クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

若草物語〈1994年〉 関連記事

  • 『若草物語』に出演するエマ・ワトソン

    エマ・ワトソンら女優陣の魅力満開、『若草物語』実写版の初予告編が公開

    映画

     実力派の若手スターが大集結する、米作家ルイーザ・メイ・オルコット原作の『若草物語』実写版。6月に初ビジュアルが公開されて以来、待たれていた初予告編が解禁になった。@@cutter アメリカの南北戦争を背景に、19世紀に生きるマーチ家の四姉妹の成長を描く『若草物語』実写版。女優のエマ・ワトソンが長女のメグ役、シアーシャ・ローナンが次女のジョー役、エリザ・スカンレンが三女のベス役、フローレンス・ピューが四女のエイミー役を演じる。さらに映画『君の名前で僕を呼んで』の俳優ティモシー・シャラメがローリー役、女優のメリル・ストリープが四姉妹のおば、マーチ役でキャストに名を連ねる豪華さだ。  予告編はローリーが男友達に四姉妹を紹介するところから始まる。作家志望のジョーが「小説を執筆中なの。これは私と私の姉妹の人生の物語」と説明し、「女性が主人公なら、結末までに必ず結婚させなさい」と忠告されるなど、その時代らしいひと幕もある。  ジョーが姉のメグに女優の夢を諦めるなと語ったり、ローリーがジョーに愛を告白したり…。マーチおばがジョーたちに結婚の大切さを吹き込むシーンでは、メリルの演技が光る。当時を物語る衣装にも注目したい。  監督&脚本は、映画『レディ・バード』でシアーシャとタッグを組んだグレタ・ガーウィグ。今年のクリスマスに全米公開予定だ。

  • エマ・ワトソン、自身のインスタグラムで映画『Little Women(若草物語)』のビジュアルを公開

    エマ・ワトソンが美しい! 出演映画『若草物語』、初ビジュアル解禁

    映画

     女優のエマ・ワトソンやシアーシャ・ローナン、俳優のティモシー・シャラメなど注目キャストが集結する『若草物語』リメイク版。19世紀に生きるマーチ家の四姉妹の初ビジュアルが公開され、エマも自身のインスタグラムで紹介した。@@cutter 米女性誌「Vanity Fair」で解禁となったビジュアルは、南北戦争時代のアメリカを感じさせる衣装で、時に可憐で、時に実用的なルックになっている。  エマが演じる長女のメグは四姉妹が浜辺に立っている写真で、淡いグリーンに見えるシンプルながらスタイリッシュなロングワンピース姿。襟のレースとスカートからのぞくペチコートがフェミニンだ。三女のベス(エリザ・スカンレン)と四女のエイミー(フローレンス・ピュー)はピンク系のかわいらしいスタイルのドレス。シアーシャ演じる次女のジョーは、ベージュとブルーグリーン系のカラーコーデで、活発なジョーらしいスタイルのアンサンブルになっている。  監督のグレタ・ガーウィグと一緒に写っている一枚では、メグの豪華なドレス姿も披露されている。リッチな友人から借用したという、スカート部分が大きく膨らんだピンクのドレスを着て舞踊会に出席するメグのシーンとのことだ。  ジャケットとスカーフ姿のジョーと、ティモシー演じるローリーが、真剣な面持ちで見つめ合っている姿は意味深で詩的なムードだ。  撮影は作品の舞台で、原作者ルイーザ・メイ・オルコットの故郷マサチューセッツ州で行われたという。『若草物語』リメイク版は現地時間2019年12月25日より全米公開予定。 引用:https://www.instagram.com/emmawatson/

  • 『若草物語』リブート版に出演するというエマ・ワトソン

    『若草物語』映画化、エマ・ストーン降板でエマ・ワトソンが出演か

    映画

     映画『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグ監督が手がける名作『若草物語』の再映画化。映画『ハリー・ポッター』シリーズや『美女と野獣』の女優エマ・ワトソンが、豪華キャストの仲間入りを果たすという。@@cutter 南北戦争で揺れる19世紀アメリカを舞台に、マーチ家の4人姉妹、長女メグ、次女ジョー、三女ベス、四女エイミーの成長物語を描く『若草物語』。ガーウィク監督は脚本を兼任する。  Varietyによると、エマは先に決まっていたエマ・ストーンが演じる予定だった役になるという。エマ・ストーンは新作『The Favourite(原題)』のプロモーションに参加するため、撮影に間に合わなくなったとのことだ。撮影は9月から予定されているという。  役名は明かされていないが、キャストはエマの他に、映画『レディ・バード』のシアーシャ・ローナン、映画『トレイン・ミッション』のフローレンス・ピュー、映画『君の名前で僕を呼んで』の俳優ティモシー・シャラメ、オスカー女優メリル・ストリープとローラ・ダーンが名を連ねる。

  • 『レディ・バード』監督のもと、ティモシー・シャラメやシアーシャ・ローナンが再タッグか

    『若草物語』再映画化、T・シャラメやS・ローナンら豪華スター出演か

    映画

     映画『レディ・バード』の注目監督グレタ・ガーウィグが、米女流作家ルイーザ・メイ・オルコットの名作『若草物語』の再映画化で監督を務めるという。キャスト候補には、映画『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメや、『レディ・バード』で2度目のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンなどが挙がっている。@@cutter オルコットが1868年に発表した小説『若草物語』は、南北戦争で揺れる19世紀アメリカを舞台に、マーチ家の4人姉妹、長女メグ、次女ジョー、三女ベス、四女エイミーの成長物語を描く。  Varietyによると、ティモシーやシアーシャの他、現在、出演交渉に入っているのは、オスカー女優メリル・ストリープやエマ・ストーン、映画『トレイン・ミッション』の女優フローレンス・ピュー。現在、キャスティングの調整中とのことで、演じる役柄については不明とのこと。  情報筋の話では、今週中にエマを相手に三女のベスを演じる若手女優のオーディションが行われるとのことだ。ティモシーはマーチ家の隣人ローレンス家の一人息子であるローリー役を演じる可能性が高い。  米コロンビア・ピクチャーズが製作する。女優・脚本家としても活躍するガーウィグ監督は当初、サラ・ポーリーの執筆した脚本をリライトするために採用されたが、『レディ・バード』の成功により監督として白羽の矢が立ったという。

  • 『若草物語』ドラマ版に『ジェシカおばさんの事件簿』女優のアンジェラ・ランズベリーが出演

    不朽の名作『若草物語』ドラマ化、『ジェシカおばさんの事件簿』女優が出演

    海外ドラマ

     今年5月に伝えられた米作家ルイーザ・メイ・オルコットの名作『若草物語』のミニシリーズ化で進展が見られた。ミステリー作家ジェシカ・フレッチャーが名推理を発揮する人気海外ドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』で主人公を演じたベテラン女優アンジェラ・ランズベリーが出演するという。@@cutter 米公共放送サービスのPBSが英製作会社プレイグランド・プロダクションと共に制作する『若草物語』ミニシリーズは、3部構成になる予定。E!Newsによると、アンジェラはマーチ家の四姉妹の裕福な親戚マーチおばさまを演じるとのことだ。  また四姉妹の優しくて賢い母親役は、映画『奇跡の海』や『戦火の馬』などの女優エミリー・ワトソンが務める。姉妹の隣人の老ローレンスは、映画『ハリー・ポッター』シリーズのダンブルドア役で知られる俳優マイケル・ガンボンが演じる。  四姉妹のうち、次女ジョー役は新人女優のマヤ・ホークス、三女ベス役はアネス・エルウィに白羽の矢が立てられたとのこと。長女メグ役は海外ドラマ『スクリーム』の女優ウィラ・フィッツジェラルド、四女エイミー役は海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』で注目される女優キャスリン・ニュートンが演じるという。

  • 名作『若草物語』がミニシリーズに(※映画『若草物語』の場面写真)

    不朽の名作『若草物語』、3話構成のTVドラマシリーズ制作へ

    海外ドラマ

     米作家ルイーザ・メイ・オルコットの名作『若草物語』。これまで幾度となく映画化やテレビドラマ化されてきたが、米公共放送サービスのPBSが英製作会社プレイグランド・プロダクションと共にミニシリーズ化することを発表したという。TV Lineが伝えた。@@cutter オルコットの自伝的小説『若草物語』は南北戦争時代のアメリカを舞台に、北米の従軍牧師として出兵した父の不在中に家を守る母親と四人姉妹に起こる日常の出来事や試練、家族愛や姉妹の成長などを描く。  ミニシリーズは3エピソードで構成されるとのこと。海外ドラマ『コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語』の企画・製作総指揮を務めるハイディ・トーマスが脚本を執筆。海外ドラマ『サーティーン/13 誘拐事件ファイル』などでメガホンを取るヴァネッサ・キャスウィルが監督を務めるという。  1994年に映画化された『若草物語』では、そうそうたる俳優陣が集結した。トリニ・アルヴァラードが長女メグ、ウィノナ・ライダーが次女ジョー、クレア・デインズが三女のベス、サマンサ・マシスが四女エイミーを演じ、スーザン・サランドンやクリスチャン・ベイル、ガブリエル・バーンなどもキャストに名を連ねた。  ミニシリーズのキャストや放送時期については不明。

  • 『若草物語』のTVドラマを製作するという『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のマイケル・ウェザリー

    『若草物語』ドラマ化で大胆脚色、『NCIS』ディノッゾ役M・ウェザリーが製作

    海外ドラマ

     アメリカの女流作家ルイーザ・メイ・オルコットの代表作『若草物語』が、米CW局でテレビドラマ化されるという。人気海外ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のトニー・ディノッゾ役で知られる俳優マイケル・ウェザリーが、製作総指揮を務めるそうだ。@@cutter Deadlineによると、新進気鋭の脚本家アレクシス・ジョリーが原作を大胆に脚色し、メグ、ジョー、ベス、エイミーの四姉妹は何もかもが異質な異母姉妹になるとのこと。暗黒郷と化したフィラデルフィアを舞台に、4人はお互いを殺さないようにしながら生き残るために結託し、想像を超える陰謀の謎に迫るという。ジョリーはマイケルと共に製作総指揮を務めるそうだ。  『若草物語』は、オルコットが1868年に発表した文学小説。南北戦争で揺れる19世紀アメリカを舞台に、マーチ家の四姉妹、長女メグ、次女ジョー、三女ベス、四女エイミーの成長物語を描き、これまでも名女優キャサリン・ヘップバーンがジョーを演じた1933年作や、エリザベス・テイラーがエイミーを演じた1949年作、ウィノナ・ライダーがジョーを演じた1994年作など、何度となく映画化やテレビドラマ化されてきた。  今回のドラマ化では原作よりだいぶダークな切り口から4人を描き出すようだが、どのような四姉妹が描かれるのか、キャスティングなどの続報に注目したいところだ。

  • 名作『若草物語』のリメイク映画化企画が再始動(映画『若草物語』場面写真より)

    名作『若草物語』リメイク再始動、女優サラ・ポーリーが脚本執筆

    映画

     アメリカの19世紀の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットの名作『若草物語』。幾度となく映画化されているが、1994年にウィノナ・ライダー、キルステン・ダンスト、クレア・デインズなどの出演で映画化されて以来、約20年ぶりのリメイクとなる企画がソニー・ピクチャーズで進行しているという。@@cutter The Wrapによると、映画『死ぬまでにしたい10のこと』(03)や『ドーン・オブ・ザ・デッド』(04)などの女優として知られ、『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』(08)ではアカデミー賞脚色賞にノミネートされたサラ・ポーリーが脚本を執筆することに決まっているという。監督は未定だが、映画監督としても注目されているサラに落ち着く可能性があると見られている。  2013年10月に『若草物語』のリメイク製作が伝えられた当時は、新人脚本家のオリヴィア・ミルヒが脚本を執筆すると伝えられたが、以後、企画が動いている様子はなかった。  『若草物語』は、オルコットが1868年に発表した文学小説。南北戦争で揺れる19世紀アメリカを舞台に、マーチ家の4人姉妹、長女メグ、次女ジョー、三女ベス、四女エイミーの成長物語を描く。  1994年の映画化以前にも、名女優キャサリン・ヘップバーンが出演した1933年版、エリザベス・テイラーが出演した1949年版があるが、新『若草物語』ではどのような豪華キャストの共演となるのか。今後のキャスティング情報にも注目したい。

  • 心温まる冬の映画10選『セレンディピティ』(01)

    心温まる「冬」の名作10選、雪の降るスケート場から南極まで名シーン満載

    映画

     今年もあと1ヵ月をきり、寒さが厳しくなってきた。こんな時期に観たいのが冬を舞台にしたホッコリ映画。大人のためのラブストーリーから、子供も楽しめるアニメーション映画まで、海外のエンタメサイトBUSTLEが選んだ10選を紹介する。@@cutter まず紹介するのは『セレンディピティ』。主人公ジョナサン(ジョン・キューザック)と、サラ(ケイト・ベッキンセイル)が、運命的な出会いを果たすことから生まれるラブストーリーだ。ラストに、雪の降るスケート場でジョナサンが寝ころぶシーンが切なく胸に響く。  『ブリジット・ジョーンズの日記』では、演技派女優レネー・ゼルウィガーが体重を13kgも増やし“ぽっちゃり女子”を好演。雪の中を下着姿で駆け抜けるシーン、その後のコリン・ファース演じるマーク・ダーシーとのキスシーンが印象的。  一方、一家団欒で楽しめる作品に『ハッピーフィート』が選出。南極を舞台に、音痴の皇帝ペンギン、マンブルの奮闘をミュージカル仕立てで描く。爽快なタップダンスは観ているだけで心も体もあったかくなる。  そのほかキャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウといった豪華キャストが共演した『ホリデー』や、おじさん2人の珍道中を描いたコメディ『大災難P.T.A.』が選ばれている。 <心温まる冬の映画10選> 『セレンディピティ』(01) 『ブリジット・ジョーンズの日記』(01) 『ハッピーフィート』(06) 『ホリデイ』(06) 『大災難P.T.A.』(87) 『恋はデジャ・ブ』(93) 『ハリー・ポッター』シリーズ 『若草物語』(94) 『飛べないアヒル』(92) 『Friends with Kids(原題)』(未)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access