見事だと思った。ただ、あまりドラマチックに感じなかった。それをもっとエキサイティングにしようと思ったんだ」とコメント。また、「オリジナル版では映画の半ばで殺人犯が誰か分かってしまうが、僕の映画では誰がやったのかは不明。容疑者がたくさんいて誰がやったのか分からなくさせたんだ」と自作の魅力を語った。  『キャリー』は、スティーヴン・キング原作の同名小説をデ・パルマ監督が映画化したもの。いじめを受けた女子高生キャリーがプロムパーティーで秘められた超能力を発揮し、復讐を果たすというホラー作品。本作でデ・パルマ作品をリメイクしたキンバリー・ピアース監督について、「キンバリー監督のことは好きだよ。彼女も僕と同じビレッジに住んでいて、劇場に出掛けたりしたものだ。今でも連絡を取り合っている」と仲の良さをアピール。「ある時、彼女が僕に電話をしてきて、『キャリー』をやるつもりだと言った。僕たちで話し合ったよ。彼女がどんなことをし、どんなアプローチをするつもりか。僕は耳を傾けた。そして『いいじゃないか』と言ったんだ。彼女の『キャリー』は素晴らしくなると思うよ! 血まみれのクロエ・モレッツもかなりいい感じだよ」と、リメイク版に期待を寄せている様子をうかがわせた。  今年の秋の夜長は、<<リメイク>>をテーマに「ブライアン・デ・パルまつり」として、デ・パルマ監督がリメイクした『パッション』と、デ・パルマ監督がリメイクされた『キャリー』を劇場で楽しんではどうだろうか。  『パッション』は10月4日より、『キャリー』は11月8日より全国公開。

  • R・マクアダムスとN・ラパスが艶やかで残酷な女を熱演!

    「女の敵は女」 デ・パルマ監督が仕掛けるスリルとサスペンス『パッション』予告解禁

    映画

     巨匠ブライアン・デ・パルマ監督が描く官能的サスペンス・スリラー『パッション』の予告映像が解禁された。@@cutter 本作は、女性の権力闘争と殺人事件を描き、ラストまで目が離せない官能的なサスペンス・スリラー。デ・パルマ監督作品としては、『リダクテッド 真実の価値』以来5年ぶりとなる待望の新作である。  主演は、広告会社の重役に上り詰めた上昇志向の強いクリスティーンに、『きみに読む物語』『ミッドナイト・イン・パリ』のレイチェル・マクアダムス。クリスティーンのアシスタントとして働く傍ら、彼女への復讐を誓うイザベルに、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』『プロメテウス』のノオミ・ラパスが出演。  このほど解禁された映像では、レイチェル演じるクリスティーンが美しさとズルさでノオミ演じるイザベルを陥れる様子や、イザベルがクリスティーンに復讐心を募らせてゆく様子を表現。もちろん、デ・パルマ監督らしい官能的でエロティックなシーンも満載。しかし後半は一転し、女同士の激しい争いや謎に満ちた事件の様子がスリリングなタッチで描かれている。  狡猾さと大胆な行動で広告会社の重役へ上り詰めたクリスティーン。アシスタントのイザベルは、憧れを抱いていたクリスティーンに手柄を奪われた上に同僚の前で恥辱を受け、彼氏にも裏切られたことで殺意が芽生える。そして、ついにイザベルはクリスティーンへの復讐を決意する。しかし、その計画は自分が不利になるような矛盾に満ちたものだった…。  艶やかで残酷な女と女の争いを描いた『パッション』は、10月より全国公開。(R15+)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access