クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

アントマン&ワスプ 関連記事

  • 9月1日~9月2日全国映画動員ランキング1位:『検察側の罪人』

    【映画ランキング】『検察側の罪人』がV2!『アントマン&ワスプ』は3位発進

    映画

     9月1~2日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『検察側の罪人』が週末土日動員28万4000人、興収3億3900万円をあげ、2週連続首位の座に輝いた。累計では動員114万人、興収14億円を突破している。@@cutter 2位は先週同様、『銀魂2 掟は破るためにこそある』が、週末土日動員25万6000人、興収3億800万円をあげランクイン。累計では動員188万人、興収24億円を突破と、前作の興収38.4億円を十分狙える数字の推移を記録している。  3位は、『アントマン&ワスプ』が、初週土日動員23万9000人、興収3億2200万円で初登場ランクイン。興収では『銀魂2』をしのぐ数字となった。前作の『アントマン』とのオープニング動員比167%という絶好のスタートを切った。  4位は公開6週目の『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』。累計で動員649万人、興収83億円を超え、2016年公開の『シン・ゴジラ』を抜き、歴代興収ランキング58位になった。5位の『インクレディブル・ファミリー』は累計動員376万人、興収44億円、6位の『カメラを止めるな!』は、累計動員115万人、興収16億円を突破した。  そのほか、初登場組は『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が、初週土日動員12万8000人、興収1億5400万円をあげ7位、2017年に実写映画として公開され大ヒットを記録した作品のアニメ版『君の膵臓をたべたい』が10位にランクインした。  9月1日~9月2日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:検察側の罪人 第2位:銀魂2 掟は破るためにこそある 第3位:アントマン&ワスプ 第4位:劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐ 第5位:インクレディブル・ファミリー 第6位:カメラを止めるな! 第7位:SUNNY 強い気持ち・強い愛 第8位:ミッション:インポッシブル/フォールアウト 第9位:マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー 第10位:君の膵臓をたべたい

  • 映画『アントマン&ワスプ』、ポール・ラッドインタビューカット

    アントマン役ポール・ラッド、映画人として“譲れないこだわり”とは

    映画

     マーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』が、いよいよ31日より全国公開となる。主演とともに脚本にも積極的に参加しているポール・ラッドが、身長わずか1.5cmの最小・最強ヒーロー“アントマン”に込めた熱い思いとは? 『スパイダーマン:ホームカミング』の脚本チームと新たにタッグを組んだポールが、「クランクイン間際まで奮闘した」という舞台裏について真摯に語った。@@cutter 本作は、ヒーロー映画を次々と生み出している“マーベル・シネマティック・ユニバース”20作目にあたるアクション・アドベンチャー。特殊なスーツで最小・最強ヒーロー“アントマン”になった元泥棒のバツイチ男スコット(ポール)が、開発者ピム博士(マイケル・ダグラス)の娘“ワスプ”ことホープ(エヴァンジェリン・リリー)と共に、アントマン誕生の鍵を握る研究所を守るため邪悪な敵に挑む姿を活写する。  前作『アントマン』に続きメガホンを取ったペイトン・リード監督に全幅の信頼を置いているポールは、「この作品を独創的なものにするためにはどうしたらいいか、という点で、ペイトンとは完全に意見が一致していた」と断言。「観客を驚嘆させる斬新なヴィジュアルや感動的なストーリー展開に“笑い”と“共感”をいかにうまく採り入れるか。シリアスになりすぎない独特のユーモアで表現すること、僕たちはそこに『アントマン』ならではの世界観を見いだし、極めようと思ったんだ」と熱く語る。  主演のみならず、脚本家としても2作連続で参加しているポールだが、今回は全く違ったアプローチができたという。「『アントマン』のときは、僕が参加する前に、すでに脚本の骨子が出来上がっていたので、それに沿って肉付けしていくだけだったけど、今回はゼロからのスタート。オリジナルストーリーを創作するところから参加したんだ」と振り返る。さらに、「クリス・マッケナとエリック・ソマーズ(『スパイダーマン:ホームカミング』、2019年公開予定の続編『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の脚本家コンビ)が新たに加わってくれたことも大きかったね。僕たちは、1つの部屋にこもってアイデアを出し合い、クランクイン間際まで悪戦苦闘の連続だったよ(笑)」と苦労を明かした。@@separator 『スパイダーマン』チームの加勢により、ポールが目指す“シリアスになり過ぎない独特のユーモア”は、さらに磨きがかかった。「コメディ要素からいろいろな動きや感情を導き出す、という点では、すごくうまくいったと思う」と自信をのぞかせたポールは、「シリアスになりがちなシーンをユーモアあふれる表現に変えていったんだ」と本作の出来上がっていく過程を振り返る。  ただ1点、コメディでも、ドラマでも、アクションでも、ポールには譲れないアプローチがある。「僕が一番大切にしているのは、“一般的な視点”なんだ。自分が演じているキャラクターは、常に観客にとって“共感できる存在”であってほしいから、ヒーローだからといって一段上に構えるのではなく、スコットのヒューマンな側面に焦点を当てるようにしたんだ」と言うポール。「たぶん、人が共感するのは、自分たちと同じような葛藤や悩みを抱えていたり、あるいは短所を持っていたり、そういう部分だと思うからね。例えば君が、急にピム博士からスーツを渡され『ヒーローになってくれないか?』って頼まれたら困惑するだろ? そういう身近な視点からアプローチしたい、というのが僕の中には常にあるんだ」と、そのこだわりを明かした。  『アベンジャーズ』最新作への参戦も決まっているアントマン。この件の詳細に関しては固く口を閉ざすポールだが、「本作のラストで起きていることが、この先の物語に影響を与えているかも」と意味深発言もチラリ。「それはともかく、まずはこの映画を楽しんで! 『アントマン』を初めて観る人も楽しめるようにできているから、ぜひ劇場へ!」。最後は先走る質問を遮るように、本作を力強くアピールしていた。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『アントマン&ワスプ』は8月31日より全国公開。

  • 『アントマン&ワスプ』東西横断スペシャル・ファンミーティングにて

    ポール・ラッド、中川大志のあふれる“アントマン愛”に感無量!?

    映画

     マーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』のスペシャル・ファンミーティングが21日、都内で開催され、最小・最強のヒーローコンビを演じたポール・ラッドとエヴァンジェリン・リリーが出席。ポールは3年ぶりの来日に「前作と同じく温かく迎えてくれてありがとう! 今回はエヴァンジェリンを加えて来日できてうれしい。僕たちが作った映画を皆さんと分かち合えることにワクワクしています」と喜びを爆発させた。@@cutter 本作は、特殊なスーツで身長1.5cmのヒーロー“アントマン”なった元泥棒のバツイチ男スコット(ポール)が、開発者ピム博士(マイケル・ダグラス)の娘“ワスプ”ことホープ(エヴァンジェリン)と共に、アントマン誕生に関わる研究所を守るため、邪悪な敵に挑む物語。  なお、この日は、ペイトン・リード監督、FBI捜査官ウーの吹き替えを務めた宮川大輔、そして自他ともに認めるアントマンファンの中川大志も出席。23日には大阪でも同イベントが行われ、キャリーバックサイズに縮小した研究所を届けるミッションを遂行する。  次の『アベンジャーズ』参戦に向けて、今回、よりパワーアップした点について聞かれたリード監督は、「そのことについては、僕から話せることは何もないんだ。ただ、この作品で起こる出来事が『アベンジャーズ』最新作にインパクトを与えることは…あるかもしれない」と意味深発言。これに対してポールは、「とにかくエンドロールが終わる最後の瞬間まで見逃さないでほしい。そうすれば、もしかすると、皆さんが気になるいくつかの問いに対する答えがあるかもしれない」と期待を持たせた。  また、マーベル、特にアントマンをこよなく愛する中川は、「僕は今回、この作品に全く関わっていないんです。ただのファンです(笑)。とにかく“アントマンが大好き、大好き”と言い続けていたら、皆さんと同じ舞台に立つことができた。今日は会場の皆さんと同じ気持ちで来ました」と満面の笑み。  さらに、マーベル作品を好きになったきっかけを聞かれた中川は、「小学生のときに『アイアンマン』に出会えたのがきっかけですね。それから新作が公開されるたびに映画館へ観に行き、家には全作DVDがあります。中でも『アントマン』は、コミカルで家族愛が温かいですし、スコットに誰もが感情移入できると思う。冴えない主人公がすごく好きなので、応援したくなる」とアントマン愛を炸裂させる。すると、「冴えない?」という言葉に引っかかりながらも、「役です」というフォローに納得したポールは、感無量の表情を浮かべ、中川を熱くハグした。  一方、吹き替えを担当した宮川は、明日、大阪でファンミーティングをやると聞いて、お笑い芸人の坂田利夫の歩き方を伝授し、「こうやって歩いたら受けるよ」とアドバイス。すると、ノリノリのエヴァンジェリンがさっそく坂田師匠顔負けのパフォーマンスを見せ、会場は大爆笑に。さらに、お土産にもらった御守りの中を取り出そうとして注意されたエヴァンジェリンは、日本語で「ゴメンナサイ!」と謝罪し、再び笑いを誘っていた。  映画『アントマン&ワスプ』は8月31日より全国公開。

  • 『アントマン&ワスプ』場面写真

    『アントマン&ワスプ』ヒロインのアクションは“空飛ぶパルクール”

    映画

     映画『アントマン&ワスプ』で、マーベル・シネマティック・ユニバース初の女性ヒーローとしてタイトルロールを飾るワスプ。“完璧すぎるヒロイン”として劇中で縦横無尽のアクションを披露するが、そのアクションスタイルが、“空飛ぶパルクール”というイメージであることが明かされた。@@cutter 本作は、映画史上最小にして最強のヒーロー・アントマンと完璧すぎるヒロイン・ワスプが活躍するバディ・アクションムービー。アントマン誕生の鍵を握る研究所をめぐり、2人は全てをすり抜ける能力を持つ謎の美女・ゴーストとバトルを繰り広げる。  アントマン同様、1.5センチのサイズでありながら、背中にあるハチのような羽根を駆使して、縦横無尽に飛び回り敵をなぎ倒す高い戦闘能力を誇っているワスプ。本作で視覚効果監修を務めたステファン・セレッティは「僕たちはパルクールを参考にしたんだ。空飛ぶパルクールというイメージを今回試したんだよ」と、ワスプの戦闘スタイルに込めた要素を明かす。パルクールとは、壁、階段、地形などを活かし、走る、登る、跳ぶといった移動手段を昇華させた、スピーディーでアクロバティックなスポーツのこと。そうしたパルクールを空中でのアクションに取り入れたのがワスプだという。  ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーとの撮影を振り返り、ステファンはアクションにかなりの手間と時間をかけたことを告白。「彼女やスタントマンたちと撮影をするために、どうやって羽根を広げるか、羽根は飛ぶためだけのものか、そのほかのことにも使うのかなど、撮影開始前に全ての疑問を解決しておかなければならなかったよ。立ち姿もシルエットとしてとても重要だ。じっとしている時、着地した時などにどう見えるか。たくさん決めなければならないことがあった」と、その並々ならぬ苦労を吐露している。  エヴァンジェリンは、空中を飛び交いながら戦うこの戦闘スタイルについて、「個人的には大好きよ。とても興奮するわ」と、熱くコメント。また、「ワスプは羽根があって飛べることによって、とても優雅に見えるの」とその魅力を語っている。高い戦闘能力に加え、軽快なパルクールのような身のこなしと優雅さを兼ね備えた、ワスプならではのスタイルが完成したようだ。  映画『アントマン&ワスプ』は8月31日より全国公開。

  • 『アントマン&ワスプ』キャラクターポスター

    ワスプ母やビルの姿も『アントマン&ワスプ』キャラクターポスター解禁

    映画

     マーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』から、主人公のアントマンや、新ヒロインのワスプなど、物語のカギを握る6人のキャラクターの姿を収めたポスターが解禁となった。@@cutter 本作は、映画史上最小にして最強のヒーローとヒロインが活躍するバディ・アクションムービー。元泥棒でバツイチ、愛娘ともなかなか会えず、現在もFBIの監視下に置かれているヒーロー“アントマン”ことスコット・ラング(ポール・ラッド)が、新型スーツの力を手に入れた完璧ヒロイン“ワスプ”ことホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)と一緒に戦う姿を描く。  解禁となったのは、物語のカギを握る6人のキャラクターの姿を収めたもの。スコットやホープをはじめ、ふたりの前に立ちはだかる、ありとあらゆるものをすり抜けられる能力を持つ謎の美女ゴースト(ハンナ・ジョン・カメン)の姿も。彼女は、ある目的からアントマン誕生の鍵を握る研究所を狙っているが、その真意とは?  さらに、アントマンスーツの生みの親でワスプの父でもあるハンク・ピム(マイケル・ダグラス)、量子世界に迷い込んで行方が分からなくなっていたピムの妻・ジャネット(ミシェル・ファイファー)、ピム博士の研究仲間のビル・フォスター(ローレンス・フィッシュバーン)の姿も確認できる。ジャネットとビルについては、まだ何も明らかにされてないが、今回のストーリーにどのように関わっていくのかが気になるところだ。  本作の監督ペイトン・リードは「小さくなるのはアントマンとワスプだけでじゃなく、それが車や建物や他のものだったらクレイジーだよね」とコメントを寄せている。  映画『アントマン&ワスプ』は8月31日より全国公開。

  • 映画『アントマン&ワスプ』ポスタービジュアル

    『アントマン&ワスプ』本予告編と本ポスター解禁 敵の姿も明らかに

    映画

     マーベル・スタジオの最新作『アントマン&ワスプ』から、本予告と本ポスターが到着。公開された本予告では、アントマンのパートナーとなるワスプのアクションシーンや敵キャラクターの姿が収められている。@@cutter 本作は、映画史上最小にして最強のヒーローとヒロインが活躍するバディ・アクションムービー。元泥棒でバツイチ、愛娘ともなかなか会えず、現在もFBIの監視下に置かれているヒーロー“アントマン”ことスコット・ラング(ポール・ラッド)。そんなスコットの前に、新型スーツの力を手に入れた完璧ヒロイン“ワスプ”ことホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)と、“アントマン”スーツの開発者・ピム博士(マイケル・ダグラス)が「チカラを借りたい」と現れる。  公開された本予告では、ワスプのキレキレのアクションシーンが解禁。ワスプが敵の車に乗りこみ、素早く大小にサイズを変化させ、車内の敵をあっさり撃破する様子や、キッチンでの戦闘で、手のひらサイズの塩を巨大化して敵にぶつけるという、機転の利いたユニークなアクションシーンも披露されている。  さらに今回は、アントマンとワスプが対峙する敵の姿が明らかに。<ゴースト>と名乗る敵は、“何でもすり抜けられる”という能力の持ち主。本予告の中では、蹴り一発でアントマンを壁もろとも吹き飛ばすシーンが収められている。  また併せて解禁されたポスターは、スコットとホープの凛々しい表情とともに、マグカップより小さなサイズに縮小したアントマン&ワスプが、敵に立ち向かっていく様子がデザインされている。  映画『アントマン&ワスプ』は8月31日全国公開。

  • 映画『アントマン&ワスプ』ポスタービジュアル

    マーベル最新作『アントマン&ワスプ』、予告編&ポスター解禁

    映画

     マーベル・スタジオの最新作『アントマン&ワスプ』から、予告編とポスターが解禁となった。予告編には、アントマンとワスプが繰り広げる、ユーモアあふれるバディアクションが収められている。@@cutter 本作は、映画史上最小にして最強のヒーローとヒロインが活躍する、ユーモアあふれるバディ・アクションムービー。元泥棒でバツイチ、愛娘ともなかなか会えず、現在もFBIの監視下に置かれているヒーロー“アントマン”ことスコット・ラング(ポール・ラッド)。そんなスコットの前に、新型スーツの力を手に入れた完璧ヒロイン“ワスプ”ことホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)と、“アントマン”スーツの開発者・ピム博士(マイケル・ダグラス)が「チカラを借りたい」と現れる。  解禁された予告編では、“頼りなさすぎる”アントマンとは正反対の、“完璧すぎる”ワスプの超絶キレキレなアクションシーンがお披露目。ワスプは敵に刃物を投げつけられても、1.5cmに変身して難なく攻撃を回避。背中に羽根のついた特殊なスーツを活かし、空を切る刃物の上をダッシュして華麗に敵を倒してしまう。敵に研究所を狙われたピム博士が、その研究所である巨大ビルを一瞬で小さくさせると、「持ち運びサイズ」となった研究所をスーツケースのようにコロコロ運んで逃げるなど、映像では“アントマン”らしい小技の効いたシーンも。  極めつけは、カーアクション映画もびっくりな、ド迫力のカーチェイスシーン。敵との闘いの中で、アントマンとワスプの乗る車が一瞬にしてミニカーサイズになったり、敵の車の下に潜り込んだ途端に大きくなって吹き飛ばしたり、さらに、日本のあの国民的人気キャラクター、ハローキティこと“キティちゃん”のアイテムが巨大化して敵に襲い掛かる。小さくなるだけではなく、自身やモノをも巨大化させるワザも身に着けたアントマンとワスプの、ユーモアあふれるバディアクションが楽しめる映像は必見だ。  『アントマン&ワスプ』は、8月31日全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access