クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

下忍 赤い影 関連記事

  • 『下忍 赤い影』公開記念舞台挨拶

    結木滉星、寛一郎とLINE友達「お互い『兄弟』って呼んでるんです」

    映画

     俳優の寛一郎と結木滉星が5日、都内で映画『下忍 赤い影』公開記念舞台挨拶に登壇。トークで会場を盛り上げ、“兄弟”と呼び合う仲むつまじい関係を明らかにした。@@cutter 本作は、映画『キングダム』のアクションチームが展開する時代劇。幕末を舞台に、忍者組織の最下層にして、最前線の実行部隊である「下忍」の末えい・竜(寛一郎)と薩摩藩の姫・静(山口まゆ)が激動の時代に翻弄される姿を描く。11月15日には、『下忍 青い影』の公開も予定している。  本イベントには寛一郎や結木、山口をはじめ、PANTA(頭脳警察)、山口義高監督が出席した。  寛一郎は初の時代劇にして、初のアクション。「いろいろ初めて尽くしで大変だっけど、キャスト皆が仲良くて、時代感に溶け込むことは意外とすんなりいけた。アクションはきつかったけど、隣にいる滉星くんと一緒に、ずっと二人三脚でがんばってきた。意外と、手こずらなかった」と話した。  山口も初めて時代劇にチャレンジ。「着物を着てお芝居をするのが初めてだった。(帯などで)ガッツリ締め付けられる中で(演技を)やった。けれども、意外と引き締まっている感じが心地よくて、スイッチの切り替えもやりやすかった」と話して、「アクションやりたかったな…」とため息。「『うらやましいな』と思って、近くで見ていました」と振り返り、自身のアクションシーンがあったものの「一瞬で終わった。もうちょっとやりたかった」とこぼした。  見どころはクライマックス5分のワンカットアクション。結木が「撮影の2日前に急きょ決定した」と明かし、「『赤い影』は2人でワンカットアクションを長回しするから、(相手の寛一郎と)同じ気持ちを共有できてよかった。『青い影』もワンカットアクションがあって、そっちは僕が一人でぶった斬る。一人…めっちゃ心細かったです」と本音を吐露した。  「何者にもなれる」という本作のセリフにちなんで今後を問われると、11月20日に19歳になる山口は「来年20歳になる。大人の道へ進んでいけるように頑張りたい。大学に通っているけど、自分からしゃべれないタイプなので、自分からしゃべって人脈を広げていきたい」とコメント。寛一郎も「人とコミュニケーションを取るのが得意ではない。積極的にいろんな人とコミュニケーションを取っていろいろ発言できれば」と意気込んだ。  それを聞いて結木は、プライベートで「けっこう誘ってくれるんですよ、寛ちゃん。LINEで『兄弟、今日何してるの?』って。仲良くて、お互い『兄弟』って呼んでるんですよ」と告白。ただし互いに多忙で、なかなか遊びに行けないと笑い合っていた。

  • 映画『下忍 赤い影』ポスタービジュアル

    寛一郎×結木滉星、迫力のバトルシーン解禁『下忍 赤い影』予告&ポスター到着

    映画

     俳優の寛一郎が主演を務める本格忍者アクション映画『下忍 赤い影』より、主人公の忍者・竜(寛一郎)と琉球武術の遣い手・尚(結木滉星)との激しいバトルシーンを収めた予告編が、ポスタービジュアル、場面写真と共に解禁された。@@cutter 本作は、鳥羽伏見の戦いの裏で、忍者組織の最下層「下忍」の末えい・竜(寛一郎)と、薩摩藩の姫・静(山口まゆ)の二人が激動の時代に翻弄(ほんろう)される姿を描く。映画『デメキン』の山口義高がメガホンを取り、『キングダム』左慈役の坂口拓がアクション監修を手掛ける。  武士による統治が終わろうとしている幕末。忍者はもはや時代遅れとなっていた。竜(寛一郎)は、忍者組織の最下層である「下忍」の末えいだが、今や抜け忍となり江戸で暮らしている。そんなある日、竜はその出自を見抜かれて勝海舟(津田寛治)にスカウトされ、密命を授かる。それは、「江戸に嫁がせた薩摩藩の姫・静(山口)を奪還して国に送り戻せ」というもの。やがて薩摩藩からの追っ手として謎の琉球武術の遣い手・尚(結木)が放たれた。追われる二人と追う男、それぞれの思惑が絡み合いながら戦いの旅が始まる…。  予告編は、勝海舟から密命を受けた主人公・竜が、薩摩藩の姫・静の寝所に忍び込む場面から始まり、続いて琉球武術の達人・尚とのフレッシュでリアルな戦いが、寛一郎と結木による忍者アクションで繰り広げられる。官軍たちによる迫力の爆破や銃撃シーン、クライマックスでのワンカット長回しの臨場感あふれるアクションシーンも垣間見れ、時代の荒波に立ち向かう男たちの物語を堪能できる映像となっている。  映画『下忍 赤い影』は10月4日より公開。

  • 映画『下忍 赤い影』に出演する山口まゆ

    山口まゆ、寛一郎主演映画『下忍 赤い影』でヒロインに 時代劇初挑戦

    映画

     女優の山口まゆが、俳優の寛一郎が主演を務める本格忍者アクション映画『下忍 赤い影』でヒロイン役を務めることが発表された。山口にとって時代劇初挑戦となる今作で、幕末に生きる薩摩藩の姫を演じる。@@cutter 本作は、鳥羽伏見の戦いの裏で繰り広げられる、忍者組織の最下層「下忍」の末裔・竜(寛一郎)の知られざる活躍を描くアクション作。映画『デメキン』の山口義高がメガホンを取り、『キングダム』左慈役の坂口拓がアクション監修を手掛ける。『下忍 赤い影』は 10月4日より公開され、その前日譚を描いた、結木滉星主演作『下忍 青い影』は11月15日より公開される。  江戸で抜け忍となり暮らす竜。彼はその出自を見抜かれ、勝海舟から密命を授かる。それは「江戸に嫁がせた薩摩藩の姫・静を奪還して国に送り戻せ」というものだった…。  これまでさまざまな映画やドラマに出演し、2020年には長渕剛の娘役を演じる映画『太陽の家』の公開も控える若手女優の山口が今作で演じるのは、竜と共に旅をし、時代を駆け抜ける薩摩藩の姫・静役。  山口は「衣装やヘアメイク、セリフの言い回しなど全てが新鮮でした」と時代劇初挑戦の感想をコメント。続けて「静は幕末の時代を生きるお姫様。身分は高いのですが、人を見下すような真似はしない、強くて自分に自信があるそんな役でした。反面、藩邸の外の世界を知らない子供のような部分もある静。寛一郎さん演じる忍者の竜に攫われた事によって、内に秘めていたものが解放されて自分自身と向き合っていくことになるのですが…」と役柄を説明し、「私はとにかく、気品のある姫と、外の世界を知らない少し幼い姫の、二面性を演じられるように心掛けました」と語る。  さらに「寛一郎さん演じる竜はとてもクールなのですが、どこかだらしがなく未完成なところが私はすごく好きで、そんな竜に女性である静がビシバシときつく当たっていくシーンはなんだかおかしくて、私自身、本当に楽しく演じさせて頂きました」と今回の役を楽しんで演じたことをユーモラスに明かしている。  映画『下忍 赤い影』は10月4日より公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access