クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

イップ・マン 完結 関連記事

  • 映画『イップ・マン 完結』でブルース・リー役を演じるチャン・クォックワン

    『イップ・マン 完結』ブルース・リーが見事なヌンチャクさばきで敵を圧倒! 本編映像解禁

    映画

     ドニー・イェンが詠春拳の達人を演じる“イップ・マン”シリーズの最新作にして完結版となる映画『イップ・マン 完結』より、イップ・マンのまな弟子ブルース・リーのヌンチャクアクションシーンを捉えた本編映像が解禁された。@@cutter ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだ詠春拳の達人イップ・マン。“イップ・マン”シリーズは、激動の時代に誇りを貫いた彼の半生を10年以上にわたり描き、アジアで驚異的なヒットとなった。その集大成となる本作の舞台は米国。教え子ブルース・リーと再会したイップ・マンが、残される息子への思いを胸に、異郷に生きる人々、そして自らの武術家としての誇りを守るため、最期の闘いに臨む。  解禁された本編映像は、チャン・クォックワン演じるブルース・リーがシリーズで初めてアクションシーンを披露し、見事なヌンチャクさばきで敵を圧倒する様子を収めたもの。  前作『イップ・マン 継承』では、イップ・マンが最愛の妻とダンスをするためのコーチとして登場したまな弟子のブルース・リー。本作では、久しぶりに師匠イップ・マンと再会したダイナーで、不当な言いがかりをつける米国人に一人立ち向かう。  ブルース・リーを演じるチャン・クォックワンは、『少林サッカー』(チャウ・シンチー監督)でブルース・リーにそっくりなゴールキーパー役を演じ話題となった。今回満を持して見事なヌンチャクアクションを披露。路地裏でのその激闘シーンは、ブルース・リーの生誕80周年の今年、傑作4作品が鮮やかによみがえる「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」(7月3日より公開)で上映される『ドラゴンへの道』をほうふつとさせる。  「ブルース・リーとイップ・マンが中国カンフーの世界に与えた影響を表現したかった」と語るウィルソン・イップ監督は、完結となる本作で、師匠イップ・マンとまな弟子ブルース・リーの師弟関係を中心に物語を紡いだ。幼い頃からブルース・リーを敬愛するドニー・イェンと共に作り上げたイップ・マン最後の闘いに注目だ。  映画『イップ・マン 完結』は7月3日より全国順次公開。

  • 映画『イップ・マン 完結』でのドニー・イェン

    『イップ・マン 完結』、7.3公開決定 ドニ―・イェンが思いを語るメイキング映像解禁

    映画

     俳優のドニー・イェンが主演する“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン 完結』。このたび、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言により公開を延期していた本作の公開日が7月3日に決定し、併せて主演のドニー・イェンらが思いを語る本編&メイキング映像が解禁された。@@cutter 本作は、香港のアクション俳優ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズの最新作。戦時下の日本軍との闘いを描いた『イップ・マン 序章』、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた『イップ・マン 葉問』、詠春拳同士の戦いを描いた『イップ・マン 継承』に続き、シリーズ4作目で完結編となる。監督は引き続きウィルソン・イップが務め、アクション監督には香港アクション界の巨匠で、『イップ・マン外伝 マスターZ』(2018年)では監督も務めたユエン・ウーピン。  1964年、最愛の妻との死別後、愛弟子ブルース・リーの招待を受け、サンフランシスコに渡ったイップ・マン(ドニー)。しかし、ブルースが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれ…。遥かアメリカの地で、最強子弟タッグが誕生する。  今回解禁された映像は、本編映像やアクションシーンなどのメイキング映像に加え、10年以上にわたりイップ・マンを演じたドニー・イェン、ウィルソン・イップ監督らが熱く語るインタビューを収録したもの。  本シリーズで、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮してきたウィルソン・イップ監督は、今回の完結作について「イップ・マンと息子、父子の物語に焦点を当てました。イップ・マンは自分が病気であることを知り、そのため息子の未来を考えるのです」と説明。そして主演のドニー・イェンについては「衣装を身に着けた瞬間にイップ・マンに変身する」と称える。  ドニー・イェンは、本作のイップ・マンについて「息子のため留学先をみつけようとしますが、海外で暮らすことが息子にとって最良か疑問に思うのです」と、彼が一人の父親として葛藤することを明かす。さらに「“イップ・マン”シリーズの魅力は、カンフー映画としてのアクションのみならず、人間性がより深く描かれているため観る者の心を動かすのです」とシリーズが長きにわたって支持されてきた理由を語っている。   そして最後にウィルソン・イップ監督は「ブルース・リーとイップ・マンが、中国カンフーの世界に与えた影響を表現したかった。格闘家は正義に対する義務があり、初心を忘れてはいけないのです」と力強くコメント。ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだ“詠春拳の達人”イップ・マンの有終の美を、ぜひスクリーンで見届けたい。  映画『イップ・マン 完結』は7月3日より全国順次公開。

  • 映画『イップ・マン 完結』仮メインビジュアル

    ドニー・イェン、最後の闘いに挑む『イップ・マン 完結』公開日決定

    映画

     俳優のドニー・イェンが主演する“イップ・マン”シリーズ最新作『イップ・マン4 完結篇(原題)』が、邦題を『イップ・マン 完結』として2020年5月8日に公開されることが決定し、日本版ティザービジュアルが公開された。詠春拳の達人イップ・マン最後の戦いが繰り広げられる。@@cutter 本作は、香港のアクション俳優ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズの最新作。戦時下の日本軍との闘いを描いた『イップ・マン 序章』、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた『イップ・マン 葉問』、詠春拳同士の戦いを描いた『イップ・マン 継承』に続き、シリーズ4作目で完結編となる。  ドニーのほか、映画『ドクター・ストレンジ』のスコッド・アドキンスや、『SPL 狼たちの処刑台』のウー・ユエ、クリス・コリンズらが共演。監督は引き続きウィルソン・イップが務め、アクション監督には香港アクション界の巨匠で、『イップ・マン外伝 マスターZ』(2018年)では監督も務めたユエン・ウーピンが務める。さらに音楽には川井憲次と、おなじみのスタッフがそろった。  1964年、最愛の妻との死別後、愛弟子ブルース・リーの招待を受け、息子とともにサンフランシスコに渡ったイップ・マン(ドニー)。しかし、ブルースが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれ…。遥かアメリカの地で、最強子弟タッグが誕生する。  解禁された日本版ティザービジュアルは2種。ひとつは拳を握り、手を後ろで構えたイップ・マンの後ろ姿に、『イップ・マン 完結』の邦題と原題の『葉問4』が配されたもの。もうひとつは、鋭いまなざしのドニー演じるイップ・マンの姿が「4」の文字に形取られており、「10年に渡る“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結」というコピーが大きく打ち出され、最後の闘いに挑むイップ・マンの姿に胸が高まるビジュアルとなった。  映画『イップ・マン 完結』は2020年5月8日より全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access