ピアッシング 関連記事

  • 映画『ピアッシング』メインカット

    アイスピックを握る男、切っ先は赤ん坊に…『ピアッシング』衝撃の冒頭映像解禁

    映画

     村上龍の小説を俳優クリストファー・アボット、女優ミア・ワシコウスカの出演によりハリウッドで実写化した映画『ピアッシング』より、冒頭映像が解禁された。作品のエッセンスを凝縮したオープニング2分15秒の映像をそのまま見ることができる。@@cutter 村上による同名小説(幻冬舎文庫)を原作とする本作は、殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女が出会う一晩の物語を描くサイコスリラー。2018年にスイスのヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭で国際批評家賞、未来イメージ賞の2部門を獲得した。メガホンをとるのは、本作が長編監督2作目となる新鋭ニコラス・ペッシェ。  自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動にかられる主人公リード(クリストファー)は、その衝動を抑えるためSM嬢(ミア)をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし計画は滑稽なほど思い通りにいかず、ホテルにやってきた女はいきなり自分自身を傷つけて倒れ込んでしまう…。  この度解禁された冒頭映像は、高層ビル群の一室で寝ているかわいい赤ん坊に鋭いアイスピックの先が向けられる緊迫のシーンからスタート。まるで何かの妄想にとりつかれたようにアイスピックを握っているのは、赤ん坊の父親で主人公のリード。切っ先が赤ん坊に届くすんでのところで母親に声をかけられ、リードはとっさにアイスピックを隠す…。「オープニングからラストまで緊迫感が持続する」という『ピアッシング』のエッセンスが凝縮されたと2分15秒となっている。  映画『ピアッシング』は6月28日より全国公開。

  • 映画『ピアッシング』場面写真

    見てはいけない…殺人衝動を持つ男の“予行演習” 『ピアッシング』衝撃映像W解禁

    映画

     村上龍の小説を俳優クリストファー・アボット、女優ミア・ワシコウスカの出演によりハリウッドで実写化した映画『ピアッシング』より、2本の本編映像が解禁。殺人目的でSM嬢をホテルに呼んだ主人公が、女性が到着するまでの間に、ひとりでその予行演習を繰り返すという恐怖と滑稽さが混在する場面を収めたものとなっている。@@cutter 村上による同名小説(幻冬舎文庫)を原作とする本作は、殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女が出会う一晩の物語を描くサイコスリラー。2018年にスイスのヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭で国際批評家賞、未来イメージ賞の2部門を獲得した。メガホンをとるのは、本作が長編監督2作目となる新鋭ニコラス・ペッシェ。  自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動にかられる主人公リード(クリストファー)は、その衝動を抑えるためSM嬢(ミア)をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし計画は滑稽なほど思い通りにいかず、ホテルにやってきた女はいきなり自分自身を傷つけて倒れ込んでしまう…。  今回解禁された映像は、「洗練された会話に隠された男の本性」「優雅な身のこなしで予行演習」と題した2本。「洗練された会話に隠された男の本性」は、リードが「洗練された会話を楽しみながらベッドへと誘い、いいムードになったところで突然襲いかかる」というシュミレーションをひとり芝居で実演する場面。  スーツ姿のリードが誰も座っていないソファを前に「SMは初めてなんだ。縛らせてもらえる?」などと柔らかい雰囲気で会話をする場面からスタート。そしてベッドの前に移動し、「どうぞ、脱いでもいいよ」「きれいだ」と声をかけた後「隣へ?」と言ってベッドに腰掛ける。すると、身の上話を語りながら途中で動き出し、突然豹変してベッドの上で襲いかかるという一連の流れを練習するさまが収録されている。  もう1本の「優雅な身のこなしで予行演習」は、リードが「殺人衝動の思いを遂げた後、(遺体を)運んで切断、処理して掃除する」までをシャワールームでパントマイムのように再現しながら動きを確認している場面。どちらの映像でもリードはまるで何かに取りつかれたようにひとり芝居をしており、その姿は恐ろしさと同時にブラックなユーモアを感じさせるものとなっている。  映画『ピアッシング』は6月28日より全国公開。

  • 映画『ピアッシング』メインビジュアル

    殺人衝動を持つ男×自殺願望を持つ女、禁断の出会い…『ピアッシング』予告解禁

    映画

     村上龍の小説を俳優クリストファー・アボット、女優ミア・ワシコウスカの出演によりハリウッドで実写化した映画『ピアッシング』より、日本オリジナルの予告編とポスタービジュアルが解禁された。予告編は、殺人衝動にとらわれた男が周到なSM嬢殺害計画を立てる様子や、逆に男が女から辱めを受け、のたうち回る場面など、緊迫感満載の映像となっている。@@cutter 村上による同名小説(幻冬舎文庫)を原作とする本作は、殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女が出会う一晩の物語を描くサイコスリラー。2018年にスイスのヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭で国際批評家賞、未来イメージ賞の2部門を獲得した。メガホンをとるのは、本作が長編監督2作目となる新鋭ニコラス・ペッシェ。  自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動にかられる男(クリストファー)は、その衝動を抑えるためSM嬢(ミア)をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし計画は滑稽なほど思い通りにいかず、ホテルにやってきた女はいきなり自分自身を傷つけて倒れ込んでしまう…。  予告編は、男がいきなりホテルの廊下でSM嬢に駆け寄り、無理やり部屋に引き込もうとする場面から始まる。アイスピックで女の体を突き刺す練習をしながら「まずは縛っておかないと逃げ出すだろう」と入念に計画を立てる男の姿が映し出される。やがて2人の関係は逆転し、女が男の腹部にアイスピックを突き立てたり、血まみれになった男が口から泡を吹いてもだえ苦しんだりする場面が展開。刺激的な映像とスリリングなせりふの数々によって、まるで幻覚を見ているかのような世界に引き込まれていく。  ポスターには、「理性が崩壊する」のキャッチコピーとともに、クリストファー演じる男とミア演じるSM嬢のほか、アイスピックや黒い下着などが配され、洗練されたスタイルがサイコスリラーとしてのイメージをさらに増幅させるデザインとなっている。  原作者として本作のディレクションにも加わっている村上は「演技、演出、キャメラ、そして音楽、抑制され、かつ正確だった。『ピアッシング』という物語のテイストが理解されていると感じた。単に原作に忠実というわけではなく、不思議な感覚があった。わたしが原作を書くときに思い浮かべたイメージが、スクリーンに再現されている、そんな感覚だ。ホラー映画とカテゴライズされるのだろうが、残酷さの裏側、狂気の最深部に潜んでいる『人の優しさ』が、さりげなく描かれる。タイトルバック、エンドロールのビルの映像には驚いた。すばらしい」と絶賛している。  映画『ピアッシング』は6月28日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access