いちごの唄 関連記事

  • 映画『いちごの唄』に出演の清原果耶場面写真

    清原果耶、女神のようなヒロインを熱演 映画『いちごの唄』本編解禁

    映画

     俳優の古舘佑太郎と女優の石橋静河がダブル主演を務める映画『いちごの唄』より、女優の清原果耶が女神のようなヒロインを演じる姿を映した本編映像が到着した。@@cutter 本作は、銀杏BOYZの峯田和伸が詞曲を手掛けた同バンドの楽曲「漂流教室」「ぽあだむ」などから着想を得て脚本家・岡田惠和が執筆した同名小説(朝日新聞出版)を実写化した青春ラブストーリー。年に一度しか会えない“あーちゃん”を思い日々を暮らす主人公・笹沢コウタを古舘、“あーちゃん”こと天野千日を石橋が演じる。  コウタの唯一の親友だった伸二は、中学生の頃、2人が“天の川の女神”とあがめていたクラスメイトのあーちゃんこと天野千日を交通事故から守り、亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し、来年の七夕にも会おうと約束。コウタはこの日だけを楽しみに一年を過ごす。次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り、「もう会うのは終わりにしよう」と告げる―。  清原が演じるのは、主人公のコウタが想いを寄せる“あーちゃん”の中学生時代。連続テレビ小説『なつぞら』での演技も話題を呼んでいる清原が、本作では瑞々しくもどこか寂しさを感じさせるヒロイン“あーちゃん”の少女時代を、凛とした佇まいで演じる。  今回解禁された本編映像では、中学時代のコウタと伸二が、クラスメイトである千日を「天の川の女神だから“あーちゃん”だ」とこっそり名付け、憧れの対象として崇める姿が描かれている。さらに「伸二くんは私のせいで死んだの」という大人になった千日の言葉とともに、雨の中で振り向く中学時代の千日の回想シーンも登場し、彼女の過去の秘密がコウタとの恋にどう影響を与えるのか気になる映像となっている。  映画『いちごの唄』は公開中。

  • 映画『いちごの唄』岸井ゆきの場面写真

    岸井ゆきのがパンクなお姉さんに変身 『いちごの唄』本編映像到着

    映画

     俳優の古舘佑太郎と女優の石橋静河がダブル主演を務める映画『いちごの唄』より、女優の岸井ゆきのが過激なパンク好きのお姉さんを演じる姿を映した本編映像が到着した。@@cutter 本作は、銀杏BOYZの峯田和伸が詞曲を手掛けた同バンドの楽曲「漂流教室」「ぽあだむ」などから着想を得て脚本家・岡田惠和が執筆した同名小説(朝日新聞出版)を実写化した青春ラブストーリー。年に一度しか会えない“あーちゃん”を思い日々を暮らす主人公・笹沢コウタを古舘、“あーちゃん”こと天野千日を石橋が演じる。  コウタの唯一の親友だった伸二は、中学生の頃、2人が“天の川の女神”とあがめていたクラスメイトのあーちゃんこと天野千日を交通事故から守り、亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し、来年の七夕にも会おうと約束。コウタはこの日だけを楽しみに一年を過ごす。次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り、「もう会うのは終わりにしよう」と告げる―。  本作で要注目のキャラクターが、岸井演じるコウタのアパートの隣人・アケミ。岸井は主演映画『愛がなんだ』(2018)で、好きな人を想う気持ちが止められない平凡なOLの主人公・テルコをリアルに演じ、多くの女性の共感を得て話題を呼んだ。そして本作では『愛がなんだ』とは一転、可愛いながらも荒い口調でコウタに突っかかる、過激なパンク好きのお姉さん・アケミを演じている。  今回解禁された本編映像は、アケミとコウタの不思議な隣人関係が描かれている場面。パンクファッションに身を包んだアケミが「解散するほど、おまえら音楽やったのかよ! 座れ!」とマモルを一喝する。そんなアケミの気迫に「いやいや…ですよね」とタジタジとなるコウタ。さらに、アケミはコウタの胸ぐらをつかんでにらみつける。個性的なアケミが、劇中でコウタの恋にどう関わっていくのか、興味がそそられる映像となっている。  映画『いちごの唄』は7月5日より全国公開。

  • 映画『いちごの唄』ポスタービジュアル

    銀杏BOYZの名曲が彩る映画『いちごの唄』予告編&ポスター解禁

    映画

     俳優の古舘佑太郎と女優の石橋静河がダブル主演を務める映画『いちごの唄』より、予告編とポスタービジュアルが解禁された。予告編は銀杏BOYZの楽曲に乗せ、主人公コウタ(古舘)の「僕は幸せだと思うんだよね。片思いだけど恋をしているから」という言葉など、恋した時の喜びと切なさを描くエモーショナルな作品を期待させる内容となっている。@@cutter 本作は、銀杏BOYZの峯田和伸が詞曲を手掛けた同バンドの楽曲「漂流教室」「ぽあだむ」などから着想を得て脚本家・岡田惠和が執筆した同名小説(朝日新聞出版)を実写化した青春ラブストーリー。年に一度しか会えない“あーちゃん”を思い日々を暮らす主人公・笹沢コウタを古舘、“あーちゃん”こと天野千日を石橋が演じる。  コウタの唯一の親友だった伸二は、中学生の頃、2人が“天の川の女神”とあがめていたクラスメイトのあーちゃんこと天野千日を交通事故から守り、亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し、来年の七夕にも会おうと約束。コウタはこの日だけを楽しみに一年を過ごす。次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り、「もう会うのは終わりにしよう」と告げる-。  予告編は、コウタが親友・伸二の命日である7月7日、千日と高円寺で偶然再会するシーンから始まる。「あーちゃん」と呼びかけるコウタに、「そう呼んでたんだ、私のこと」と笑顔で返す千日。コウタは勇気を振り絞って提案する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会った所で、来年の今日…また」。年に一度、親友の命日である七夕に高円寺で再会し、環七通りを散歩する二人の楽しそうな姿。しかしある年、千日は「そんな風に女神だとか言ってるのは世界で君だけ。伸二君は私のせいで死んだ」とコウタに告げる。「私にはそんな価値なんてないのに。どうしていいか分かんないんだよ」と泣き出す千日…。  本編を彩る音楽は、銀杏BOYZ の「漂流教室」「ぽあだむ」など恋と友情を歌う名曲のほか、峯田が本作のために書き下ろした主題歌「いちごの唄」。本作でしか聞くことができない新曲が、予告編でも使用されている。  ポスターには、赤い花が咲く野原に横たわるコウタと千日の二人と、「全力で、恋した時間は、永遠なんだ。」というキャッチコピー。二人の絶妙な距離感が、年に一度しか会えない二人の関係を表現しているようなビジュアルとなっている。  映画『いちごの唄』は7月5日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access