男はつらいよ 関連記事

  • (左から)桑田佳祐、山田洋次

    桑田佳祐、『男はつらいよ』新作で主題歌担当&オープニング出演決定

    映画

     故・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの22年ぶり50作目となる最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』(12月27日公開)で、サザンオールスターズの桑田佳祐が主題歌『男はつらいよ』を歌うほか、オープニングに出演もすることが発表された。@@cutter 本作は、1969年に第1作が公開された山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズの50周年、50作目の節目となる作品。車寅次郎(渥美)のおい・満男(吉岡秀隆)と満男がかつて思いを寄せていたイズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そしてくるまやを囲む人たちの今が描かれる。  山田監督は、テレビ番組で『男はつらいよ』を歌う桑田の映像を目にして「実にうまい!」と感激。桑田のこの歌へ寄せる思いも感じられ、それが脳裏から離れずにいたという。今作の製作にあたり、監督自ら「是非、新しい寅さんの幕開けをあの素晴らしい桑田さんの『男はつらいよ』で始められないか。出来れば出演もしていただき、華を添えてもらえないだろうか」と提案。桑田に手紙で思いを伝えた。  もともと桑田は、かつて自身のテレビレギュラー番組に『音楽寅さん』というタイトルをつけるほど寅さんや山田監督のファン。主題歌の『男はつらいよ』もAct Against AIDSのステージや、映像作品『THE ROOTS ~偉大なる歌謡曲に感謝~』の中でも披露してきている。そんな桑田は熱い山田監督の気持ちを受け取ると即座に承諾し、実現へと至った。  山田監督は「桑田佳祐という人と渥美清さんは、心情において深く重なっているのではないか」との見方を示した上、桑田の歌う『男はつらいよ』について、「人を優しい気持ちにさせ、元気づけてくれる。『まあ、こんな私でもなんとか生きていけるんじゃないかな』、観客の背中をポンと押してくれるような素晴らしい主題歌となり、記念すべき50作目のオープニングを飾るに相応しい名シーンとなりました」と絶賛している。  桑田は「渥美清さん演ずる『寅さん』には、あの方ならではの男の色気で、恋することのもどかしさ、家族や人間同士の絆、生きることの脆さ、儚さ、せつなさ、そして渥美さんご自身の『粋な口上』の数々や、お上手な歌などもたくさん教えて頂き、私も渥美清さん演じる『寅さん』を、どこかファンのひとりとして、真似をしながら生きて来たような気が致します」と明かした上、山田監督について「撮影スタジオでは、主題歌を歌うシーンで、私のおぼつかない『演技』に、暖かく御指導をいただきましたことは、一生の思い出です」と話している。  映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日より全国公開。

  • 『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)出演者

    『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』池脇千鶴ら初参加も 豪華13名キャスト解禁

    映画

     故渥美清主演の人気シリーズ『男はつらいよ』の22年ぶり、50作目となる最新作『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)に、池脇千鶴、桜田ひよりが初出演することが分かった。さらに、橋爪功、小林稔侍、美保純、佐藤蛾次郎、北山雅康、笹野高史、濱田マリ、カンニング竹山、出川哲朗、林家たま平、立川志らくが出演することが発表された。@@cutter 1997年公開の第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、22年ぶりとなる今作は、車寅次郎(渥美)の甥・満男(吉岡秀隆)と、満男がかつて思いを寄せたイズミ(後藤久美子)のその後の物語。別々の人生を生きてきた2人を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そしてくるまやを囲む人々が描かれる。すでに吉岡、後藤、倍賞、前田のほか、夏木マリ、浅丘ルリ子も出演することが発表されている。  池脇は、小説家となった満男(吉岡)の編集担当・高野節子役。池脇は「『男はつらいよ』は子どもの頃、親にいっぱい見せてもらった記憶があります。今回、寅さんに出られるということにすごくびっくりしましたし、嬉しかったです」と喜びのコメント。続けて「山田組は緊張感があって、でも厳しいというよりは優しく、細かく。山田監督が書かれた脚本にプラスして、現場でも監督がその時々に求めていることに応えられたらいいなと思い、撮影に臨んでいました」と振り返る。  一方、満男の娘・諏訪ユリを演じる桜田も「オーディションに受かった時は飛び跳ねて喜びました! 家族は勿論、祖母が特に喜んでくれました」と出演の喜びを明かす。続けて「撮影初日はとても緊張していたのですが、みなさんが温かく迎えてくださったので安心して撮影に臨むことができました。監督からは『変に作り込むのではなく、台本をきちんと読んで、自然体で来てほしい』とアドバイスを頂いたので、山田組に身を任せて沢山のことを吸収したいと思い、頑張りました」と撮影時の様子を明かした。  そのほか、山田組常連の橋爪がイズミの父親・及川一男を、小林が満男の義理の父親・窪田を演じるほか、立川が劇中でも噺家として出演。美保は朝日印刷タコ社長の娘・朱美を、佐藤が柴又帝釈天題経寺の寺男・源公を、北山が新しくカフェになったくるまやの店長・三平を、笹野が新たな御前様を、出川は出版社の社員・山中を演じる。  また、山田組初参加として、カンニング竹山が節子の勤務先の出版社の編集長・飯田を、濱田は書店の客を、林家はケアセンターの職員を演じる。  映画『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)は2019年12月27日より全国公開。

  • 22年ぶり、50作目の最新作『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)製作会見にて

    『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)後藤久美子が23年ぶり銀幕復帰

    映画

     故渥美清主演の人気シリーズ『男はつらいよ』の22年ぶり、50作目となる最新作『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)の製作会見が10月31日、東京・世田谷の東宝スタジオにて行われた。製作会見で山田洋次監督は、今作では寅さん(渥美)のおい・満男(吉岡秀隆)とその初恋相手イズミ(後藤久美子)の二十数年ぶりの再会を物語の主軸に据えるという構想を明かした。@@cutter 本作は1969年に劇場公開されたシリーズ第1作から50周年を迎える来年の公開に向け、10月20日にクランクイン。渥美の出演シーンを旧作の映像から抜き出して、主役の寅さんを登場させるというユニークな試みも話題になっている。  山田監督は「満男が思春期から大人へ成長する中で、寅さんというおじさんがいたことでどんなに救われたか分からないし、おじさんの役割や大切さを今にして思う。そういう思い出をスクリーンの中に展開できれば」と語った。また、『男はつらいよ』シリーズは「人間はいかに自由であることが素晴らしいのか、あらゆるものから解放されてのんびり生きることがどんなに大切か」をテーマにしてきたと話し、「今回集大成となる映画にできればと思います」と抱負を示した。  寅さんの妹・さくら役の倍賞千恵子は「またさくらに会えるとは思っていなかったですし、まさかと思いました。ただ、きょう衣裳を着けてセットに入って本当にちょっとホっとしました。これからどうなるのかが楽しみです」と語った。  本作で23年ぶりの銀幕復帰となるイズミ役の後藤久美子は「また山田組に呼んでいただけたのはとても光栄で、うれしい気持ちでいっぱいです。敬愛する大好きな渥美清さんに思いをはせながら、思い出話を咲かせながら、撮影を続けております」と話し、寅さんが最も思いを寄せたマドンナ“リリー”こと浅丘ルリ子は「私はまたリリーさんをやれると思っておりました。ずーっとリリーさんは仕事をしながら寅さんを思いながらずっと一人でいるんだって。2日間撮影をさせていただいて、しばらくぶりに皆さんにお会いできて、とても懐かしいです」と、それぞれの思いを語った。  製作会見には前田吟、吉岡秀隆、夏木マリも出席した。  映画『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)は2019年12月27日より全国公開。

  • 『男はつらいよ』50周年プロジェクト 発表会見にて

    『男はつらいよ』22年ぶりの新作を製作!

    映画

     俳優の渥美清が主演を務めた、国民的人気コメディ映画『男はつらいよ』シリーズの新作が、22年ぶりに製作されることが決定。会見に出席した山田洋次監督は「次の時代へのギアチェンジをしなければ、と寅さんを見ながらふと考えてみる、そんな映画を作りたい」と意気込みを語った。@@cutter 1969年8月にシリーズ第1作が公開された映画『男はつらいよ』シリーズは、これまで特別篇を含めて全49作が公開され、2019年には公開50周年を迎える。  今回の会見では、このアニバーサリーイヤーを機に「『男はつらいよ』50周年プロジェクト」が発足することが発表され、プロジェクトの一環として過去の全49作を4Kデジタル修復することがアナウンスされた。さらに、過去作のテレビ放映、映画の舞台となった葛飾区との協働、展覧会や小説の出版などの企画が紹介され、最後に、公開50年目に50作目となるシリーズ最新作の製作が発表された。  シリーズ1作目をはじめ、多くの作品でメガホンを取った山田監督は新作について「主演はあくまでも渥美清であることが大事。その上で、いま、僕たちは幸せかい?との問いかけが、この作品のテーマになるんじゃないかと思う」と話すと、続けて「新作の中で、この映画の全ての登場人物に観客は出会えるんじゃないかと思っている」と想いを明かした。  渥美清扮する車寅次郎の妹・諏訪さくらを演じた女優の倍賞千恵子も会見に出席。倍賞は「50年はすごい」と驚きをあらわにすると「もしお兄ちゃんがどこかで見ていたら、『おい、さくら、まだ山田監督と映画を作るんだよ』と言っているような気もするんですね」とコメント。それを隣で聞いていた山田監督が倍賞に「さくらはどこかでお兄ちゃんは生きてると思ってるよ」と優しく語りかける一幕もあった。

  • 『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』(1975年公開)

    『男はつらいよ』シリーズ人気投票結果発表!1位は『寅次郎相合い傘』

    映画

     今もなお愛される国民的シリーズ『男はつらいよ』の廉価版DVD発売を記念して、作品の公式フェイスブックにてオンラインアンケートを実施。歴代の人気作ベスト5がファンによって選ばれた。@@cutter 第1位を獲得したのは1975年公開の『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』。ヒロインは浅丘ルリ子演じる松岡リリーで、リリーと喧嘩した寅さんが雨の降る柴又駅へリリーを迎えに行く“相合い傘”シーンは、シリーズ屈指の名場面としても知られている。「二人の息の合ったテンポの良い掛け合いとお互いに惹かれあう様子が『寅次郎!もう一息!』と応援したくなる」「いろんなことを抱えながら強く生きているリリーと、リリーの言葉を受けとめる寅さんの絡みが好き」とのコメントが寄せられた。  第2位に輝いたのは、1976年公開の『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』。寅さんと日本画檀を代表する画家の友情は、シリーズの楽しさの一つでもある“寅さんとインテリ”という組み合わせが楽しめる作品だ。第3位には、首位と同じく“寅さんとリリー”のシリーズから、1980年公開の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』が選ばれこのカップルの人気ぶりがうかがえる。  第4位はシリーズ第1作目『男はつらいよ』、第5位には『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』がそれぞれ選ばれた。  同シリーズは現在、BSジャパン『土曜は寅さん!』で高視聴率を記録、『寅さんのことば』をテーマにした東京新聞での連載、さらにサントリーの清涼飲料水『オランジーナ』の広告で寅さんをモデルにしたキャラクターが起用されるなど、約半世紀経った今も、変わらずその人気を誇っている。  「『男はつらいよ』シリーズ HDリマスター版」廉価版DVDは全49作、各巻1800円(税抜)で発売中。それぞれ、映像特典(予告編/スペシャル特典映像「寅さんが好き」)を収録している。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access