クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

キャッツ 関連記事

  • 映画『キャッツ』(上段)ラム・タム・タガー場面写真と(下段)吹き替えを担当するOfficial髭男dismの藤原聡

    “ヒゲダン”藤原聡、『キャッツ』で映画初出演 ワイルド猫の吹き替え挑戦

    映画

     1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルを映画化する『キャッツ』の日本語版吹き替えキャストとして、人気バンドOfficial髭男dismの藤原聡がキャッツ界一のワイルド猫ラム・タム・タガー役を演じることが発表された。@@cutter 本作は、ノーベル文学賞の受賞経験をもつイギリスの詩人、T・S・エリオットの詩集を元に、ミュージカル『オペラ座の怪人』のアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を手掛け、『レ・ミゼラブル』のキャメロン・マッキントッシュがプロデュースしたミュージカルを映画化。アンドリューと共に巨匠スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮に名を連ね、映画『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督がメガホンを取る。  満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで出会ったのは個性豊かな“ジェリクルキャッツ”たちだった。そしてこの夜は、新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜だった。一生に一度、一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。  藤原が演じるラム・タム・タガーは、オリジナル版では歌手のジェイソン・デルーロが演じている。  映画吹き替えは本作が初となる藤原。「歌わせてもらえる、ということがとても嬉しかったです。セリフは初めての経験で不安もありましたが、とても楽しそうだなと思い、僕で良かったらと、参加させていただきました」とのコメントを寄せている。  アフレコ収録では「ジェイソン・デルーロの持ち味を取り込んだ上でアウトプットするのが、最初はすごく難しかったです。でも、一緒に作ってくださった収録スタッフの皆さんのおかげで、自分なりに、表情豊かに歌うことができたんじゃないかなと思います」と確かな手応えをつかんだ様子。また、「滑舌や発音をしっかりと指導していただいたのは、とても勉強になりました。別の角度から“歌”というものを知る事が出来たような気がします」と、今回得た経験についても語る。  藤原は以前は犬派だったというが、「映画の中で生き生きとしているキャラクター達を見ていると、もう“キャッツ派”にならざるを得ないですよね!」と話している。  映画『キャッツ』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『キャッツ』本ポスタービジュアル

    『キャッツ』特別な夜に猫たちが歌い、踊る新予告&ポスタービジュアル公開

    映画

     1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルを映画化する『キャッツ』より、猫たちが一夜だけの特別な舞踏会で歌い踊る新予告が、本ポスタービジュアルと共に解禁された。@@cutter 本作は、ノーベル文学賞の受賞経験をもつイギリスの詩人、T・S・エリオットの詩集を元に、ミュージカル『オペラ座の怪人』のアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を手掛け、『レ・ミゼラブル』のキャメロン・マッキントッシュがプロデュースしたミュージカルを映画化。アンドリューと共に巨匠スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮に名を連ね、映画『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督がメガホンを取る。  キャストは、白猫のヴィクトリア役にトップバレエダンサーのフランチェスカ・ヘイワードが扮し、バストファージョーンズ役をジェームズ・コーデン、グリザベラ役をジェニファー・ハドソン、ボンバルリーナ役をテイラー・スウィフトが務める。  満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで出会ったのは個性豊かな“ジェリクルキャッツ”たちだった。そしてこの夜は、新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜だった。一生に一度、一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。  予告編では、不思議な力を持つ長老猫オールドデュトロノミーの「見極めるのは魂よ」という言葉に導かれながら、歌やダンスで自身を表現しようとする個性豊かな猫たちが登場。「選ばれるのは私だ」と語る怪しげな猫や、ふとっちょな猫、奇跡を願う猫…さまざまな猫たちとの出会いで、ヴィクトリアはどのように変わっていくのか。そして、最後に選ばれる猫は一体…。バレエ、ヒップホップ、タップなど、多様なダンスと美しい音楽に彩られた世界が映し出される。  本ポスタービジュアルは、満月の夜にロンドンの街中で猫たちが踊る幻想的なビジュアルに仕上がった。  なお、本作のキラキラチケットホルダー付きムビチケ前売券(カード)が発売中。価格は1400円(税込)。特典が無くなり次第、ムビチケ前売券のみの販売となる。  映画『キャッツ』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会に登場した葵わかな

    「ネコが大好き」葵わかな、『キャッツ』主人公吹き替えは「本当に幸せ」

    映画

     女優の葵わかなが18日、都内で開催された映画『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会に出席。主人公に声を吹き込む葵は、「私自身、とってもネコが大好きなので。そういう意味でも、この作品に関われて本当に幸せです」と出演の喜びを語ったほか、自分にとっての「一生で一番のチャンス」を振り返った。@@cutter 同名ミュージカルを映像化した本作は、主人公ヴィクトリア(吹き替え:葵)をはじめとする個性豊かな猫たちが織りなす感動のドラマを描く。この日は猫たちのリーダーであるマンカストラップ役の山崎育三郎、名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役の高橋あず美、ふくよかでお金持ちなバストファージョーンズ役のロバート秋山竜次、マジックが得意だが気弱なミストフェリーズ役の森崎ウィン、働きもので鉄道を愛するスキンブルシャンクス役の大貫勇輔、猫たちの偉大な長老オールドデュトロノミー役の大竹しのぶ、そして蔦谷好位置(つたや・こういち 日本語吹替え版音楽プロデューサー)も出席した。  テイラー・スウィフトとアンドリュー・ロイド=ウェバーが映画のために書き下ろした「Beautiful Ghosts」も歌唱する葵は、自身の役柄について「美しい、若い白猫という役なんですが、このヴィクトリアを通して、見ているお客様を『キャッツ』の世界に誘えるような、皆さんがフィルターとして見れるようなキャラクターになるように、これから精一杯演じていきたいなと思います」とコメント。初の吹き替えに挑むことになるが「すごく緊張した気持ちもあったんですが、本当に素敵な楽曲と、映画版でオリジナルで作られた曲とがあるので。この曲を自分の声で歌えるのかと思うと、本当にうれしく思いました」と白い歯を見せた。  その後、物語のテーマにちなみ、自身にとっての「一生で一番のチャンス」を聞かれると、葵は今年に初めて出演したミュージカルに言及。出演を悩んだものの、朝ドラと並行してボイストレーニングを行っていたことを振り返り「(オーディションを)時を経て受けることがあって。舞台でその役で立つことができて」と回想。同作の映像が『キャッツ』のキャスティング担当に送られたことを明かし「昨年、受けることに決めた自分を、本当に励ましたいなと、今思います」と頬を緩めていた。  映画『キャッツ』は2020年1月24日に全国公開。

  • 映画『キャッツ』新曲「Beautiful Ghosts」メイキング風景(左から)アンドリュー・ロイド=ウェバー、テイラー・スウィフト

    テイラー・スウィフト&ロイド=ウェバーが共同制作 『キャッツ』新曲メイキング解禁

    映画

     1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルを映画化する『キャッツ』より、ボンバルリーナ役を務める歌手のテイラー・スウィフトと、作曲を手がけるアンドリュー・ロイド=ウェバーが共同制作した新曲「Beautiful Ghosts」のメイキング映像が到着した。@@cutter 本作は、イギリスを代表する詩人でありノーベル文学賞を受賞したT・S・エリオットの詩集を元に、ミュージカル『オペラ座の怪人』のアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を手掛け、『レ・ミゼラブル』のキャメロン・マッキントッシュがプロデュースしたミュージカルを映画化。アンドリューと共に巨匠スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮に名を連ねる。メガホンを取るのは映画『レ・ミゼラブル』で歴史的ミュージカルの映画化を成功に導いたトム・フーパー監督。『レ・ミゼラブル』のスタッフも再集結する。  キャストには、白猫のヴィクトリアを、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワードが演じ、コメディアンや司会者として人気を集めるジェームズ・コーデンがバストファージョーンズを務める。さらに映画『ドリームガールズ』で第79回アカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソンがグリザベラとして出演し、グラミー賞32回ノミネート、10度の受賞経験を持つ世界的人気シンガーのテイラー・スウィフトもボンバルリーナとして出演する。  今回解禁されたメイキング映像は、テイラーとウェバーが共同制作した新曲「Beautiful Ghosts」のメイキングや、テイラー、ウェバー、フーパー監督が楽曲について語るインタビューを収めたもの。「脚本は(主人公の)ヴィクトリアの視点で書かれているから、彼女のための歌が必要だと話した。(「Beautiful Ghosts」は)物語の中で重要な核となっている部分だ」と明かすウェバー。テイラーも「映画版にオリジナル曲を入れたくて。最高の歌を作ろうと意気込んだわ」と語り、一丸となって制作へ取り組んだことをうかがわせる。  フーパー監督も「テイラーが書いた歌詞は信じられないほど美しかった。本作のすべてを完全に理解した上で書いたかのようだった。感激したよ」と絶賛。そして、テイラーは「T・S・エリオットは独特な言葉や表現を使う詩人だから、それを反映させたくて彼の作品をすべて読んだわ」とストイックな姿勢を明かし、「『キャッツ』に今風の歌詞は合わないから、T・S・エリオットに代わり、このT・S(テイラー・スウィフト)がいるの」とお茶目にコメント。映像の最後でテイラーが歌う「Beautiful Ghosts」は、本編の最後、エンドクレジット版として披露される予定となっている。  映画『キャッツ』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『キャッツ』メイキング

    テイラー・スウィフト、『キャッツ』への愛を語る メイキング映像公開

    映画

     1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルを映画化する『キャッツ』より、テイラー・スウィフトら豪華キャストが語るメイキング映像が公開となった。@@cutter 本作は、イギリスを代表する詩人でありノーベル文学賞を受賞したT・S・エリオットの詩集を元に、ミュージカル『オペラ座の怪人』のアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を手掛け、『レ・ミゼラブル』のキャメロン・マッキントッシュがプロデュースしたミュージカルを映画化。アンドリューと共に巨匠スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮に名を連ねる。メガホンを取るのは映画『レ・ミゼラブル』で歴史的ミュージカルの映画化を成功に導いたトム・フーパー監督。『レ・ミゼラブル』のスタッフも再集結する。  キャストには、白猫のヴィクトリアを、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワードが演じ、コメディアンや司会者として人気を集めるジェームズ・コーデンがバストファージョーンズを務める。さらに映画『ドリームガールズ』で高い歌唱力と演技力を発揮し、第79回アカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソンがグリザベラとして出演し、グラミー賞32回ノミネート、10度の受賞経験を持つ世界的人気シンガー、テイラー・スウィフトもボンバルリーナでの出演が決定。  解禁となったメイキング映像では、豪華キャストがそれぞれ、本作への期待を語っており、音楽やミュージカルとともに育った子供時代、念願の名作へ出演する喜びを思い思いに明かしている。  「トム・フーパー監督だからこそ作れた。彼は『キャッツ』の見せ場を理解している」と語るのはジェームズ・コーデン。唯一無二の監督としてキャストから絶対的な信頼を得ているトム・フーパーは「贖罪と多様性の受容の大切さを説いている」と本作の真のメッセージを明かし、豪華キャスト達との仕事は「超一流のアスリート集団を束ねてる気分だ」と、現場にみなぎる熱量を語っている。テイラー・スウィフトが「舞台から映画へ見事にアップデートされてるの」と自信をみせているように、ヒップポップやバレエ、タップなど各ジャンルのトップパフォーマーが集結した本作に期待が高まる映像となっている。  映画『キャッツ』は2020年1月24日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access