クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

パージ:エクスペリメント 関連記事

  • 映画『パージ:エクスペリメント』場面写真

    驚がくの一発撮り!『パージ:エクスペリメント』迫力の階段アクションシーン本編

    映画

     殺人を含む全ての犯罪が、1年に一晩だけ合法化されるアメリカを舞台にした映画『パージ』シリーズの最新作『パージ:エクスペリメント』より、迫力の一発撮りアクションシーンが解禁。ディミトリ役のイラン・ノエルが狭小階段で激しいファイトを繰り広げる模様が収められている。@@cutter 全世界累計興行収入が500億円を突破した『パージ』シリーズ4作目となる本作では、パージ法がなぜアメリカで施行されることになったのか、そのはじまりが描かれる。  解禁された映像は、パージの最中、愛する元カノとその弟が逃げ込んだ高層アパートに、単身乗り込む主人公・ディミトリの格闘場面を映したもの。映像は、白いタンクトップ姿にマシンガンという出で立ちで、アパートの狭い階段にいるディミトリが、激しい銃声を耳にするところからスタート。続けてドアが開き、全身武装したパージ参加者が出現。狭い階段や踊り場で激しい格闘が展開し、階段を転げ落ちながらもディミトリが武装集団を制圧する姿が描かれる。  『パージ』シリーズで監督を務め、本作では製作・脚本として参加するジェームズ・デモナコが、「『ダイ・ハード』をもっと激しくした感じだ」と話す今回のアクションシーン。スタント・コーディネーターのハンク・エイモスは「あの階段のシーンは全部1回で撮影したんだ! イランは最初から最後までミスできない。彼にとっては、振り付けを覚えるような感覚だったと思う」と、一発撮りだったというエピソードを披露。  当のイランは「階段のシーンでは、心臓がバクバクしてたし、ものすごい量のアドレナリンが出てたんじゃないかな?」と振り返る。  さらにハンクは、「出演してくれた俳優たちはみんな作品に対して熱心で、自分のシーンにあるアクションに力を尽くしてくれた。たんこぶやアザをつくることも構わずに、リアルなアクションシーンを作ろうと努力していたよ。運転するシーンや、大掛かりな自動車事故、火事、撃ち合いのシーン…ありとあらゆるアクションシーンが登場する。作品を観て確かめてくれ!」と手応えを語っている。  映画『パージ:エクスペリメント』は6月14日より全国公開。

  • 映画『パージ:エクスペリメント』場面写真

    “パージ” は政府による陰謀なのか…『パージ:エクスペリメント』本編映像解禁

    映画

     殺人を含む全ての犯罪が、1年に一晩だけ合法化されるアメリカを舞台にした映画『パージ』シリーズの最新作『パージ:エクスペリメント』より、本編映像が解禁。オスカー女優のマリサ・トメイ演じる、パージ法の発案者メイ・アップデール博士が記者の追及を受ける様子が公開された。@@cutter 全世界累計興行収入が500億円を突破したシリーズの最新作となる本作。2013年に公開された1作目『パージ』は、一年に一晩(12時間)だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる法律“パージ法”が施行されたアメリカで、市民たちが犯罪者たちから逃げ惑うという斬新な設定で全米初登場1位のヒットを記録。2作目『パージ:アナーキー』、3作目『パージ:大統領令』に続き、最新作となる『パージ:エクスペリメント』では、パージ法がなぜアメリカで施行されることになったのか、そのはじまりが描かれる。  21世紀、アメリカは経済が崩壊し、“アメリカ建国の父” を名乗る新政党NFFA(the New Founding Fathers of America)が政権を握っていた。彼らは犯罪率を1% 以下に抑えるため、メイ・アップデール博士(マリサ・トメイ)が考え出した、一年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法となる“パージ”法を採用する。反対デモが起こる中、全国での適用の前にニューヨークのスタテン島内だけに施行する“実験” が行われることが決定。島の住民たちは不安を抱えながらパージ当日を迎える。島を愛するディミトリー(イラン・ノエル)は、愛する人を守るため島に残ることを決意し…。  解禁された本編は、パージ参加のため多くのスタテン島住人たちが参加登録所に押し寄せる中、CNB NEWSの記者から取材を受けるメイ・アップデール博士を映したもの。コーヒーを片手に余裕の表情で記者からの取材に答える博士。記者から「本当のところ、パージは政治的陰謀なのでは?」と追求されると「私はNFFAの職員ではなく、これは彼らの実験でもない」と返答。さらに「NFFAは協力者で―、政治的見地というより心理的テストなの」とあくまでも実験だと強調し「激しく行動することで、暴力の解放になるわ」と言い放つ。それに対し記者が「“暴力の解放”は初耳だ」と追及を深める一言で映像は終わっている。博士の笑顔に隠された真意が気になるところだ。  映画『パージ:エクスペリメント』は6月14日より全国公開。

  • 映画『パージ:エクスペリメント』場面写真

    不気味な暴徒集団vs逃げ惑う住人『パージ:エクスペリメント』場面写真7点公開

    映画

     殺人を含む全ての犯罪が、1年に一晩だけ合法化されるアメリカを舞台にした映画『パージ』シリーズの最新作『パージ:エクスペリメント』より、場面写真7点が公開となった。パージ法が実験的に施行されるスタテン島で繰り広げられる暴徒と住人の緊迫の対峙が垣間見られる写真となっている。@@cutter 2013年の『パージ』を皮切りに、これまで公開された3作品の全世界累計興行収入が450億円を突破した同シリーズ。最新作の公開に併せて全10話のテレビシリーズ『パージ』が放映され、シーズン2も決定するなど人気を博している。映画最新作となる『パージ:エクスペリメント』では、パージ法がなぜアメリカで施行されることになったのか、そのはじまりが描かれる。  経済が崩壊した21世紀のアメリカで“アメリカ建国の父”を名乗る新政党NFFAは、犯罪率を1%に抑止するため、メイ・アップデール博士が考案したパージ法(夜7時から翌朝7時までの12時間だけ殺人を含む全犯罪が合法となる)をニューヨークのスタテン島内だけに施行する実験を開始。住民たちは不安を抱えながらパージ当日を迎える。  この度、閉鎖空間で巻き起こる人類史上初の“パージ”を捉えた場面写真7点が解禁。パージ反対派の住人たちが猛抗議する中、虚しくもパージ開始のサイレンが鳴り響くスタテン島で、初の施行を厳重に観察する立案者のメイ・アップデール博士(マリサ・トメイ)たち。一方、パージ賛成派の暴徒たちから必死に逃げ惑う住人たちの姿も垣間見える。絶対的不利な状況の中でも、愛する人と愛する地元を守るため、政府と暴徒たちに立ち向かう主人公ディミトリ(イラン・ノエル)の姿も見ることができる。  さらに、『パージ』シリーズの象徴とも言える、暴徒たちが被る印象的な“マスク”も公開。巨大な角が生えたミノタウロスマスクや、防護服を身に纏いグロテスクなマスクを被る不気味な暴徒集団の姿も。そして、たくましい身体で武器を手に取るディミトリが見つめる先に映るものとは…。  映画『パージ:エクスペリメント』は6月14日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access