クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

人狼ゲーム 関連記事

  • 映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』主演の小越勇輝と、追加キャスト陣

    小越勇輝主演『人狼ゲーム』最新作、中島健&坂ノ上茜ら追加キャスト発表

    映画

     映画『人狼ゲーム』シリーズ最新作で俳優の小越勇輝が主演を務める『人狼ゲーム デスゲームの運営人』の11月公開が決定。併せて追加キャストとして、中島健、ウチクリ内倉、坂ノ上茜、桃果、山之内すず、福崎那由他、三山凌輝ら若手俳優陣の出演が発表された。@@cutter 本作は、原作小説&コミカライズ累計150万部を突破した人気シリーズ『人狼ゲーム』の実写化第8弾となるサバイバルゲーム・スリラー。勝てば賞金1億円、生きるか死ぬかのリアル人狼ゲームに参加させられた高校生たちによる絶体絶命のだまし合いが展開する。また、今まで明らかになっていなかった人狼ゲーム運営側に初めてフォーカスが当てられ、参加者側と運営側の思惑がぶつかり合う二重構造の頭脳戦がスリリングに描かれる。  命がけの人狼ゲーム―。参加者はネット上や「拉致」によって集められ、勝敗は富裕層による非合法な賭博の対象となっている。その現場で「運営人」のひとりとして働く正宗(小越)は、いつものように参加者を運び、機材のチェックを行い、そして絶望した。参加者の中に、自分が過去に家庭教師のバイトとして教えたことのある女子高生・夏目柚月(桃果)が含まれていたからだ。「彼女を救いたい。運営本部に殺されてもいい」、そう考えた正宗は同僚の運営人・琥太郎(中島健)の助言を得ながら、参加者全員の役職や人狼の襲撃先、「つくべきうそ」といったアドバイスを必死で柚月に伝えようとする。「ほかの運営人や観客に気づかれてはならない」という究極の制限の下、「特定の参加者」を勝利に導くことはできるのか―。  女子高生・夏目柚月役を演じる桃果は「今までとは違って参加者側のゲームだけでなく、運営側が参加者を助ける。という2つのゲームがあって読んでいて始終ハラハラドキドキしました。それに、今まで描かれていなかった運営側の裏側も知れて、面白いです!」と語っている。  運営側の琥太郎役を務める中島健は「参加者としてゲームを混沌とさせて観てる側にも緊張感も感じさせる様に役を生きたいと思っていたので、最初は少しの戸惑いは感じましたが、過去に無い設定だったので更に楽しみが増しました」としている。  ウチクリ内倉は運営側・本部直属の鬼頭役。「能天気なようでものすごく人間味ある鬼頭が大好きになりました」と話す。  このほか、運営側の姫菜役に花柳のぞみ、くるみ役に坂ノ上茜。ゲーム参加者では、佐竹澪役に朝倉ふゆな、天野すみれ役に森山晃帆、秦小春役に星れいら、末吉萌々香役に山之内すず、一ノ瀬悠輝役に福崎那由他、滝快斗役に三山凌輝、橋爪颯真役に森本直輝、早坂亜由武役に黒沢進乃介が決まった。  映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』は11月公開。

  • 映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』主演の小越勇輝

    桜庭ななみ、土屋太凰、武田玲奈…若手俳優の登竜門『人狼ゲーム』新作、小越勇輝が映画初主演

    映画

     女優の桜庭ななみを筆頭に、土屋太鳳、武田玲奈など、映画・テレビの第一線で活躍する実力派女優たちが主演を飾ってきた『人狼ゲーム』シリーズの最新作『人狼ゲーム デスゲームの運営人』に、俳優の小越勇輝が主演することが決まり、秋に公開されることが発表された。小越は本作が映画初主演となる。@@cutter 同シリーズ劇場公開8作目となる本作。“村人”と“人狼”とが騙し合う心理戦と、敗者が容赦なく殺戮されていくソリッドシチュエーションに加え、今まで明らかになっていなかった人狼ゲーム運営側が初めてフォーカスされ、参加者側と運営側の二重構造の頭脳戦が展開する。  シリーズ初の男性主人公となる主役・正宗を演じるのは、ドラマ『弱虫ペダル』(BSスカパー!)や、2.5次元舞台『テニスの王子様2nd シーズン』で主演を務めた小越。映像・舞台のさまざまな作品で磨き上げた演技力を武器に、近年はドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK)、『コーヒー&バニラ』(MBS)など、話題作への出演が続いている。  監督を務めるのは、小説&コミカライズ累計150万部を誇る『人狼ゲーム』シリーズ原作者の川上亮。『人狼ゲーム』の全てを知り尽くした川上自ら原作・脚本を執筆し、本作が監督デビューとなる渾身の作品となる。  2013年の1作目から始まったロングシリーズの主演に抜てきされた小越は、「今作は今まで触れられてこなかった運営側がフォーカスされます。人狼ゲームをやっている側の緊迫感ももちろんですが、初めて触れられる主催者側の緊張感、人間模様を感じてもらえたらと思います。正宗として心のひだを敏感にこの作品に挑んでいきますので、楽しみにして頂けると幸いです」とコメントを寄せた。  映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』は秋公開。

  • 『人狼ゲーム』シリーズ出演の俳優たち

    土屋太鳳、桜庭ななみ、森川葵、浅川梨奈ら『人狼ゲーム』でブレイクした俳優たち

    映画

     2013年にシリーズが誕生した映画『人狼ゲーム』シリーズは、今や若手俳優の登竜門となっている。今回は、土屋太鳳、桜庭ななみ、森川葵、浅川梨奈など、同シリーズへの出演を経てブレイクを果たした若手俳優たちの活躍を振り返る。@@cutter 殺りくを伴う“人狼ゲーム”に翻弄される女子高校生たちの姿を描いてきた同シリーズ。第1弾『人狼ゲーム』のヒロインを演じた桜庭は、実写版『進撃の巨人』にサシャ役で出演。2018年は『マンハント』で主人公の刑事・矢村(福山雅治)とタッグを組む新人刑事・百田役で出演し、『焼肉ドラゴン』では真木よう子、井上真央と共に三姉妹を演じるほか、有村架純の主演作『かぞくいろ』の公開も控えている。  シリーズ第2弾『人狼ゲーム ビーストサイド』に出演した土屋は、NHK連続テレビ小説『まれ』でブレイク。『orange‐オレンジ‐』『青空エール』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』など数々の話題作で主演を務めた。2018年は、菅田将暉とのダブル主演作『となりの怪物くん』が4月27日に封切りとなる。『人狼ゲーム ビーストサイド』には『恋と嘘』でヒロインを演じた森川葵、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で有村が演じたヒロインの幼なじみ役を務めた佐久間由衣、バラエティ番組に引っ張りだこの加藤諒も出演している。  シリーズ第6弾『人狼ゲーム マッドランド』のヒロインを演じた浅川梨奈は、数々のCMやバラエティ番組、雑誌で活躍中。2018年は『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』でゾンビに噛まれてしまう主人公・神谷ミクを演じるほか、人気コミックの実写化作品である『honey』や『咲‐Saki‐阿知賀編 episode of side‐A』などが公開を迎える。  シリーズ初の連続ドラマで、現在放送中の『人狼ゲーム ロストエデン』の主演は、人気ファッション誌「non-no」の専属モデルのほか、『ポエトリーエンジェル』『パパのお弁当は世界一』やドラマ『マジで航海してます。』の武田玲奈。他にも、2017年はグラビアクイーンとして各紙に引っ張りだこだった小倉優香、歌手として活躍しながらも『トモダチゲーム』などに出演した上野優華、『仮面ライダー エグゼイド』で仮面ライダースナイプ役に抜擢された松本享恭のほか、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』で注目を集めた時人、グラビアアイドルの都丸紗也華、名古屋の人気グループBOYS AND MENから水野勝・吉原雅斗・平松賢人などが出演。殺りくゲームに挑むという難役を経験する彼らには、今後大きく羽ばたく可能性がありそうだ。

  • 連続ドラマと映画が連動する『人狼ゲーム』最新作で主演を務める武田玲奈

    武田玲奈、『人狼ゲーム』連ドラ&映画に主演 「期待を裏切らないようにしたい」

    映画

     モデルで女優の武田玲奈が、人気シリーズ「人狼ゲーム」の連続ドラマと映画に主演することが分かった。歴代の作品では土屋太鳳やSUPER☆GiRLSの浅川梨奈が主演を務めるなど、若手女優の“登竜門”としても知られる本シリーズへの出演にあたり、武田は「殻を思い切り破り、新たな私を皆さんに見せられるよう、頑張りたいです」と意気込みを語っている。@@cutter 本作は、殺戮ゲームである“人狼ゲーム”に翻弄される10名の高校生たちの姿を描くサバイバルサスペンス。初の連続ドラマとなる『人狼ゲーム ロストエデン』では、きめ細かい心理戦を中心に描写し、映画『人狼ゲーム インフェルノ』では、より殺戮ゲームとしてのサスペンスに比重が置かれる。  目を覚ますと、クラスメイト9名と共に見知らぬ場所に監禁されていた主人公・紘美(武田)。眼前のモニターに映し出された「人狼ゲームの始まりです」の文字を合図に、それぞれ“人狼”と“村人”に分かれて生死をかけた騙し合いを繰り広げていく。その頃、10名の高校生が失踪したことを受けて、刑事の名倉と照屋が捜査を開始する。  武田は、テレビと映画の連動プロジェクトについて「今までになかった『人狼ゲーム』の展開になっているので、すごく楽しみです。撮影は長期になりますが、体調管理をしっかり行い、万全の状態で真剣に作品と向き合っていきたい」と心境を報告。これまでの作品も観ているそうで、「長く続いているシリーズなので、人狼ファンの皆様の期待を裏切らないようにしたい」と最新作への思いを語っている。  共演には、小倉優香、上野優華、久田莉子、山地まり、都丸紗也華の女優陣に、勧修寺保都、松本享恭、吉原拓弥、米本来輝、大和孔太ら若手俳優、さらにBOYS AND MENより水野勝、平松賢人、吉原雅斗が顔を揃える。監督は、「人狼ゲーム」シリーズ第3~6弾を担当した綾部真弥が務める。  ドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』は、tvkほかにて2018年1月より放送。映画『人狼ゲーム インフェルノ』は、2018年4月7日全国公開。

  • 人気シリーズ第5弾『人狼ゲーム ラヴァーズ』で主演を務める古畑星夏

    映画『人狼ゲーム』第5弾、来年1月28日公開決定! 主演・古畑星夏“血まみれ”写真公開

    映画

     『人狼ゲーム』シリーズの第5弾『人狼ゲーム ラヴァーズ』の公開が、2017年1月28日に決定。主演を務める古畑星夏はコメントで「嫌なことに目を背けては生きていけない!と感じられる」と作品の出来に自信をのぞかせている。@@cutter 『人狼ゲーム』シリーズは、これまでに桜庭ななみ(『人狼ゲーム』)、土屋太鳳(『人狼ゲーム ビーストサイド』)、高月彩良(『人狼ゲーム クレイジーフォックス』)、小島梨里杏(『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』)らが出演してきた若手女優の登竜門。  Seventeen専属モデルで、女優としても活躍する古畑が初主演を飾る本作では、主人公・高野蘭子(古畑)が、家族を借金から救うために、複数の役割を交えながら「誰が人狼なのか」を探り合う「人狼ゲーム」に挑む姿が描かれる。  役柄について「蘭子は外からみたらとても強い女の子ですが、実は人一倍辛い現実を背負っている子」と話す古畑は、「リアル世界での問題がぎゅっと濃縮されている作品です。嫌なことに目を背けては生きていけない!と感じられる作品になっていると思います」と作品の魅力を語る。また今回解禁となった写真には、血にまみれた包丁を手にたたずみ、切なげな視線を投げかける古畑の姿が収められている。  共演には、池田純矢、佐生雪、平田雄也、溝口恵、前田航基、森高愛が名を連ね、監督はこれまで園子温監督の助監督としてキャリアを重ねてきた綾部真弥が務める。  映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』は、2017年1月28日新宿武蔵野館他で公開。

  • 映画『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』主演の小島梨里杏

    映画『人狼ゲーム』新作公開決定! 小島梨里杏が映画初主演

    映画

     原作小説、コミカライズがシリーズ累計60万部突破、アプリゲームもスマッシュヒットした川上亮原作の小説『人狼ゲーム』の実写化映画シリーズ第4弾『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』が、7月2日より公開されることが決定した。@@cutter 本作は桜庭ななみ主演の『人狼ゲーム』(13)、土屋太鳳主演の『人狼ゲーム ビーストサイド』(14)、高月彩良主演の『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(15)に続く人気映画シリーズの第4弾。  メガホンをとるのは前作に続き、dTVオリジナルドラマ『みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブウォーズ~』を監督、日本映画界を代表する鬼才・園子温作品の助監督として活躍する綾部真弥監督。  本作で初主演を飾るのは『烈車戦隊トッキュウジャー』でブレイクした小島梨里杏。小島は映画『オオカミ少女と黒王子』、ドラマ『表参道高校合唱部 ! 』など話題の作品に続々出演。さらに、フジテレビ系新連続ドラマ『朝が来る』(6月4日放送開始)に出演、これからの活躍が期待されている。  共演には『となりの関くんとるみちゃんの事象』の渡辺佑太朗、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』や映画『寄生獣』の山谷花純、『死んだ目をした少年』『独裁者、古賀。』の清水尚弥、高校生に大人気のSeventeen専属モデルであり、女優としても注目されている岡本夏美など、多彩な若手俳優陣が集結した。  小島は、今回オファーを受けたこのシリーズについて「差し迫ったときに起こる何か、それは撮影するまでわからないというハプニング性にも面白さを感じました。その瞬間にしか生まれないものを大切にしていきたいです」と作品から受けた印象をコメント。一方で「人狼ゲームは正直苦手です。人を信じられなくなります、とか言って信じちゃうんですが」と語りながらも「誰ひとり欠けてもできないみんなの『人狼ゲーム』、楽しみにしていてください』と作品をアピールしている。

  • 『人狼ゲーム』桜庭ななみインタビュー

    桜庭ななみ、究極のサバイバルムービーで新境地!「ライブ感ある現場は楽しい」

    映画

     ヨーロッパで発祥したパーティーゲームを題材にしたソリッド・シチュエーション・サバイバルムービー『人狼ゲーム』。学校から帰宅途中の女子高生、愛梨と尚子が拉致され、連れて来られた場所は、相手を殺さなければ自分が殺されてしまう究極のゲームが行われる脱出不能の建物だった-。劇中で主人公・愛梨を演じたのは、瑞々しい演技に定評のある女優・桜庭ななみだ。CMや雑誌などで見せる爽やかな笑顔を封印し「新しいチャレンジだった」と語った桜庭に、本作の見どころや、女優としての目標などを聞いた。@@cutter 10人の高校生が、理由も分からず生死を賭けた「人狼ゲーム」に巻き込まれていく。自分が生き抜くためには、相手を騙さなくてはいけない。周囲の人々の言動はすべて信じられない……。「とても辛い状況ですよね。犯罪者でもないのに閉じ込められて、殺し合いをしなくてはいけない。しかもこういう状況になった理由が分からないんですから」と桜庭は役柄に感情移入しつつも「そんな中、最初は友達頼りで、一人では何も出来ないのですが、何とか生き抜かなければならないって感じ始め、精神的にも成長していくんです。演じる際は、そういった部分を意識しました」と自身の演じた愛梨という人物へのアプローチ方法を語った。  劇中、極限にまで追い詰められた愛梨は、時には懸命に感情をコントロールしようと冷静さを装い、時には感情を露に号泣するなど過酷な精神状態に陥る。さぞかし気持ちの切り替えには苦労したかと思われたが「私は、どちらかというとオンとオフのメリハリをつけたいタイプなので、あまり引きずらなかったです。でも役者さんによっては、気を張って役に入り込んでいた方がいいという人もいるじゃないですか。この作品の出演者もそういうタイプの方が多かったので、控え室では、邪魔にならないようにしていました。(このみ役の竹富)聖花も私と同じようなタイプだったので、二人で隅の方で話とかをしていました(笑)」と撮影当時を振り返った。  同タイプの竹富とは本作以前から仲が良かったと話していた桜庭だが、劇中では互いを殴り合う壮絶なシーンがある。「すごく痛かったんです(笑)。本当に思い切り叩かれて……。これまでの作品でも叩かれるシーンはあったのですが、今までで一番、圧倒的に痛かったです」と笑顔を見せたが、このシーンには熊坂出監督の演出の意図が表れているのだと桜庭は言う。@@separator 「とにかく監督はこの作品にリアリティを追求していたんです。これまで私は、台本に沿って頑張って演じてきたのですが、監督が『ドキュメンタリーっぽく撮りたいので、台本通りじゃなく、その時に沸いてきた感情をそのまま出して欲しい』って仰ったんです。だからセリフをつかえてしまっても『それがリアルだから』ってカメラを止めなかったり……」。桜庭にとっては初めて経験する現場の雰囲気。新しいチャレンジに「同世代なのですが、共演者の方々はお芝居も上手だし、セリフを話すトーンや雰囲気がいいので、勉強になりました。そんな人たちが作ったキャラクターがぶつかり合うのは、とても楽しかったです」と目を輝かせる。  映画『最後の忠臣蔵』(10年)では、大石内蔵助の隠し子・可音を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、数々の新人賞を総なめにした。作品でメガホンを取った杉田成道監督に「まばゆいばかりの宝石を持った大きな女優になる」と成長を約束された桜庭。あれから3年の月日が流れたが「やっぱりあの映画は印象に残っています。共演させていただいた役所(広司)さんや佐藤(浩市)さんは、オーラというか伝わってくるものがすごかった。当時は無我夢中だったので普通にしていましたが、今だったら緊張して向き合えないかもしれません」と芝居の経験を積んで見えてきた怖さを語りつつも「今回の作品を経験して、相手のお芝居にきちんと反応して、しっかり返せるような……そしてそれが観ている人に伝わるような女優さんになりたい。もっと頑張らないと」と前を向いた。  現在フジテレビ系で放送中のドラマ『ミス・パイロット』では、事務所の先輩である堀北真希と初共演。「今撮影中なのですが、楽しくお仕事させていただいています」。桜庭にとって、共演した俳優たちとの経験は大きな財産になっていると言うが、まだまだ不安も多いというのが本音のようだ。「頑張らなきゃって思うんですけど、お芝居ってどうやったら上手くなるんでしょうね?」と真剣な表情で問いかけてくる。多くの映画人が、その実力を高く評価しているにも関わらず「実感がないんですよ……。とにかく役に対して全力でぶつかっていくだけです」とあくまで謙虚な姿勢だ。  「普段は一人でいることが多いです。散歩行ったり、映画館に行ったり……」とオフの過ごし方を教えてくれた桜庭。ちなみに一番最近観た映画は阿部サダヲ主演の『謝罪の王様』。「楽しくなるような映画や、感動する作品が好き。でも自分の出演している作品は、なかなか客観的には観れないので、劇場では……。でもお客さんがどういう反応するのかは観てみたいですね」。桜庭の「新しいチャレンジ」が詰まった本作、もしかしたら劇場で鑑賞している桜庭の姿が見られるかも!?(取材・文・写真:才谷りょう)  映画『人狼ゲーム』は10月26日より全国公開。

  • 『人狼ゲーム』ポスタービジュアル

    桜庭ななみが追い詰められて涙…『人狼ゲーム』緊張感MAXの予告編&ポスター解禁

    映画

     10月26日より全国公開される、映画『人狼ゲーム』のポスタービジュアルと衝撃の予告映像が解禁になった。@@cutter 本作は桜庭ななみ主演、熊坂出監督によるソリッド・シチュエーション・ムービー。テレビ番組にまで進出を果たした「人狼ゲーム」をモチーフに、10人の高校生たちがある場所に拉致され、命を懸けた人狼ゲームに挑戦する姿を描いている。  桜庭が追い詰められた表情で涙を流す映像で始まる予告編は、10人の若者が突如として生死を賭けた人狼ゲームに巻き込まれる姿を映し出している。  なぜ彼らは選ばれてしまったのか? そして、なぜゲームをはじめなければいけないのか? しかし、ゲームへの拒否権を持たない彼らは、死から逃れるために人狼を選び、殺さなければならない。1人、また1人と殺されていく中、次は自分が殺されるかもしれないという恐怖が彼らを蝕んでいく…。どこにでもいるような若者たちの怒号や叫び声、襲い合うシーンは、よりリアルな恐怖や緊張感を感じさせるものとなっている。  疑心暗鬼渦巻く“心理ゲーム”ムービー『人狼ゲーム』は、10月26日より全国公開。

  • 桜庭ななみが人気のソリッド・シチュエーション映画に主演

    桜庭ななみ主演『人狼ゲーム』公開決定 あの“疑心暗鬼ゲーム”がついに映画化

    映画

     『カイジ』『ライアーゲーム』『リアル鬼ごっこ』など死を賭けたゲームに若者たちが挑むソリッド・シチュエーションムービー。その最新作『人狼ゲーム』が10月26日より公開されることが決定した。@@cutter 『人狼ゲーム』は、プレイヤーが預言者1人を含む村人チームと、2人の狼チームにわかれて行う頭脳戦。村人は狼を探して処刑、狼は村人を食い殺し、最後まで残ったプレイヤーのチームが勝利となる。元々はヨーロッパの古典的なゲームだが、さまざまな国からルールを改良したものが出ている人気のゲーム。日本ではインターネット上で人気に火が付き、大がかりなイベントの開催、アプリのリリース、テレビ放送もされるなど大流行し、今回ついに初映画化となった。  主演は桜庭ななみ。『最後の忠臣蔵』(10)でヒロイン・可音を演じ、第35回報知映画賞新人賞、第53回ブルーリボン賞新人賞など数々の賞を獲得。現在は多数の映画、ドラマ、CMなどに出演し活躍中している。そして、今回、疑心暗鬼渦巻く“心理ゲーム”ムービーに初挑戦する。  監督は熊坂出。『パーク アンド ラブホテル』(08)で日本人監督として初めてベルリン国際映画祭の最優秀新人作品賞を受賞。長編2作品目の『リルウの冒険』(12)では数々の海外映画賞を受賞した、今最も注目されているクリエーターの1人。  共演には、太賀、竹富聖花、岡山天音、入江甚儀など、フレッシュな顔がそろった。  主演の桜庭は、「人狼ゲームは詳しく知りませんでしたが、友達がハマっていると知り、話題の作品映像化に凄く興味を持ちました」とコメント。また、「監督からは『ドキュメンタリーなくらいリアリティーあるものにしたいから嘘のない芝居作りを意識して』と毎回言われました。いきなり本番という撮影方法が多かったので、先読みしないように意識しました」と撮影時のエピソードも語った。   高校2年生の愛梨(桜庭ななみ)は、下校中に何者かに拉致される。目覚めると周囲には複数の男女が横たわっていた。不可解な状況に戸惑う愛梨たちに、人狼ゲームのプレイ開始が宣告される。拒否権はない…。彼らはなぜここに集められたのか? そして、生き残るのは誰か? 生死を賭けたゲームが、いま始まる!  勝つのは“狼”か“村人”か!? 『人狼ゲーム』は10月26日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access