クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

パズル 関連記事

  • 山田悠介の原作を、夏帆主演で映画化した『パズル』

    なぜ映画業界は山田悠介が大好きなのか。『パズル』『ライヴ』連続公開

    映画

     『リアル鬼ごっこ』『スイッチを押すとき』『×ゲーム』など、発表される作品の多くが映像化されている人気作家・山田悠介。2014年に入っても、3月9日に公開されたばかりの『パズル』、5月10日公開予定の『ライヴ』と、映画化が相次ぐ。ベストセラー作家は数多くいるが、なぜ山田悠介作品なのだろうか。「山田作品の映画化が悲願だった」という、『パズル』の制作プロデューサーに話を聞いた。@@cutter 「山田作品の魅力は、なんといっても、ゲーム性の高い部分と、話の展開の早さだと思います。また、忘れてはならないのが、ファン層がはっきりしているという点。中高生から絶大な支持を受け、“一番好きな作家”第1位の地位は揺るぎません。つまり、(どのような人が劇場に足を運ぶか)お客さんが見えるわけです。そこがわかっていれば、企画は進めやすいですよね。そのため、映画の企画を考える際は、必ず候補にあがる作家さんで、今回の『パズル』は3、4年くらい前から、水面下で企画が進行していました。そもそも、弊社KADOKAWAでは山田氏の小説を出しているのですが、1つも実写化されていませんでした。せっかく実写部門があるのだから、いつかは映像化したかったんです」。   ただ、ファンが多いというのは、強みでもあると同時に、弱みでもある。共感されれば拍手喝采、そうでなければ…悲惨な結末が待ち構えているであろうことは、想像に難くない。「過去に実写化された山田作品の多くが、原作をなぞらえていました。だからこそ、『パズル』はリスクを避けるのではなく、そこに立ち向かい、チャレンジすることにしました」と制作プロデューサーは口にする。@@separator 「山田作品の実写化というだけで、ファンの方の興味は引けます。ここも実写化に向いているポイントになりますよね。ですが、山田悠介ファンについてリサーチしたところ、熱烈なファンのかたは、どの山田作品を実写化しても、自分たちの山田ワールドを持っているため、結局、批判が出てしまう。そのような意見が多かったんです。ということは、どれだけ原作に忠実に実写化したとしても、それぞれが有している山田ワールドには太刀打ちできない。だったら、あえて“こんな形での実写化があるんだ!!”という驚きをファンに与えたいと、『パズル』は原作をほとんどなぞっていないんです」。  とはいえ、すべてを変えてしまったら、それはもはや山田悠介の『パズル』ではないような気もするが…。「物語の核やテーマの部分だけは揺るがさないように、あとは監督に自由に(脚本を)書いてもらいました」と、制作プロデューサー。そこには、こんな狙いも。  「弊社が出版と連動しているなかで、山田作品は中高生にはほぼ行き渡っていることがわかりました。一方で、読んでいない層を調べると、“20代後半から上の男性”という結果が出てきた。そこの層に山田作品を知ってもらい、新しい読者層になってもらうためにも、映画『パズル』はメインターゲットを中高生ではなく、それより上の世代を狙っています。そこで、20代後半からの男性層が楽しめるように、作品はR15+(15歳以上が鑑賞可能)になっているんです」。  映画を通して、山田悠介作品のファンになってもらう。自社の出版物を自社で映画化して公開するという、『パズル』はKADOKAWAだからこそ実現できた映画と言えよう。だが、ここで疑問が。核の部分を残したとはいえ、「話の物語自体、原作とはまったく違っている」とプロデューサーが断言するほど原作を変えてしまい、山田氏は何も言わなかったのだろうか。  「今回の映像化はお任せだったので、大目に見てもらったところもあったと思うのですが、自由にやらせてもらえました」。  そして、「公開は少し先ですが、『パズル』と同時進行で撮影していた『ライヴ』も、かなり面白いことになっているので、期待していてください」。  KADOKAWAにとって、まさに今年は山田イヤー。しかも、これまでの山田作品の実写化と違い、かなり思い切ったことを実現させている。今後の実写化山田作品に与える影響は大きそうだ。

  • 夏帆主演作『パズル』衝撃画像!

    夏帆主演『パズル』公開決定!『リアル鬼ごっこ』の山田悠介原作による衝撃作

    映画

     大人気作家・山田悠介の大ベストセラーにして代表作「パズル」が、夏帆を主演に迎えて待望の映画化。公開が3月8日に決定し、血しぶきを浴びた衝撃的な画像も解禁された。@@cutter 『リアル鬼ごっこ』が大ベストセラーとなった人気作家・山田悠介原作による狂気に満ちた映画『パズル』。心に傷を負った少女と、それに共鳴した少年。二人の鬱屈が重なり合った時、ゆがんだ命の狂宴が始まる。なぜ彼女は死のうとしたのか? 少年の目的は? そして二人の運命は?  少女・中村に挑むのは、人気と実力を兼ね備え、目覚ましい活躍を続ける夏帆。少年・湯浅には、ブレイク筆頭格と話題沸騰中の野村周平が抜擢された。対する大人たちには、高橋和也、大和田獏、八木さおり、佐々木心音、田中隆三といった個性豊かな面々が集結。監督は、『先生を流産させる会』でセンセーションを巻き起こした悪童・内藤瑛亮。観る者に、覚悟と賛否両論を巻き起こすこと必至の問題作を敢えて世に問いかける。  公開された画像には、夏帆が顔面に血しぶきを浴びている姿と、野村演じる湯浅に抱きしめられながらも目から血の涙を流している姿が写し出されている。たった2枚の画像からでも、本作が衝撃的な問題作であることがうかがい知れる。  とある郊外の高校。女生徒の中村(夏帆)が突如、屋上から飛び降りる。一ヵ月後、同じ高校で奇怪なマスクをつけた集団の占拠事件が発生。妊娠中の女教師が監禁され、理事長(大和田獏)と男子生徒3人がこつ然と姿を消す。一方、同級生の湯浅(野村周平)は、一命をとりとめた中村のもとを訪れ、謎の封筒を置き去っていく。その直後、失踪した生徒が異様な姿で発見される。不審に感じた中村が封筒の中をのぞくと、そこには全ての事件の鍵を握る「パズル」のピースが入っていた。中村は導かれるように湯浅の後を追うが、待ち受けていたのは想像を絶する光景だった…。    『パズル』は3月8日より全国公開。 

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access