クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

騙し絵の牙 関連記事

  • 映画『騙し絵の牙』メインビジュアル

    大泉洋主演『騙し絵の牙』公開延期が決定

    映画

     新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、6月19日より公開予定だった大泉洋主演の映画『騙し絵の牙』の公開延期が決定した。@@cutter 「騙し絵の牙」製作委員会は「新型コロナウイルスの感染拡大防止およびお客様の健康と安全を第一に考え、公開延期を決定致しましたことをお知らせいたします」と発表。  変更後の公開日については決まり次第、公式ホームページ・公式SNSにて発表される。  作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。  主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が演じ、さらに、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼ら豪華俳優陣が集結する。監督は吉田大八。

  • 映画『騙し絵の牙』レディビアードが本人役で出演

    大泉洋『騙し絵の牙』、レディビアード&新垣隆&折茂昌美が本人役で出演

    映画

     俳優・大泉洋が主演を務める映画『騙し絵の牙』に、レディビアード、新垣隆、折茂昌美が本人役で出演することが発表され、劇中の姿を収めた場面写真が解禁された。@@cutter 作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。監督は吉田大八。  主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が演じ、さらに、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼ら豪華俳優陣が集結する。  SNSを中心に「凄いキャストが勢揃いだから楽しみ」と期待の声が寄せられている本作。主役級の超豪華キャストたちが扮する“クセモノ”たちが繰り広げる、予想外の騙し合いバトルが見どころだが、この度、本作にさらなる個性派ゲストたちが出演していることが明らかとなった。  発表されたキャストは、女装パフォーマーのレディビアード、作曲家・ピアニストの新垣隆、さまざまなデザインの義足を装着するミュージシャンの折茂昌美の3人。それぞれ本人役で抜群の存在感を発揮している。  彼らが登場するのは、大泉演じる速水が編集長を務めるカルチャー誌「トリニティ」で、編集部員たちが企画探しに翻弄するシーン。速水は編集部員たちに「面白ければ、目玉は何個あったっていいんだ!」と熱弁し、彼らがこれまでやりたくても通せなかった企画、一緒に仕事をしてみたかった人たちをブラッシュアップするよう助言。そこで編集部員たちがそれぞれ、ゲストに企画を持ち掛けに行く…というシーンが展開される。  プロレスラーとしての一面も持つレディビアードは、相談に来た編集部員に技をかける豪傑ぶりを披露するも、状況を理解するとすぐさまいつものキュートな笑顔に。折茂はゴージャスな部屋でドレッシーな衣装に身を包み、クールな表情で企画書に目を通す、というアーティスティックなイメージそのままに登場している。  そして、新垣のもとを訪ねるのは、松岡演じる新人編集者の高野。熱意たっぷりに企画を訴えかける高野に対し、ポーカーフェイスを貫く新垣が印象的だ。  「トリニティ」が廃刊のピンチに立たされる中、速水は起死回生のために、これまで以上にインパクトのある企画を求める。嘘や裏切り、リークに告発などが頻発し、さまざまな人物たちの陰謀が渦巻く中、生き残りをかけた速水の“大逆転”の奇策に注目したい。  映画『騙し絵の牙』は6月19日より全国公開。

  • 映画『騙し絵の牙』メインビジュアル

    大泉洋『騙し絵の牙』、くせ者たちが裏切り&騙し合い! 急展開の予告解禁

    映画

     俳優・大泉洋が主演を務める映画『騙し絵の牙』より、登場人物たちが裏切りとだまし合いを繰り広げる予告編が解禁された。@@cutter 作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。  監督は吉田大八。主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が、それぞれ演じる。  大手出版社「薫風社」では、かねてからの出版不況に加え、創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。だが、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。うそ、裏切り、リーク、告発。くせ者ぞろいの上層部や作家、同僚たちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは?  予告編では、廃刊危機の迫った雑誌「トリニティ」の編集長・速水(大泉)が「才能を集めれば、まだまだ雑誌だって戦えるんだから!」「面白ければ(企画の)目玉は何個あったっていいんだ!」と編集部員たちに熱弁をふるう姿が描かれ、出版社の危機に社員一丸となって立ち向かう感動のお仕事エンターテインメントが描かれる…かと思いきや、「いや!この笑顔を信じてはいけない!」というナレーションから、場面は一転。リリー・フランキー演じる謎の男の「結局、“この人”の仕掛けにハマった」という一言を皮切りに急展開していく。  「こんなやり方許せません!」と意見する伝統的文芸誌「小説薫風」編集長(木村佳乃)、「戦争だな!」と出版社の危機に直面する文学界の超大御所小説家・二階堂(國村隼)、「タヌキ黙らせろよ!」と語気を強める専務・東松(佐藤)など、バラエティーに富んだくせ者たちの壮絶なだまし合いバトルが幕を開ける。陰謀渦巻く壮絶なだまし合いに、「人をだまして、そんなに楽しいですか?」と怒りをあらわにする高野に対し、「めちゃくちゃ面白いです!」と自信に満ちた表情で不敵な笑みを浮かべた速水が言い放つシーンで予告編は締めくくられている。  映画『騙し絵の牙』は6月19日より全国公開。

  • 映画『騙し絵の牙』場面写真

    松岡茉優の猛ダッシュに、木村佳乃のにらみ顔…大泉洋主演『騙し絵の牙』場面カット公開

    映画

     俳優・大泉洋が主演を務める映画『騙し絵の牙』より、場面写真が解禁された。先日公開された、大泉の不敵な笑みに続き、木村佳乃のにらみ顔や眼光鋭い佐藤浩市、猛ダッシュする松岡茉優など、豪華キャスト陣の演技合戦が切り取られている。@@cutter 作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。  主人公・速水輝役を大泉が務め、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が演じるほか、木村佳乃、國村隼、宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也らも出演する。  大手出版社「薫風社」では、かねてからの出版不況に加え、創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。  会社の“お荷物”雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も無理難題を押し付けられて窮地に立たされるが、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。うそ、裏切り、リーク、告発…くせ者ぞろいの上層部や作家、同僚たちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは?  今回解禁されたのは、大泉演じる主人公の速水や、同じ「トリニティ」編集部の高野(松岡)、東松、大御所小説家・二階堂(國村)、薫風社の文芸誌『小説薫風』編集長・江波百合子(木村)らを収めた場面写真。  ひょうひょうとしながらも常に何かを企んでいる速水の姿や、鋭い眼光で一点を見つめる東松、自身のパーティーで貫禄たっぷりにふんぞり返る二階堂と、それを挟んで火花を散らし江波が速水をにらみつける姿、さらに、「トリニティ」を持って飛行場を猛ダッシュする高野の姿まで、くせ者ぞろいのキャラクターたちのバトルはもちろん、実力派キャストたちの演技合戦にも期待が高まる写真となっている。  映画『騙し絵の牙』は6月19日より全国公開。

  • 映画『騙し絵の牙』第一弾ポスタービジュアル

    この大泉洋はバカか救世主か…!? 不敵に笑う『騙し絵の牙』ポスター解禁

    映画

     俳優・大泉洋が主演を務める映画『騙し絵の牙』より、大泉演じる主人公・速水が不敵に笑う第1弾ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。監督は吉田大八。  主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が、それぞれ演じる。松岡は大泉とは映画初共演。  大手出版社「薫風社」では、かねてからの出版不況に加え、創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。だが、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。うそ、裏切り、リーク、告発。くせ者ぞろいの上層部や作家、同僚たちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは?  一見頼りない速水だが、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。解禁された第1弾ポスタービジュアルは、そんな速水のキャラクターを感じさせる不敵な笑みと「バカか救世主か」のキャッチコピーが目を引く一枚。口八丁手八丁であらゆるクセモノたちを手玉に取っていく速水らしく、その口元には「この笑顔にだまされる」のメッセージも。クセモノだらけの崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる仁義なき騙し合いバトル。廃刊の危機に瀕した雑誌編集長・速水の仕掛ける大逆転の奇策とは!? 映画本編への期待がさらに高まるビジュアルとなっている。  映画『騙し絵の牙』は6月19日より全国公開。

  • 映画『騙し絵の牙』大泉洋の場面写真

    大泉洋『騙し絵の牙』、佐藤浩市らクセ者ばかりの本編映像初公開

    映画

     俳優・大泉洋が主演を務める映画『騙し絵の牙』より、本編映像初解禁となる特報が公開された。佐藤浩市、國村隼ら豪華キャストが扮する“クセモノ”たちが繰り広げる、仁義なき騙し合いバトルを予感させる映像となっている。@@cutter 作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。監督は吉田大八。  主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が、それぞれ演じる。  大手出版社「薫風社」では、かねてからの出版不況に加え、創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。だが、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。うそ、裏切り、リーク、告発。くせ者ぞろいの上層部や作家、同僚たちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは。  特報は、大泉洋、松岡、佐藤のほか、先日追加キャストとして発表された、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼ら豪華俳優陣の姿が次々と映し出されていく、重厚感漂う映像。  廃刊の危機が迫る編集部で、速水(大泉)が雑誌を立て直そうと奮闘する姿が映し出される一方、超大御所作家・二階堂大作(國村)の「戦争だな」、改革派の専務・東松(佐藤)の「狸黙らせろよ」と不穏な雰囲気漂うセリフも収められ、さまざまな陰謀が渦巻く様子が伺える。最後は、「人をだまして、そんなにおもしろいですか?」と問う高野(松岡)に対し、速水が不適な笑みを浮かべながら「めちゃくちゃおもしろいです」と答える場面で幕を閉じる。  また今回の特報と合わせて、一癖も二癖もありそうな表情を浮かべる速水を捉えた場面写真も初解禁された。周囲には資料が乱雑に積まれたデスクや、使い込まれた様子のホワイトボードなどが写っており、リアルな編集部の空気感が伝わってくる場面写真となっている。  映画『騙し絵の牙』は6月19日より全国公開。

  • 映画『騙し絵の牙』に実力派キャスト集結

    大泉洋主演『騙し絵の牙』、中村倫也&池田エライザらクセ者ぞろいの追加キャスト集結

    映画

     俳優・大泉洋が主演を務める映画『騙し絵の牙』の追加キャストとして、俳優の中村倫也、宮沢氷魚、女優の池田エライザらの出演が発表された。また公開日が6月19日に決まった。@@cutter 作家・塩田武士の同名小説を映画化する本作は、斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。監督は吉田大八。  主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が、それぞれ演じる。  大手出版社「薫風社」では、かねてからの出版不況に加え、創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。だが、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。うそ、裏切り、リーク、告発。くせ者ぞろいの上層部や作家、同僚たちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは?  宮沢が演じるのは、ミステリアスでカリスマ性のある新人デビュー作家・矢代聖役。池田は、矢代とともに速水率いる「トリニティ」を盛り上げる超人気ファッションモデル城島咲役。中村は、亡くなった「薫風社」社長の息子・伊庭惟高役を、それぞれ演じる。  このほか、惟高の後見人で保守派の常務・宮藤和生役に佐野史郎。伝統ある薫風社の文芸誌「小説薫風」編集長であり、速水と敵対する江波百合子役に木村佳乃。江波の忠実な部下である編集者・三村洋一役に和田聰宏。編集長の速水を疎ましく思う「トリニティ」副編集長・柴崎真一役に坪倉由幸。改革派の専務・東松と手を取る大手外資ファンド代表の郡司一役に斎藤工。ヒロイン・高野の父で、小さな書店の店主・高野民生役に塚本晋也。高野が接触する謎の男にリリー・フランキー。速水のよき相談相手であり、お茶の間でも人気の文芸評論家・久谷ありさ役に小林聡美。そして、速水の前に立ちふさがる文学界の大御所作家・二階堂大作役に國村隼が決まった。  映画『騙し絵の牙』は6月19日より全国公開。

  • 映画『騙し絵の牙』に出演する(左から)松岡茉優、大泉洋、佐藤浩市

    大泉洋主演×松岡茉優×佐藤浩市『騙し絵の牙』、大逆転劇の幕が上がる超特報解禁

    映画

     俳優の大泉洋が主演し、女優の松岡茉優と俳優の佐藤浩市が共演する映画『騙し絵の牙』より、大逆転劇の幕が上がる、特報映像が解禁された。@@cutter 作家の塩田武士が、主人公のキャラクターを大泉が演じることを想定して当て書き(その役をあらかじめ決めた俳優を想定して書き下ろすこと)し、表紙モデルにも大泉を起用した同名小説の映画化となる本作。斜陽の出版業界を舞台に、大手出版社の雑誌編集長・速水輝が、自分の雑誌の生き残りを懸けて会社を相手にさまざまな策略を巡らせていく姿を描く。  主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡が、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤がそれぞれ演じる。松岡は大泉とは映画初共演。監督は、映画『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八。  先日の映画化決定の発表以来、SNSでは「原作も凄く面白かったし速水編集長をスクリーンで見るのを楽しみにしてます!」「絶対高野は松岡茉優ちゃんしかいないと思ってたら現実になったし新作待ち侘びてた!吉田大八さんが監督だしもう震えるわ!!」と、早くも公開を待ち望む声が続出している。  そんな中解禁された特報映像では、大泉洋の不敵な笑みでおなじみとなった文庫ビジュアルと共に、「全員クセモノ」「騙し合いバトル」「どんでん返し」「大逆転の奇策」など、強烈なワードが続々登場。主人公の速水は、演じる大泉曰く「台本上も一癖も二癖もある役どころ」だそうで、これまでとは異なる大泉の演技や、廃刊寸前の雑誌を復活させるためどんな起死回生の策で観客を驚かせるのか、大逆転劇に期待が高まる“超”特報映像となった。  映画『騙し絵の牙』は2020年6月全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access