クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

泣き虫しょったんの奇跡 関連記事

  • 『泣き虫しょったんの奇跡』公開記念舞台挨拶にて

    松田龍平、将棋の初段免状ゲット 挑戦者を募集「受けて立つ」

    映画

     俳優の松田龍平が8日、都内にて開催された映画『泣き虫しょったんの奇跡』公開記念舞台挨拶に出席した。本作への出演が評価され、日本将棋連盟より初段の免状が贈呈された松田は「僕に挑戦したい方がいれば、どしどし。受けて立つので」と白い歯を見せた。@@cutter 将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)が、年齢制限による奨励会の退会、そして父の死を経てから、再びプロ棋士を目指す感動のドラマを描く本作。  この日のイベントには松田のほか、女優の松たか子、俳優の永山絢斗、渋川清彦、新井浩文、窪塚愛流、豊田利晃監督、原作者の瀬川晶司五段が登壇した。  当日は、将棋文化普及への寄与と、撮影前から瀬川五段の指導を受けていたことが評価され、日本将棋連盟より松田へ初段の免状が贈呈された。日本将棋連盟常務理事で九段の森下卓から、佐藤康光(日本将棋連盟会長)、名人・佐藤天彦、竜王・羽生善治の名が記された免状を受け取った松田は「全然弱いんですけど、大丈夫ですか?」と照れ笑い。それでも「松田初段です(笑)。僕に挑戦したい方がいれば、どしどし。受けて立つので」とも話して会場を沸かせた。  窪塚洋介の息子で、本作では中学生時代の“しょったん”を演じた窪塚愛流は、今回が映画初出演。出演が決まった時の思いを聞かれると「生まれて初めて映画の撮影をするので、うまく演技ができるかっていうのが、すごく不安だったんですけど、自分なりに精いっぱいやろうと思いました」と回想。演技は「難しかった。泣くシーンとか」と言い、完成した作品を見た感想を問われると「自分って、すごいんだなって思いました」と話して会場を盛り上げた。  再びマイクを握った松田は「色々な人の思いが詰まった映画に出演することができて、本当に、本当に幸せです。瀬川さんの半生を感じながら、自分と重ねて、素晴らしい体験ができました」と話し、「とにかく正直に、素直に演じたつもりなので、気持ちが皆さんに伝わっていればいいなと思っています」と締めくくった。

  • 『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前試写会舞台挨拶にて

    松田龍平「将棋愛にあふれた、かっこいい映画」 主演作をひふみんも絶賛

    映画

     俳優の松田龍平が、27日に都内で開催された映画『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前試写会に出席した。松田は「将棋愛にあふれた、かっこいい映画になったと思います」と作品の仕上がりに手ごたえをのぞかせ、サプライズで登場した加藤一二三による激賞に笑顔を見せた。@@cutter 本作は、将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)が、年齢制限による奨励会退会後、父の死を経てから再びプロ棋士を目指す姿を描く。当日は、永山絢斗、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、豊田利晃監督、瀬川晶司五段(原作者)、佐藤天彦名人も登壇した。  袴姿で登場した松田は、晶司が暮らすアパートでの撮影秘話を聞かれると「あのシーンは、しょったんが将棋を唯一忘れられる時間で、僕も普通に楽しんじゃいました」と回想。「監督がたまに、台本にないせりふをこっそり足して、本番でいきなり誰かが言ってくるみたいな。それをアドリブでリアクションするみたいな。それが楽しかった」と振り返った。  これを聞いた豊田監督は、松田に向かって「テンション低い」と発言。照れ笑いを見せた松田は「私事ですけど、1時間しか寝ないで(来た)」と明かし、観客から心配するような反応が起こると「ああ、大丈夫です」と続けて会場を沸かせた。  当日はサプライズゲストとして、“ひふみん”の愛称で知られる加藤一二三(九段)も登場。松田に花束を贈呈した加藤は「本当に素晴らしい映画で感動いたしました。小学校に入ってからの担任の先生とのやり取りとか、全てずっとですね、ある意味、まあ私の人生に共通している点が多々ありましてですね、素晴らしい映画。感動しております~」と本作を絶賛した。  思わぬ贈り物に白い歯を見せた松田は「本当に将棋愛にあふれた、かっこいい映画になったと思います。温かい気持ちになって、帰ってもらえたらうれしいです」と話していた。  映画『泣き虫しょったんの奇跡』は9月7日より全国公開。

  • 『泣き虫しょったんの奇跡』場面写真

    『泣き虫しょったんの奇跡』豪華キャストの面々捉えた場面写真一挙公開

    映画

     俳優の松田龍平が主演を務める映画『泣き虫しょったんの奇跡』から、豪華キャストの面々を収めた場面写真が到着。濃厚な人間ドラマが伝わるビジュアルとなっている。@@cutter 本作は、『空中庭園』『クローズEXPLODE』の豊田利晃監督が、松田と映画『青い春』以来、16年ぶりに本格タッグを組み、異色の棋士・瀬川晶司による自伝的小説を映画化したヒューマンドラマ。幼い頃から将棋一筋で生きてきた主人公“しょったん”こと瀬川晶司の挫折と奇跡の再生を描いていく。  このたび公開されたのは、共にプロ棋士を目指す奨励会の仲間たちと仲良くこたつを囲む様子を捉えたカットをはじめ、本作を彩る豪華キャスト陣の熱演が確認できる場面写真の数々。  小学生のしょったんに微笑みかける恩師の鹿島澤佳子(松たか子)の姿や、しょったんのプロ入り編入試験を見守る新藤和正(永山絢斗)ら奨励会時代の仲間、そして年齢制限を迎えたことで、プロへの道を絶たれ、ただ呆然と立ち尽くす奨励会員の冬野渡(妻夫木聡)の様子などが確認できる。  また、小林薫演じる藤田守が、再びプロ入りを目指すしょったんのために将棋連盟へ働きかける様子や、しょったんのプロ入り編入試験を、固唾をのんで見守る新藤、村田康平(染谷将太)、山川孝(渋川清彦)たちの姿も。彼らの姿から、しょったんのプロ棋士になりたいという夢が、周りの人々にとっても“夢”や”希望”になっていく様子が垣間見える。さらに、しょったんにとって気になる存在になっていくカフェ店員の真理子(上白石萌音)の姿も捉えられている。  映画『泣き虫しょったんの奇跡』は9月7日より全国公開。

  • 映画『泣き虫しょったんの奇跡』場面写真

    『泣き虫しょったんの奇跡』松田龍平&野田洋次郎の共演シーン写真到着

    映画

     俳優の松田龍平が主演を務める映画『泣き虫しょったんの奇跡』から、場面写真と本予告が到着。公開された場面写真には、松田と公私共に交流があり、主人公の親友役を演じた野田洋次郎のツーショットが収められている。@@cutter 本作は、異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的同名小説を映画化。幼い頃から将棋一筋で生きてきたものの、年齢制限のために26歳でプロ棋士の夢を断たれた“しょったん”こと瀬川晶司と、彼を支えた人々のドラマを描いていく。 このたび公開されたのは、松田演じる“しょったん”こと晶司と、彼の親友でライバルの鈴木悠野に扮した野田との共演シーンの写真。松田は公私ともに交流のある野田との共演について「洋次郎とは『ここから演じています』という垣根がない瞬間があるのが、特別だなと思いました」とコメント。  スーツ姿の晶司と悠野が並んで歩く姿を捉えた場面写真は、晶司があと1勝すればプロ入りが決定するという大事な対局が控えた重要なシーン。公開されたもう1枚の場面写真は、将棋道場で仲良く将棋を指す二人の姿を写している。  松田は野田について「彼自身はすごく真面目だし、芝居をやるからには本気でやろうと思って来ている。その気持ちに僕も勇気付けられた気がします」と発言しており、“リアル親友”との初共演に感慨深げな様子。  場面写真と併せて公開された本予告では、負けが重なり他人と距離を置く者、焦りを抑えきれず対局中に声を荒げる者、年齢制限を迎え奨励会を去る者など、人生のすべてを将棋に捧げる男たちの姿が次々と映し出される。さらに再び夢を追う晶司を力強くサポートする人々の姿も収められており、感動を予感させる仕上がりになっている。  映画『泣き虫しょったんの奇跡』は9月7日より全国公開。

  • 映画『泣き虫しょったんの奇跡』完成披露舞台挨拶にて

    野田洋次郎、松田龍平とサッカー日本戦観戦するも「失敗だった」と嘆き

    映画

     俳優の松田龍平が、人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎らと3日、都内にて開催された映画『泣き虫しょったんの奇跡』の完成披露舞台挨拶に出席。松田とプライベートでも親交のある野田は、一緒にサッカーワールドカップを観戦した際のエピソードを明かした。@@cutter 将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的同名小説を、豊田利晃監督により映画化。一度は将棋の夢破れた“しょったん”こと晶司(松田)が周囲に支えられながら、再び夢を実現させるためにアマからプロへひたむきに挑戦していく前人未踏の“奇跡”を描く。当日の舞台挨拶はほかに、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、松たか子、小林薫、國村隼、豊田監督、瀬川五段が登壇した。  晶司の親友でありライバルの鈴木悠野役を演じる野田は、現場でのエピソードを聞かれ、「撮影の時期は本当に仲良くさせてもらって。龍平は僕の家のキッチンに僕よりもいて、ずっとたばこを吸ってた」と明かし、「(仲が良すぎるので)セリフが言えるか心配があって。最初のシーンから10回以上撮り直しをさせてしまい、一瞬後悔しましたが、貴重な経験でした」とニッコリ。また、そんな野田を松田がじっとみつめて、野田が苦笑いする一幕もあり、仲の良さを垣間見せた。  撮影の合間は、出演者同士で将棋を打っていたそう。数十年前に松田と将棋を打ったことがあったという新井は、松田の将棋の腕について「昔は香車が歩を飛び越えるなど、コマがありえない動きしてたんですよ。でも今回、本当に強くなっていて。現場でも勝てなかった」としみじみ。また最近一緒に飲んでいた時に、松田が「伸び悩んでる……将棋が強くならない」と嘆いていたことも暴露。説明を求められた松田は「壁にぶちあたったんです」と吐露し、「どこを目指してるのか、分からないんです」と突っ込みを入れていた。  野田も松田と将棋を打ったといい、「龍平の性格を知ってるんで、勝てるかなと思ったけど、全然決着つかなかった」というエピソードを告白。松田は、「絶対負けたくないって感じだったんですけど、ライバル役だったので、これでいいんだと思いました」と納得していたという。  またそんな2人は、サッカーワールドカップのポーランド戦を野田の家で一緒に観戦したらしく、野田は「試合が始まって龍平が全然来なくて。17、8分くらい経った時に『うぃ~』って言いながら来て、さすがだなと思いました(笑)」と松田のマイペースぶりを明かす。そんな野田に対して、松田は「(野田が)テンション高くて、追いつけなかった」と反撃するも、野田は「こんな温度を違う人を呼んで失敗だった」と嘆いていた。  映画『泣き虫しょったんの奇跡』は9月7日より全国公開。

  • 松田龍平主演、映画『泣き虫しょったんの奇跡』に豪華俳優陣集結

    松田龍平主演の将棋映画に妻夫木聡、松たか子、染谷将太ら 特報到着

    映画

     松田龍平主演の映画『泣き虫しょったんの奇跡』に、妻夫木聡、松たか子、永山絢斗、染谷将太ら豪華俳優陣の出演が発表された。@@cutter 将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段による同名の自伝的小説を実写映画化する本作。『クローズEXPLODE』の豊田利晃監督と松田の2人が、2002年公開の『青い春』以来、16年ぶりに本格タッグを組む。  幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと晶司。しかし、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇格できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により、将棋の道を絶たれ、社会の荒波に放り出されてしまう。その後、35歳のサラリーマンとなった晶司が周囲に支えられつつ、再びプロ棋士の夢を実現すべくひたむきに挑戦していく。  松田が主人公を演じるほか、晶司と苦楽を共にする奨励会員に妻夫木、永山、染谷、駒木根隆介、新井浩文、渋川清彦、早乙女太一が扮する。さらに、小学生時代の晶司に多大な影響を与えた担任教師・鹿島澤佳子を松が演じ、イッセー尾形、小林薫、美保純、國村隼といった豪華俳優陣が競演を果たす。  奨励会のメンバー・冬野渡を演じる妻夫木は「次第に精神が病んでいく役柄だったのですが、豊田監督の繊細な演出が印象的でした。人物の心理や情景をとても細かくみてらっしゃるんだなぁと実感しました」と、豊田監督の手腕を称賛。  松は「しょったんはもちろん、生徒のみんなと目線をあわせてあげられたら、と思っていました」と演技中の心構えを明かしつつ、「かかわった全ての人が熱い想いで作ったこの映画の成功を、心から祈っています」とコメント。原作者で主人公のモデルである瀬川晶司は「大好きな人ばかり出てくる作品」と、本作におけるキャスティングを絶賛している。  今回公開された特報映像は、真剣な口調で「僕、プロになりたいです!」と電話する晶司や、強いまなざしで将棋盤に向かう晶司の姿が次々と映し出され、その情熱が起こす奇跡を予感させるものとなっている。  映画『泣き虫しょったんの奇跡』は今秋より全国公開。

  • 松田龍平、脱サラ棋士役に! 16年ぶりに豊田利晃監督と再タッグ

    松田龍平、脱サラ棋士役に! 16年ぶり単独主演作で豊田利晃監督と再タッグ

    映画

     俳優の松田龍平が、脱サラ棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説『泣き虫しょったんの奇跡』(講談社文庫)を原作にした映画に出演することがわかった。同作でメガホンを取る豊田利晃監督とは、『青い春』以来、16年ぶりに松田の単独主演作としてタッグを組むことになる。@@cutter 本作は、サラリーマンから将棋プロへと転向した「しょったん」こと瀬川晶司(松田)の、挫折と栄光を描くサクセス・ストーリー。瀬川は、プロ棋士の登竜門ともされる新進棋士奨励会に入会したものの、「26歳までに四段昇格」という会の規定に沿えず、退会を余儀なくされる。大きな挫折を味わう瀬川だったが、やがて、人生をかけてきた将棋への情熱を取り戻し、再びプロへの挑戦を始めていく。  松田は、直接、瀬川棋士に指導してもらっているそうで、「駒に触れるたびに将棋の魅力に引き込まれています」と早くもその魅力に取りつかれている様子。「この映画で豊田監督とタッグを組んで挑めることを嬉しく思います」と喜びのコメントも寄せている。  その豊田監督も、瀬川棋士同様に、17歳まで奨励会に所属していた経験があり、「少年時代、将棋の世界に生きていた僕は将棋を憎んでいました。原作を読んだとき、その憎しみが消えていくように涙がでました。もう一度、謙虚に、将棋の世界を見つめ直したいと思っています」と述懐。  また、瀬川の親友であり、最大のライバルでもある鈴木悠野役に、人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が扮する。プライベートでも松田と親交の深い野田は、「友だちとしている時には見られない松田龍平の姿を見て僕もたくさん刺激をもらいたいと思います」と意気込みを見せた。  映画『泣き虫しょったんの奇跡(仮題)』は2018年全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access