クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

海底47m 古代マヤの死の迷宮 関連記事

  • 映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』場面写真

    盲目サメが襲う『海底47m 古代マヤの死の迷宮』 スタローン娘「父には全然違う話を伝えたわ」

    映画

     現在公開中の、シルヴェスター・スタローンの娘システィーン・スタローンと、ジェイミー・フォックスの娘コリーン・フォックスがスクリーンデビューを果たした海洋パニックスリラー映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』。このたび、システィーンとコリーヌに主演女優のソフィー・ネリッセを加えた3ショットインタビュー映像が到着した。@@cutter 本作は、ダイビング中に海底に落下、深海で檻に閉じ込められた姉妹が決死の脱出に挑む『海底47m』の3年ぶりのシリーズ第2弾。今作では、マヤ文明の遺跡が眠る海底洞窟へとケーブダイビングを行った女子高生4人に、盲目の巨大人喰いサメが襲いかかる。監督は引き続きヨハネス・ロバーツが務める。  今回解禁された、ソフィー(主人公ミア役)、コリーヌ(ミアの義姉サーシャ役)、システィーン(女子高生グループのひとり・ニコール役)の3人のインタビュー映像は、劇中のギクシャクした関係とは裏腹に、終始和気あいあいとした雰囲気。システィーンは「最初に会ったのは、ドミニカに到着した日。ビーチでトレーニングしている時、一緒にいるのが楽しくて。知り合ってすぐに意気投合したの」と述懐。3週間の島での撮影中、熱い気温、過酷な水中撮影という厳しい現場を一緒に過ごした彼女たちには、ある種“戦友”のような絆が生まれたという。  撮影前、彼女たちはロバーツ監督から、ダイビングについて簡単だと聞かされていたようだが、ミア役のソフィーは「最初に監督とスカイプした時、水中に4時間だけいれば良いって。超簡単で、短期間って言われたの。全くそうじゃなかった。もっと簡単だと思っていたのに。水中マスクを外した瞬間、自由を感じたわ!」と、まんまと監督の言葉に乗せられ挑んだものの、予想よりかなり困難な水中撮影だったと振り返った。  また、3人は自身が演じた役柄についても説明。ソフィーは「すごくシャイなの。いつも安全第一。でもこの映画の中で大きく成長して最後にはチームを率いるの」、コリーヌは「ミアのように成長して、二人には絆が生まれるわ。(観客は)最後にはきっと二人を応援しているはずよ」、システィーンは「最初ミアのことが苦手でちょっと気が強くて。ジョークが好きで友人にも無理やり言わせてるの」とそれぞれコメント。そして本作はただのパニックスリラー映画ではなく、「友情」「自己犠牲」「賢い選択をすること」「向上心」も描かれた作品であると強調した。  大物2世タレントであるシスティーンとコリーヌの二人が、スクリーンデビューを果たした本作。父親の作品への反応を聞かれると、フォックスは「私の父は何も知らないわ。父がどんな顔をするか、プレミアで見たいわ。父も怖い映画が好きなの」と、オスカー俳優である父ジェイミーが意外にも怖い映画好きだと明かした。一方、システィーンは父スタローンには「全然違う話を伝えたわ」と実際とは全く異なる作品情報を伝えたとコメント。3人が撮影を通して厚い友情を築いたこと、またコリーヌとシスティーンが父親と良好な関係であることが伺えるインタビュー映像となっている。  映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』は公開中。

  • 映画『ディープ・ブルー3』場面写真

    サメー“Summer”シーズン到来! 王道からトンデモまで、2020年に到来するサメ映画

    映画

     季節は“Summer”。いやサメー!? 今年もサメザメなサメ映画たちがやってくる! 劇場公開作からトンデモ作、さらにはビッグネームの続編に雪のサメ、海外最新サメ作品まで、最新サメ映画を一挙にご紹介。もはやサメ映画は夏だけ楽しむものじゃない、夏・海・サメの三段論法はすでに死語。いつだってサメーシーズン! いつだってサメータイム! 年がら年中サメ三昧!@@cutter■盲目サメの怒とうの攻撃『海底47m 古代マヤの死の迷宮』はお化け屋敷感覚で備えよ!(公開中) @@insert1  前作『海底47m』で、タイトル通りの海底47mの世界での息苦しさと、サメと対峙(たいじ)する恐怖を描いたヨハネス・ロバーツ監督が描くシリーズ第2弾。今回の舞台は、海とつながる”古代マヤ遺跡が広がる洞窟の中”。登場するのは、なぜか海から迷い込み真っ暗な生活環境に適応してしまったという、盲目の巨大ホホジロザメ。しかしこれがとてつもなく獰猛(どうもう)で、いきなりドーン! と現れて口をガバっと開き、怒とうの攻撃ラッシュで襲ってくる。来るぞ…と思ったらやっぱり来る! 来ない…と思っても来る! 出口のない迷宮で響く女子高生たちの悲鳴。ご覧になる方は、どうぞお化け屋敷感覚で備えてほしい。“モンスターパニック映画としてのサメ映画”を思い出させてくれる、原点回帰な恐怖志向。刺激強めの1本だ。 ■ネット民ア然『ランドシャーク 丘ジョーズの逆襲』“丘ジョーズ”ってなんだよ…(8月6日DVD発売) @@insert2  遺伝子操作によって誕生したサメが海を飛び出し陸地で大暴れ、という設定のこの作品。案外文字だけ見れば違和感は無いかもしれない。そう、文字だけならば…。だが、登場するサメのフォルムが「がおー」とでも言いたげなハンドメイド感満載の姿で襲ってくるとしたらどうだろうか。リリースに先がけて公開された、泥を全身に被ったサメの衝撃の姿にネット民が熱狂。この世界の片隅の、そのまた片隅の存在にも関わらず、3000を超える「いいね」に1800を超えるリツイートをたたき出し、「かわいい」「結婚したい」「丘ジョーズってなんだ」などと賛否の声が次々に寄せられた。  監督は、『フランケン・ジョーズ』『ジュラシック・ビースト』など、知る人ぞ知るB級…いやZ級映画界の至宝マーク・ポロニアの作品。普通のサメ映画に満足できないアナタにオススメだ。ただし、無駄に血が飛ぶ残虐表現もあるので、ご注意を…。 ■『ディープ・ブルー』シリーズ第3弾はサメ肌モノの恐怖! 日本人女優がメインキャストに(10月9日ブルーレイ、DVD発売) @@insert3  10月にはビッグネーム『ディープ・ブルー』シリーズの第3弾『ディープ・ブルー3』が登場。第1作では、当時はまだ珍しかったCG技術でサメを登場させ、圧倒的な恐怖感も相まって大ヒット。第2作では、少々飛び道具的な“集団小ザメ”を登場させながら、前作のリメイク的な位置付けで描いてくれた。満を持しての第3弾は、1とも2とも違う独自進化。ヤマ場となるシーンが”ここで欲しい”というタイミングで登場し、しっかり魅せてしっかり怖がらせてくれる仕上がり。特にサメとの攻防は圧巻の一言。これまでのサメ映画にはない、新たな表現での激しいバトルシーンに興奮してサメ肌…いや鳥肌が立つこと請け合いだ。  そしてうれしいのは、日本人キャストとして女優の蒼れいなが起用されたということ。これまでもサメ映画では『MEG ザ・モンスター』のマシ・オカ、『パシフィック・ウォー』の竹内豊(竹野内豊ではない)らの出演があったが、ハリウッド製作のサメ映画に日本人女優が、しかもメインキャストでの出演というのは初。歴史に新たな1ページを刻んだ作品でもある。@@separator■サメい(寒い)冬に元祖雪サメ映画『SNOW SHARK』リリース決定!(今冬DVD発売) @@insert4  “冬”と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは…やっぱり真っ白な雪の情景。そんな雪をかき分けてサメが登場し、次々と人々を襲う『SNOW SHARK(原題)』のリリースが今冬に決定! サメ映画通の方は、雪に出てくるサメ映画は『アイス・ジョーズ』(2013)があるじゃないか! と思われる方も多いかもしれない。しかしあなどるなかれ、この『SNOW SHARK(原題)』、実は『アイス・ジョーズ』が誕生する前の、2012年の作品。いわば雪サメ映画の元祖なのである。  一体どうやって撮影したのかと思わず首をかしげる、雪の中を進む背ビレのカットが盛り込まれた意欲作だが、手作り感あるテイストが敬遠されてか、なぜかこれまで日の目を見ず…。満を持しての日本上陸だ! ■“あの”アサイラムの新サメ映画は、ついに恐怖路線?『SHARK SEAZON』  『シャークネード』シリーズでおなじみアメリカの製作会社アサイラムがまたやってくれた。同社久々の新作となる新サメ映画のタイトルは『SHARK SEAZON(原題)』。なんだか本コラムに合わせたようなタイトルだが、現地アメリカでは7月28日に放送されることが予定されている。すでにYouTube上で公開された予告編では、アサイラムらしからぬストレートな恐怖重視のサメ映画であるような印象が伝わってくる。“ベテラン俳優マイケル・マドセンが出演”と大々的にうたわれているが、果たしてその実力はいかに!? ぜひ日本でのリリースもお願いしたい1本だ。 ■サメ映画最前線を読む  誰もが知る『ジョーズ』(1975)は、サメ映画に“恐怖”のイメージを植え付けた。しかし時は流れ、『メガ・シャークvsジャイアント・オクトパス』(2009)シリーズや『シャークネード』(2013)シリーズなど、一風変わった作品が多数登場することによって、サメ映画は“恐怖”から“興味”へとシフト。「サメ映画だったら少々のことなら許容できる」という存在になった。  しかし、それも『MEG ザ・モンスター』(2018)が『ジョーズ』を超える興行成績をあげたという事実があったからこそ。そこから潮目が変わり、再びサメ映画のトレンドは王道の“恐怖”を体感させるものへと移行中だ。果たしてこの先、サメ映画はどんな風に進化を見せてくれるのか? それを楽しみにしたい。(文・中野ダンキチ)

  • 映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』メインカット

    青春ドラマ、海洋パニック、ダイビングコメディ 夏にぴったり! 海を感じる新作映画3選

    映画

     今年は新型コロナウイルスの影響で、例年のように海やプールで楽しむことは出来ないかもしれないが、これから夏に向けて海が舞台となる作品が続々と公開される。青春ドラマから海洋パニック、ダイビングコメディまで、映画館で海を感じてはいかがだろうか。@@cutter◆『WAVES/ウェイブス』(公開中) @@insert1  『ミッド・サマー』(19)や『ムーンライト』(16)など続々と話題作を出す新進気鋭のスタジオA24が放つ最新作。ある夜を境に幸せな日常を失った兄妹の姿を通し、青春の挫折、恋愛、親子問題、家族の絆といった普遍的なテーマを情感豊かに描き出す。息を飲むほど美しい色彩と独創的なカメラワークと、フランク・オーシャン、ケンドリック・ラマ―、カニエ・ウェストなど、豪華アーティストによる31曲を携え、いまだかつてない映像体験を観客に届ける。  昨年のトロント国際映画祭で、同映画祭始まって以来最長のスタンディングオベーションを浴びて話題を呼んだ本作。この映画でしか出会えない、鮮やかな海の光景を体感でき、息も出来ないほどの感傷と明日への希望が波のように観るものを包み込む。 ◆『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(7月23日公開) @@insert2  全世界で大ヒットを記録した前作から“進化”に“深化”を果たした『海底47m』の続編。太陽の日差しが降り注ぐ夏のメキシコ。4人の女子高生たちは、<海底に沈むマヤ文明の遺跡>を探検しようと危険な洞窟ダイビングに挑戦する。しかし、突如大きな衝撃が走り神殿は崩落。しかもそこに現れたのは、巨大な人喰いホオジロザメだった! 必死で逃げる4人だが、命綱は切断され、助けを呼ぼうにも無線は通じない。ようやく見つけた逃げ道は激しく渦巻く潮流で塞がれており、残りの酸素もごく僅か…脱出確率0%の迷宮を4人は突破できるのか。  本作では、ジェイミー・フォックスの娘であるコリーヌ・フォックス、そしてシルヴェスター・スタローンの娘のシスティーン・スタローンと、名俳優たちの子どもが映画デビューを果たしていることでも注目を集めている。 ◆『ぐらんぶる』(8月7日公開) @@insert3  累計発行部数460万部突破の青春ダイビング(?)コメディ『ぐらんぶる』がついに実写化。大学進学を機に海辺の町に引っ越してきた北原伊織(竜星涼)は灰色の高校生活とはオサラバして、気の合う友人や可愛い女の子と過ごす<キラキラな大学生活>に期待を膨らませていた。「何かおかしい」と最初に異変を感じたのはオリエンテーションの朝。伊織は服も記憶もなく大学の講堂で目が覚める。困惑し、裸のまま走り回っているうちに、伊織の同じ境遇に陥っているイケメンなオタク・耕平(犬飼貴丈)と遭遇し、ともにある場所にたどり着く。そこは常識が通用しない<無法地帯>、超ぶっ飛んだダイビングサークルだった…。  青い海をバックに、イケメン若手俳優がほぼ裸でお届けする青春ダイビングコメディは今夏必見だ。

  • 映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(左から)ジェイミー・フォックス、コリーヌ・フォックス、システイーン・スタローン、シルヴェスター・スタローン

    S・スタローン、J・フォックスの娘たちがダイブ!『海底47m』第2弾本編&父娘写真到着

    映画

     シルヴェスター・スタローンの娘システィーン・スタローンや、ジェイミー・フォックスの娘コリーン・フォックスが出演する海洋パニックスリラー映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』より、本編映像が到着。さらに、システィーン&コリーンとその父親との4ショット、場面写真が一挙解禁された。@@cutter 本作は、ダイビング中に海底に落下、深海で檻に閉じ込められた姉妹が決死の脱出に挑む『海底47m』の3年ぶりのシリーズ第2弾。今作では、マヤ文明の遺跡が眠る海底洞窟へとケーブダイビングを行った女子高生4人に、盲目の巨大人喰いサメが襲いかかる。監督は引き続きヨハネス・ロバーツが務める。  解禁された本編映像は、4人の女子高生が秘密のダイビングスポットへ向かい、夏休みを満喫する姿を映した、若さあふれるフレッシュな1シーン。  アレクサ(ブリアンヌ・チュー)に連れられ、観光客も知らないという秘密のスポットにやってきた4人。ニコール(システィーン)は息つく間もなく崖から飛び込む一方、ミア(ソフィー・ネリッセ)は小道から安全に降りようとサーシャ(コリーヌ)に提案する。異母姉妹である2人は日常でも互いに距離感を感じていたが、サーシャがミアに「飛ぼう」と誘ったことがきっかけで一緒に海に飛び込む。お互いの心が開いている様子も垣間見れる、夏らしい爽快感あふれる映像となっている。  本作でスクリーンデビューを果たしたサーシャ役のコリーンと、ニコール役のシスティーン。彼女たちの父親は、言わずと知れたハリウッドスターであるジェイミー・フォックスとシルヴェスター・スタローンだ。  2人の2世女優について、ロバーツ監督は「コリーヌ・フォックスはキャリアをスタートさせたばかりだ。ジェイミー・フォックスの娘で、すごいカリスマ性がある。彼女はただただ素晴らしく、とても美しく才能のある女優だ。上手いよ」と絶賛。  またシスティーンについても、「(これまで)彼女は演じたことがなかった。シルヴェスター・スタローンの娘で、信じられないほどのエネルギーに満ちている。彼女が登場するとワクワクするよ」と評価し、父親譲りのエネルギッシュな魅力について明かしている。  シルヴェスター・スタローンとジェイミー・フォックスの2人は、昨年8月に行われたプレミアイベントにも参加。その際に撮影された父娘写真では、女優デビューを飾った愛娘の晴れ姿を見て、少し照れ臭そうにほほえむ表情を見せている。  映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』は7月23日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access