クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

仮面病棟 関連記事

  • 映画『仮面病棟』公開記念スペシャルイベントに登場した坂口健太郎、永野芽郁

    永野芽郁、悪夢を見るほど役柄に集中 夢の内容は坂口健太郎に毎朝報告

    映画

     俳優の坂口健太郎と女優の永野芽郁が16日、都内で行われた映画『仮面病棟』映画化記念スペシャルイベントに出席。撮影現場の空気感や、見どころを語った。@@cutter イベントには坂口と永野のほか、原作・脚本を手掛ける現役医師作家の知念実希人、謎解きのスペシャリストとして知られる松丸亮吾が登壇した。  本作はベストセラー小説『仮面病棟』の映画化作品で、凶悪犯に占拠された病院を舞台としたノンストップ脱出ミステリー。  今作が初の映画単独主演となる坂口は、クランクイン前からきつい現場になると思っていたそうで「どうしても監督の色だったり、座長の色に現場ってなっていくものだから、自分にできることはしたいな、と思っていました」と振り返った。  そんな坂口について永野は「いつも穏やかで、現場がピリつくことなく、みんなでひとつのものを作るっていう空気感だったので。本当に素敵だなと思って」と大絶賛。坂口がマイクを通さず「ありがとうございます!」と言うと永野は「ちょっと照れてるみたいですけど、本当にご一緒できてよかったなと思います」と笑みを浮かべた。  本作の見どころを聞かれた永野は「謎解きじゃないとするなら私です! 本当にがんばったんですよ!」と自信たっぷり。負傷した女子大生という役柄の影響もあり、毎日悪夢を見るほどだったと告白。その悪夢は、毎朝坂口に報告していたとエピソードを明かした。また、劇中ではずっと脇腹を押さえながら演技していたそうで「私生活でも脇腹を押さえちゃうくらいそれが染みついちゃって」と私生活にも影響があったと話した。  イベントでは、松丸から謎解きが出される一幕も。坂口と知念はすぐに正解が頭に浮かんだような顔を浮かべたが、永野は「え!?」と困惑。ヒントを出してもらい、謎が解けると永野は「わかった!!」と茶目っ気たっぷりに笑顔を見せた。  『仮面病棟』は3月6日全国公開。

  • 映画『仮面病棟』本ポスタービジュアル

    坂口健太郎×永野芽郁の脱出を阻む“いくつもの謎”!『仮面病棟』ポスター&予告解禁

    映画

     俳優の坂口健太郎が主演を務め、女優の永野芽郁と共演する映画『仮面病棟』より、“いくつもの謎”が坂口・永野の脱出を阻む様子を捉えた緊迫感あふれる本予告映像が、本ポスターと共に解禁された。@@cutter 本作は、現役医師で作家の知念実希人による同名ベストセラーミステリーの初実写映画化。舞台は仮面の凶悪犯に占拠された病院。一夜限りの当直医の速水秀悟(坂口)と、凶悪犯に撃たれた女子大生の川崎瞳(永野)が、鉄格子で閉ざされ危険な密室と化した病院から脱出を試みる中、不可解な異変に次々と遭遇。彼らが生きて病院を出るために、隠された衝撃の真相に挑む姿を描く。監督はドラマ『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』シリーズなどのサスペンスミステリーを多く手掛ける木村ひさし。  本予告には、銃を持ちピエロの仮面をかぶった目的不明の凶悪犯に占拠された病院からの脱出を試みる、速水(坂口)と瞳(永野)の緊迫感あふれる様子が収められている。「あなただけなんです、あの病院で起きたことを目撃したのは…」という衝撃の展開を予感させる取調室でのシーンから始まり、2人の前に現れる【入院記録のない患者】【警察に通報しない病院スタッフ】【あるはずのない病室】をはじめとする“いくつもの謎”にほんろうされ、それらの謎を追ううちに次第に明るみになる想像を絶する深い闇、そして国家ぐるみの巨大な陰謀。最後はピエロに銃口を突き付けられる瞳と、鉄格子越しに叫ぶ速水という、予想のつかない展開を期待させるシーンが明かされる。  坂口と永野は本予告映像を見て、「色んな所にとっても伏線があったりとか、実はこういう事だったんだとか、この時の表情はこういう事だったんだとか、謎解きを凄く楽しみに観てほしい」とコメントし、新感覚病院脱出ミステリーの誕生に自信をのぞかせた。  さらに、疾走感たっぷりに2人を謎の迷宮へ誘う、UVERworldが今作のために書き下ろした主題歌「AS ONE」もお披露目となった。ボーカルのTAKUYA∞は同曲について「陰と陽、正義と悪も生じるところは全て同じ、表裏一体であることを表現している。映画の世界観にある疾走感を混ぜたかった」とコメントしている。  本ポスターでは、こちらを見据える2人の間に怪しくたたずむピエロに加え、数々の“謎”が散りばめられている。  映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開。

  • 映画『仮面病棟』メインビジュアル

    坂口健太郎×永野芽郁『仮面病棟』、主題歌はUVERworldが書き下ろし

    映画

     俳優の坂口健太郎が主演を務め、女優の永野芽郁と共演する映画『仮面病棟』の主題歌が、UVERworldの書き下ろし楽曲「AS ONE」に決定した。@@cutter 本作は、現役医師で作家の知念実希人による同名ベストセラーミステリーの初実写映画化。舞台は仮面の凶悪犯に占拠された病院。一夜限りの当直医の速水秀悟(坂口)と、凶悪犯に撃たれた女子大生の川崎瞳(永野)が、鉄格子で閉ざされ危険な密室と化した病院から脱出を試みる中、不可解な異変に次々と遭遇。彼らが生きて病院を出るために、隠された衝撃の真相に挑む姿を描く。  坂口と永野のほか、警察への通報を頑なに拒む田所院長に高嶋政伸、院長と共に何かをひた隠す怪しい看護師・佐々木香に内田理央、同じく看護師・東野良子に江口のりこ、事件当日に突如、速水に当直医の担当変更を依頼した医師・小堺司役には大谷亮平が扮する。監督はドラマ『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』シリーズなどのサスペンスミステリーを多く手掛ける木村ひさし。  今年11月に特報が解禁された際は、次から次へと謎が押し寄せる臨場感あふれる世界観が話題を呼んだ本作。UVERworldが本作のために書き下ろした楽曲「AS ONE」は、そんな作品の「謎」と「疾走感」をさらに加速させるような仕上がりとなっている。  UVERworldは、2017年に実写邦画ナンバーワンを記録した映画『銀魂』の主題歌や、マーベル・コミックのダークヒーローを描いた映画『ヴェノム』(2018)の日本語吹き替え版主題歌を担当。さらにテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』や『約束のネバーランド』、『七つの大罪 神々の逆麟』のオープニングテーマを担当するなど、これまで数々の映画やアニメの音楽を手掛けてきた。  本作の書き下ろしの主題歌が決まったことに対し、ボーカルのTAKUYA∞は、「最初と最後だけを読めば解るような小説ではなく、読み進めるうちに登場人物それぞれが抱く感情、目論見に心移りながら、最後の最後まで善と悪を思う存分に楽しめる小説の映画化に自分たちの楽曲を添えられることに喜びと楽しみを感じました」と心境をコメント。  続けて「楽曲制作は、アルバム『UNSER』を創り上げた直後の楽曲ということもあり、自分たちの新しい一面を打ち出したものであると同時に小説を読み、拡がった頭の中に描かれた世界を音と音の打ち合いやスピードで、僕たちらしく表現しました。映画の世界から飛び出した後、今度は音楽を耳にした人が生きる世界の中である種の勢いが身体中に充満するような楽曲に仕上がっています。映画はもちろんのこと、楽曲も楽しみにしていてください」とメッセージを寄せている。  映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開。

  • 映画『仮面病棟』場面写真

    坂口健太郎が監禁され、永野芽郁が逃げる!『仮面病棟』映像初解禁

    映画

     俳優の坂口健太郎が主演を務め、女優の永野芽郁と共演する映画『仮面病棟』より、特報映像が解禁。閉ざされた病院からの脱出を試みる坂口と永野の前に、次から次へと謎が押し寄せる臨場感満載の映像を収めている。@@cutter 本作は、現役医師で作家の知念実希人による同名ベストセラーミステリーの初実写映画化。舞台は仮面の凶悪犯に占拠された病院。一夜限りの当直医の速水秀悟(坂口)と、凶悪犯に撃たれた女子大生の川崎瞳(永野)が、鉄格子で閉ざされ危険な密室と化した病院から脱出を試みる中、不可解な異変に次々と遭遇。彼らが生きて病院を出るために、隠された衝撃の真相に挑む姿を描く。  坂口と永野のほか、警察への通報を頑なに拒む田所院長に高嶋政伸、院長と共に何かをひた隠す怪しい看護師・佐々木香に内田理央、同じく看護師・東野良子に江口のりこ、事件当日に突如、速水に当直医の担当変更を依頼した医師・小堺司役には大谷亮平が扮する。監督はドラマ『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』シリーズなどのサスペンスミステリーを多く手掛ける木村ひさし。  今回解禁された特報映像は、病院がピエロの仮面をつけた凶悪犯に占拠されるシーンからスタート。次いで、監禁された当直医の速水(坂口)と女子大生の瞳(永野)が、病院から脱出を試みる中、「入院記録のない患者」「通報しない病院スタッフ」「あるはずのない病室」など、病院の不可解な異変に次々と遭遇する姿が臨場感たっぷりに映し出されていく。ピエロ面の凶悪犯の目的は? なぜ、この病院を選んだのか? 果たして、2人は逃げられないのか。物語への想像と期待をかきたてるような映像となっている。  「自身が役柄と同じような危機的状況に巻き込まれたらどうするか?」という問いに対し坂口は「自分がこのような状況になったら、この病院の謎を解くというより、この危機的状況で命が無くならないよう生還する事を意識すると思うが、生きる事に加え、この病院の謎を解くために行動する速水の姿はカッコイイと思う」と緊迫した状況下で勇姿を見せる主人公・速水への想いを語っている。  永野も、自身が瞳と同じような状況になった場合は「逃げれない状況の中、何かしたら殺されるかもしれないと思っているので、静かに目立たないようにしていると思う。ただ、生き残りたいとは思いますが、その時によって何が最善なのかはわかりませんけどね」とコメント。過去にも共演経験のある坂口については「とても安心感がありましたし、またご一緒出来て本当に嬉しいなと思いました」と語っている。  映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access