クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

君の名前で僕を呼んで 関連記事

  • キアヌ・リーヴス出世作からオスカー3冠映画まで! LGBTQ映画12選

    LGBTQの多様なあり方を映画から学ぶ! キアヌ・リーヴス出世作など12選

    映画

     本日5月17日は「LGBT嫌悪に反対する国際デー」。毎年各国でイベントやメッセージが発信され、日本では2014年から「多様な性にYESの日」として記念日にも認定されている。LGBT、近年では「クィア」(性的マイノリティー全体を包括する言葉)、もしくは「クエスチョニング」(性自認、性的指向が定まっていない人の意)を表わすQを加えて「LGBTQ」とも呼ばれるが、以前よりさまざまな映画が公開され、観客に多様な性のあり方を問いかけてきた。今回はそんな中から、選りすぐりの作品を紹介していこう。@@cutter(1)『チョコレートドーナツ』(2012)  まずは1本目は、1970年代のアメリカでの実話を基に、育児放棄されたダウン症の少年と家族のように暮らすゲイカップルの日々を描いた『チョコレートドーナツ』だ。世界各国の映画祭で10以上の観客賞を受賞した感動作だけあって、主人公ルディ役のアラン・カミングの名演と歌声に大泣きし、LGBTQへの無知、無理解にも気付かせてくれる。LGBTの入口としてふさわしい1本といえよう。号泣用ティッシュをお忘れなく。 (2)『マイ・プライベート・アイダホ』(1991) @@insert1  キアヌ・リーヴスの名を一躍知らしめたガス・ヴァン・サント監督初期の代表作『マイ・プライベート・アイダホ』は、同性愛、近親相姦、ドラッグ、売春など、さまざまな社会問題が登場する。路上に立ち、男性に体を売って暮らしている青年マイクは、自分を捨てた母親を捜すため、男娼のスコットと共に故郷のアイダホへと向かうが…。重たい内容の中、若々しいキアヌと、若くしてこの世を去るリヴァー・フェニックスの美しさが印象的な作品だ。 (3)『ブロークバック・マウンテン』(2005) @@insert2  2005年のヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞したほか、アカデミー賞で監督賞に輝いたアン・リー監督による『ブロークバック・マウンテン』。本作は、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンで20年以上にもわたって男同士の愛を貫いた2人の関係を描く人間ドラマで、主演のヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが、20歳から40歳までの年齢を繊細に表現する。この2人の演技だけでも見る価値あり。 (4)『ムーンライト』(2016)  第89回アカデミー賞で作品賞を含む3部門を受賞したヒューマンドラマ『ムーンライト』。マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンの成長を、3人の俳優が3つの年代で演じ分けていく。黒人の貧困社会の中での性的マイノリティと、差別と生きにくさが詰まっているが、社会派ほど重たくならず、あくまで視点は愛の物語。繊細で詩的、余韻もたっぷりだ。製作総指揮にブラッド・ピットが名を連ねている。@@separator(5)『君の名前で僕を呼んで』(2018) @@insert3  名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆し、ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーが惹(ひ)かれ合う2人を演じた『君の名前で僕を呼んで』。北イタリアの避暑地を舞台に、17歳の少年と24歳の青年とのひと夏の情熱的な恋を、初恋のキラキラ感を満ちあふれさせながら描く。初恋ならではの楽しさや嫉妬、はかなさなどを見ていると、恋をする相手は異性でなくてもいいのだと改めて痛感させられる。みずみずしいラブストーリーだ。 (6)『エム・バタフライ』(1993)  トニー賞受賞の戯曲を鬼才デヴィッド・クローネンバーグが映画化した『エム・バタフライ』は、文化大革命前夜の北京を舞台に、フランスの外交官と京劇の舞台女優との愛を描いていくラブストーリー、…と説明したいところだが、実はノワールサスペンスというもう1つの側面からも楽しめる作品。グロテスクな表現が得意なクローネンバークが描く、愛の形とは? あっと驚く結末はぜひ自身の目で確かめてみてほしい。 (7)『ある少年の告白』(2018) @@insert4  俳優のジョエル・エドガートンの監督第2作『ある少年の告白』は、若手実力派俳優として売出し中のルーカス・ヘッジスが、同性愛を治す矯正施設に入れられた少年ジャレッドを熱演。「同性愛は治療すべきもの」とする矯正施設での驚くべき実態と、少年の家族の葛藤がつづられる。ラッセル・クロウとニコール・キッドマン演じる両親が、ジャレッドからカミングアウトを受ける瞬間の演技は観客をうならせる。 (8)『ラースと、その彼女』(2007) @@insert5  ライアン・ゴズリング主演の『ラースと、その彼女』は、人が苦手な青年ラースが、彼女を紹介すると兄夫婦の元にやってきたが、連れてきたのは等身大のリアルドールだった…。と、一風変わった物語かと思いきや、人とは違うそのままのラースを周囲が受け入れ、そんな周囲をラースも受け入れていく、ハートフルな物語。ラースは厳密には「LGBTQ」ではないが、多様な性愛の形、という意味でこの映画も推しておきたい。@@separator(9)『キャロル』(2015) @@insert6  オスカー女優ケイト・ブランシェットと『ドラゴンタトゥーの女』(2011)のルーニー・マーラーが共演したラブストーリー『キャロル』は、1950年代のニューヨークが舞台。女性当時の恋愛が法律で禁止されていた時代に、愛し合ってしまった2人の運命は――。自分らしさとは? 心のままに生きるとは? など、見終わった後にさまざまなことを考えさせられるだろう。 (10)『ミルク』(2008)  伝記映画『ミルク』は、1970年代のアメリカが舞台。同国において、ゲイであることを公表した上で初めて公職に就いた政治家ハーヴェイ・ミルクの半生を描く。常に弱き者の味方で、人種や性別、年齢による全ての差別撤廃のために戦ったミルクの信念と行動力に、思わず胸が熱くなる。アカデミー賞主演男優賞を受賞したショーン・ペンの熱演は必見。 (11)『ボーイズ・ドント・クライ』(1999)  アメリカで最も保守的な地域といわれるネブラスカ州フォール・シティで起こった実話を基にした『ボーイズ・ドント・クライ』は、かなりヘビーな1作。自分の性に違和感を抱く性同一性障害の女性ブランドンが、ラナという女性と恋に落ち、恐ろしい事件が引き起こされてしまう…。ブランドン役で圧巻の演技を披露したヒラリー・スワンクがアカデミー賞主演女優賞を受賞。事実が題材だけに、辛さや刺さる部分も多い。 (12)『his』(2020) @@insert7  最後に紹介するのが、今年公開された『his』。ドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)でブレイクした宮沢氷魚が主演を務め、藤原季節と共に演じる男性カップルが、周囲の人々の理解を求めてほん走する姿を描く人間ドラマだ。LGBTQの人々が直面する社会の偏見や差別、法的な問題など、生きづらを描きつつ、希望や優しさも織り込んでいく。宮沢の自然体な演技と、前年に話題作『愛がなんだ』を撮った今泉力哉監督の演出が光る1本だ。  これまでLGBTについて考えたことがない人、これから知りたい人は、ぜひこれらの作品を見てほしい。映画だからこそ、さまざまな視点や意見、思いの丈などが、素直に自分の中に入ってくるはずだ。(文:安保有希子 )

  • 『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ(左)とアーミー・ハマー(右)

    『君の名前で僕を呼んで』続編企画、ティモシー・シャラメ&アーミー・ハマー続投へ

    映画

     サンダンス映画祭で話題を呼び、主人公の少年エリオを演じる俳優のティモシー・シャラメがアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされた2017年作『君の名前で僕を呼んで』。続編企画があることを監督のルカ・グァダニーノが明かしたという。@@cutter 作家のアンドレ・アシマンが2007年に発表した同名小説を映画化した『君の名前で僕を呼んで』。1983年のイタリアの避暑地を舞台に、17歳の少年エリオがアメリカから来た24歳の大学院生の青年オリヴァーと恋に落ち、初恋の喜びと苦しみを味わいながら成長するさまを描く。映画『コードネーム U.N.C.L.E.』の俳優アーミー・ハマーがオリヴァーを演じる。    Prideによると、グァダニーノ監督は期待される続編について、アメリカで脚本家と会う予定だったことをイタリア誌「La Repubblica」とのインタビューで明かしたという。  「新型コロナウイルスの(影響が出る)前にアメリカで、名前を明かすつもりはないが親愛なる脚本家に会う予定だった。続編について話し会うためにね」とグァダニーノ監督。「残念ながらキャンセルせざるを得なかった。言うまでもないが、ティモシー・シャラメやアーミー・ハマー、マイケル・スタールバーグ(パールマン教授役)、エステール・ガレル(マルシア役)といったキャストと一緒に仕事をするのは大きな喜びだ」。そう言って、「みんな新作に出演する予定だよ」と付け加え、1作目のキャストが続編に出演することに同意していることを明かしたという。  続編の内容については不明。1作目の脚本はジェームズ・アイヴォリーが担当した。また原作者のアシマンは、2019年に小説の続編『Find Me(原題)』を発表している。

  • ティモシー・シャラメ&アーミー・ハマー共演『君の名前で僕を呼んで』BD&DVD、9月14日レンタル開始

    ティモシー・シャラメ、『君の名前で僕を呼んで』アドリブ&キスシーンの裏側を赤裸々告白

    映画

     第90回アカデミー賞脚色賞を受賞し、作品賞、主演男優賞、歌曲賞にもノミネートされた映画『君の名前で僕を呼んで』のブルーレイ&DVDが、9月14日レンタル開始&9月21日に発売されることが決定。発売される特典映像には、主演を務めたティモシー・シャラメらのコメンタリーが収録されており、アドリブについてやキスシーンについての撮影秘話が語られている。@@cutter@@insert1  本作は、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた感動作。舞台は、1983年の北イタリアの避暑地。17歳のエリオ(ティモシー)は、アメリカからやってきた24歳の大学院生のオリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。彼は、夏の間、家族と共にその地に暮らすことになっていた。二人は、引きつけあったり、反発したりしながら、やがて激しい恋に落ちていく。しかし、夏の終わりと共にオリヴァーが去る日が近づき…。  オーディオコメンタリーでは、本編が進むと同時にエリオ役のティモシーとエリオの父親役のマイケル・スタールバーグが様々なシーンで当時を振り返り、あるシーンでは「すべてアドリブのセリフだ」や、「裸足で砂利道を歩いてるが実際は足が痛かった」「サッカーをしてる場面はボツに」など、撮影時のエピソードやカットされた未公開シーンについても言及。キスシーンについてティモシーは「顔を舐めないテイクもあった」など赤裸々に明かしている。 @@insert2  また、ティモシーは「役者としてかエリオとしてかわからないけど、何事も性急にすすめたくないと感じた。これはアンドレ・アシマンの原作にも書かれているけど、最初の頃のエリオは無関心だが、心の中ではオリヴァーの自信に動揺している」と自身の役作りについて明かし、「何かを意識して演じる必要がなかった」と振り返る。  さらに、エリオがオリヴァーに惹かれるシーンでは「演技に迷いもあった。本では数ページを割いて描写しているからね」と話す。さらに、エリオが即興でピアノを弾くというシーンでは、ティモシーは1ヵ月半スタジオに通ったことを明かし、「演じる僕は必死に練習した。本に書かれている半分でも表現できるように」と撮影秘話やその時の感情を語っている。 @@insert3  発売されるブルーレイ&DVDには、日本公開時に話題となった入野自由と津田健次郎など豪華声優陣による吹替版も収録。セル版には、主演のティモシーと、父親役のマイケル、そして製作スタッフが和気あいあいと話すコメンタリー映像も収められている。  映画『君の名前で僕を呼んで』ブルーレイ&DVDは、9月14日よりTSUTAYAにてレンタル開始。9月21日には、サマー・トートバッグやスペシャルブックレット[オリジナルコミック付](32P)等がついたブルーレイ・コレクターズ・エディションも発売される。 @@insert4

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access