映画 賭ケグルイ 関連記事

  • (左から)浜辺美波、矢本悠馬

    浜辺美波、矢本悠馬と“ダブルピース”×2 『賭ケグルイ』制服ショット

    エンタメ

     俳優の矢本悠馬が10日、自身のツイッターを更新し、『賭ケグルイ』シリーズで共演している女優・浜辺美波と共にダブルピースをした2ショットを披露した。@@cutter シリーズ累計500万部を突破した人気コミック『賭ケグルイ』(原作・河本ほむら、作画・尚村透)を実写化したドラマ『賭ケグルイ season2』(MBS/TBS系)、現在公開中の映画『映画 賭ケグルイ』で共演している2人。浜辺はヒロインのギャンブル好きな美少女・蛇喰夢子、矢本は家畜生徒をいたぶることに快感を覚える不良生徒・木渡潤を演じている。  矢本は、「さぁ、皆さん!賭ケグルイましょう!!??まだ賭ケグルってない方は、映画館まで賭ケグルイに行きましょ!」とPR。さらに「美しき浜辺美波ことwithべーやん!いや、夢子!」というコメントとともに、舞台となる私立百花王学園の制服姿の2人が、にっこり笑顔でダブルピースを披露しているオフショットを投稿した。  仲良さげな様子がうかがえる2人の姿にファンからは「可愛すぎる夢子ちゃんとのツーショットありがとうございます」「かわいい!かわいすぎるなにこれ!最高」「本編では見れなかった二人の仲良しピースこれぞオフショット!ありがとうございます」など反響コメントが多数寄せられた。 引用:https://twitter.com/yuma_yamoto

  • 『映画 賭ケグルイ』より

    『映画 賭ケグルイ』浜辺美波、狂ってるけどキュートな姿もいっぱい

    映画

     3日に公開された女優の浜辺美波が主演を務める『映画 賭ケグルイ』。本作で浜辺が演じるのは、ギャンブル狂の蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)だ。劇中ではスリリングなギャンブルになるほど、文字通り目の色が変わり、思わず“滾(たぎ)ってしまう”夢子だが、同時にキュートな姿も見せている。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』の映画化作品。“ギャンブルの強さのみ”で生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、浜辺美波演じる最強ギャンブラー・蛇喰夢子を中心に繰り広げられる、予測不可能なギャンブル・バトルが描かれる。映画版では、原作者の河本がシナリオ原案・監修を担当し、英勉監督とタッグを組んでオリジナルストーリーを作り上げた。  劇中では後半、“ギャンブルが全て”の学園内で、“非ギャンブル、不服従”を掲げる組織「ヴィレッジ」のリーダー・村雨天音(宮沢氷魚)と幹部の歩火樹絵里(福原遥)とのバトルが繰り広げられる。  村雨は過去に生徒会長の桃喰綺羅莉(池田エライザ)に勝ったことがあるという人物。夢子は、この最強の相手を前にやはり“滾(たぎ)ってしまう”。このときの浜辺の“狂った”演技はもちろん見ものだが、クラスメイトの鈴井(高杉真宙)や芽亜里(森川葵)らと共にいるときの夢子のリラックスした笑顔や、ギャンブルに興じてテンションが上がったときの表情など、浜辺のキュートな姿もたくさん見ることができる。  すでに作品を鑑賞した観客からは「浜辺美波ちゃん可愛い」「浜辺美波の美しさは正に圧巻」という声も上がっているようだ。  3月に高校を卒業し、『アルキメデスの大戦』(7月26日公開)、『屍人荘の殺人』(2019年公開)、『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020年公開)など公開待機作が目白押しの彼女の令和初の主演映画を劇場で堪能しよう。

  • 『映画 賭ケグルイ』初日舞台挨拶の様子

    浜辺美波、『賭ケグルイ』舞台挨拶で“ほっこり”ハプニング起こし照れ笑い

    映画

     女優の浜辺美波が3日都内で、『映画 賭ケグルイ』の初日舞台挨拶に登壇。高杉真宙や森川葵ら共演キャストと仲睦まじい様子を見せ、令和の初主演映画となった本作にまつわる思いを語った。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の同名漫画を原作とする青春ギャンブルストーリー。私立百花王学園を舞台に、蛇喰夢子(浜辺)らがギャンブルで争う様を描く、原作者・河本ほむら氏が原案・監修を務めた完全オリジナルストーリーが展開される。  今回のイベントには浜辺や高杉、森川の他、池田エライザ、福原遥、伊藤万理華、松田るか、英勉監督が出席した。  浜辺はイベント冒頭で、舞台までの入場ルートを間違えるプチハプニングを展開。思わぬ失態に照れ笑いを浮かべながら「『賭ケグルイ』のメンバーは本当に仲が良くて、さっきもギリギリまでお喋りしていたら、すっかりコースのことを忘れてしまって、違うところを堂々と進んでしまった」と弁解した。  撮影中は「(演技などを)皆が激しくやる中、夢子は全然やらないで見てるから、監督から『横綱相撲に見えるんだけど…いいなぁ』とイジられていた」と述懐。「私にとって令和最初の映画。皆でつくれて本当に良かった」と笑顔を見せた。  学園で夢子に付き添う鈴井涼太を演じた高杉は、初めてプレイヤーとしてギャンブルに参戦した点に言及。「スゴくいい気分だった。いい舞台に立ってセリフを言う、という感じがあった。ずっと僕は観客側で『ウワー!』と言っているだけだったので」と喜んだ。  作品にちなんで、令和にやりたいことを問われた浜辺は「一人でネットで調べないで、近所の小料理屋さんに入るとか、カフェでご飯ちゃんと食べるとかやったことがない。そういうことをちょくちょくやって、いつかは一人で旅行に行ければ。それくらい普段堂々と過ごしていきたい」と回答。歩火樹絵里役の福原も「一人で海外に行って、いろんな人と話して、英語を喋れるようになって帰りたい。小さい頃からスイスが好き。シルバニアファミリーとか集めていたので、そういう国に行ってみたい」と願望を吐露した。  また、皇伊月役の松田は「健康診断で中性脂肪が少し高かったので、令和中にラーメンをやめたい。ただ今すぐやめるのは無理だから、令和中にやめたいかな」と笑っていた。

  • 『映画 賭ケグルイ』に主演する浜辺美波

    浜辺美波「明るくなったね」と言われるように 『賭ケグルイ』が彼女を変えた

    映画

     ヒロインを務めた映画『君の膵臓をたべたい』が興収35億円を超える大ヒットを記録し、劇中で見せた儚(はかな)くも可憐な姿が、大きな反響を呼んだ女優・浜辺美波。そんな彼女の最新作がテレビドラマで放送された「賭ケグルイ」の劇場版『映画 賭ケグルイ』だ。清楚で可憐なイメージだった浜辺が、目を見開き“賭け狂う”姿は視聴者に驚きを与えたが、浜辺自身もこの作品が大きな転機になったという。@@cutter 2011年に行われた第7回「東宝シンデレラ」オーディションでニュージェネレーション賞を受賞し芸能界デビューした浜辺。“シンデレラ”にふさわしく、可憐で清楚なルックスは、やや控えめな女の子役がはまっていた。本人も「インドア派だし、一人でいることも好き。『暗いね』と言われることもありました。もっと明るい性格だったらいいのにな」と思うことも多かったという。 @@insert1   そんな浜辺の“明”の部分が引き出されたのが「賭ケグルイ」の現場だったという。「ドラマ版の現場に入ったとき、英勉監督をはじめ、皆さんものすごくコミュニケーションを取ってくれるんです。こちらがやりたいことも受け止めてくださるし、撮影の合間でもたくさんおしゃべりをした記憶があります」。    英監督について、現場を共にした俳優たちは「俳優の自主性を面白がってくれる人」と評していた。そんな現場で繰り広げられる俳優たちの“自由演技”合戦に浜辺も興奮したという。「年上の方ばかりの現場でしたが、テストと本番で違うことをしたくなっても、皆さんしっかり受け止めてくれるんです。『何をやっても大丈夫』という安心感は、ものすごく心強かったです」。 @@insert2   「賭ケグルイ」の現場を経験したことで、浜辺は大きく変わった。「ほかの現場でも『明るくなったね』と言われることが増えました。これまでの現場も楽しかったのですが、その“楽しい”を表情に出すことが苦手だったんです。でも、しっかりコミュニケーションを取ることで、共演者への遠慮もなくなりました」と芝居にも良い効果が出ていることを明かした。@@separator 劇場版では、ドラマ版のメインキャラクターに加え、ギャンブルがすべての学園に反旗を翻す集団「ヴィレッジ」の面々として宮沢氷魚、福原遥、そのほかにも伊藤万理華、小野寺晃良ら新キャストが参加した。特に福原演じる歩火樹絵里と対峙するシーンは大きな見どころだ。「福原さんが演じた役の感情のオンとオフの差に驚くとともに、迫力に圧倒されました」と驚きを見せると「『負けていられない』と思いながら向き合っていましたが、福原さんはすごかったです」と撮影を振り返っていた。 @@insert3   劇場版では、個性的なキャラクターが多数登場する中、浜辺演じる蛇喰夢子は受けに回る芝居が多い。浜辺も台本を読んで「セリフが少ないな」と感じたという。だからこそ「軸がブレてしまったらいけない」と踏ん張った。「もっとやりたい」という思いの中、「やらない」という新たな芝居にも挑戦できた作品だった。 @@insert4   高校を卒業し、4月からは女優業一本となった浜辺。「空いた時間ができたからこそ、挑戦することも増えています。いろいろなものを素直に感じ取っていきたい」と誓いを立てていた。(取材・文:磯部正和 写真:松林満美)  『映画 賭ケグルイ』は5月3日より全国公開。

  • 『キングダム』は公開中

    人気マンガ実写化に大ヒットシリーズ完結編も! GWに劇場で観たい映画

    映画

     10連休となる今年のゴールデンウィーク。お盆やお正月以上の大型連休となるが、時間があるGWこそ、映画館の大スクリーンで物語の世界にどっぷり浸かって映画を楽しんでみてはいかがだろうか? 今回はGWにオススメしたい映画をジャンル別にご紹介しよう。@@cutter■ 人気マンガ・アニメ・ゲーム原作が続々! 実写映画  今や邦画にとって、1ジャンルを築いているともいえるマンガ・アニメ・ゲーム原作の映画。GWに観るならば、公開中の山崎賢人主演作『キングダム』は外せない。原泰久のベストセラーコミックを、壮大なスケールで実写化した本作は、山崎のほか、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多と旬な俳優がズラリと顔をそろえ、大きな話題を呼んでいる。  GW真っ只中の5月3日からは、大ヒットコミックを原作とし、女優の浜辺美波が主演する同名テレビドラマの劇場版『映画 賭ケグルイ』、人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズをハリウッドで実写化した『名探偵ピカチュウ』も公開される。 ■ コナン、クレヨンしんちゃん…おなじみのシリーズがそろうアニメ映画  GWといえば、欠かせないのが親子で楽しめるアニメ映画。もはや、GWの顔ともいえるコナンとしんちゃんは今年も大盛況。最新作『名探偵コナン紺青の拳(フィスト)』と『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は文句なしの面白さ。また今年は『河童のクゥと夏休み』(2007)や『百日紅~Miss HOKUSAI~』(2015)で知られる原恵一監督の最新作『バースデー・ワンダーランド』も公開中だ。  さらに29年ぶりに復活した「東映まんがまつり」も開催中。爆笑問題の太田光がゲスト声優として参加した『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』、テレビ東京系で放送中のアニメの映画化『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』、小学生女子から根強い人気のある『うちの3姉妹』の映画化『えいが うちの3姉妹』、ダンボール工作が動く不思議なアニメーション『りさいくるずー』の4本立てになっている。@@separator■ 『アベンジャーズ』最終章&見た目は大人、中身は子どもの異色ヒーローも  アイアンマン、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソーなどのマーベル・コミックのヒーローたちが共演し、これまで数々の記録を打ち立ててきたメガヒットシリーズ「アベンジャーズ」最新作にして最終章『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、ついに公開された。最強の敵サノスの前に屈した前作『インフィニティ・ウォー 』のその後が描かれ、シリーズ完結編とされている。  一方、DCコミックスからは、見た目は大人だが中身は子どもという異色ヒーロー「シャザム」を映画化した『シャザム!』も公開中だ。 ■ 岸井ゆきの主演作、3つの戦隊が入り乱れる特撮シリーズも!  そのほかにも見逃せない作品が多数ある。息が詰まりそうな潜水艦の中でのドラマをノンストップで描いた『ハンターキラー 潜航せよ』は、現在公開中。ジェラルド・バトラーとゲイリー・オールドマンの熱演が観るものをその世界にどっぷりと引き込む。  また、同じく公開中の『愛がなんだ』は角田光代による同名恋愛小説を、岸井ゆきのと成田凌で映画化した作品。苦しいほどの片思いをどこかおかしく描く。切ない恋、片思いをしている女子必見の映画だ。5月3日公開の『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』は新旧のスーパー戦隊が共闘する「VSシリーズ」の25作目となる作品。今回は、3つの戦隊が入り乱れ、戦いの幕が開く。戦隊シリーズ好きにはたまらない一作といえよう。  大スクリーンで鑑賞するからこそ、映画は楽しい。このGWにお気に入りの一本を見つけ、新作映画を楽しんでみてはいかがだろうか。(文:嶋田真己)

  • 『映画 賭ケグルイ』で映画デビューする「えなこ」場面写真

    日本一のコスプレイヤー・えなこ、『賭ケグルイ』で映画デビュー

    映画

     “日本一のコスプレイヤー”として知られるえなこが、『映画 賭ケグルイ』で映画デビューすることが分かった。浜辺美波ら個性豊かなキャラクターたちに混ざり、劇中で福原遥とギャンブル・バトルを繰り広げる。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』の映画化作品。“ギャンブルの強さのみ”で生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、浜辺演じる最強ギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)を中心に繰り広げられる、予測不可能なギャンブル・バトルが描かれる。2018年1月に実写ドラマ化され、現在『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送中だ。映画化に際しては、原作者の河本がシナリオ原案・監修を担当し、英勉監督とタッグを組んでオリジナルストーリーを作り上げた。  今回えなこは生徒会が開催した「生徒代表指名選挙」に参加している女子生徒を演じ、福原演じる歩火樹絵理(あるきびじゅえり)と、「票争奪ジャンケン」というギャンブル・バトルを繰り広げる。  もともと『賭ケグルイ』シリーズの大ファンだというえなこは、2017年の「コミックマーケット」で夢子のコスプレを披露したことがきっかけで、ドラマ『賭ケグルイ season1』のイベントに実際に劇中で使用された衣装を着用して登壇したことも。『賭ケグルイ』の魅力を「個性的なキャラクター達の魅力はもちろん、中でもヒロインの夢子が大好き」と語り、自身初の映画出演について「エンドロールに自分の名前が載っているのを見て感動しました」と喜びを語った。  さらに、『賭けグルイ』の世界観に入った感想を「私立百花王学園が本当に存在するんじゃないかと思うくらいリアルだったので、出来ることならあのまま制服を着て学園に通いたかったです(笑)」と回答。自身の見どころについては「多分、皆さんが一度も見たことのないような顔をしたと思うので(笑)表情を見ていただけると嬉しいです」とメッセージを寄せた。  『映画 賭ケグルイ』は5月3日より全国公開。

  • 『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会の様子

    浜辺美波&森川葵、お互いの“勝負強さ”を認め合う「コンビ感がいいんだなと思います」

    映画

     女優の浜辺美波が11日、都内にて行われた『映画 賭ケグルイ』完成披露試写会の舞台挨拶に、共演の高杉真宙、森川葵らと共に登壇した。主人公・蛇喰夢子役を演じている浜辺は「撮影では、脚本を知っている私でも(演じていて)笑ってしまって。想像をたくさん超えてくる映画だなと思いました」と撮影を振り返った。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』が原作。2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化されて個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、今年春からは『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系で放送中だ。  舞台挨拶には、この他、池田エライザ、矢本悠馬、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、中村ゆりか、三戸なつめ、柳美稀、小野寺晃良、英勉監督も登壇し、撮影のエピソードなどを明かした。  イベントでは「この中でもっとも〇〇だと思う人は?」というテーマを決めるクロストークのコーナーも。そう思う人を各人が指差すのだが、その中で「もっとも『勝負強い』と思うのは?」のテーマでは浜辺と森川がお互いを指名。「ここのコンビ感がいいんだなと思います」と笑う浜辺。  森川は浜辺に対して「『賭ケグルイ』の世界観の中で周りがどんな(個性的な)芝居をしても、全部きれいに自分が持っていく。きっとほかのことでも何でも持っていきそう、そういう強さを感じます」と語ると、浜辺は「本番で結構“ぶっ込み”があるんです。知らないところでカメラ目線してたりとか、本番でしかやらないのにそれを全部キメて、一発で持っていく感じがカッコいいなと思います」と森川を評した。  また高杉は森川を挙げつつ、浜辺とも迷ったといい、「(森川は)本番で突然何かをするというのは僕にはあまりないので、そのカッコよさはある。浜辺さんは、雰囲気を全部持っていく感じは、近くにいても離れていても鳥肌が立つんですよ。それが勝負強さかなと」と二人に対してリスペクトの気持ちを表した。一方「勝負弱い」と思う人は、役のキャラもあってか、高杉が満票となった。  舞台挨拶の最後に浜辺は「笑っちゃうシーンもたくさんあるんですけど、それぞれのキャラクターの生き様だったり、いろんな姿を見れる面白さもあったので、早くみなさんに観てもらいたいなと思っていました。だから今日この日を迎えることができて嬉しいです」と喜びを表し、「誰が勝つかわからないギャンブルになっているので、ハラハラしながらラストを楽しみに観ていただければいいなと思います」と語りかけた。  『映画 賭ケグルイ』は5月3日に全国公開。

  • (左から)長澤まさみ、浜辺美波

    長澤まさみ、浜辺美波の主演作も! この春観たい「邦画」ランキング

    映画

     20~50代の男女が選ぶ「この春に観たい『邦画』ランキング!」が発表され、第1位に劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が輝いた。第2位は『コンフィデンスマンJP』、3位は『キングダム』が選ばれた。@@cutter 今回の結果は「株式会社CMサイト」が2019年3月7日、インターネットリサーチを実施。20~50代の男女8194名の有効回答を集計したもの。  第1位の『紺青の拳』(4月12日公開)は、劇場版『名探偵コナン』シリーズ第23弾となる最新作。劇場版シリーズ初の海外・シンガポールを舞台にコナン君、怪盗キッド、劇場版初登場の京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。第2位の『コンフィデンスマンJP』(5月17日公開)は、痛快エンターテインメントコメディードラマとして放送された、フジテレビ月9ドラマの映画化。主演には長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が名を連ねている。第3位の『キングダム』(4月19日公開)は、原作コミックの累計発行部数が3800万部を突破する大人気作品。山﨑賢人、吉沢亮、長澤まさみら豪華俳優陣が、古代中華戦国大河ロマンを紡いでいく。  第4位の『空母いぶき』(5月24日公開)は、累計350万部突破のベストセラーコミックが、西島秀俊、佐々木蔵之介をはじめとした俳優陣によって初の実写映画化を果たした。第5位の『貞子』(5月24日公開)では、ジャパニーズ・ホラーブームおよび、貞子というホラーアイコンを生み出した映画『リング』で監督を務めた中田秀夫が再びメガホンを取る。  第6位は『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)、第7位は『チア男子!!』(5月10日公開)、第8位は公開中の『えいがのおそ松さん』、第9位『映画 賭ケグルイ』(5月3日公開)、第10位は『パラレルワールド・ラブストーリー』(5月31日公開)がそれぞれランクインしている。

  • 『映画 賭ケグルイ』新キャラクター、作画・尚村透による描き下ろしビジュアル

    『映画 賭ケグルイ』、作画・尚村透描き下ろしの新キャラクターデザイン公開

    映画

     女優の浜辺美波が主演し、ギャンブル狂の女子高生を演じる『映画 賭ケグルイ』より、原案小説が『小説 賭ケグルイ戯(ジョーカー)』として、映画公開に先駆け3月22日に発売されることが分かった。併せて、原作の作画を担当する尚村透が描き下ろした、映画版にも登場する新キャラクターの小説内での挿絵デザインも解禁となった。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』が原作。2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化されて個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、今年春からは『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送される。劇場版のキャストはテレビ版と同じく、浜辺のほか、高杉真宙、矢本悠馬、森川葵らに加え、新たに池田エライザの出演が発表されている。  今回、漫画原作者・河本ほむらと映画版の監督を務める英勉とがタッグを組んで創り上げた新たなストーリーを、小説版、映画版としてそれぞれメディア展開をするプロジェクトが発足。映画に先駆けて発売される『小説 賭ケグルイ戯(ジョーカー)』は、河本の弟で、『小説 賭ケグルイ悦(トリップ)』も手掛けた武野光が書き下ろしたオリジナル原案小説。原作コミックで作画を担当する尚村透が、映画版にも登場する新キャラクター、ヴィレッジリーダー・村雨天音と歩火樹絵里の小説内での挿絵キャラクターデザインを担当した。  村雨は、生徒会長・桃喰綺羅莉(池田)率いる生徒会と、生徒会に戦いを挑む夢子(浜辺)たちに対し、“非ギャンブル、不服従”を謳う白装束の集団「ヴィレッジ」なる新勢力のリーダー。神父のような服を纏いミステリアスな存在感を放ち、生徒会長にギャンブルで勝利した過去を持っている。映画版では右頬に大きな傷痕もあることから、その傷に隠された過去など謎の多い人物であり、宮沢氷魚が演じることが発表されている。  そして、歩火は村雨を支え慕う「ヴィレッジ」の幹部。かつて、生徒会長にギャンブルで敗れた過去を持ち、白装束姿で首には学園で敗者の烙印「家畜標」が複数下げられているのも特徴。映画版では福原遥が演じている。  『映画 賭ケグルイ』は、5月3日より全国公開。

  • 『映画 賭ケグルイ』メインカット

    浜辺美波主演『賭ケグルイseason2』目前! 復習&見どころを紹介

    映画

     女優・浜辺美波が主演を務めるドラマ『賭ケグルイ season2』が、MBS・TBS系にて4月期よりスタートする。主人公・夢子(浜辺)が乃木坂46の松村沙友理演じる夢見弖ユメミととの“アイドル対決”に挑むほか、中川大志演じる豆生田楓とも直接対決。そして、謎の生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)の全貌もついに明らかとなる。@@cutter 本作は、シリーズ累計500万部を突破した人気コミック『賭ケグルイ』(原作・河本ほむら、作画・尚村透)を実写化し、2018年1~3月に放送された同名ドラマの続編。ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、ギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子(浜辺)が極限の心理バトルを繰り広げる姿を描く。5月3日には『映画 賭ケグルイ』も全国公開される。  政財界の子女たちが通う私立百花王学園。“ギャンブルによる弱肉強食”という絶対のおきてを掲げる学園には、階級が存在する。生徒会によってギャンブルは管理され、生徒は生徒会に上納金を支払う。払えないと男なら“ポチ”、女なら“ミケ”として家畜になり、人としての権利を失ってしまう。この特殊な学園に謎のJKギャンブラー・夢子が転校してくるところから、season1はスタートした。  リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”の夢子は、転校早々、同じクラスのすご腕ギャンブラーの早乙女芽亜里を倒す。生徒会から危険人物と見なされた夢子の前には、次々と強力なギャンブラーが送り込まれ、生爪を賭ける生徒会役員の皇伊月や、莫大な資産を盾にハイリスクなギャンブルを仕掛ける西洞院百合子など、夢子と生徒会のハイスピードなギャンブルが繰り広げられる。夢子は西洞院戦では、あと一歩のところまで追いつめるも、生徒会の手引きにより敗北。莫大な借金を負い“ミケ”に転落するが、本人はこの状況を楽しんでしまう。その後、一度、打ち負かした芽亜里と借金返済のチャンスをつかむためタッグを組み、友人となる。  season1の最後を締めくくったのは、生徒会美化委員・生志摩妄との命を賭けたギャンブル。カードの予想を外した分だけ拳銃を打ち合うという恐ろしいゲームを繰り広げる。しかし、夢子は妄が仕掛けたイカサマを見事見破り、引き分けで勝負を終えた。  season2で夢子と新たに戦うのは、生徒会役員でありながら学園内でアイドル活動をしている夢見弖ユメミ。演じるのは乃木坂46の松村沙友理で、国民的人気を誇る現役アイドルがドラマ内で浜辺と“アイドル対決”に挑む。浜辺と息の合ったダンスシーンも必見だ。さらに、season1では大きな動きのなかった中川大志演じる豆生田楓も、ついに夢子と直接対決に挑む。そして、season1では顔も声も隠されていた生徒会長・桃喰綺羅莉が満を持して登場。絶対的権威とカリスマ性で学園を支配する綺羅莉を、原作さながらの迫力で池田エライザが熱演する。  season1で好評だった出演者の顔芸やハイテンションな演技も、season2ではパワーアップ。浜辺や高杉真宙らおなじみのキャストに加え、松村や中川も迫力満点の顔芸を披露する。  ドラマ『賭ケグルイ season2』は、MBSにて3月31日より毎週日曜24時50分、TBSにて4月2日より毎週火曜25時28分放送。

  • 『映画 賭ケグルイ』ポスタービジュアル

    浜辺美波主演『映画 賭ケグルイ』 全校生徒強制参加のハイテンション本予告解禁

    映画

     女優の浜辺美波の主演でギャンブル狂の女子高生を描く『映画 賭ケグルイ』より、名門高校の生徒たちがハイテンションでギャンブル戦を繰り広げる本予告映像が公開された。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による同名コミックが原作。シリーズ累計500万部を突破し、2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化を果たした。2019年春より続編となる『賭ケグルイ season2』(MBS/TBS系)の放送も決定している。  政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園で生徒たちの階級を決定するものは、ギャンブルの強さ。この学園に転校してきた美少女、蛇喰夢子(浜辺)は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。夢子が生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)との対決を心待ちにする中、“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが台頭。ヴィレッジ解体と夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させるギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する。  解禁された本予告映像では、「本当の勝負ですよ」とほほ笑みかける夢子、大勢の前で「この学園にギャンブルは必要ありません! 生徒会に屈服することもありません!」と宣言するヴィレッジ幹部・歩火樹絵里(福原遥)、鬼気迫る表情で「ギャンブルでは何も救えない。君たちを助けたい」と語りかけるヴィレッジ主宰・村雨天音(宮沢氷魚)の姿が捉えられている。  さらに、真顔で「さあ。始めましょう」と呟く綺羅莉、「迎え撃てぇ!」という声とともに泥まみれのフィールドでもみ合いを繰り広げる生徒たち、愉快そうな表情で「賭け狂いましょう!」と金切り声を上げる夢子も確認でき、ハイスピードでハイテンションな本作の内容を表現した内容となっている。  本予告と共に公開されたポスタービジュアルは、「全校生徒、強制参加。生き残るのは、誰だ?」というキーフレーズとともに、こちらに向かって手を差し伸べる夢子を中心に配置。登場人物全員がその周りをルーレット盤のように囲むものとなった。  また、本作の主題歌が、Twitterフォロワー数129万人以上(2019年2月20日時点)を誇るアーティスト・そらるの歌う『アイフェイクミー』に決定したことも発表された。  『映画 賭ケグルイ』は5月3日より全国公開。

  • 『映画 賭ケグルイ』新キャスト

    福原遥が白装束&伊藤万理華はベリーショートに『映画 賭けグルイ』オリジナルキャラ解禁

    映画

     女優の浜辺美波が主演し、ギャンブル狂の女子高生を演じる『映画 賭ケグルイ』から、映画版のオリジナルキャラクターを演じるキャストとして宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、小野寺晃良の4名が発表された。併せて、それぞれのキャラクタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』が原作。2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化されて個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、2019年春より『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送されることも決まっている。  映画版で新たに登場する“非ギャンブル、不服従”を謳う白装束の集団「ヴィレッジ」のリーダー・村雨天音(むらさめ あまね)を演じる宮沢は、本作が映画初出演。「一度『皆の上に立つリーダー役』を演じてみたかったので、村雨を通じてそれが現実になったことが嬉しいです」とコメント。  村雨を支え慕う「ヴィレッジ」の幹部で、かつて生徒会長にギャンブルで敗れた過去を持つ歩火樹絵里(あるきび じゅえり)役の福原は「オリジナルキャラということもあり、不安もありましたが、監督が自由に演じさせて下さり、どんどん色々な歩火樹絵里が見えてきて、皆さんと一緒に作り上げていきながら楽しく撮影することができました」と振り返っている。  紫色のコートを羽織る学園のアウトロー的存在・犬八十夢(いぬはち とむ)役としてベリーショートで撮影に臨んだ元乃木坂46の伊藤は、「新境地で、修行に行くような気持ちで挑みました。犬八は、映画が終わっても皆さんに可愛がっていただきたいです!」とアピール。  生徒会、夢子、ヴィレッジの周辺を嗅ぎまわり、日々スクープネタを探す学園の報道倶楽部所属の新渡戸九(にとべ きゅう)を演じる小野寺は「監督から『おっさんぽく』と言われた時はとても困惑しました(笑)」明かしつつ、「明らかに実年齢とは離れた仕草、所作などに注目して見ていただけたらなと思います」とメッセージを寄せた。  『映画 賭ケグルイ』は5月全国公開。

  • 『映画 賭ケグルイ』OPテーマを歌うPassCode

    浜辺美波主演『賭ケグルイ』特報解禁&OPテーマ決定

    映画

     浜辺美波の主演でギャンブル狂の女子高生を描く『映画 賭ケグルイ』の特報映像が解禁された。またオープニングテーマとして、テレビドラマ版season1でソロアーティストRe:versedが歌った『一か八か』を、女性4人組ユニットPassCodeが新たに担当することも決まった。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』が原作。2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化され、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、2019年春より『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送されることも決まっている。  政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園で生徒たちの階級を決定するものは、ギャンブルの強さ。勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。この学園に転校してきた美少女、蛇喰夢子は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちを送りこむも、次々と撃破され、学園は夢子を中心に大きく動き出そうとしていた。生徒会はついに、全校生徒を巻き込んだ学園史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する―。  特報では、百花王学園に君臨する生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)と、多くの生徒に一人逆行し、堂々と観客に向かって歩くJKギャンブラー蛇喰夢子(浜辺)、そして「服従」「富と名声」「人間と家畜」といったテロップと共に感情が爆発し、驚愕の表情を見せる鈴井涼太(高杉真宙)、ハイテンションでギャンブルに興じる早乙女芽亜里(森川葵)らの姿が次々と映し出されていく。  オープニングテーマを歌うPassCodeの南菜生は「season1でRe:versedさんが歌っていた『一か八か』を歌わせて頂くという、PassCodeにとって初めての試みでしたが、PassCodeらしい攻撃的な『一か八か』になったと思います。物語の臨場感や興奮を掻き立てるお手伝いが出来たら嬉しいです」とコメントしている。  『映画 賭ケグルイ』は2019年5月に全国公開。

  • 『映画 賭ケグルイ』ティザーポスター

    “最強のJK”浜辺美波と対峙『映画 賭ケグルイ』ティザーポスター解禁

    映画

     女優の浜辺美波が主演し、ギャンブル狂の女子高生を演じる『映画 賭ケグルイ』の全国公開が2019年5月に決定し、同時にティザーポスターが解禁された。@@cutter 本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の河本ほむら原作、尚村透作画による漫画『賭ケグルイ』が原作。2018年1月に浜辺主演で実写ドラマ化されて個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、2019年春より『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送されることも決まっている。劇場版のキャストはテレビ版と同じく、浜辺のほか、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、森川葵ら。  舞台は、政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園。ここで生徒たちの階級を決定するものは、“ギャンブルの強さ”。勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。ある日、この学園に転校してきた謎多き少女、蛇喰夢子。一見するとおしとやかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちを送りこむも、次々と撃破され、学園は夢子を中心に大きく動き出そうとしていた。生徒会はついに、全校生徒を巻き込んだ百花王学園史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する。  ティザーポスターは、ゲームの進行とともに恍惚とした際の印である“赤目”となった浜辺演じる蛇喰夢子が、見る者と真正面から向かい合って対決しているかのようなビジュアル。「JOKERよりも最強の、JK。」というキャッチコピーは、トランプカードのジャック(J)、キング(K)と、JK(女子高生)=蛇喰夢子のダブルミーニングとなっており、『賭ケグルイ』の世界観を表現したデザインが描き出されている。  『映画 賭ケグルイ』は2019年5月全国公開。

  • 『賭ケグルイ』生徒会長・桃喰綺羅莉を演じる池田エライザ

    池田エライザ、『賭ケグルイ』生徒会長・桃喰綺羅莉役に決定 ビジュアル公開

    エンタメ

     女優の池田エライザが、2019年春に放送される浜辺美波主演のドラマ『賭ケグルイ season2』に出演することが発表された。学園の頂点に立つ生徒会長を演じる池田は「賭ケグルイに呼んでいただけて、幸せです。是非ご覧ください」と語っている。@@cutter 本作は、ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、ギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子(浜辺)が極限の心理バトルを繰り広げる姿を描く。『~season2』は、2019年春にMBS・TBSのドラマイズム枠で放送。原作の時系列に沿って前作の続きから物語は展開される。さらに『映画 賭ケグルイ』として劇場版も製作され、同年春に公開予定だ。  池田が演じるのは、私立百花王学園生徒会長の桃喰綺羅莉。学園内のギャンブルによる階級制度を確立した絶対的な支配者で、好奇心旺盛だが興味を失った者には冷淡で冷徹な態度をあらわにし、敵だけでなく味方にさえも畏怖を抱かせるキャラクターだ。  そんな役柄を演じる池田のビジュアルも解禁。公開されたビジュアルには、銀髪に三つ編みのツインテールを輪にした特徴的なヘアスタイルの綺羅莉の姿が収められている。  本作への出演について池田は「賭ケグルイは、1巻からずっと追いかけていた漫画でした」と原作ファンであったことを告白。さらに「ドラマ版も会長は誰がやるのだろうか。なんてワクワクしながら観させていただいておりました。まさか私だったなんて…」とコメントしている。  ドラマ『賭ケグルイ season2』は、MBS・TBS系にて2019年春より放送。『映画 賭ケグルイ』は2019年春ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access