クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

アングスト/不安 関連記事

  • 映画『アングスト/不安』チラシビジュアル

    電気グルーヴ・石野卓球ら『アングスト/不安』観客の覚悟を問うコメント到着

    映画

     実録スリラー映画『アングスト/不安』より、本作をいち早く鑑賞した電気グルーヴ・石野卓球、でんぱ組.inc・相沢梨紗ら著名人から、これから衝撃的な本編を観る観客の覚悟を問うコメントが到着した。@@cutter 1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した本作。刑務所出所後の殺人鬼=狂人が感じる不安やプレッシャーによる異様な行動と心理状態を、凶暴かつ冷酷非情なタッチと斬新なカメラワークを用いて表現した。狂人自身のモノローグで綴る構造や全編に徹底された陰鬱なトーンなど、作品自体が“異常”であり、他に類を見ない芸術性を発揮した衝撃的作品となっている。  そのあまりにショッキングな内容のため、83年公開当時、本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、他の欧州諸国でも上映禁止。イギリスとドイツではビデオの発売も禁止。米国ではXXX指定を受けて配給会社が逃亡したという。ここ日本でもごく少数のレンタル用VHSが出回ったのみで、以降観たくても観れない作品となっていたが、今回R15+指定で公開される。  日本劇場初公開に際して、本作の異常な魅力に取りつかれた著名人の方々からコメントが到着。電気グルーヴの石野卓球は「すごい!カメラワークもK・シュルツ(K・シュルツェ)の音楽も素晴らしい。1983年にこんなすごい作品が作られていたなんて、、、」、でんぱ組.incの相沢梨紗は「自分の心を疑い、闇の中を旅するような映画でした」と、長年封印されてきた“異常な傑作”を鑑賞し、受けた衝撃を寄せている。  作家の大石圭は「あまりにもリアリティがあるので、観ているあいだずっと、僕は掌に汗を滲ませていた。そして、いつの間にか、冷血な主人公に感情移入してしまった。危険な映画だ」と警告し、映画ライターの山崎圭司は「新タイトルでの開放はめでたいが、こんな極悪問題作がシャバに出て大丈夫だろうか。犬は無事だが、この殺戮に理屈はない。ひたすら不安だ」と、作品が世に放たれることへの不安を口にしている。  そのほか、犯罪ジャーナリストの小川泰平、犯罪心理学者の桐生正幸ら多くの著名人が、これから鑑賞する人々に向け、本作の衝撃を受け止めることが出来るか、その覚悟を問う声を寄せている。  映画『アングスト/不安』は7月3日より全国順次公開。

  • 映画『アングスト/不安』場面写真

    殺人鬼と犬が顔を合わせ一触即発『アングスト/不安』“犬だけは無事”な特別映像解禁

    映画

     あまりにショッキングな内容のため世界各国で上映禁止となり、製作から37年を経て日本劇場初公開される実録スリラー映画『アングスト/不安』より、劇中に登場する飼い犬にスポットを当てた特別映像と新場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画。メガホンをとったのは、全額自費で本作を製作したジェラルド・カーグル。83年公開当時はそのショッキングすぎる内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、他の欧州諸国でも上映禁止。米国ではXXX指定を受けて配給会社が逃げたという。日本でも劇場公開されず、レンタル用VHSも出回った数は極少。見たくても見られない作品となっていたが、今回R15+指定で公開される。  特別映像に映し出されるかわいらしい犬は、刑務所から放たれた殺人鬼による一家惨殺事件の犠牲となった、とある一家で飼われている。冒頭ではこの犬が、強い殺人衝動に駆られ屋敷に侵入した主人公K.と顔を合わせる場面が映し出される。侵入者を警戒していないのか、つぶらな瞳でK.を見上げる犬。「犬の安否が心配な愛犬家の皆さまへ」とのテロップに続き、犬はあくびをしたり、床に落ちた入れ歯をくわえてみたりと、飼い主に起きた事態の深刻さを理解していないかのような、のんきな振る舞いを見せる。そして刃物を手に女性を追いかけるK.の後をついて行き、犯行を終えたと思われるK.が車に乗り込もうとすると、一緒に車に乗ってしまった。かまわずドアを閉めるK.。犬のその後の運命は…。  愛犬家にとっては、殺人鬼の狂気を目にするより前に動物の悲劇にショックで心が破壊されてしまわないか不安に駆られるかもしれないが、犬の安否に関しては「犬は無事です。」とのテロップが映し出され、安心できる映像となっている。  新場面写真でも、屋敷に侵入した主人公K.と犬が顔を合わせる冒頭シーンが切り取られている。  映画『アングスト/不安』は7月3日より全国順次公開。

  • 映画『アングスト/不安』ポスタービジュアル 「不安連鎖」ver.

    『アングスト/不安』新トラウマビジュアル“不安連鎖”“散歩狂人”が完成 新カットも解禁

    映画

     世界各国で上映禁止となり、製作から37年を経て日本劇場初公開される実録スリラー映画『アングスト/不安』より、ポスタービジュアル「不安連鎖」バージョンと、別ビジュアル「散歩狂人」バージョン、および新場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画。1983年公開当時、そのショッキングすぎる内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、他の欧州諸国でも上映禁止。米国ではXXX指定を受けて配給会社が逃げたという。日本でも劇場公開されず、レンタル用VHSも出回った数は極少。見たくても見られない作品となっていたが、今回R15+指定で公開される。  公開決定と同時に発表されたチラシビジュアル「異常全開」バージョンは、俳優のアーウィン・レダーふんする殺人鬼K.が目も口も大きく広げ、暗闇で何かを叫ぶ顔を紙面いっぱいのアップで捉えたもの。作品の生みの親ジェラルド・カーグル監督もたいそう気に入っているというこの日本オリジナルビジュアルには、「怖すぎて無理」「既にもうトラウマ」といった声が殺到した。  そしてこの度、新たに2種類の恐怖のビジュアルが誕生。ポスタービジュアル「不安連鎖」バージョンは、暗闇の中から恐ろしい主人公の顔が重なり迫ってくるデザイン。そして別ビジュアルの「散歩狂人」バージョンは、不安そうな主人公の表情が2重、3重にだぶって見える、異様な雰囲気が漂うデザインとなっている。  新場面写真は、カフェでたばこをたしなむ若い女性の姿や、主人公がマッチとナイフを手に暗闇の階段を上る様子など全7枚。これらのビジュアルからは、怖いだけではなく、先進的なセンスにあふれた本作の新たな一面を垣間見ることができる。  本作から強烈な影響を受けたというギャスパー・ノエ監督が、注目すべき点として斬新なカメラワークを挙げているように、主人公の不安や焦燥を見る者に感じさせるリアルな表現と、芸術性の高さにも注目が集まる。  映画『アングスト/不安』は7月3日より全国順次公開

  • 映画『アングスト/不安』に異例のメッセージを寄せた“ファン代表”ギャスパー・ノエ

    『アングスト/不安』から強烈な影響を受けたギャスパー・ノエ監督 異例のメッセージ動画到着

    映画

     あまりにショッキングな内容のため世界各国で上映禁止となり、製作から37年を経て日本劇場初公開される実録スリラー映画『アングスト/不安』より、本作のファンというギャスパー・ノエ監督からメッセージ動画が解禁された。@@cutter 本作は、1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画。メガホンをとったのは、全額自費で本作を製作したジェラルド・カーグル。83年公開当時はそのショッキングすぎる内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、他の欧州諸国でも上映禁止。米国ではXXX指定を受けて配給会社が逃げたという。日本でも劇場公開されず、レンタル用VHSも出回った数は極少。見たくても見られない作品となっていたが、今回R15+指定で公開される。  ノエ監督は本作の大ファンであることを公言し、『カルネ』(94)や『CLIMAX クライマックス』(18)など、自身の作品で本作へのオマージュを捧げている。動画では強烈な影響を受けたという本作の魅力を語るとともに、これから劇場で鑑賞する日本人へメッセージを寄せている。自身の作品でないにもかかわらず、ここまで語り、日本初公開のためだけにメッセージを寄せるのは異例だ。  公開当時、あまりにもサイコティックな内容にフランスでも上映が禁止され、後に発売されたVHSもごくわずかしか出回っていない中、ノエ監督は「今までに60回は観た」と語っており、当時からこの作品に打ちのめされた1人であることを明かす。  さらに、世界各国で上映が禁止されたことにより、「この映画は観た人がほとんどいない、全く無名の作品であることもこの映画の魅力だ」と語り、「常に素晴らしい作品が影を潜めていて、再評価されるべきものがある」と、本作が再び日の目を見ることに喜びと期待を示した。ちなみにノエが過去に人生ベスト5にピックアップした映画は、『アルゴ探検隊の大冒険』(63)、『2001年宇宙の旅』(68)、『イレイザーヘッド』(76)、『ソドムの市』(75)、そして『アングスト/不安』だ。  ノエ監督は注目すべき点として斬新なカメラワークを挙げ、「見事なテクニックと映像の捉え方は絶対に観てほしいところだ。映画史上最も重要なカメラワークと言えるだろう」と撮影を担当した世界的な映像作家ズビグニェフ・リプチンスキの撮影技術を絶賛する。ドローン撮影などない時代に、一体どこから撮影したのかと思うほどの高度なショットや俳優の体にカメラを取り付けるその撮影手法は、主人公の不安や焦燥を見る者にも感じさせ、そのリアルな表現と芸術性の高さで世界中の映画監督らをとりこにした。  これから劇場で鑑賞する日本人へ、ノエ監督は「暴力行為を目の当たりにする一方で、加害者(=主人公)からの被害を耳にする。とても複雑で魅力的な映画だ」と、単なる殺人鬼映画ではないことを強調。「遂にこの映画史上に残るマスターピースが日本で公開されることを知りとても嬉しく思う」と語っている。  映画『アングスト/不安』は7月3日より全国順次公開。

  • 映画『アングスト/不安』メインカット

    殺人鬼の狂った心情に迫り上映禁止となった封印映画『アングスト/不安』予告放出

    映画

     あまりにショッキングな内容のため世界各国で上映禁止となり、製作から37年を経て日本劇場初公開される実録スリラー映画『アングスト/不安』より、予告編と場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画。メガホンをとったのは、殺人鬼の心理を探るという崇高な野心のもと全額自費で本作を製作したジェラルド・カーグル。83年公開当時はそのショッキングすぎる内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、他の欧州諸国でも上映禁止、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止。米国ではXXX指定を受けて配給会社が逃げたという。日本でも劇場公開されず、88年にレンタル用VHSが発売されたが、世の中に出回った数は極少。以降見たくても見られない作品となっていたが、今回R15+指定で公開される。日本の映倫審査員からは「R15+だが精神的に滅入る内容」と判定を受けた。  予告編の冒頭には、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」という、イタリアの詩人ダンテ・アリギエーリによる長編叙事詩『神曲 地獄篇』の一節が映し出される。これは、カーグル監督の要望により、日本版の予告のみに入れたもの。この門をくぐる者=この映画を見る者への警告ととれる言葉だ。  次に映し出されるのは『U・ボート』(1981)、『アンダーワールド』(2003)の俳優アーウィン・レダーが演じる主人公K.。シャツにジャケットを合わせた一見普通の青年風だが、まばたき一つせずそわそわした様子である屋敷を訪ね、出てきた老婆を何の迷いもなく撃ち、刑務所へ収監。何やら危険な幻想を抱きつつ出所の日を迎える…。その後、狂人が世に放たれてしまったことにより取り返しのつかない惨劇が起こる様子が、疾走感あふれるタッチで切り取られている。  元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルの作曲家クラウス・シュルツによる冷たく脈打つようなエレクトロサウンドと、アカデミー賞最優秀短編アニメ賞を獲得した『タンゴ』(1981)やジョン・レノン、ミック・ジャガーらのMVで知られる世界的な映像作家ズビグニェフ・リプチンスキによる独特のカメラワークが予告からも感じられ、K.の不安な様子を見る者も一緒に感じるような予告編となっている。  場面写真には、K.が車いすの人物に襲いかかる姿や、血まみれになって車のエンジンをかけようとする姿、手袋をはめたままの手でソーセージを口に運ぶ姿などが写し出されている。  映画『アングスト/不安』は7月3日より全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access