クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

楽園 関連記事

  • 映画『楽園』に出演する左上から村上虹郎、柄本明、(左下から)石橋静河、黒沢あすか、片岡礼子、根岸季衣

    綾野剛主演の『楽園』追加キャストに柄本明&村上虹郎&石橋静河ら

    映画

     俳優の綾野剛が主演する映画『楽園』から、柄本明、村上虹郎、石橋静河ら追加キャストが発表された。村上は「天使なのか、悪魔なのか。大事な人物を演じさせて頂きました」とコメントしている。@@cutter 本作は、作家・吉田修一の短編集『犯罪小説集』から2つの短編を組み合わせて瀬々敬久監督が映画化。未解決の幼女誘拐事件を発端に、被害者の親友だった少女、容疑者の青年、限界集落で暮らす男、それぞれの人生が交錯していく様をつづるヒューマンサスペンスとなっている。  豪士(綾野)はリサイクル品を販売しながら孤独な日々を過ごしていた。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女誘拐事件が起こった。犯人は見つからず、事件直前まで被害者と一緒にいた紡(杉咲花)は心に深い傷を負う。12年後、祭りの準備で豪士と出会った紡は、孤独な豪士に対してある感情を抱く。そして祭りの日、12年前と同じY字路で再び少女が行方不明となる。犯人の疑いをかけられた豪士は、驚きの行動に出るのだった。それから1年後、Y字路に続く限界集落に暮らす養蜂家の善次郎(佐藤浩市)は、村おこしの計画をめぐって村人たちの怒りを買う。村八分に遭った善次郎は狂気に陥り、それが恐るべき事件へと発展する。  柄本は、誘拐された幼女の祖父・藤木五郎役を演じる。吉田作品への出演は『悪人』に続き2回目で、「やはり今回も吉田さんの世界だなと感じました。綾野さん、杉咲さん、佐藤さんともこれまでにご一緒しており、現場も楽しかったです。人間なんて恐ろしい存在だから、本当のところは誰も分からない。紛れもなく瀬々監督の映画になっていると思うので、あとは映画を見て頂ければ嬉しいです」と話している。  村上は、紡に思いを寄せる幼なじみ・野上広呂役。「天使なのか、悪魔なのか。大事な人物を演じさせて頂きました。初の瀬々組ですが、監督の鋭い目つきにゾクワクする日々でした。監督の名台詞集をすぐにでも出版できそうですが此処ではひとつだけ、"さっきの方がグビッときた"。スクリーンでお逢いできるのを心待ちにしています」とコメントしている。  そのほかにも、佐藤扮する善次郎の身を案じる女性・久子役に片岡礼子、綾野演じる郷士の母・洋子役に黒沢あすか、柄本が演じる五郎の妻・朝子役に根岸季衣、善次郎の亡き妻・紀子役として石橋静河の出演が発表された。  映画『楽園』は2019年秋全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access