クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ブラック・クランズマン 関連記事

  • オスカー像は誰の手に?

    第91回アカデミー賞は“初”づくし! 前哨戦はバラバラの結果に

    映画

     米アカデミー賞が目前に迫った。これほど作品部門が予測しづらい年も珍しいが、それ以外にも今年の授賞式を新鮮にしている要素がある。今年は何かと“初”が多いのだ。@@cutter たとえば、10部門の最多ノミネーションを受けた『ROMA/ローマ』はNetflix作品。近年、オリジナル映画作りに意欲的に取り組んできたNetflixだが、作品部門にノミネートされるのは、初めてのことだ。また、やはり9部門10ノミネートされた『女王陛下のお気に入り』は、事実上3人の女性が主役で、LGBTのニュアンスも絡む。このような映画が作品部門で有力視されることも、初めてである。さらに『ブラックパンサー』は、スーパーヒーロー映画として初めてこの部門にノミネートされた。一方、『ブラック・クランズマン』は、意外にも、大ベテランのスパイク・リーにとって、初めての作品部門候補入りである。彼は過去に名誉賞を受賞しているが、監督部門に入るのも、今回が初だ。  『アリー/ スター誕生』はブラッドリー・クーパーの監督デビュー作で、彼にとって初の作品部門候補入り。この映画で主演女優部門に入ったレディー・ガガも、同様だ。初のオスカー体験をする人たちには、ほかに『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレック、『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマン、『アリー/スター誕生』のサム・エリオット、『ある女流作家の罪と罰』(日本劇場未公開)のリチャード・E・グラント、『ROMA/ローマ』のヤリッツァ・アパリシオとマリーナ・デ・タビラ、『ブラック・クランズマン』のアダム・ドライバー、『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キングなどがいる。日本から外国語映画部門と長編アニメ賞にそれぞれノミネートされた是枝裕和(『万引き家族』)、と細田守(『未来のミライ』)も、同様。最初から最後まで、これらの人たちの純粋な興奮がひしひしと伝わってくる授賞式になりそうだ。  そして実際、今年の場合、その人たちみんなに、希望の余地がたっぷりあるのである。たいていの年は、ここまでに発表された賞でほとんどオスカーの結果も見えているのだが、今年はここまでの結果が相当にバラバラなのだ。@@separator たとえば今週発表された脚本家組合賞(WGA)では、オスカー候補入りした3作品(『ROMA/ローマ』『グリーンブック』『バイス』)を制して、インディーズ作品『Eighth Grade(原題)』が脚本賞を、そして『ブラック・クランズマン』『アリー/スター誕生』『ビール・ストリートの恋人たち』らを制して『ある女流作家の罪と罰』が脚色賞を取るという、誰も予測しなかったことが起こった。映画俳優組合賞(SAG)のスタントアンサンブル賞は『ブラックパンサー』、プロデューサー組合賞(PGA)は『グリーンブック』、英国アカデミー賞は『ROMA/ローマ』である。  つまりは、予測しなかった人の名前が呼ばれ、そういう時ならではの感動のスピーチやユーモラスな瞬間が生まれる可能性が、たっぷりにあるというわけだ。それこそ、そもそもはそれが授賞式のあるべき姿である。オスカーに限らず、授賞式番組の視聴率が年々下がり続ける昨今だが、今年はまたその部分でも嬉しい形で予測を裏切ってくれるのではないだろうか。(文:猿渡由紀)  第91回アカデミー賞授賞式は、日本時間2月25日に米ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催。

  • 『ブラック・クランズマン』本ビジュアル

    黒人刑事が白人至上主義団体に潜入『ブラック・クランズマン』本予告

    映画

     第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、第91回アカデミー賞で6部門にノミネートされたスパイク・リー監督の最新作『ブラック・クランズマン』より、白人と黒人の間の緊張をユーモラスに描いた本予告映像が解禁された。@@cutter 本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明につづった同名ノンフィクション小説を、リー監督が映画化したもの。名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントンが主役のロン・ストールワース役を、『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レンに扮したアダム・ドライバーがロンの相棒の白人刑事フリップ・ジマーマン役を演じる。  1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロン。捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に電話をかけ、黒人でありながら徹底的に黒人差別発言を繰り返した結果、入会の面接まで進んでしまう。そこで電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、2人1役をこなすこととなる。任務はKKKの内部調査と行動を見張ること。型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を果たして成し遂げることができるのか…。  解禁された本予告映像では、ロンが電話口のKKKメンバーに向かって、「俺は黒人が嫌いだ」と断言し、署内の人間をあぜんとさせる場面からスタート。白人至上主義者を装ってKKKに潜入したフリップに対し、過激派構成員フェリックス(ヤスペル・ペーコネン)が「お前 潜入か?」と疑いの目を向ける場面や、KKKのメンバーたちが「ホワイト・パワー!」、黒人の一団から成るブラックパンサー党の党員たちが「ブラック・パワー!」と拳を力強く掲げるシーンも描かれる。コミカルかつ軽快なタッチで潜入捜査を描きながらも、時に実話である緊張感を交えた映像となっている。  また、本ビジュアル画像では、真剣な顔をみせるロンとフリップ、その背後にたたずむKKKの象徴である三角白頭巾を大きくピックアップ。史上最も危険な潜入捜査の波乱を予感させるビジュアルとなっている。  映画『ブラック・クランズマン』は3月22日より全国公開。

  • 映画『ブラック・クランズマン』ティザービジュアル

    『ブラック・クランズマン』特報 危険な秘密結社へ潜入捜査開始

    映画

     第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したスパイク・リー監督の最新作『ブラック・クランズマン』より、特報とティザービジュアルが到着した。映像には、白人至上主義団体“KKK”で潜入捜査を行う主人公とその相棒の姿が収められている。@@cutter 1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査を行ったという実際の事件を克明に記録したノンフィクション小説を、リー監督が映画化した本作。アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)が、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)とタッグを組み、2人で1人の人物を演じながらKKKに潜入する様を描く。  解禁となった特報映像は、KKKのメンバーが三角白頭巾を身に纏い、炎に包まれた巨大な十字架に両手を高々と掲げ、祈りを捧げる姿から幕を開ける。その中心人物は、青いケープに身を包んだデービッド・デューク(トファー・グレイス)だ。警察署のシーンに切り替わると、ロンの「俺が潜入する」という耳を疑う発言が飛び出す。これには上司も乾いた笑いで返すほかなく、周りの同僚刑事たちも失笑するが、ロンは本気で「白人として電話をかける」と続ける。  潜入捜査の作戦は、黒人刑事のロンが白人を装い電話をかけ、同僚のフリップが実際にKKKに潜入するというもの。「イカれてんだろ!」と呆れつつ、本当に手に入れてしまったKKKの会員証をまじまじと見つめるフリップの横で、ロンが大胆不敵な潜入捜査の概要を力説する姿も描かれている。果たして、彼らの潜入捜査はうまくいくのか。そしてKKKの目的とは…。  特報と併せて、ティザービジュアルも解禁となった。ビジュアルは、星条旗が白と黒のモノクロになり、本来ならば左肩に配置されている白い星たちが、左下に配置されている。そして中心では、ロンが真っ直ぐにこちらを見つめ、腕を組んで立っている不敵な仕上がりとなっている。  なお本作の字幕監修は、ファンクバンド、オーサカ=モノレールの中田亮が務める。  映画『ブラック・クランズマン』は2019年3月全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access