クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

曇天に笑う 関連記事

  • 福士蒼汰『曇天に笑う』インタビュー

    福士蒼汰、挑戦したいのは「狂気的な役」 笑顔に隠された野望

    映画

     文明開化が進む明治初期、琵琶湖のほとりにある大津を舞台に、個性豊かな三兄弟が躍動する実写映画『曇天に笑う』。主人公の曇天火(くもう・てんか)を演じた俳優・福士蒼汰が、本作への思いや鉄扇アクションの苦労を語り、「狂気的な役をいつか演じてみたいです」と新境地開拓への意欲を示した。@@cutter 同映画は、唐々煙が手がける同名コミックを原作とするアクションエンターテインメント。全てを滅ぼす力を持つと恐れられる「オロチ(大蛇)」の復活が人々の間でささやかれる最中、町の平和を守る曇神社の14代目当主・天火が、オロチ復活を阻止すべく戦う。  福士は、本作を「男心がくすぐられる映画」と評価。「観ていて胸が熱くなりました。天火がヒーローとして活躍するのに加えて、犲(やまいぬ)という特殊部隊がいたり風魔という忍者の一族がいたり、男心をくすぐられる要素がたくさんあります。最後の戦いも三つ巴で、組織がぶつかっていく感じが面白いです」。  作品タイトルにあるとおり、キーポイントの一つは笑い。福士といえば笑顔の印象が強い人も多いだろう。「自分自身も笑いますし、自然に笑っています。ただ今回は、笑うことの意味を考えました。兄弟に見せる笑顔、犲ら昔の知人に見せる笑顔、金城白子(きんじょう・しらす)という信頼する居候に見せる笑顔は、それぞれ違うのではないかなと意識しながらやっていました」と明かす。  劇中の天火は、小さな鉄扇を使い、相手の懐へ入って戦う。日頃からブルース・リー創始の格闘技「截拳道(ジークンドー)」やフィリピン武術「カリ」などのトレーニングに励む24歳の目には、天火の戦い方はどう映るのか。  「人を殺さないということが一番念頭にあると思います。昔、犲にいたときは人を殺める方法を勉強していたと思うんですが、今は犲から抜けて三兄弟の長兄として生きている。代々受け継がれているであろう鉄扇で戦うこと、そして争いを止める生き方を選んだのだと思います」。@@separator 撮影で使用した扇子は、場面ごとに重さや形状が異なり、扱いには苦労が絶えなかったという。「扇子を浮かしてキャッチするシーンがなかなかできなかったです。バランスを取るのが難しいうえに、練習用と本番用では違う扇子。普通の扇子でできたことが本番の扇子でできなかったりして、何テイクもやりました」。  アクションシーンをノースタントで撮影中、福士は足の指の骨にケガを負った。そんな肉体を酷使したアクションの見どころは「クライマックスです。100人以上を相手に戦っている感じのシーンだったのですごく必死でした。やられるシーンもあって、一人の人間、兄として弟を助けに行くという天火の兄弟愛が表れている。いいシーンだなと思います」とアピールした。  2011年に役者としてデビューして以来、女性ファンを虜(とりこ)にする恋人や正義感あふれるヒーローを演じることの多い福士。今後チャレンジしたい役柄を尋ねると「いろいろあります」という。その一つは、まだ一度も演じたことがないという「狂気的な役」。「(オファーがなかなか来ないのは)自分にそういうイメージが無いんだろうなと思うんですが、だからこそより狂気的にお見せできるはずです」と微笑んだ。(取材・文・写真:桜井恒二)  映画『曇天に笑う』は全国公開中。

  • 映画『曇天に笑う』“曇天丸”出発式&公開記念トークイベントにて

    中山優馬、苦手な虫に遭遇で“さかなクン”に変身「ギョギョ!」

    映画

     俳優の福士蒼汰と中山優馬が12日、都内で行われた映画『曇天に笑う』公開記念トークイベントに出席し、意外な秘密を告白した。@@cutter 本作は、唐々煙の人気コミックを『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が実写映画化。明治維新後の大津を舞台に、重罪人を取り締まり、監獄への引き渡しをする曇天火(福士)ら兄弟と、国家転覆を目論む風魔一族との戦いを描いたアクションエンターテインメント作品。  この日は福士と中山のほか、桐山漣、小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人らキャスト陣が大集結し、スカイツリーのふもとにある、おしなり公園船着場から特製“曇天丸”出発式でイベントがスタート。大勢のファンが見守るなか、和装姿の福士らが力強くヒット祈願すると、両岸のファンから大歓声が巻き起こった。  舞台を変えて行なわれたトークイベントでは、劇中の曇家の家訓が“嘘をつかないこと”であることにちなみ“撮影中に秘密にしていたことを告白する”というテーマでトーク展開。中山は「秘密というより、すでにバレてしまっていますが…」と切り出すと「虫が嫌いです。苦手とかいうレベルではなく、我を失うぐらいダメ」と告白。登壇者から「虫に遭遇するとどうなるの?」と問われた中山は、以前から似ているといわれていた“さかなクン”の口癖「ギョギョ!」を用いて再現すると会場は大爆笑に包まれた。  一方の福士が「撮影中、モンスターを捕まえるゲームにめちゃくちゃはまりました。撮影の時間があくと、モンスターを探しにいっていました」と告白すると、加治から「伝説のモンスターがロケ地にいると聞いて、ずっと探していましたね」と暴露されるシーンも見られた。  また、福士演じる曇天火は、強くて優しい男として魅力いっぱいのキャラクターだが、福士が「強くて守れる男がいい」と理想の男性像を明かすと、中山は「何があっても一度受け入れる余裕のある人。口数が少なくて背中で語るような、昔のお父さんみたいなイメージの人に憧れますね」と語っていた。  映画『曇天に笑う』は3月21日より全国公開

  • 映画『ちはやふる ‐結び‐』ポスタービジュアル

    『銀魂』『ちはやふる』『BLEACH』…2018年の漫画原作の実写化、何に期待?

    映画

     漫画原作の実写化がトレンドの日本映画界。2018年も数々の人気漫画が実写映画となって登場する。夏のお祭り映画となりそうな『銀魂パート2(仮)』をはじめ、『ちはやふる ‐結び‐』『BLEACH』など、話題作のそろった2018年の実写映画作品をチェック!@@cutter 空知英秋による「週刊少年ジャンプ」の看板コミックを福田雄一監督が映画化した『銀魂』は、興行収入35億円を突破する大ヒットを記録するなど、2017年の日本映画界を代表する1作となった。早くも2018年夏には続編となる『銀魂パート2(仮)』が登場。「ジャンプフェスタ2018」では、福田監督からのビデオメッセージで「武市変平太は出ないけども、佐藤二朗は出る」というヒントが発表され、佐藤が「神楽は俺に任せるアル」とコメント。さっそく、福田組らしい爆笑のやり取りがスタートしている。  続編で言うならば、末次由紀の少女コミックを広瀬すず主演で映画化した『ちはやふる ‐結び‐』(3月17日公開)も注目の1作。2016年に二部作として公開され、本作でいよいよシリーズ完結編を迎える。広瀬演じる千早、野村周平演じる太一、新田真剣佑演じる新がどんなクライマックスへと導いてくれるのか。臨場感あふれるかるたシーンにも期待したい。  『神さまの言うとおり』『ストロボ・エッジ』など漫画原作の実写化に出演することも多い福士蒼汰は、唐々煙の原作を本広克行監督が映画化する『曇天に笑う』(3月21日公開)、週刊少年ジャンプで連載された人気コミックを映画化する『BLEACH』(夏公開)の公開が控える。  明治維新後を舞台に、人に災いをもたらす大蛇の力を阻止するために立ち上がった曇天三兄弟の戦いを描く『曇天に笑う』では、頼りがいのあるアニキを演じる福士。『BLEACH』では、霊が見えること以外は普通の高校生である一護として、悪霊との戦いに挑む。『無限の住人』で見せた華麗なアクションも記憶に新しい福士だが、2018年の2作でも“アクションの福士蒼汰”をたっぷりと堪能できそう。@@separator すっかり「漫画原作に出演することが多い俳優」となったのが、吉沢亮。『銀魂パート2(仮)』に出演する可能性もアリ。岡崎京子による伝説的衝撃作の映画化『リバーズ・エッジ』(2月16日公開)、吉住渉の少女コミックを映画化する『ママレード・ボーイ』(4月27日公開)で90年代の傑作コミックの実写化に主演するほか、『レオン』(早春公開)、『あのコの、トリコ』(2018年公開)と漫画原作への出演が続く。  彫刻のような美しい顔立ちは、まさに漫画から飛び出してきたよう。『斉木楠雄のΨ難』でのハジけた演技も評判で、“静と動”のギャップを見せられる役者として着実にキャリアを重ねている吉沢。注目作の主演に抜擢される機会もますます増えそうだ。  フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化された3作品も、実写映画としてお目見え。『坂道のアポロン』(3月10日公開)は、高校生の瑞々しい青春をジャズを通して描く物語。本作で映画単独初主演を果たす知念侑李は、ジャズピアノの魅力に目覚めていく役柄を演じるためにピアノの特訓にも励んだ。奥浩哉原作、強大な力を手に入れた者たちの戦いを描く『いぬやしき』(4月20日公開)では、木梨憲武が16年ぶりに映画主演を務めるほか、佐藤健が初めての悪役にトライ。『恋は雨上がりのように』(5月25日公開)では、大泉洋と小松菜奈が“28歳差の恋”を紡ぐ。  そのほか、ろびこの原作を菅田将暉と土屋太鳳を迎えて映画化する『となりの怪物くん』(4月27日公開)、いくえみ綾の人気コミックを映画化する『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(3月3日公開)などなどラブストーリーも充実。漫画ファン、映画ファンを喜ばせる作品は現れるのか。期待して公開を待ちたい。

  • 映画『曇天に笑う』現場取材の様子

    福士蒼汰、ド派手なアクションシーンは“自ら提案” 身体能力の高さは現場お墨付き

    映画

     俳優・福士蒼汰主演、本広克行がメガホンをとった人気漫画の映画化『曇天に笑う』がついに公開される。ド派手なアクションシーンが盛り込まれている本作だが、どのようなロケを行われていたのだろうか。実際にロケ現場を取材し、福士と監督補の木村好克に本作の魅力を聞いた。@@cutter 本作は唐々煙の同名コミックが原作。明治初期の日本を舞台に、悪人を捕まえ、街の治安を守る曇神社を継ぐ曇三兄弟の活躍と強い絆を描く。300年に1度曇り空が続くときに現れる伝説の“オロチ”を巡り、三兄弟と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)は平和のために立ち上がる。一方で、滅んだはずの最強の忍者集団・風魔一族が暗躍を始める…。  本作のロケは、栃木県の採掘場跡地で行われた。巨大地下空間の中は気温10度。湿気が高い上、吐いた息は白くなる。立っているだけで体力が奪われるのだ。30人ものエキストラは待ち時間に毛布を与えられ、疲れきった様子。そんななか福士は、主演としてのオーラを纏いながら、元気にアクションシーンへと立ち向かっていった。  これまでアクション作品への出演は少なかった福士は「自分自身、格闘技や武術を習っていて、アクション監督の方と、こういう動きはどうでしょうと相談しながら作っていけているので、新鮮です」と白い歯を見せる。福士演じる曇天火は鉄扇を操るのだが、「鉄扇はそれなりに重さがある上、開いて戦うと風に煽られたり、空気の抵抗を受けるので、鉄扇さばきは見え方も含め工夫しました」と振り返る。  「今回はリアリティのあるものを狙っているので、俳優は吹き替えを減らしているんです」と明かしてくれたのは監督補の木村だ。続けて木村は、「オーディションをやったときに、アクションが得意な俳優さんに入ってもらった。スタントチームに役者が混じり、それぞれの能力を生かしてくれている」とキャスト陣を称賛。福士に関しては「福士さん自身の能力も高い。ジークンドー(ブルース・リーが創り出した格闘技)をやられているので、能力を生かしたアクションをやってくれています」と唸っていた。  映画『曇天に笑う』は、2018年3月21日全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access