クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

前田建設ファンタジー営業部 関連記事

  • 映画『前田建設ファンタジー営業部』完成披露上映会にて

    高杉真宙&岸井ゆきの&小木博明は「鬼のように人見知り!」 上地雄輔が暴露

    映画

     俳優の高杉真宙が15日、都内で開催された映画『前田建設ファンタジー営業部』完成披露上映会に、共演の上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、六角精児、小木博明(おぎやはぎ)、英勉監督と出席。仲が良くて現場でもずっと話をしていたという共演陣だが、実は最初は人見知りで誰もしゃべらなかったことを上地が明かし、大盛り上がりとなった。@@cutter 『前田建設ファンタジー営業部』は『マジンガーZ』の格納庫の建設設計に本気で挑んだ、熱きサラリーマンたちの実話から生まれた1作。上司のアサガワ(小木)に「うちの技術でマジンガーZの格納庫を作っちゃおう」と無茶ぶりされた広報グループのドイ(高杉)たち。実際には作らないものの、実物を作るのと同じように取り組むという前代未聞で無謀なプロジェクトに、ドイたちは悪戦苦闘する。  冒頭、高杉のあいさつの時点から小木が中心になって茶々を入れるなど、にぎやかムードだった登壇陣。しかし、上地が「こう見えますけど、最初5人の部署で(上地以外の)4人、鬼のように人見知りで全然しゃべらなくて! まじで嘘でしょって! だから、ちょっかい出しました。こんなしゃべるなんて夢にも思わなかった!」と暴露。悪びれることもなく、高杉は「全然しゃべらなかったですね」と真顔でうなずく。小木は「誰もしゃべりませんよ。誰もね! 暗い4人ですよ。(上地が)間に入ってくれたんです、全部このおバカタレントが!」と罵声を浴びせてみせるも、「上げて下げるの、やめて(笑)」とうれしそうに突っ込む上地だった。  新年にかけて「2020年の新たにチャレンジしてみたいこと」を聞かれた面々。岸井が「髪の毛を脱色してみたいです。そういう役、巡り合っていない」と抱負をあげると、小木が「すればいいじゃん」と言い放ち、上地が思わず「冷たくない?」と苦笑。高杉も「坊主にしたいです」と乗っかると、当然、小木は「やりゃいいじゃん」とにべもない対応をしつつ、「役者さんって面倒くさいんだね、いろいろあるんだね」と知った顔をしていた。  映画『前田建設ファンタジー営業部』は1月31日より全国ロードショー。

  • 映画『前田建設ファンタジー営業部』キャスト陣キャラクタービジュアル

    高杉真宙&上地雄輔ら個性派サラリーマン集結『前田建設ファンタジー営業部』キャラ写真

    映画

     俳優の高杉真宙が主演を務め、無謀なプロジェクトに挑むサラリーマンたちの熱い戦いを描く映画『前田建設ファンタジー営業部』より、キャスト陣の劇中姿を写し出した場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、アニメやゲームなどファンタジー世界の建造物を“実際に作ったらどうなるか”を、大手ゼネコンの前田建設工業が真面目に検証したウェブ連載『前田建設ファンタジー営業部』を実写映画化。ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた、前田建設工業の“ファンタジー営業部”の社員たちと、彼らを支えた技術者たちが、試行錯誤と七転八倒を繰り返しながら、無謀なプロジェクトに取り組む姿を描く。  主演の高杉のほか、上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、小木博明(おぎやはぎ)、町田啓太(劇団EXILE)、六角精児が出演。映画『賭ケグルイ』『あさひなぐ』の英勉がメガホンをとり、劇団「ヨーロッパ企画」代表でアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』などを手掛けた上田誠が脚本を担当する。  「うちの技術で、マジンガーZの格納庫を作っちゃおう!」と上司のアサガワ(小木)にムチャ振りされた広報グループのドイ(高杉)たち。ミッションは、“実際には作らない”が、設計図を出し、工期を立て、見積書を完成させ、実物を作るのと全く同じように取り組むこと。これは、日本の技術の底力を駆使したプロジェクト。現実世界の常識では到底理解できない、アニメ世界の途方も無い設定や、あいまいで辻褄の合わない設定に翻弄されながらも、彼らは無謀なプロジェクトに立ち向かっていく。  解禁されたキャラクタービジュアルには、冷静な若手社員ドイ(高杉)、優柔不断な先輩ベッショ(上地)、やる気のない部員エモト(岸井)、アニメ好き部員チカダ(本多)、熱血な上司アサガワ(小木)をはじめ、「ファンタジー営業部」を専門知識でサポートする掘削オタクのヤマダ(町田)、豊富な知識で無理難題の突破口を切り開くベテラン社員フワ(六角)という7人の個性派サラリーマンが写し出され、テンション高めの熱い彼らの活躍が垣間見えるものとなっている。  映画『前田建設ファンタジー営業部』は2020年1月31日より全国公開。

  • 映画『前田建設ファンタジー営業部』ポスタービジュアル

    高杉真宙『前田建設ファンタジー営業部』特報&ポスター解禁 町田啓太の出演も決定

    映画

     俳優の高杉真宙が主演を務め、無謀なプロジェクトに挑むサラリーマンたちの熱い戦いを描く映画『前田建設ファンタジー営業部』より、特報とポスタービジュアルが解禁。併せて、追加キャストとして、町田啓太、六角精児が出演することも発表された。@@cutter 本作は、アニメやゲームなどファンタジー世界の建造物を“実際に作ったらどうなるか”を、大手ゼネコンの前田建設工業が真面目に検証したウェブ連載『前田建設ファンタジー営業部』を実写映画化。ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた、前田建設工業の“ファンタジー営業部”の社員たちと、彼らを支えた技術者たちが、試行錯誤と七転八倒を繰り返しながら、無謀なプロジェクトに取り組む姿を描く。  主演の高杉のほか、上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、小木博明が出演。映画『賭ケグルイ』『あさひなぐ』の英勉がメガホンをとり、劇団「ヨーロッパ企画」代表でアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』などを手掛けた上田誠が脚本を担当する。  「うちの技術で、マジンガーZの格納庫を作っちゃおう!」と上司のアサガワにムチャ振りされた広報グループのドイたち。ミッションは、“実際には作らない”が、設計図を出し、工期を立て、見積書を完成させ、実物を作るのと全く同じように取り組むこと。これは、日本の技術の底力を駆使したプロジェクト。現実世界の常識では到底理解できない、アニメ世界の途方も無い設定や、あいまいで辻褄の合わない設定に翻弄されながらも、彼らは無謀なプロジェクトに立ち向かっていく。  今回解禁された特報映像は、“ファンタジー営業部”の個性豊かな社員たちが、突如降りかかった「マジンガーの格納庫の見積書作成」というムチャ振りに、戸惑いながらも果敢に挑んでいく姿を映し出したもの。観る者の心を奮い立たせるような、ハイテンションな映像となっている。  ポスタービジュアルは、「取引先よ、これが見積りだ。」というキャッチコピーと共に、“ファンタジー営業部”の面々の躍動感あふれる姿が描かれたもの。無理難題に果敢に立ち向かっていく、サラリーマンたちの熱い情熱を感じさせるビジュアルに仕上がっている。  映画『前田建設ファンタジー営業部』は2020年1月31日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access