クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑 関連記事

  • 映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』場面写真

    米ソニー・ピクチャーズ、『ピーターラビット2』ほか今年全米公開予定の3作品を来年に延期

    映画

     米ソニー・ピクチャーズは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年夏の全米公開が予定されていた『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』『ゴーストバスターズ/アフターライフ』『モービウス』の3作品の公開を2021年に延期すると発表した。これに伴い、日本での公開も延期される。@@cutter 新たな全米公開日は、『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が2021年1月15日、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』が同年3月5日、『モービウス』が同年3月19日となる。日本での新たな公開日は未定。  『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は、世界で愛される絵本を実写化した映画『ピーターラビット』(2018)の続編で、全米では当初4月3日公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って一度8月7日に延期されており、今回で再度の延期となる。日本では当初5月22日公開予定だった。  『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は、1980年代に大ヒットした『ゴーストバスターズ』『ゴーストバスターズ2』の後継的作品で、マーベル作品『アントマン』シリーズのポール・ラッドが出演する。全米では当初7月10日公開予定だった。  『モービウス』は、マーベル・コミックではスパイダーマンの宿敵として知られるモービウスを主人公とした作品で、俳優のジャレッド・レトが主演。全米では当初7月31日公開予定だった。

  • 映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』日本語吹替版声優発表イベントに登場した(左から)千葉雄大、哀川翔

    千葉雄大、ハマり役は“ウサギ” 共演の哀川翔も絶賛

    映画

     俳優の千葉雄大と哀川翔が3日、都内で開催された映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』日本語吹き替え版声優発表イベントに出席。千葉は前作の吹き替えを周囲の人々から「ハマり役」と絶賛されたことを振り返り「ハマり役がウサギ役っていうのも自分らしいかな」と笑顔を見せた。@@cutter 本作は、世界で最も愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』の実写映画第2弾。2年ぶりの続編は、生まれ育った湖水地方を飛び出して都会にやってきたピーターが、亡き父親の親友だと名乗るバーナバスと出会い、地下組織を率いるバーナバスに認められようと悪の修行にいそしむ姿などを描いていく。  前作に続いてピーターの吹き替えを務める千葉は、野菜が敷き詰められたステージに登壇すると「野菜の香りに包まれて、爽やかな気分です」とニッコリ。続投については「すごくうれしいですし、人間を演じても、なかなかハマり役って言っていただけるものって少ないと思うんですけど、2年前にピーターをやったときに、ハマってるって仰ってくださる方が、自分が思っていたよりもたくさんいた」と回想。「ハマり役がウサギ役っていうのも自分らしいかなと思って(笑)、すごくうれしく思っていますし、それにおごらずにまた頑張りたいと思います」と気持ちを新たにしていた。  その後、バーナバスの吹き替えを担当する哀川が登場。「映画の吹き替えは初めてなので、非常にうれしく思っています。楽しい作品に仕上がることを願っています」と語った哀川は、初対面となった千葉について「ピーターっぽいね(笑)なんとなく。うれしいかどうかわからないけど、ものすごく合ってると思う(笑)」と絶賛。  また、声優に初挑戦することについては「ちょっとドキドキしていますね」と心境を明かし、これを受けた千葉は「哀川さんの先輩になるわけなので、何でも聞いてください」とジョークを飛ばして会場を沸かせていた。  映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は5月22日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access