クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

X-メン 関連記事

  • 映画『X‐メン』公開から20年(※写真は2000年公開の映画『X‐メン』より)

    『X‐メン』公開から20年、ヒュー・ジャックマン&ハル・ベリーが懐かしの写真を公開

    映画

     2000年7月にアメリカで公開された映画『X‐メン』。公開から20年の14日、本シリーズでウルヴァリン役を演じたヒュー・ジャックマンと、ストーム役のハル・ベリーが懐かしの写真や動画をインスタグラムで公開した。@@cutter 『X‐MEN』シリーズは、超人的なパワーを持つミュータントの活躍や対立が描かれた大ヒット作。1作目となる『X‐メン』には、ヒューやハルのほかファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケランらが出演している。  ヒューは14日にインスタグラムを更新し、『X‐メン』のアメリカ公開日が2000年7月14日であったことを写真で説明。これを記念してヒューは、「聞いてくれ。スタジオに呼ばれて、ウルヴァリンを演じるために3週間で体を絞ることが出来るかと聞かれたんだ。張り切って安請け合いしたかも! でも、君だってそうしただろう?」と振り返り、「『X‐Men』ユニバース、20周年おめでとう」とコメントを付けて、オリジナルポスター数枚と公開日が記載された写真を投稿。一緒に、撮影現場で撮られた動画も公開された。 @@insert1  動画では、ウルヴァリン姿のヒューが、黄色いコスチュームの人形と対戦。フィギュア相手に、「うっ、やるな」などとつぶやきながら、最後はフィギュアに打ちのめされている。  一方のハルも、これを記念してインスタグラムに懐かしいショットを投稿。1枚目には、マグニートー役のイアンとヒューと一緒に撮られた写真。2枚目にスライドすると、カットされてしまったというウルヴァリンとストームのキスシーン動画を公開した。また、別投稿ではシリーズに登場したストームのヘアスタイルの変遷を1枚にまとめたショットも公開している。ファンにはうれしい記念日となったようだ。 @@insert2 引用:「ヒュー・ジャックマン」インタグラム(@thehughjackman)    「ハル・ベリー」インタグラム(@halleberry)

  • ライアン・レイノルズ、『X-メン』再会イベントに乱入!

    ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマン参加の『X‐MEN』“再会”イベントに乱入

    映画

     これまでも、SNSで面白過ぎるいじり合いを行っているヒュー・ジャックマンとライアン・レイノルズ。今回は、バーチャルのチャリティイベントで、映画『X‐MEN』のキャストらを巻き込んで、ファン垂涎の楽しいやり取りが行われた。@@cutter 現地時間27日、「Global Citizen:Unite for Our Future」のチャリティスペシャルが開催され、2000年公開の映画『X‐メン』出演のヒュー・ジャックマンとハル・ベリー、パトリック・スチュワート、ファムケ・ヤンセンが、ウェブ上で再結集した。  ヒューが、「正直なところ、ちょっとシュールだよ。『X‐MEN』の第1弾が公開されてからもう20年なんて信じられない」と、かつての共演者らとしんみりししていると、そこにご機嫌なライアン・レイノルズが登場。「ノックノック! ワーオ! スターがいっぱいだ!」と、オリジナル版に出演していないにも関わらず、ぐいぐい参加する。  ヒューが「ライアン、僕とキャストで、一緒に撮影した映画について思い出を語り合ってたところなんだ」とけん制するも、ライアンは『X‐MEN』シリーズに登場した他のキャストも招待したと明かし、何と『X‐MEN:ダーク・フェニックス』のソフィー・ターナーと、ジェームズ・マカヴォイが画面に登場。ソフィーは、ファムケが演じたフェニックスことジーン・グレイの若き頃を演じ、ジェームズはパトリックが演じたプロフェッサーXの若き日を演じている。  すると、登場したばかりのソフィーは、「『ゲーム・オブ・スローンズ』の再会スペシャルかと思ったわ」とあっさり去ってしまい、それぞれ『007』シリーズに出演しているハルとファムケは、「今ジェームズ・ボンドの再会企画があるのよ」「わたしも」と去り、さらに、ジェームズは「『スプリット』の再会企画が」、パトリックは「『スタートレック』」と次々去ってしまい、ついにライアンとヒュー、“因縁の二人”が残ることに。  「僕と君だけだね、ローガン。これは何の再会かな?」とライアンがにんまりすると、そこにそ『ウルヴァリン:X‐MEN ZERO』でヒュー演じるウルヴァリンの兄を演じたリーヴ・シュレイバーが登場。「『ウルヴァリン:X‐MEN ZERO』再会!」とご機嫌なリーヴに、一人ヒューがうなだれる展開に。『X‐MEN』ファンには堪らない、オモシロ動画になっている。

  • 『X‐MEN』シリーズのテレビドラマ化は実現するか?(※写真は、『ウルヴァリン:X‐MEN ZERO』より)

    『X‐MEN』シリーズ、テレビドラマ企画が浮上!

    海外ドラマ

     アメコミ・ヒーローのテレビドラマ化が大賑わいで進んでいる米テレビ界だが、スピンオフを含め続々と映画版が製作されている大ヒットシリーズ『X‐MEN』のテレビドラマ化企画が浮上しているそうだ。@@cutter E!Onlineによると、FOXが“ここしばらく” 『X‐MEN』の実写ドラマ化に向けて交渉を進めていると複数の関係者が話しているという。だいぶ前から水面下で企画が動いており、契約段階には至っていないものの、実現するとしたらFOX以外ではあり得ないとのことらしい。20世紀フォックスなどからはコメントは出ていないそうだ。  これ以上の詳細は明らかになっていないが、マーベル・コミック・キャラクターの実写ドラマ化が着々と進んでおり、今後の動向が気になるところだ。  FOXは1994年に『X‐MEN』の映画化権を獲得。映画では2000年に公開された第1作『X‐メン』を皮切りに、スピンオフを含めて新シリーズの最新作『X‐MEN:フューチャー&パスト』まで、7作が製作されている。映画シリーズとしては歴代12位の人気で、全世界興行収入は30億ドル(約3249億円)。今後も現時点で、新シリーズ第3弾『X‐MEN:Apocalypse(原題)』とタイトル未定のウルヴァリン・スピンオフ第3弾、デッドプールを主人公にしたスピンオフ『Deadpool(原題)』の製作が予定されている。

  • ウルヴァリンはしばらく辞められない!?

    ヒュー・ジャックマン、約98億円のギャラで『X-MEN』関連4作品に継続出演か

    映画

     『ウルヴァリン:SAMURAI』の9月13日日本公開に先駆け、来日が予定されているヒュー・ジャックマンだが、1億ドル(約98億円)の出演料で『X-MEN』関連作品4作への出演を依頼されているという。@@cutter Digital Spyによると、このニュースは米タブロイド紙の「National Enquirer」がヒューの知人と称する人物に聞いた話として伝えており、「National Enquirer」に対し、この知人はこう話しているそうだ。  「ヒューは大きな選択を迫られています。この手の額の出演料をオファーされることは、日常茶飯事ではありませんからね。でもヒューは『X-MEN』後に、二度と複数作品に出演する包括契約で縛られることはしないと心に決めました。彼はまだ返答していませんが、検討はしているようですよ」。  『X-MEN』スピンオフの『ウルヴァリン』が長期シリーズ化しそうな勢いのヒューだが、この関連4作品がどのような作品かは不明。現在、撮影が進んでいる『X-MEN』シリーズ最新作『X-Men: Days of Future Past(原題)』の後に、製作が決まっている作品はないはずだ。  『X-MEN』シリーズに関しては、オリジナル三部作の最終章と銘打たれた『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(06)で出番が終わるはずだったヒューだったが、その後、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(09)でウルヴァリンに返り咲き、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)ではクレジットなしのカメオ出演だった。  『X-Men: Days of Future Past(原題)』では、新旧メンバーに混じり、再びウルヴァリンを演じているらしい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access