クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist- 関連記事

  • 5月30日~5月31日の全国映画動員ランキング1位:『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』

    【映画ランキング】『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』がV3!

    映画

     5月30~31日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、千眼美子主演の『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』が公開から3週連続で首位に輝いた。@@cutter 2位も先週と変わらず『天気の子』が順位をキープした。3位は先週の4位からワンランクアップした『一度死んでみた』、4位は『パラサイト 半地下の家族』が、順位を一つ下げる形となった。  5位は、5月29日に全国公開された『ワイルド・スピード』シリーズのビン・ディーゼル主演映画『ブラッドショット』が初登場ランクイン。先週圏外から5位に入った『Fukushima 50』が6位、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が7位、『君の名は。』が8位、『弥生、三月 ―君を愛した30年―』が9位に入った。  また、一部劇場で『恐怖回避ばーじょん 劇場版』の上映が始まっている『犬鳴村』が圏外から10位に再ランクインした。  各自治体による休業要請の解除により、東京都を中心とした首都圏でも6月1日から劇場の営業が再開。週末には新作の公開も増え、来週以降のランキングが楽しみだ。  5月30日~5月31日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』 第2位:『天気の子』 第3位:『一度死んでみた』 第4位:『パラサイト 半地下の家族』 第5位:『ブラッドショット』 第6位:『Fukushima 50』 第7位:『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』 第8位:『君の名は。』 第9位:『弥生、三月‐君を愛した30年‐』 第10位:『犬鳴村』

  • 5月23日~5月24日の全国映画動員ランキング1位:『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』

    【映画ランキング】千眼美子主演映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』がV2!

    映画

     各地域で緊急事態宣言の解除が行われ、全国で100サイト以上の劇場が営業を再開。そんななか興行通信社より発表された5月23日~24日の全国映画動員ランキングは、先週同様『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』が、2週連続首位を獲得した。本作は、宗教家の大川隆法製作総指揮・原作を担当し、主演を千眼美子が務めるオリジナルストーリーだ。@@cutter 2位『天気の子』、3位『パラサイト 半地下の家族』、4位『一度死んでみた』と先週から順位の変化はなかったが、3月6日に公開された、東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故を描いた公開12週目の『Fukushima 50』が、圏外から5位にランクインした。  また、豊島圭介が監督を務め、俳優の東出昌大がナレーションを務めるドキュメンタリー映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』も、圏外から10位にランクインした。  5月23日~5月24日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』 第2位:『天気の子』 第3位:『パラサイト 半地下の家族』 第4位:『一度死んでみた』 第5位:『Fukushima 50』 第6位:『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』 第7位:『君の名は。』 第8位:『シン・ゴジラ』 第9位:『弥生、三月‐君を愛した30年‐』 第10位:『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

  • 5月16日~5月17日の全国映画動員ランキング1位:『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』

    【映画ランキング】劇場営業再開 1位は『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』

    映画

     新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令のため、全国で休館されていた映画館が一部で再開。それに伴い、休止になっていた興行通信社による全国映画興行ランキングの発表も開始された。@@cutter 5月16~17日の集計では、緊急事態宣言以降、新作映画としては最初の公開作品となった『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』が初登場1位に輝いた。宗教家の大川隆法が製作総指揮・原作を担当し、主演を千眼美子が務めるオリジナル長編映画で、オープニングから3日間で動員3万3797人、興収4378万2600円を記録した。  2位以降はすべて既存作品だが、2位に『天気の子』、5位に『君の名は。』、6位に『シン・ゴジラ』と、過去に大ヒットした東宝作品がランクインするなど、新作映画の公開がない現状を表すようなランキングとなっている。  3位は全国公開から18週目と超ロングラン興行を続ける『パラサイト 半地下の家族』。4位『一度死んでみた』、7位『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』、8位『弥生、三月 ‐君を愛した30年‐』と、3月に公開された作品もランクインしている。  また9位には、IMAX上映でよみがえった伝説的アニメーション映画『AKIRA』が、10位には『へレディタリー/継承』のアリ・アスター監督最新作『ミッドサマー』がランクインした。  5月16日~5月17日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』 第2位:『天気の子』 第3位:『パラサイト 半地下の家族』 第4位:『一度死んでみた』 第5位:『君の名は。』 第6位:『シン・ゴジラ』 第7位:『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』 第8位:『弥生、三月‐君を愛した30年‐』 第9位:『AKIRA』(IMAX上映) 第10位:『ミッドサマー』

  • 映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』ポスタービジュアル

    不可解な心霊現象に恐怖…『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』本編映像&場面写真公開

    映画

     女優の千眼美子が、“エクソシスト”(=祓魔師・降魔師)に挑む主演映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』より、本編映像や場面写真が解禁された。公開された本編映像では、不可解な心霊現象が起きた場所に向かうシーンから始まる。@@cutter 本作は、2月に行われたモナコ国際映画祭にて、最優秀作品賞(エンジェル・トロフィー賞)を含む4冠を獲得。3月には、ナイジェリアのエコ国際映画祭でも最優秀作品賞を含む2冠に輝いている。主演の千眼は、喫茶店のアルバイトとして働きながら、エクソシストとして人々の悩みを解決していく不思議な力をもった主人公・サユリを演じ、ほか伊良子未來、希島凛、日向丈、長谷川奈央、大浦龍宇一、芦川よしみ、折井あゆみといった若手からベテランまでが脇を固める。  東京の片隅にある喫茶「エクストラ」、そこはマスター自慢の本格的なコーヒーが楽しめることでファンが多い隠れ家的な人気店。そして店先には「悩みごと相談承ります」という小さな札がぶらさがっている。実は、この店でアルバイトをしているサユリ(千眼)のもとには、さまざまな悩みを抱えた人たちが訪れ、彼女は“不思議な力”を使って、次つぎと悩みを解決しているのだ。しかし、そんな活躍を続けるサユリに、邪悪な存在が立ちはだかる…。  公開された本編映像は、トイレからすすり泣く声がすると相談した女子高生らと共に、サユリ(千眼)がその現場となる夜の学校のトイレに恐る恐る入るシーン。勝手に閉まる扉や、電気が突如ついたり消えたりする不気味なポルターガイスト現象がサユリたちを襲うが、サユリはドアの前で手をかざし「出てきなさい」と念を込める。すると女性の泣き声が…。果たしてこの声の元凶は何なのか、そしていかにしてサユリがエクソシストの力を発揮するのか、続きが気になる緊迫のシーンとなった。  併せて解禁された場面写真には、千眼が演じるサユリが悩み相談を受けているカフェでの姿や、結界を張る姿などが見て取れ、そのほか、サユリを手伝うイサム役の伊良子や、その恋人・杏花役の希島の緊迫した表情、さらに異質な空気を放つ謎の女役の折井の姿も写し出されている。  映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密‐The Real Exorcist‐』は5月15日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access