クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン 関連記事

  • ウルトラマンエックスとして映画初主演を務めた高橋健介

    高橋健介、“有言実行”15年かけて夢のウルトラマンに! 目標はカメレオン俳優

    映画

     映画『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』で主人公・大空大地(ウルトラマンエックス)を堂々と演じた高橋健介。「子供の頃からウルトラマンになるのが夢だった」と屈託のない笑顔で語る高橋が、TVシリーズも含め、正義のヒーローとして全力で駆け抜けた1年間を振り返った。@@cutter 本作は、ウルトラマンシリーズ劇場版最新作。閻魔獣ザイゴーグ率いる地獄の怪獣軍団を倒すため、ウルトラマンネクサス、マックス、ゼロ、ギンガ、ビクトリー、さらにはウルトラマン、ウルトラマンティガも加勢し、エックスと共に奇跡のファイナルユナイトを展開する。  ウルトラマンエックスとして映画初主演を務めた高橋は、「オーディションを受けたのが昨年の2月。まさか自分がウルトラマンをやるとは思ってなかったので、(合格して)1年も経つと、自分を取り巻く環境がこんなに変わるんだ!って凄く戸惑っています」と驚きを隠せない様子。ヒーローを演じる上で難しさもあったようで、「子供への影響力がとても大きいので、私生活から襟を正し、発言も気を付けるようにしていましたね。演技とはいえ、『偽りの正義』は嫌なので、自分らしさを保ちつつ子供たちと対峙するのに苦労しました」と述懐する。  さらに、イベントで必ず聞かれるという「ウルトラマンになるにはどうしたらいいですか?」という質問。これに対して高橋は、「僕も子供の頃、ティガに夢中で、同じことを言っていましたが、2015年に夢が叶った。有言実行ですね」とニッコリ。「だから僕は子供たちにこう言ってるんです。5歳の時に『ウルトラマンになりたい!』と思って、15年かけて成ることができた。よく食べて、よく寝て、お父さん、お母さんの言うことをよく聞いて、毎日必死にがんばれば成れるかもしれないよと」。@@separator 高橋といえば、俳優であると共に現役の大学生でもある。その点、撮影の苦労はなかったのか。「どうしても忙しくなると、大学のほうがおろそかになりがちですが、そこはギリギリまで妥協せずにがんばろうと決めていました。スタッフさんも配慮してくれて、試験だけは受けさせてくれましたし」と感謝しきり。  「大学生活はいたって平穏です。同級生とは普通に授業を受けて、ご飯を食べてって感じですね。先生に“今日休みます”って言うと、『なんだ、変身するのか?』ってイジられることはありましたが」と苦笑い。  大空大地として、ウルトラマンエックスとして1年間を駆け抜けた高橋。今後の活躍が大いに期待されるところだが、本人はいたって冷静だ。「ウルトラマンは一生の宝物ですが、今後、俳優として活動していくためには、一度、完全に離れないといけないと思っています。これまでヒーローとして見得を切るお芝居が多かったので、全く違った環境で、役者としての力を付けたい」。  憧れは、どんな役にでも憑依できるカメレオン俳優。「1年間、正義のヒーローを演じてきたので、今は真逆の役に興味がありますね。例えば、『藁の楯』で藤原さんが演じたクズのような犯罪者とか」。まだまだ話し足りないといった表情で高橋は、将来の自分の姿に思いを巡らしていた。(取材・文・写真:坂田正樹)  『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』は‪絶賛公開中。‬‬‬‬

  •   

  • 『ウルトラマンX』で主演・大空大地役を務めた高橋健介と『ウルトラマン』でハヤタ隊員役を務めた黒部進

    高橋健介、初代『ウルトラマン』ハヤタ隊員とのツーショットに感激

    映画

     映画『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』の完成披露舞台挨拶が3日、都内で行われ、本作で41代目の主演を務めた高橋健介ら出演者が勢揃いする中、初代『ウルトラマン』でハヤタ隊員役を務めた黒部進が特別ゲストで登場。新旧・夢のツーショットの実現に、子供時代から『ウルトラマン』シリーズが大好きだったという高橋は感激の表情を見せた。@@cutter 本作は、放送開始50年を迎える円谷プロダクション製作のウルトラマンシリーズ劇場版最新作。閻魔獣ザイゴーグら怪獣軍団を倒すため、ウルトラマンネクサス・マックス・ゼロ・ギンガ・ビクトリー、さらにはウルトラマン・ウルトラマンティガも加わり、エックスと共に奇跡のファイナルユナイトを魅せる。この日は、坂ノ上茜、松本享恭、月船さらら、神尾佑、原田隼人、百川晴香、TAKERU、瀬下千晶、マイケル富岡、メガホンを取った田口清隆監督も出席した。  放送50年という記念すべき年に本作で初主演を飾った大空大地役の高橋は、「この素晴らしい年に『ウルトラマンX』の劇場版が公開されることが本当にうれしい。TVシリーズから続けてきたことの集大成だと思うので、皆さん…期待していてください!」と元気いっぱいに本作をアピール。  一方、ベーターカプセル(ウルトラマンへの変身アイテム)を持ってお祝いに駆け付けた黒部は、「(『ウルトラマン』シリーズが)こんなに長続きするとは思っていなかった。本当に感無量ですね」と万感の思いを告白。  また、女優で実娘の吉本多香美が本作に出演していることについて聞かれた黒部は、「楽しみと、ドキドキと、不安が混ざった感じ。娘からぜひ感想を聞かせてほしいと言われたので、この後の上映会で観させていただきます」と照れくさそうに答えていた。  『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』は3月12日より全国公開。

  • 『劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』場面写真

    ウルトラマン“平成3部作”はやっぱり名作だった! 最新作公開前に改めて見てみた

    映画

     3月12日より全国公開となるウルトラマンシリーズ最新作『劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』。本作には懐かしの初代ウルトラマンやウルトラマンティガが登場することで話題を呼んでいる。ティガといえば平成3部作と呼ばれる「ティガ・ダイナ・ガイア」。放送から20年近くたってもまったく色あせない平成3部作を、2016年の今、あらためて振り返ってみよう。@@cutter 平成3部作と呼ばれるウルトラマンシリーズの一作目、『ウルトラマンティガ』の放送がスタートしたのは1996年。ウルトラマンというと、お父さん世代がパッと思い浮かぶのは「M78星雲」だが、『ティガ』ではそれを踏襲せずウルトラマンを超古代の地球の守護者「光の巨人」として描いている。  他にもティガには様々なチャレンジがあった。主演にV6の長野博を起用したこともその一つ。円谷プロ作品にジャニーズが主演するのは初めてのことだったが、長野は見事にマドカ・ダイゴ役をやりとげ、ファン層の幅を広げるのに貢献した。  続く二作目『ウルトラマンダイナ』は、『ティガ』と同じ世界観を引き継ぐ続編でありながらがらりと雰囲気を変え、物語は明るめの作風に。主人公アスカ・シン(つるの剛士)を中心に熱いキャラクターが多く、“スーパーGUTS”のアットホームな雰囲気は今でもファンから根強く支持されている。ストーリーもただ熱いだけでなく、シリアスな回やコメディ回も用意されていてメリハリがあり、『ティガ』と同じく好評を博した。賛否両論を巻き起こした最終回は今でも語り草だ。  三作目『ウルトラマンガイア』では、再び世界観を一新。『ガイア』のライバル的存在である「ウルトラマンアグル」を登場させ、共闘と対立を様々な軸で展開。大人も納得の綿密なシナリオを作り上げた。@@separator 平成3部作に共通するのは、2016年の今見てもまったく古臭さを感じないストーリーの面白さだ。たとえば90年代のトレンディドラマは、その時代ならではの空気感を切り取って描いているため、どうしても今見ると「懐かしいけれど、やっぱり古い」という印象を抱いてしまう(それがトレンディドラマの役割だが…)。しかし、ウルトラマン平成3部作で描かれているのは「友情」や「信頼」「困難に立ち向かう勇気」といった普遍的なテーマで、それゆえに古びない。今見ても面白いし、むしろ当時子どもだった人にとっては、大人になったからこそ気づける面白さがあるといえる。  また、CG表現が当たり前のように普及している今だからこそ、当時の特撮のすごさがわかる。どうやってあの世界を構築し、演出していたのか。その舞台裏を想像しながら見るのもまた大人の楽しみ方として面白い。幼少時代に熱く「ウルトラマン」について語り合った仲間達と当時を振り返りながら、もう一度「ウルトラマン」の世界に浸ってみるのもいいかもしれない。(文:山田井ユウキ)  「ウルトラマンガイア Complete Blu‐ray BOX」は2月24日より発売開始。また、「ウルトラマンティガ Complete Blu‐ray BOX」「ウルトラマンダイナ Complete Blu‐ray BOX」は絶賛発売中。価格はそれぞれ4万5000円(税別)。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access