クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ぼくらの七日間戦争 関連記事

  • 『ぼくらの7日間戦争』ティザービジュアル

    『ぼくらの7日間戦争』、アニメ映画化決定 ティザービジュアル&特報解禁

    アニメ・コミック

     1988年に女優・宮沢りえ主演で実写映画化された宗田理のベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』を原作として新たなストーリーを描くアニメ映画が、『ぼくらの7日間戦争』のタイトルで12月に全国公開されることが発表された。同時にティザービジュアルと特報が解禁された。@@cutter 本作は、大ヒットした実写映画版で、親や教師からの管理教育に反抗し、廃工場に立てこもり大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年が舞台。原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメーション映像によって展開される。その新ストーリーの象徴として、タイトルは漢数字の「七」ではなくアラビア数字の「7」を使った『ぼくらの7日間戦争』としている。  本作の企画は、1988年の実写映画公開から30年を迎え、宗田の「ぼくら」シリーズの累計発行部数が2000万部を超えたことがきっかけ。1985年に第1作『ぼくらの七日間戦争』が刊行された当時は、学生運動をした世代の管理教育といった社会背景が下地にあったことで中高生を中心に人気を呼んで大ベストセラーに。88年の実写映画は宮沢の女優デビューにして初主演作として注目を集め、戦車や廃工場でのアクションといった大胆な演出が反響を呼んだ。宗田はその後も30年にわたって40作を超える続編を発表、主人公の菊地英治や中山ひとみが中学生から高校生、大学生、そして大人へと成長していく姿を描いている。  91歳となった今なお現役でシリーズの新作を書き続けている宗田は、アニメによる再映画化について、シリーズのテーマである「大人への挑戦」と「ユーモラスな戦い」を描くことを条件に快諾した。  監督を務めるのは、テレビアニメ『ブレイブビーツ』で監督デビューし、『ドリフェス!』などの話題作を手がけてきた村野佑太。脚本を務めるのは、映画『ブレイブストーリー』やNETFLIXで話題となった『DEVILMAN crybaby』など数々のアニメ大作を執筆してきた大河内一楼。  ティザービジュアルには、舞台となる雄大な山々に向かい、これから始まる7日間への期待に胸を膨らませる少年少女6人が描かれている。  また、特報では主人公の守を中心に、それまでの何気ない日常生活から大人に対する抵抗の始まりと、少年少女が大人へと成長する初めの一歩、“スタートライン”を描き出しており、彼らにとっての戦争は何か、彼らが立ち向かう敵とは何なのか、そして英治とひとみは登場するのかなど、原作ファンの想像を膨らませる映像となっている。  映画『ぼくらの7日間戦争』は12月全国公開。

  • 一大ブームを巻き起こした傑作が「角川映画祭」で一挙上映

    「角川映画祭」上映作品決定!『犬神家の一族』など往年の名作がスクリーンで復活

    映画

     角川映画40周年を記念して開催される「角川映画祭」のメインビジュアルが公開され、同時に上映作品も発表された。上映される作品は、1976年から1988年にかけて公開された全48作品。『セーラー服と機関銃』や『時をかける少女』、『犬神家の一族』など往年の名作がスクリーンで鑑賞できる。@@cutter 本映画祭は、2014年の「雷蔵祭 初恋」、2015年の「若尾文子映画祭 青春」に続き、豊富なライブラリー作品を次世代に継承すべくKADOKAWAが立ち上げたブランド「角川シネマコレクション」の劇場上映企画第4弾。  1976年の第1弾作品で、巨匠・市川崑監督が手がけた『犬神家の一族』から、昭和時代終了の1988年の宮沢りえの映画デビュー作『ぼくらの七日間戦争』まで、時代を彩った映画48作品が一挙上映される。  今回、公開されたポスターメインビジュアルは、「カ・イ・カ・ン」のセリフが印象的だった『セーラー服と機関銃』の薬師丸ひろ子や、これまで何度も映画やTVでリメイクされている『時をかける少女』の原田知世、一度見たら忘れることができない『犬神家の一族』の佐清(スケキヨ)、『蘇る金狼』の松田優作など、豪華俳優陣と作品群がコラージュされたもの。名作の数々が蘇るポスターに懐かしさを覚える人も多いことだろう。  今回の企画に、関係者は「昭和を生きた時代の方は当時を懐かしみ、若い世代は当時の息吹を感じながらあふれるパワーを大スクリーンで堪能してほしい」と語る。  角川映画40年特別企画「角川映画祭」は7月30日~9月2日まで角川シネマ新宿ほかで開催。5回券前売りチケットには、復刻版のチラシセット5枚(『犬神家の一族』『セーラー服と機関銃』『時をかける少女』『人間の証明』『蘇える金狼』)が特典としてついてくる。

  • 『GODZILLA ゴジラ』地上波初放送!

    ゴジラ・りえちゃん・ハングオーバー、シルバーウィーク放送の映画番組をチェック

    映画

     カレンダー通りでも5連休、有給などを駆使すれば9連休にもなったりと、「シルバーウィーク」の名に恥じない秋の大型連休が19日からスタート。でも、どこかへ出掛けてもどうせ混んでいるし…と消極的になっているあなた、ご安心ください。TVの地上波放送は“自宅で映画三昧を決め込むのも悪くない”と思わせる充実のラインナップ。その見どころを紹介しましょう。@@cutter まずシルバーウィーク開幕となる19日には、「テレ玉青春映画スペシャル」と題した特集がスタート。19~20日の2日間行われるが、ここで目玉となるのが19日放送の『ぼくらの七日間戦争』。そう、宮沢りえの初主演作です。はや27年前の作品となるこちら、当時衝撃的に現れた宮沢りえの可愛さが見ものなのはもちろん、“角川映画の華”というべき戦車が登場するのも見逃せません。  そこから青春時代に親しんだ角川映画全般に思いを馳せたり、主題歌のTM NETWORKが懐かしかったり、“りえちゃんはこのあと、大変な女優人生だったよなぁ”なんておじさん目線で思ったり…。そう、映画とは様々な思いが巡るセンチメンタル・ジャーニー。心の旅でシルバーウィークの旅行代わりにしてみてもよいでしょう。また20日には、クーラーのリモコンを守るためタイムマシンで昨日へと旅立つ青春コメディ『サマータイムマシン・ブルース』が放送されます。@@separator そして、実際に旅気分を味わえるのは関東キー局では初放送となる『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』。結婚前最後の一夜を過ごすべく、ラスベガスへ旅立った頭の中がエロとバカでいっぱい=中学生のまんまな4人の姿を描いた世界的大ヒット作品です。エンドロールまで楽しませるジャッキー(・チェン)イズム溢れる一本なだけに、最後の最後まで見逃し厳禁&もしカットされていた場合は各自レンタルなどして要チェック。  旅気分に続いては、25日の地上波初放送『GODZILLA ゴジラ』を観れば某ジュラシック作品よろしくテーマパークに来た気分を味わえること請け合い。出掛ける手間が省ける訳です。“もうちょっとどうにかならなかったのか”と思わずにいられない敵キャラのデザインにツッコんだりして観るのも、自宅なら自由だしよいでしょう。  他にも、ダークファンタジー『アンダーワールド』シリーズ4作一挙放送、カーチェイスが“どうやって撮ったんだよ!”と思わせる『フレンチ・コネクション』、歳を取って観ると涙腺刺激度が倍加する『フィールド・オブ・ドリームス』など、多種多様な映画が勢揃い。出掛けなくても大丈夫、芸術の秋を地上波放送の映画にてご堪能あれ。(文:しべ超二)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access