クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

AI崩壊 関連記事

  • 映画『AI崩壊』場面写真(左から)大沢たかお、賀来賢人

    AIが全国民の価値を選別、殺りくを開始!『AI崩壊』恐怖の本編シーン解禁

    映画

     俳優の大沢たかお、賀来賢人、EXILE/三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典らが共演する映画『AI崩壊』より、大沢演じる人工知能(AI)開発者・桐生浩介が開発した医療AI<のぞみ>が暴走し、人間の生きる価値を選別して殺りくを開始する恐怖の本編シーンが解禁された。@@cutter 本作は、AIが国民の生活に欠かせない存在となった2030年の日本を描く完全オリジナルストーリーのサスペンス。大沢演じるAI開発者にして天才科学者の桐生浩介を主人公に、AIの暴走が日本中を巻き込む大惨事へ発展する様を緊張感たっぷりに活写する。監督は『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の入江悠。  解禁となったのは、AIが暴走し、国民の生きる価値を選別していく恐怖にあふれるシーン。桐生が亡き妻・望のために開発した医療AI<のぞみ>は、個人情報を完全に掌握し全国民の健康を管理していた。しかし、生きるために欠かせない存在となったAI<のぞみ>が突如暴走。病歴・納税額・交友関係・社会的地位など、いくつものパラメータで生きるべき人間とそうではない人間を区別し、“余命価値”を計測。次々と【死亡】判定を下し、死亡する人間の消去手段を決めていく様子が描かれている。  本作の監督とオリジナル脚本を手掛けた入江は、10年後の日本社会を描くためにAIについて徹底的にリサーチを行った。特に劇中で描かれるAIが普及した世界はリアルに起こり得る未来の姿として描いたという。  入江監督は「2030年には医療AIが生活の中に入り込んでいると思います。個別化医療と言ってそれぞれに個人のデータを収集して適切な診断を下すみたいなことは、恐らく2030年には普通に起きているだろうなと思いますね。あなたはこのアレルギーがあるからこの食事はやめなさいとか、そうした情報が携帯電話に届くとか、そういうことが現実になっていくと思います」と語る。  さらに、「僕は昔から個人情報を流出されるのをすごく警戒しています。パソコンのカメラは塞いでいますし、携帯のアプリとかもなるべくダウンロードしないようにしていますね。AIを調べれば調べるほどアナログ生活をしたいなと思ってしまいます(笑)」と語っている。  監督はまた、「2020年はこれからの日本にとってターニングポイントになる気がしていて。それはオリンピックがあることもそうですし、21世紀に入ってからこれまでの間って、輝かしい未来から遠ざかっている印象をみんな持っていたのではないかなと思います。オリンピックがある年にこの映画が公開されるので、これからの社会を作っていく若い人が何か考えるきっかけになったらいいなと思います」と熱弁している。  映画『AI崩壊』は1月31日より全国公開。

  • 映画『AI崩壊』ジャパンプレミア 舞台挨拶にて

    大沢たかお、松嶋菜々子と5度目の共演!「集大成が出せれば」

    映画

     俳優の大沢たかおが14日、都内で行われた映画『AI崩壊』のジャパンプレミアイベントに出席。本作で5度目の共演となった松嶋菜々子への熱い思いを語った。イベントには大沢をはじめ、賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、芦名星、玉城ティナ、松嶋菜々子、三浦友和、入江悠監督、そして主題歌を歌うAIも出席した。@@cutter 本作は、AIが人間の生活に欠かせない存在となった10年後の日本を舞台に、そのAIが予期せぬ暴走を繰り広げ、日本国内が大パニックになってしまうさまを描いたSFサスペンス。  過去に何度も共演している大沢と松嶋だが、大沢が「長いこと松嶋さんとはお仕事をさせていただいていますが、夫婦役は初めてなんですよね」と言うと「自分としてはこれまで二人でやってきたことの集大成が出せればいいなと思って作品に臨みました」と熱い思いを吐露する。    大沢は、劇中に物語にとって非常に重要な二人のシーンがあるといい、その撮影の前日は興奮と緊張で眠れなかったと明かす。そして現場で松嶋に「すごく大事なシーンだからね」と話したそうだが「松嶋さんは『そんなのわかっているわよ!』という感じのリアクションだった」と苦笑い。    そんな雰囲気になったのも、二人の信頼関係があったからこそ。松嶋は「夫婦で一緒のシーンが少ない中で、信頼関係が出来上がっていることを表現するのはとても難しい作業だった」と語ったが「でもこれまで何度も共演させていただいていたので、すんなりと入ることができました。とても楽しい時間でした」と大沢に感謝を述べていた。    また、警視庁の若き天才捜査官・桜庭誠を演じた岩田は「天才の役なんてなかなか演じることがないですよね」とおどけると「普段の自分のイメージとは真逆の役柄。髪型や眼鏡などに助けられた気がします」と役作りへの苦労を述べる。続けて「入江監督と現場で少しずつ作り上げていきました」と晴れ晴れとした表情で語っていた。  大沢は「アジア勢に押され、日本映画がしんどい時期」と危機感をあおると「それでも戦って評価をされたい。まだまだ(日本映画が)捨てたもんじゃないと意気込んで作品を作りました。自信を持ってお送りできる作品です。エンタメの未来を感じながら見てほしいです」と客席に訴えていた。  映画『AI崩壊』は、1月31日公開。

  • 映画『AI 崩壊』メインカット

    『AI崩壊』大沢たかお、現場で作り上げた岩田剛典との“特別な関係”とは?

    映画

     俳優の大沢たかおを主演に迎え、AIが暴走し命を選別する世界を描く映画『AI崩壊』。AIの開発者でAI暴走の犯人にされ逃亡者となる主人公・桐生浩介を演じた大沢は、桐生を追い詰める天才捜査官の桜庭に扮した岩田剛典について「言葉がいらない」特別な関係だったことを明かした。@@cutter 本作は、AIが国民の生活に欠かせない存在となった2030年の日本を描く完全オリジナルストーリーのサスペンス。AIの暴走が日本中を巻き込む大惨事へ発展する様を緊張感たっぷりに活写する。監督は『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の入江悠。  大沢と岩田は、劇中で逃亡者と天才捜査官として対立する役柄を熱演。桜庭は最新のAI技術を駆使し逃亡者の桐生を追い詰める人物だったため、岩田は近未来の舞台設定や桜庭の性格、桐生との関係性などについて徹底的に考えたそうで、「撮影した2ヶ月間は桜庭のことだけを考えて演じました」と告白。  大沢は発対面の時から、そんな岩田の熱い思いを感じたようで「岩田さんは相当台本を読み込んで考えてこられたんだろうと思いました。自分の中で芝居をしっかりプランニングして撮影に臨んでいるというのを、最初のテストの時からすぐに感じたんです」と語り、あえて撮影現場では話さないようにしたという。  桜庭は若くして警察庁のエースに上り詰めるが、人間的な感情を表に出さない謎めいたキャラクター。大沢は「桐生を追い詰める桜庭は、少し異質なキャラクターでもありました。だから僕らが休憩時間に話している時も、彼だけは一人で別の場所に座って次のシーンの準備をしていて、そんな姿を見ると岩田さんなりにこの作品に何か賭けるものがあり、挑戦しているんだなって思いました」と撮影時のエピソードを明かした。そして「岩田さんは彼の中で桜庭役をしっかり作り込んで現場にいらっしゃいました。だから彼とは良い意味で気遣いせず、余計な会話をしないで芝居の中で桐生と桜庭の関係を作り上げられたと思います。言葉がいらない関係でしたね」と語っている。  そんな岩田は、初共演となる大沢について「大沢さんのおおらかさや引っ張ってくれる男らしさが現場全体の雰囲気を作ってくれ、士気の高い現場でした」と印象を明かし、ベテラン俳優の貫禄に感銘を受けた様子。尊敬している大沢との共演に緊張感があったそうだが、勉強にもなり良い経験だったと振り返っている。  映画『AI崩壊』は1月31日より全国公開。

  • 『AI崩壊』完成報告会見にて

    大沢たかお、賀来賢人と“芸能人のマンション”情報で盛り上がる

    映画

     俳優の大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、三浦友和、入江悠監督が17日、都内で開催された映画『AI崩壊』完成報告会見に出席。スタントなしでアクションに挑んでいる大沢は「自分はけっこう体を痛めていたんですけど、監督は本当に幸せそうな顔で毎日帰っていきました」と入江監督をいじって会場を沸かせた。@@cutter 本作の舞台は、AIが全国民の個人情報・健康を管理する2030年。天才科学者で画期的なAIの開発者である桐生浩介(大沢)が開発したAIが突如として暴走を始め、日本中がパニックに陥る。主演の大沢は、近未来パニック映画はトム・クルーズだと成立するイメージだったと言い「残念ながら僕はトム・クルーズじゃないので(笑)、大きく考え方を変えなきゃいけないなと。じゃあ、ハリウッド映画に負けない部分って何だろうって考えた時に、日本映画の強みって、人間を表現したり、リアリティのある人の匂いとか人のそういうものを表現する(こと)」とコメント。  また、ヒーロー像を描くのではなく、等身大な主人公を描くことを意識したという。「身近な人が、必死になって日本全国で起こったクライシスを解決しようとするっていう方が、自分としては、等身大で出来るし、見ている人も、同じ目線で、ドキドキハラハラしてくれるんじゃないかなということで、監督とはディスカッションさせてもらいました」と振り返っていた。  桐生の義理の弟で、桐生が開発したAIを管理する企業の代表でもある西村悟役の賀来は「僕みたいな若造に、ちゃんと目を見て真摯に向き合ってくださっていたので、本当に助かりました。あとは、雑談をいっぱいできたのが、僕は個人的にうれしかったです」と大沢に感謝。大沢は「逆に賀来くんから学ぶこともあった」としつつ「ほとんど話したのは、芸能人はいったいどういうマンションに住んでいるのか。お互い得た今までの情報を携帯で調べて。家賃、買ったのか買ってないのか。それは残念ながら、岩田君がいない日だったので、先ほど話したら、岩田君も参加したかったって」と回想。これを受けた岩田は「混ざりたかったですね」と白い歯を見せていた。  映画『AI崩壊』は2020年1月31日全国公開。

  • 映画『AI 崩壊』メイキングカット

    大沢たかお主演『AI崩壊』、一般道路を封鎖して撮影 大がかりな舞台裏映像公開

    映画

     俳優の大沢たかおが主演し、賀来賢人、EXILE/三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典らが共演する映画『AI 崩壊』より、一般道路を封鎖し巨大貨物船を貸し切るなど、大規模撮影の舞台裏を収めた特別映像が公開された。@@cutter 本作は、AIが国民の生活に欠かせない存在となった2030年の日本を描く完全オリジナルストーリーのサスペンス。大沢演じるAI開発者にして天才科学者の桐生浩介を主人公に、AIの暴走が日本中を巻き込む大惨事へ発展する様を緊張感たっぷりに活写する。大沢、賀来、岩田のほか、広瀬アリス、松嶋菜々子、玉城ティナ、高嶋政宏、芦名星、余貴美子、三浦友和ら豪華キャスト陣が顔をそろえる。監督は映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の入江悠。  舞台は10年後の日本。天才科学者の桐生浩介(大沢)が亡き妻・望(松嶋)のために開発した医療AI「のぞみ」は、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴など国民の個人データを完全に掌握し、全国民の個人情報・健康を管理しており、日本にとって欠かせない存在となっていた。そんな中、突如「のぞみ」が暴走を開始、生きる価値のない人間を選別して殺りくを開始するという未曽有の事態が発生する。日本中がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストと断定されたのは、「のぞみ」を開発した桐生だった。天才科学者から一転、容疑者となった桐生の決死の逃亡劇が始まる。  公開された特別映像は、入江監督がこだわった“リアルさ”を表現するため行われた、なるべくCGに頼らない大規模な撮影の様子を映し出したもの。一般道路を全面封鎖して行ったド迫力のカーアクションや、巨大な貨物船をまるごと一隻貸し切った撮影の舞台裏が明らかとなっている。AIの暴走により交通網が完全にマヒしてパニックになるシーンは、渋滞する車が並ぶ中、突然上から車が吹っ飛んでくるという前代未聞のアクションで再現。さらに桐生が貨物船に乗り込み逃走を図るシーンでは、セットではなく巨大貨物船を貸し切り、臨場感あふれるシーンを生み出した。入江監督は「CGをほとんど使わずにリアルさを追究したことで、役者さんの切迫感や熱の入り具合もすごく高まったと思います」と熱く語った。  併せて解禁された場面写真は、警察から追い詰められ、鬼気迫る表情で激走する大沢扮する桐生の姿をはじめ、キャストたちのシリアスな表情が捉えられており、スリリングなストーリー展開に期待が高まる5点となっている。  映画『AI 崩壊』は2020年1月31日より全国公開。

  • 映画『AI 崩壊』ポスタービジュアル

    大沢たかお『AI崩壊』最新予告&ポスター解禁 主題歌はAIに決定

    映画

     俳優の大沢たかお、賀来賢人、EXILE/三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典らが共演する映画『AI崩壊』より、人工知能(AI)が人間の生きる価値を選別し殺りくを始める衝撃の最新予告とポスターが解禁された。また主題歌はAI(アイ)が本作のために書き下ろした「僕らを待つ場所」に決まった。@@cutter 本作は、AIが国民の生活に欠かせない存在となった2030年の日本を描く完全オリジナルストーリーのサスペンス。大沢演じるAI開発者にして天才科学者の桐生浩介を主人公に、AIの暴走が日本中を巻き込む大惨事へ発展する様を緊張感たっぷりに活写する。監督は『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の入江悠。  舞台は10年後の日本。天才科学者の桐生浩介(大沢)が亡き妻・望のために開発した医療AI「のぞみ」は、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴など国民の個人データを完全に掌握し、全国民の個人情報・健康を管理しており、日本にとって欠かせない存在となっていた。そんな中、突如、「のぞみ」が暴走を開始、生きる価値のない人間を選別して殺りくを開始するという未曽有の事態が発生する。日本中がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストと断定されたのは、「のぞみ」を開発した桐生だった。天才科学者から一転、容疑者となった桐生の決死の逃亡劇が始まる。  警察が誇るAI監視システムを駆使して逃亡者となった桐生を追い詰めていく、警察庁の天才捜査官・桜庭誠(岩田)。桐生の義弟で「のぞみ」を管理する企業の代表としてAI暴走の収拾に奔走する西村悟(賀来)。類まれな刑事の勘で事件の真相に迫っていくベテラン刑事の合田京一(三浦友和)と警視庁捜査一課の奥瀬久未(広瀬アリス)の凸凹コンビなど、個性豊かな登場人物が脇を固める。  予告映像では、桐生と亡き妻との“失われた過去”にどのような秘密が隠されているのか、それぞれの思いが交差する中で、日本中をパニックへと陥れたAI暴走の真相へと近づいていく姿を、スピード感あふれる映像とサスペンスフルな展開で描いていく。  予告にも流れる主題歌「僕らを待つ場所」を担当したAI(アイ)は「今まで歌った中で一番シンプルな音の曲だと思います。映画のイメージとはあえて逆に、機械的な音を避けました。でも温かく生の声を伝えたかった」と語る一方、「AI崩壊というタイトルに私が歌うっていうのは笑いました」と自らの名前と同じ映画タイトルの主題歌を担当することに笑みを浮かべる。  主題歌を聞いた大沢は「この映画の主人公が、家族を思う気持ちはもちろん、生きていく中で、家族や、恋人、友人など、、、人と人とのすべての繋がりへの深い愛と尊敬など感じられる曲だと思いました」とコメントしている。  映画『AI崩壊』は2020年1月31日より全国公開。

  • 映画『AI 崩壊』場面写真

    松嶋菜々子、『AI崩壊』で大沢たかおと5度目の共演にして初夫婦役

    映画

     俳優の大沢たかおが主演を務める映画『AI崩壊』で、女優の松嶋菜々子が共演することが発表された。夫の人工知能(AI)開発者・桐生浩介(大沢)と共に画期的なAIの研究をしていたが、病により若くしてこの世を去ってしまう妻・望役を演じる。大沢とは5度目の共演で初の夫婦役となる。@@cutter 本作は、AIが国民の生活に欠かせない存在となった2030年の日本を描く完全オリジナルストーリーのサスペンス。大沢演じるAI開発者にして天才科学者の桐生浩介を主人公に、AIの暴走が日本中を巻き込む大惨事へ発展する様を緊張感たっぷりに活写する。監督・脚本は入江悠。  松嶋は、脚本を最初に読んだ時の印象を「近未来を描いた作品は海外で多く作られていると思いますが、日本でここまでスケールが大きい作品は無いと思いますので、この脚本をどのように映像化していくのか期待が膨らみました」と話す。さらに「AIに代わる仕事が増えていく未来もあると思いますが、たとえAIになったとしても、そこには人間ならではの想いが無いといけないなと常日頃から感じています。一番大切なのは、人の存在価値や感情であり、ロボットが一番ではないと思っているので」と、AIをテーマにした本作への思いも語っている。  今回共演を果たした大沢については「『私の事が好きで指名してるでしょ(笑)』『そうだよ!』と冗談を言いながら、とってもご縁がありますねと話していたんです。共演を重ねるうちにそんなことも言い合えるようになりました」と、多くの共演を重ねてしっかりとした絆があることを明かす。さらに、「大沢さんとは、別の作品でアクションシーンもご一緒しましたが、身体も鍛えられていて凄くストイックな方という印象があります。そんな大沢さんのもち味を出しながら、作品を作り上げているので出来上がりが楽しみです」と期待している。  映画『AI崩壊』は2020年1月31日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access