チワワちゃん 関連記事

  • 映画『チワワちゃん』公開記念舞台挨拶に登壇した(左から)成田凌と門脇麦

    門脇麦、成田凌とは「いつもビンタし合ってる」

    映画

     女優の門脇麦が19日都内で、主演映画『チワワちゃん』の公開記念舞台挨拶に出席。共演者らと和気あいあいとトークを展開し、共演経験の多い成田凌とは「本当にいつもビンタし合ってる」と笑った。@@cutter 本作は、漫画家・岡崎京子の同名短編作品を原作とする青春映画。主人公・ミキ(門脇)が、かつて一緒に遊んでいた“チワワちゃん”(吉田志織)が東京湾で起きたバラバラ殺人事件の被害者・千脇良子であると知り、チワワちゃんの真相に迫る様を描く。  本イベントには門脇や成田、吉田の他、寛一郎、仲万美、古川琴音、篠原悠伸、上遠野太洸、松本穂香、二宮健監督が出席した。  門脇は「デビュー当時から、ベテランの方とやる機会が多かった。監督がおっしゃったことをいかに体現できるかという点に勝負をかけていた。今回初めて、積極的にコミュニケーションを取った。グレーゾーンでいいところを残さないように、具体的にどうしていくのか話した」とコメント。  共演者とは「遊んでいるシーンが多かった。皆同じ歳くらいで、遊んでいるモンタージュのシーンはセリフもほとんどなく、大体がト書き1行だった。早朝から夜中までずっと遊んでいるシーンを撮るとか」と述懐。「本当に、皆で一生懸命遊んだ。楽しかったと同時に疲れた。でもあらためて、若いってスゴいんだなと痛感した。いつか(作中の)彼らが何年後かに、ただひたすら遊んだり恋をしたりした時間を振り返った時、『あの時間は何だったんだろうな』とか『あの時間に意味はあったのかな』と思う日が来るかもしれない。そういう時間を過ごせることが、若さの特権。若いって尊くて輝かしいと思う」と語った。  作中のストーリーにちなんで、もし600万円を手にしたらどうするかと問われて、門脇は全額「貯金します」と即答。「家をいつか買いたいので、頭金にしたい」と話した。  チワワの彼・ヨシダ役の成田は、600万円獲得したら、二宮監督と映画を撮る約束を果たしたいと回答。続けて「(同映画作りの一環で)麦ちゃんと家族(の役)をやりたい」と言い、「何回か共演しているんですけど、絶妙な距離感のことが多い。兄弟とか長年寄り添った夫婦とか、温かい距離感で。この作品とか他でも、ビンタされて、ビンタする、みたいな関係。そういうの無しで、ほっこりと映画を撮りたい…」と話した。門脇も「現場中によくその話をした。本当にいつもビンタし合ってる」と笑って同調した。

  • 映画『チワワちゃん』門脇麦インタビューカット

    門脇麦 『チワワちゃん』で挑戦した今までにない「作品との関わり方」

    映画

     ときに体を張った大胆な演技で観る人を魅了し、ときに細やかな感情のひだを繊細な演技で体現する。今、若手実力派女優として、引く手数多な女優・門脇麦が、主演する映画『チワワちゃん』でまた一つ、強い印象を残した。門脇が演じるのは、遊び仲間だったチワワちゃんの死を知り、彼女を知るために動き出す主人公・ミキ。「今までしたことがない作品との関わり方ができた」と語る本作についての思い、そして青春時代の思い出を聞いた。@@cutter 人気漫画家・岡崎京子の短編作品を、新進気鋭の映画監督・二宮健が、苦しいほど胸に突き刺す青春を描き出した本作。門脇のほか、成田凌、寛 一 郎、村上虹郎ら若手実力派俳優ら顔をそろえる。かつて毎日のようにつるんでいた“チワワちゃん”がバラバラ殺人事件の被害者となったことから、主人公のミキはチワワちゃんが一体何者だったのかを調べ始める…。  二宮監督にとって、本作は商業映画デビュー2作目。撮影時26歳という若さで同年代の俳優たちを率いての撮影が行われた。そんな中、主演女優であり、同年代のキャストの中では一番年齢が上だった門脇に、二宮監督は全幅の信頼を寄せていた。撮影前には、監督から門脇に直接若手を率いてほしいという要望もあったようだ。 @@insert1  門脇は、「それは、ミキという役柄が、仲間を俯瞰して見ているところがあるキャラクターだったからだと思います。役柄に通じるものがあるからだと私自身は解釈していましたが、何かを背負わされたなとは感じました(笑)」と照れたように笑って振り返る。  そして、「監督から『よろしくお願いします』と言われ、それはある意味、一緒に作りましょうという提案だと思いました。だから、責任はすごく感じましたが、同時に、今までしたことのない作品との関わり方ができるんだという思いがありました」と改めて本作に強い思い入れを持って臨んだことを明かした。  その姿勢は衣装合わせにも現れる。これまで衣装合わせで意見を口にすることはなかったという門脇だが、本作では積極的にディスカッションにも参加。それは役作りにも反映された。「クラブで遊んでいる、華やかな主人公たちですが、ミキにはそういう衣装はしっくりこなかった。最後に、(劇中で着用している)シンプルな格好を着てみたらしっくりきて、これに落ち着いたんです」と、役衣装が決まるまでのプロセスを明かす。  「こんなシンプルな格好で、着飾らなくてもクラブに行ける人というのは、自分に自信がある人。自分に核があると自分自身で思っているから、着飾らなくても人前に出れる。だから、チワワちゃんっていう新しい存在が現れたときに、悔しさや自分の場所が取られてしまう焦りが生まれた。そういうミキのベースとなる部分がはっきりしたので、どんなシーンも成立させられると思いました」と、衣装選びから見えてきたものもあったようだ。@@separator 本作で描かれているのは、「青春の爆発と終わり」とも言える、若者たちのひとときだ。門脇自身の青春の思い出について聞いてみると、「自分が青春していると思ったことがなかった」と苦笑いを浮かべた。 @@insert2  「でも、今、映画などの撮影現場で、大人たちが寝不足になりながら一つのものを作っているところにいると、この今が青春なんじゃないかなって思います(笑)。だから、おばあちゃんになっても『青春しています』って言えたら素敵だなと思います」。  言葉の端々から、演じることに真っ向からぶつかり、謙虚に向き合う姿が浮かび上がっていた門脇。撮影現場で輝き続け、いつまでも「青春」を謳歌している門脇の姿は、今後も多くの人を魅了し続けることだろう。(取材・文:嶋田真己 写真:松林満美)  映画『チワワちゃん』は1月18日より全国公開。

  • 映画『チワワちゃん』チワワ役の吉田志織にインタビュー /ヘアメイク:anna(M‐rep by MONDO‐artist)

    映画『チワワちゃん』でチワワ役に抜擢! 注目の新人・吉田志織が語る“挑戦の日々”

    映画

     『ヘルター・スケルター』や『リバーズ・エッジ』などの人気作を手掛け、熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が1994年に発表した『チワワちゃん』を27歳の新鋭・二宮健監督が映画化。門脇麦や成田凌ら若手実力派キャストが出演する本作のタイトルロールに大抜擢された注目の新人・吉田志織が、個性あふれるチワワというキャラクターについて、また撮影秘話などを語った。@@cutter 一瞬で過ぎ去る青春の日々を駆け抜ける若者たちのリアルな姿を描いた新作映画『チワワちゃん』。チワワと呼ばれる女の子がバラバラ殺人事件の被害者として発見され、かつて彼女と一緒に遊んでいた仲間たちが、それぞれチワワと過ごした日々を回想する。様々な顔を持つチワワ役には、「この子は誰?」という驚きを観客に与えるキャストを選びたいと考えた制作陣によってオーディションが行われ、数多くの女優の中から吉田が大抜擢された。 @@insert1  以前から岡崎京子のファンだったという吉田は、「出演が決まった時は、もうメチャクチャうれしかったです!でも同時に、私で大丈夫なんだろうかという不安とプレッシャーも感じました」と明かす。オーディションには、自らの考えで眉毛を細くして臨んだという。「原作のイメージから、自分の思うチワワの姿に“武装”していきました(笑)。ショートパンツに胸を強調するようなTシャツ、毎回ずっと同じ衣装を着て行ったんです」。  撮影に入る前に長い髪をバッサリと切ってベリーショートにした吉田。爪も長くし、外見を作り込んだものの、撮影当初はチワワが持つ独特のエネルギーやパワーを表現するのに苦労したという。「最初に『こんにちは、チワワです』というセリフがあって、みんなに『え、誰?』と思わせなくてはいけない登場なんですが、そこからつまずいてしまいました。お腹の底から出てくるような、満ちたエネルギーみたいなものをなかなか出せなくて。リハーサルの段階で二宮監督に『違う』と言われて、自分でも何が違うのかは分かっているのにできないんですね。それがすごく悔しかったです。その後、アクションレッスンで走っている時に『この感じだ!』と思う瞬間があって、チワワの気持ちの出し方が分かって、そこからは全開で行けるようになりました」と、チワワというキャラクター像をつかむ過程を語った。 @@insert2  笑顔で全力疾走をしたり、体を張ったケンカのシーンがあったりと、大変な撮影が多く、たくさん青アザができたが、「自分では気付いていなくて、着替えの際にスタッフさんに心配されたりしました。ラブシーンの撮影も現場ではチワワでいたので大丈夫だったのですが、終わって自分に戻ると、結構身を削っていることに気付いたりして…。主演の門脇さんが『大丈夫?』と声をかけてくれて、気遣ってくださいました」と“挑戦の日々”を振り返った。  撮影期間中は「チワワとして生きていた」と語る吉田は、「正直まだ終わりたくないな、チワワのままでいたいなと思いましたし、つらいこともあったけど、チワワに憧れている面があったので、撮影が終わった後は大きなものを失った気持ちになりました」と、演じた役への愛情を示す。  劇中、キュートなダンスシーンがあり、とても印象的だが、「ダンスが好きなんです。部屋でヘッドフォンをして、爆音で少女時代の『MR.TAXI』をかけて踊ったりします。すっごく楽しいんですよ」と笑顔で明かす吉田。現在21歳の彼女は、将来はハリウッドを目指しているという。共演した浅野忠信にハリウッドでの活躍や、英語の習得方法などを教えてもらったそうで、「ビックリするくらい優しくてカッコいい方でした」と先輩俳優の印象を語った。 @@insert3  「憧れの女優は深津絵里さんとナタリー・ポートマンさん。好きな作品は定番かもしれませんが、深津さんは『悪人』、ナタリー・ポートマンさんは『レオン』『ブラック・スワン』『クローサー』。割と人気映画が好きです(笑)。一番好きな映画は『タイタニック』なんです。1997年公開の映画で、私が生まれた年なので運命を感じます。小学校5年生の時に初めて見て、この映画をきっかけに女優になりたいと思いました」。  最後に2019年の女優としての抱負を聞くと、「2019年はチャレンジすることを楽しむ年にしたいですし、"戦闘力"が高い1年にしたいです。チャレンジを続けて、それを楽しんで、飛躍していけるような1年にしたいと思っています」と笑顔で語ってくれた。(取材・文:清水久美子/写真:高野広美)  映画『チワワちゃん』は1月18日(金)全国公開。 @@insert4

  • 映画『チワワちゃん』に主演する門脇麦

    門脇麦、主演作『チワワちゃん』で見せる役者としての力量

    映画

     女優の門脇麦が主演を務める映画『チワワちゃん』から、メガホンをとった26歳の新鋭・二宮健監督と門脇のコメントが到着。二宮監督は門脇について「こちらの複雑な要求を理解できる聡明な人」と評している。@@cutter 本作は『へルタースケルター』『リバーズ・エッジ』などの作品で知られる岡崎京子の同名コミックを実写化した青春映画。仲間たちのマスコットだった“チワワちゃん”の死をきっかけに揺れる若者たちの姿を描く。主人公のミキを演じる門脇のほか、チワワちゃんの元彼・ヨシダを成田凌、ヨシダの親友カツオを寛一郎、チワワちゃんの親友ユミを玉城ティナ、チワワちゃんを新人女優の吉田志織、チワワちゃんに想いを寄せるナガイを村上虹郎が演じる。  門脇演じるミキは、物語の中心人物として“確固たる存在感”が要求されると同時に、“若者の群像の中のひとり”として、周囲と平等に存在できる必要があるキャラクター。また、ミキの行動原理は複雑で、本人もはっきりと自覚していない中で何かに導かれ動いていることが多い。二宮監督は門脇について「そのような(相反する要素が両立する)佇まいができて、こちらの複雑な要求を理解できる聡明な人」とコメント。  さらに「(本作のプロデューサーを務める)岡田真さんは(門脇が注目を浴びるきっかけとなった映画)『愛の渦』のプロデューサーでもあります。当時、新人だった門脇さんを抜てきした方が、新たな新人(吉田志織)をメインに添えた作品で、主演に門脇さんを迎えるのは、とても興味深いことだなと思いました」と語る。まるで門脇が今回の役を演じるのは必然だったようだ。  そうした流れで選ばれた門脇は、今作で複雑なキャラクターを演じるのと同時に、現場で若い役者同士や、監督と役者たちをつなぐ役割も担っていたという。門脇は「今回一番歳上で、撮影も大変だろうなと思っていたので、自分が絶対縁の下の力持ち的な所に行かなきゃなと思っていました。その為にも監督と繋げるとかそういう役割を出来るのは自分かなと思って、一生懸命コミュニケーションを取ったりしていました」と現場にいた時の心境を語る。  また、観客が主人公のミキに寄り添って共感できるために、撮影中に何度も監督と話し合あったという門脇。その話し合いの中で急きょ撮影中に設けた、若者が遊ぶシーンについて「あのシーンはモンタージュになっていますが、台本ではト書き1行位しかありません。そういうシーンの撮影では、カメラの裏の人間関係が持ち出されてしまうので、それぞれの性格を把握して、誰が口火を切るのか、調子に乗せていくのは誰なのか、しっかりとした枠組みの中で撮影しないと崩れてしまうと思う、と監督に伝えて何回もリハーサルをしました」と述懐。二宮監督も、門脇の協力的な姿勢に何度も助けられたと話しており、作品全体に目配せする、座長のような貫禄を見せていた。  映画『チワワちゃん』は2019年1月18日より全国公開。

  • 映画『チワワちゃん』より

    “彼女は何者だったのか?”『チワワちゃん』エモーショナルな本予告解禁

    映画

     女優の門脇麦の主演映画『チワワちゃん』から本予告映像が解禁された。Have a Nice Day!による主題歌『僕らの時代』にのって、仲間たちのマスコットだった“チワワちゃん”の誰も知らなかった本当の姿が次々と明かされていく様子が、まばゆいまでの光を放つ映像で描き出され、青春のはかなさを予感させる内容となっている。@@cutter 本作は『へルタースケルター』『リバーズ・エッジ』などの作品で知られる岡崎京子の同名コミックを実写化した青春映画。門脇のほか、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎、栗山千明らが出演する。  東京で青春を謳歌するグループのマスコット的存在“チワワちゃん”がバラバラ遺体で発見された。残された仲間たちが彼女との思い出を語り合うが、誰もチワワの本当の姿を知らないままバカ騒ぎしたり、恋愛したりしていたことが明らかになっていく…。  本予告映像は、「バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した」という衝撃的な一言で始まる。主人公のミキ(門脇)は、それが自分の知っている“チワワちゃん”のことだとは思わなかったと続け、チワワと過ごした日々を回想する。「あたしねぇ、絶対いつかビッグになってやるんだ」と満面の笑みで語るチワワ。事件の悲惨さとは対照的でカラフルで派手な映像が、クラブミュージックにのせて続く。  当時の仲間にチワワの話を聞いて回るミキ。そこで明らかになるのは「精神的にキていた?」「意外と料理がうまい?」など、ミキの知らないチワワの姿ばかり。さらに浅野忠信演じるカメラマンのサカタに未来像を追及され、涙するチワワの表情。皆が知るいつもハイテンションで笑顔の“チワワちゃん”からかけ離れた姿が浮き彫りになっていく様子が映し出される。  本作のムビチケは本日30日より各劇場、オンラインで発売開始となった。特典はオリジナルの「ロゴ入りPVCネオンポーチ」(数量限定)。ムビチケオンラインでは同日正午より1週間限定で通常1400円(税込)が1200円(同)になるタイムセールも実施される。  映画『チワワちゃん』は2019年1月18日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access