MEG ザ・モンスター 関連記事

  • ジェイソン・ステイサム主演『MEG ザ・モンスター』の続編企画が浮上(※『MEG ザ・モンスター』場面写真)

    ジェイソン・ステイサム主演『MEG ザ・モンスター』、続編企画が浮上

    映画

     アクション俳優ジェイソン・ステイサムが主演するアクションパニックアドベンチャー『MEG ザ・モンスター』。今年8月に全米公開、日本でも9月に公開されたばかりだが、続編企画が動き出していることが明らかになった。@@cutter スティーヴ・オルテンの同名小説を原作に、映画『ナショナル・トレジャー』シリーズのジョン・タートルトープ監督がメガホンを取った『MEG ザ・モンスター』。200万年前に絶滅したはずの太古の超巨大ザメMEG(メガトロン)が人々を襲うというアクションパニックアドベンチャーだ。ジェイソンは襲われた探査チームのレスキューに向かい、超巨大ザメと対決することになるダイバーのジョナスを演じる。  Deadlineによると、『MEG ザ・モンスター』の製作や資金面で関わっているグラビティ・ピクチャーズのCEOで、製作総指揮を務めるキャサリン・クージュン・イン氏が、続編企画についてコメント。ロサンゼルスで開催された米中エンターテイメント・サミットで同作をシリーズ化する予定があるか尋ねられると、「その予定です」と断言したそうだ。イン氏は「まだかなりの初期段階ですが、企画を進めています。これ以上は秘密にしておきます」と、詳細については明かさなかったという。  共同製作の米ワーナー・ブラザース側からは正式なゴーサインが出ていないとのことだが、『MEG ザ・モンスター』は米中合作としては過去最高の世界興行収入を叩き出したという。その額は約5億2779万ドル(約595億5050万円)。これまではアニメ『カンフー・パンダ3』の約5億2117万ドル(約588億360万円)だったとのことだ。

  • 映画『MEG ザ・モンスター』場面写真より

    振り向けば…超巨大ザメ! 逃げろステイサム!『MEG』海中死闘本編を公開

    映画

     200万年前に実在した超巨大ザメ“MEG”(メガロドン)が現代によみがえるパニック・アクション映画『MEG ザ・モンスター』より、大迫力の本編映像が解禁となった。映像には、ジェイソン・ステイサム扮する主人公・ジョナスと彼の仲間たちが、MEGと繰り広げる激闘の一端が収められている。@@cutter 映画『ナショナル・トレジャー』シリーズでメガホンを取ったジョン・タートルトーブが監督を務めた本作は、人類未踏の地「マリアナ海溝」を超える深海に潜む巨大ザメ“MEG”と人間たちが繰り広げる激闘を描く。  映像に映し出されるのは、異常なスピードで獲物を追うMEGの姿を船上から見つめるジョナスの仲間たち。MEGが狙うのは、ジョナスが乗るグライダー(潜水艇)だ。どんなに危険でヤバイ状況下でも冷静さを失わないジョナスだが、その背後にはMEGの巨大な影が迫っている…。  眼光鋭く自分が向かう先を見定めるジョナスは、巧みなハンドリングで岩場に逃げ込むことに成功。狭い岩場を潜り抜け、起死回生の一発を狙うジョナスだが、安心したのも束の間、MEGはジョナスを食らおうと、人間5人を一飲みにできる巨大な口を広げ、狭い岩場を切り裂く。これにひるむことなく急襲を潜り抜けるジョナスだが、岩に衝突してグライダーの右側面は大きなダメージを負ってしまう。  しかし、ジョナスは無策にグライダーを走らせていたわけではなかった。彼はもう一艇のグライダーが待ち構える迎撃ポイントまで、自らを餌にMEGを誘導していたのだ。しかし、ここで思わぬ誤算が。MEGはあまりにも速く、距離が近すぎるのだ。果たして、死闘の行方は…。  公開3日間で、23万人動員、興収3.7億円を記録し、週末興行収入ランキング初登場1位スタートを切った『MEG』。SNSには「MEGがとにかくデカい」「ひるまないステイサムかっこよすぎ」「観終わった直後に出た言葉は『快感!』」といった声が寄せられた。IMAX3Dや4DXでも上映中の本作だが、4DXにはフラッシュ、風、レッグティックラーなど様々な効果が“エクストリーム超COOL”バージョンのコンセプトで仕込まれており、臨場感あふれる上映体験が可能となっている。  映画『MEG ザ・モンスター』は公開中。

  • 9月8日~9月9日全国映画動員ランキング1位:『MEG ザ・モンスター』

    【映画ランキング】J・ステイサム主演『MEG ザ・モンスター』が初登場V!

    映画

     9月8~9日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『MEG ザ・モンスター』が初週土日動員18万3000人、興収2億8900万円をあげ初登場1位を獲得した。初日から3日間の累計では動員23万8000人、興収3億7000万円を突破し、オープニング成績では、『オーシャンズ8』をしのぐ絶好のスタートを切った。@@cutter 2位は、先週からワンランクダウンしたものの、週末土日動員15万3000人、興収2億500万円という安定した数字を残した『検察側の罪人』が好位置をキープ。3位は公開4週目を迎えた『銀魂2 掟は破るためにこそある』が、週末土日動員13万6000人、興収1億8500万円をあげランクインした。  『アントマン&ワスプ』は、週末土日動員11万8000人、興収1億7400万円をあげ4位。5位には、公開7週目の『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』がランクイン。累計では動員671万人、興収86億円を突破。歴代興収ランキングでは、現在55位。一つ上の『名探偵コナン ゼロの執行人』まで、あと約7000万円。抜き去るのは時間の問題か。  公開12週目を迎えた『カメラを止めるな!』は、週末土日動員8万5000人、興収1億2600万円をあげ、先週同様6位をキープ。7位も、先週と同じく『SUNNY 強い気持ち・強い愛』がランクインした。  8位の『インクレディブル・ファミリー』は累計興収46億円、10位の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は累計興収44億円を超えた。土屋太鳳&芳根京子がダブル主演を果たした『累 ‐かさね‐』は9位スタートという結果になった。  9月8日~9月9日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:MEG ザ・モンスター 第2位:検察側の罪人 第3位:銀魂2 掟は破るためにこそある 第4位:アントマン&ワスプ 第5位:劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐ 第6位:カメラを止めるな! 第7位:SUNNY 強い気持ち・強い愛 第8位:インクレディブル・ファミリー 第9位:累 ‐かさね‐ 第10位:ミッション:インポッシブル/フォールアウト

  • 『MEG ザ・モンスター』メイキングカット

    こんな風に撮ってたのか! 超巨大ザメ映画『MEG』メイキング映像到着

    映画

     200万年前に実在した超巨大ザメ“MEG”(メガロドン)が現代によみがえるパニック・アクション映画『MEG ザ・モンスター』から、キャストたちが身体を張って臨んだ撮影の一端を伝える、迫力のメイキング映像が公開された。@@cutter 本作は、アドベンチャー映画『ナショナル・トレジャー』シリーズでメガホンをとったジョン・タートルトーブが監督を務める海洋パニック超大作。全世界34カ国でNo.1ヒットを飛ばし、全世界興行収入は4億ドルを突破した。  人類未踏の地「マリアナ海溝」を超える深海が見つかり、探査チームが送り込まれる。そこには幻想的な未知の生物世界が広がっており、世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、全長23メートル、体重20トン、歯の大きさが25センチという、想像を絶した巨体を誇るMEGが探査チームを襲撃。深海から目覚めたMEGは人類に牙をむき、恐怖の渦に陥れる…。  公開されたメイキング映像では、タートルトーブ監督が発する「アクション!」のひと声とともに、深海探査スーツを身に付けたスーイン役のリー・ビンビンが、シャークケージに入って水中の調査を行う様子を活写。また、ジャックス役のルビー・ローズがワイヤーに引っ張られて勢いよく水に叩き込まれる姿や、人々が転覆する船から次々水中に投げ出されていく様子、ボートに乗り込んだキャストたちが大海原を進んでいく光景なども捉えられ、迫力の映画の裏側が垣間見られる内容となっている。  本映像では、実際の海上ではなく、人工の巨大な湖での撮影シーンが多く収められたが、タートルトーブ監督は「何もかも海のど真ん中で撮影するよりずっといい。映画の魔法を台なしにしたくはないけど、人間が造った巨大な湖なら、水上にいることは確かだし、人の手ですべてをもっとよりよくコントロールできるからね」と、セットの有用性について語っている。  また、撮影に臨む主要キャスト全員のため、スイミングスクールも開かれたそうで、スタント・コーディネーターのアラン・ポップルトンは、プールで4週間も毎日訓練したという。ルビーは「以前はサーフィンをしていたし、母もスイミングコーチだから、私にはあまり訓練は必要ないと思っていた」と当初抱いていた余裕を告白しつつ、「でも間違いだったわ。衣装を着て靴を履いて泳ぐことは準備していなかったし、とても難しかった!」と吐露。  モリス役のレイン・ウィルソンも「とてもきつい訓練だった。でもその訓練のおかげで助かったよ…」と、特訓が及ぼした好影響を振り返っている。  映画『MEG ザ・モンスター』は全国公開中。

  • 『MEG ザ・モンスター』場面カット

    超巨大ザメがビーチに襲来!『MEG ザ・モンスター』戦慄の本編映像解禁

    映画

     200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ“MEG”(メガロドン)が大暴れするパニック・アクション映画『MEG ザ・モンスター』から、本編映像の一部が解禁。超巨大ザメがビーチに現れ、海水浴客に襲いかかる戦慄の一部始終が収められている。@@cutter 本作は、アドベンチャー映画『ナショナル・トレジャー』シリーズでメガホンをとったジョン・タートルトーブが監督を務める海洋パニック超大作。人類未踏の地「マリアナ海溝」を超える深海が見つかり、探査チームが送り込まれる。そこには未知の世界が広がり、探査チームは途中で巨大な“何か”に襲われてしまう。救助要請を受けたレスキューダイバーのジョナス(ジェイソン・ステイサム)は、現地に向かうのだが…。  解禁された本編映像は、カラフルな浮き輪でプカプカと海水浴を楽しむ人々を俯瞰で捉えた映像からスタート。水着姿の女性が海中のサメを発見し、思わず「Shaaaaark!!!!(サメよ!!!!)」と叫ぶと、海水浴中の穏やかなひと時が一変。浜辺に向かって我先にと人々が一斉に逃げ惑う。  そんな中、なかなか姿を現さないMEG。海水浴客の脳裏に“実はサメはいないのでは…?”とよぎった瞬間、人間5人は丸飲みできそうな巨大な口を広げたMEGがボートの上にいる人々に襲いかかる。MEGはボートの上の人々を吹き飛ばしながら、次々と人間に襲いかかり、ビーチを恐怖のどん底に叩き落としていく。  映画『MEG ザ・モンスター』は9月7日より全国公開。

  • 『MEG ザ・モンスター』メインカット

    最恐ザメがキュートに変身!?『MEGザ・モンスター』SPイラスト公開

    映画

     200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ“MEG”(メガロドン)が大暴れする、ジェイソン・ステイサム主演のパニック・アクション映画『MEG ザ・モンスター』から、人気イラストレーターが、劇中の最恐ザメをキュートに描いたイラストが到着。イラストを手がけたアリムラモハは本作について「サメ映画ファンは絶対に観なければいけない一本」と語っている。@@cutter 本作はアドベンチャー映画『ナショナル・トレジャー』シリーズでメガホンをとったジョン・タートルトーブが監督を務める海洋パニック超大作。人類未踏の地「マリアナ海溝」を超える深海が見つかり、探査チームが送り込まれる。そこには未知なる世界が広がっていたが、探査チームは途中で巨大な“何か”に襲われてしまう。救助要請を受けたレスキューダイバーのジョナス(ジェイソン)は、現地に向かうのだが…。  今回、イラストを手がけたのは、アリムラと、花くまゆうさく、チヤキの3名。弱肉強食な世界でゆるふわシュールに生きるキャラクター「サメーズ」がアメリカや韓国、台湾でも大人気のアリムラのイラストは、MEGの背に乗る困惑した表情のステイサムがユーモラスな一枚。アリムラは「MEGに立ち向かい激闘を繰り広げるステイサムの超人っぷりの方がよっぽど恐ろしい」とコメント。  『東京ゾンビ』などの作品で知られる漫画家の花くまによるイラストは、おなじみの“アフロ”と“ハゲ”が、MEG&ステイサムとコラボレート。花くまは本作について「『サメ対ステイサム』こんなマッチメイク組まれたら、そりゃ、見ますよ! リングサイド(映画館前列)で!!」と映画への期待を語っている。  レトロ調のゆるく可愛い女の子のイラストが人気のチヤキによる作品は、サメや登場キャラクターたちをキュートに再現。映画についてチヤキは「もうサメがでかい、という事だけで大満足でした! IMAXだともっと楽しいだろうなあ~」と話している。  映画『MEG ザ・モンスター』は9月7日より公開。

  • ジェイソン・ステイサム(右)主演『MEG ザ・モンスター』LAプレミアに登場したシルヴェスター・スタローン(左)

    スタローンも駆けつけた! J・ステイサムVSサメ『MEG』LAプレミア開催

    映画

     俳優のジェイソン・ステイサムが主演を務める映画『MEG ザ・モンスター』のLAプレミアが現地時間7日に開催された。LAプレミアには、『エクスペンダブルズ』シリーズでジェイソンと共演しているシルヴェスター・スタローンが登場し、会場を盛り上げた。@@cutter 本作は、人類未踏の深海で発見された全長23メートルの巨大ザメ“MEG(メガロドン)”と人類の戦いを描いた海洋パニック・エンターテイメント。ジェイソンが深海レスキューダイバーの主人公に扮し、映画『ナショナル・トレジャー』のジョン・タートルトーブ監督がメガホンをとる。  現地時間8月10日の全米公開に先駆けて、ハリウッドTCLチャイニーズシアターで行われたLAプレミア。MEGに見立てた車が参加者を出迎え、床が海柄で統一された会場に現れたのは、スーツ姿のジェイソン。そしてそこに『エクスペンダブルズ』シリーズで共演しているスタローンが登場。スタローンはリラックスした表情で盟友ジェイソンと肩を組むなど、イベントを楽しんでいる様子だった。  ジェイソンは会場で本作について聞かれると「これは典型的なモンスター映画だ! メガロドン<MEG>ほどのサイズだったらモンスターて言ってもいいよな?」とコメント。さらに「いつもはこういう映画には出ないんだよ。いつもとは違った方向の作品ってことだ!」と興奮気味に本作についてコメント。  さらに「俺はスキューバを何年も続けていて、海が最高に好きなんだ」と話すと、続けて「だからこの役は絶対にやりたかったんだ!」本作への出演を熱望していたことを明かした。  会場の様子とジェイソンのコメントが見られるLAプレミア映像とともに、これに先立って行われた北京プレミアの模様の写真も到着した。北京プレミアには主演のジェイソンのほか、リー・ビンビン、ルビー・ローズもセクシーなドレスで登場。中国公開を待ち望むファンを魅了した。  映画『MEG ザ・モンスター』は9月7日より公開。

  • 映画『MEG ザ・モンスター』場面写真より

    予想外すぎる進化に驚愕! 今、サメ映画に何が起こっているのか

    映画

     9月7日に公開される、太古の超巨大ザメ“メガロドン”が出現するモンスターパニック映画『MEGザ・モンスター』。ジェイソン・ステイサムを主演に迎え、製作費はサメ映画にしては破格の150億円超! かつてないスケールで描かれる本作に、期待と注目が集まっている。サメ映画はここ数年密かなブームが起きており、5月に東京で行われた「第0回東京国際サメ映画祭」なるイベントは、上映がないにも関わらず会場は大盛況。今後は上映も含めた展開を構想中だという。今、サメ映画に何が起こっているのか。@@cutter サメ映画の代表格と言えば、やはり『ジョーズ』(1975)である。撮影当時若干27歳だったスティーヴン・スピルバーグ監督の代表作の1本であり、低予算で制作されながら当時の興行記録を次々と塗り替え社会現象となった。計算された映像と脚本、かの有名なテーマ音楽の融合によって生まれた圧倒的な恐怖で、“サメ=人喰い”というイメージを植え付け、公開から40年以上経った今でもそのイメージは強い。  『ジョーズ』の大ヒットを受けて、70年代後半から90年代にかけ、アメリカやイタリアなどでいくつかの小規模な作品が作られてきた。それらは明らかに『ジョーズ』に影響を受けた安易な内容のものも少なくなく、一部のマニアにしか受け入れらない状況が続いていた。  その後、メジャーなサメ映画もいくつか登場している。高い知能を持ったサメというSF要素を取り入れた『ディープ・ブルー』(1999)や、手違いで海に置き去りにされた夫婦の実話を基にした『オープン・ウォーター』(2004)、岩場に取り残された女性サーファーがサメに襲われる恐怖を描いた『ロスト・バケーション』(2016)も記憶に新しい。これらはいずれもサメの恐怖を描いたいわゆる王道路線の作品と言えるだろう。  しかし、サメ映画が盛り上がるきっかけとなったのは、上記のような王道路線のメジャーな作品ではなく、スリルや恐怖は二の次、三の次の「何これ?」と思わせる規格外のサメ映画たちだったのだ。  もはや生物としてのサメを超越した姿や、海ではない場所にサメを登場させるなど、あっと驚く意外性で勝負し、王道のサメ映画とは一線を画した新たな魅力を持った作品として、一部のファンに受け始めたのである。  2009年の『メガ・シャークvsジャイアント・オクトパス』は、まさにその先鞭。製作したのは、『トゥーム・インベイダー』や『アトランティック・リム』などモックバスター(模倣作)で根強いファンを持つアメリカの映画製作会社アサイラム。タイトルが表すとおり、巨大なサメと巨大なタコが戦うという実に分かりやすい構図と、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジをかじり、空を飛ぶ戦闘機を襲うという“映像のインパクト”が受け、スマッシュヒット。以降、『メガ・シャークvsメカ・シャーク』など4作品を世に送り出し、現在『Mega Shark vs. Moby Dick(原題)』が製作されている。  さらに、頭が2つあるという刺激的なビジュアルのサメが人々を襲う『ダブルヘッド・ジョーズ』(2012)も誕生。こちらもシリーズ化され、頭の数を2→3→5と“順調”に増やし、4作目の『6‐Headed Shark Attack(原題)』を製作中だ。@@separator そんな中、ここ数年最も注目を集めた異色のサメ映画といえば、前述アサイラム社の『シャークネード』シリーズにほかならない。竜巻(トルネード)に巻き上げられた無数のサメが空から降ってきて、しかもなぜか人を襲うというぶっ飛んだ設定を掲げ、“サメ=海”という固定概念を完全に覆してみせた。本シリーズは、その奇想天外な発想力と、主人公がサメを倒すためにチェーンソーを振り回し飛び掛かるというインパクトの強さなどから、それほどサメ映画に注目していなかった人々のハートまでがっちりキャッチした。その反響はレディー・ガガにまで届き、ツイッターで映画を観たことをつぶやかせてしまったほど。  シリーズ1作目『シャークネード』(2013)が与えたショックは絶大で、2作目の『シャークネード カテゴリー2』(2014)以降、本作に触発された一風変わったサメ映画が一気に増殖することになった。それはなんと年間6~9本というハイペース。まさに二匹目のドジョウならぬ二匹目のサメだ。  そんなサメ映画ムーブメントの中、満を持して今夏公開されるのが、冒頭で紹介した『MEGザ・モンスター』だ。本作に登場するサメは、滅びたはずの太古の超巨大ザメ“メガロドン”。対抗するのは、映画で数々の敵を倒してきたアクション俳優ジェイソン・ステイサム。なんとも絶妙にして抜群なマッチメイクである。このサメ映画界空前の超大作は、王道系か、それとも規格外路線か、 はたまたその両方か。そして、本格的なサメ映画ムーブメントを起こす作品となるのか。戦いの行方はぜひ劇場で確認してほしい。  一方、早くも『MEGザ・モンスター』を意識したアサイラム製作『ザ・メガロドン』も、強面のアクション俳優マイケル・マドセン出演で11月2日よりDVDリリース予定である。(文:中野ダンキチ)  映画『MEG ザ・モンスター』は9月7日より全国公開。

  • 『MEG ザ・モンスター』ティザービジュアル

    ジェイソン・ステイサムVS超巨大サメ“メガロドン” 特報解禁

    映画

     ジェイソン・ステイサムが主演を務める映画『THE MEG』が、邦題を『MEG ザ・モンスター』として公開されることが決定。特報映像とティザービジュアルが解禁された。特報映像では少女に迫り来る巨大ザメの姿が活写されている。@@cutter アドベンチャー映画『ナショナル・トレジャー』シリーズでメガホンをとったジョン・タートルトーブが監督を務める本作は、超巨大サメと人間の激闘を描く海洋パニック超大作。ある日、地球で最も深い海とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見される。この人類未踏の地に挑む海洋探査チームが発見したのは、200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ“メガロドン”だった。深海から目覚めたメガロドンは人類を恐怖に陥れる。  解禁された特報映像では、全長23m、体重20トン、25cmの歯を誇るメガロドンの姿が目撃できる。メガロドンがガラス越しで少女に襲いかかろうとする様子や、メガロドンを発見した主人公の緊張感あふれる表情を捉えている。  また、同時に公開されたティザービジュアルでは、深海から脱出しようとするダイバーに襲いかかるサメを、さらに大きな口で飲み込もうとするメガロドンの姿が描かれており、メガロドンのスケールと凶暴さが伝わってくるデザインに仕上がっている。  映画『MEG ザ・モンスター』は9月7日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access