寝ても覚めても 関連記事

  • 『寝ても覚めても』初日舞台挨拶に登壇した(左から)唐田えりか、東出昌大

    東出昌大、カンヌ出品の主演映画に自信「素晴らしい奇跡の連続」

    映画

     俳優の東出昌大が1日、主演映画『寝ても覚めても』の初日舞台挨拶に唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、濱口竜介監督、原作者の柴崎友香と共に出席。「素晴らしい奇跡の連続がこの映画になった」と本作に対する浅からぬ思いを語った。@@cutter 本作は柴崎の同名小説を原作とする恋愛映画にして、第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門出品作。サラリーマンの丸子亮平(東出)と泉谷朝子(唐田)、亮平に瓜二つの顔を持つ朝子の過去の恋人・鳥居麦(東出)の間に生じる心情の揺れ動きを描く。  亮平と麦の二役にチャレンジした東出は、本作について「登場人物たちの行動には賛否あると思うけど、その賛否がうれしい。困難を乗り越えて必ず幸せになる二人…という分かりやすい映画ではない。ラブストーリーと言っても、難解な要素も含まれている。ただこの映画の根底に流れ続けている愛おしさ、慈しみみたいな気持ちは嘘じゃない。現場で起きたこと、素晴らしい奇跡の連続がこの映画になった」とアピールした。  また、カンヌ現地のフランス人記者に言われた評価に言及。劇中のとある人物の行動をめぐって「『この映画はホラーなのか』と言われた。で、監督が『愛は一種の狂気だから、その狂気性が描かれていてホラーのように映ったのなら、それはそれで光栄』と素晴らしいことをおっしゃっていた」と回想。続けて濱口監督は「ラブホラー的なものが生まれたと…(笑)。(カンヌ現地で)あと『ゴーストストーリーなのか』と言われて、そう見えるのかと驚いた」と述べた。  唐田は、冒頭の挨拶から「大好きな作品が…あぁ、ちょっと泣きそう…!」と涙目に。声を震わせながら「(初日の)今日を迎えることが、うれしくもあり寂しい。やっとこうやって皆さんに届けることができて本当に幸せ」と話した。  また、自身は亮平と麦のどちらを選ぶか問われて「麦に惹かれるのもすごい分かるけど、ずっと一緒にいてはいけない人という感じがある。ずっと生涯ともにしたいとなると、亮平みたいな優しくて、思いやりがあって…。ねぇ!」と隣の山下らを見て笑った。  本作にちなんで、瀬戸は学生時代の失恋エピソードを告白。「初めてお付き合いした彼女が、中学2年生から高校1年生まで付き合った。彼女が本能のおもむくまま行動した結果、僕はフラれた。その日、壁を叩いて『神様…! な、ぜ! こんな仕打ちを…!!』と言った記憶がある」と話して客席を沸かした。隣にいた東出も、瀬戸につられるように「告白してフラれたことはあります」と明かし、照れくさそうな笑みを浮かべていた。

  • 『寝ても覚めても』鳥居麦(東出昌大/二役)

    真逆な2人の“東出昌大”の魅力凝縮『寝ても覚めても』特別映像解禁

    映画

     俳優の東出昌大と女優の唐田えりかが共演する映画『寝ても覚めても』から、初めて一人二役を務める東出の魅力が凝縮された特別映像が解禁となった。@@cutter 青年・麦(東出)との運命的な恋に落ちた朝子(唐田)が、麦が姿を消してから2年後に、麦にそっくりな顔をした亮平(東出/二役)と出会い、過去の“恋”と現在の“愛”の間で心揺らぐ姿を描く本作。キャストには瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子らも名を連ねている。  「かつて愛した人にそっくりな人が現れたら、あなたはまた、恋してしまいますか?」という問いかけから始まる映像は、自由人の麦、実直なサラリーマンの亮平、それぞれと恋に落ちる朝子の姿を映し出す。朝子が大阪で出会った麦は、ボサボサの髪にサンダル履き、よれたTシャツというワイルドな風貌。標準語で話し、語り口は柔らかい。  一方の亮平は、喫茶店で働く朝子がコーヒーのデリバリーをした清酒メイカー・紅錦(べにきん)の会議室で出会った男。姫路出身で大学は大阪、関西弁を操る一人っ子だ。麦とそっくりな亮平と出会った朝子は取り乱し、別人であることを認識してからはより避けるようになるが、亮平に朝子がぎこちない態度を取れば取るほど、亮平は朝子が気にかかり、好意を持つようになる。  やがて、まっすぐな亮平の想いに朝子も応えるようになり、二人は結ばれる。仕事熱心で人当たり良く、空気を読み、常に朝子を思いやる温かさと包容力を持つ亮平。朝子に対してだけでなく、周りにも気づかいのできる大人な彼と猫のジンタンとの生活は穏やかで安心感に満ちていたが、そこに…。  映画『寝ても覚めても』は9月1日より全国公開。

  • 『寝ても覚めても』本ビジュアル

    『寝ても覚めても』tofubeatsの主題歌が流れる予告編解禁

    映画

     俳優の東出昌大が主演を務める映画『寝ても覚めても』から、本ビジュアルと90秒の予告編が解禁された。予告編では、本編の映像と併せてtofubeatsが手がけた本作の主題歌『River』の一部を聞くことができる。@@cutter 本作は芥川賞作家・柴崎友香の同名小説を映画化したラブストーリー。メガホンをとるのは、前作『ハッピーアワー』でロカルノやナントをはじめとした数々の国際映画祭で、主要な賞を受賞してきた濱口竜介。亮平と麦(ともに東出)の同じ顔をした2人の男と、彼らの間で揺れ動くヒロイン・朝子(唐田えりか)の心情をつづっていく。  公開された本ビジュアルは、男の寝顔を朝子が幸せそうな顔で見つめている一方、緊迫した面持ちでお互い見つめ合う様子も映し出されている。朝子の目の前にいるのは、麦なのか、亮平なのか。「愛に逆らえない。」のコピーも合わさり、男女の未来が揺れる様子がうかがえるデザインとなっている。  併せて解禁された予告編は、先日開催された第71回カンヌ国際映画祭に出席したキャストや監督の姿からスタート。その後、本編から朝子への想いを率直に伝える亮平に、戸惑いつつも惹かれていく彼女の姿が映し出される。次第に恋に落ちていく二人。しかし朝子は8年前、大阪で麦(ばく)という亮平にそっくりの男に恋をしていたのだった…。予告編は、幸せだった亮平と朝子の関係が、やがて思わぬ方向へ展開することを示唆する映像に仕上がっている。  また予告編に加え、本作の主題歌も発表され、初の映画音楽を手掛けるtofubeatsの新曲『River』に決定した。楽曲は、ピアノの音色をフィーチャーしたトラックの上に、オートチューンを使った彼のボーカルがのる情感たっぷりのラブソングに仕上がっている。現在、この楽曲が聞けるのは、今回公開された90秒の予告編のみとなっている。  映画『寝ても覚めても』は9月1日より全国公開。

  • 『寝ても覚めても』に出演する東出昌大

    『寝ても覚めても』東出昌大&唐田えりか&瀬戸康史ら劇中写真到着

    映画

     映画『寝ても覚めても』から、東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史のアピールコメントと共に、それぞれの劇中場面写真が解禁となった。東出は「人ならば誰しも奥底に持っている真心を撮る為に、熱狂しながら撮影の日々を過ごしていたんだと思います」と振り返っている。@@cutter 青年・麦(東出)との運命的な恋に落ちた朝子(唐田)が、麦が姿を消してから2年後に、麦にそっくりな顔をした亮平と出会い、過去の“恋”と現在の“愛”の間で心揺らぐ姿を描く本作。キャストには伊藤沙莉、山下リオ、渡辺大知も名を連ねている。  東出は「観た後に、胸に残るこの『疼き』は何なのか、未だに分かりません。オファーを頂いた時は一人二役と聞き、キャラクターの差異をどのようにつけようかなどと夢想していましたが、 監督のメソッドに真剣に取り組むうちに、浅はかな演じ分けなど必要ないと痛感しました」と撮影を述懐。  本作で初のヒロイン役に抜てきされた唐田は「完成した作品を見て、知らない自分だらけで、嬉しくも怖くもなりましたが、この作品は目を逸らさずに全部優しく抱き締めてくれているようなそんな気がしました。朝子のことをみんなに理解してもらえなくてもいい。でも一人一人に、何かが、届いてほしいです」と思いを込める。  亮平の同僚・串橋耕介に扮する瀬戸康史は「この作品は見てくださった方のその時の心境や、これまでの経験で受け止め方が大きく違ってくると思います。監督の演出も余計なものは削っていく方法ではじめての経験でした」と回想。さらに、「主人公2人が行動していく様は本能的で、その純粋さが怖かった。人種や性別などは違っても僕らは“寝ても覚めても人間”なのだと感じました」とメッセージを寄せている。  今回、キャストコメントと共に、3人に加え伊藤、山下、渡辺の劇中写真も公開された。  映画『寝ても覚めても』は9月1日より全国公開。

  • 映画『寝ても覚めても』ティザービジュアル

    眠る東出昌大の正体は… 『寝ても覚めても』ティザービジュアル公開

    映画

     俳優の東出昌大が主演する映画『寝ても覚めても』のティザービジュアルが完成し、あわせて公開日が9月1日に決定した。ビジュアルには唐田えりか扮するヒロインが、東出昌大が演じる謎の男を愛おしそうに見つめる姿が収められている。@@cutter 大阪に住む21歳の朝子(唐田)は、青年・麦(東出)との運命的な恋に落ちる。しかし、彼はある日忽然と彼女の前から姿を消してしまう。その2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした亮平と出会う。朝子は麦のことが忘れられず、はじめは亮平を避けようとするも、そんな朝子に亮平は好意を抱く。やがて戸惑いながらも亮平に惹かれていく朝子だったが、過去の“恋”と現在の“愛”の間で心は揺らいでいき…。  解禁となったティザービジュアルでは、“愛してしまう。「あなた」をー。”というコピーのもと、朝子が眠っている男を愛おしそうに見つめている。そして「違う名前。違うぬくもり。でも同じ顔。運命の人は二人いた」という、同じ顔の二人の男の存在を匂わせる言葉も。果たして、眠っている男は誰なのか? そして彼女は誰を愛しているのか? 二人の関係に興味がそそられる仕上がりとなっている。  本作のメガホンを取ったのは、前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナント、シンガポールをはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界に轟かせた濱口竜介。濱口監督は自ら熱望した芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たす。東出と唐田の脇を固めるのは、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子という豪華キャスト。tofubeatsは初の映画音楽を担当し、主題歌を書き下ろしている。  映画『寝ても覚めても』は、9月1日に全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access