クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

キル・ビル 関連記事

  • クエンティン・タランティーノが衝撃告白!

    タランティーノ監督、僕の映画は「全てつながっている」ファンは仕掛けに気付く?

    映画

     クエンティン・タランティーノ監督が、自身の映画作品は「全てつながっている」と認める発言をした。『パルプ・フィクション』(94)、『キル・ビル』(03)、そして最新作『ヘイトフル・エイト』(16)などの生みの親であるタランティーノだが、その全ての作品が同じ世界に存在するのだという。@@cutter 「2つの別れた世界があるんだ。現実より現実味があるっていう世界で、そこに全てのキャラクターは住んでいるんだ」と明かすも、「でもそれで映画の世界もあるだろ。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』とか『キル・ビル』はこの特別な映画の世界が舞台なんだ。だから『レザボア・ドッグス』や『パルプ・フィクション』のキャラクターが映画を観に行く時は『キル・ビル』を観に行くんだよ。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』とかね」と解説。  しかし、“つながっている”部分については「ここだ!とは言いたくないけど、僕の作品のファンだったらそういうところが分かってもらえると思うよ」と語った。  また、タランティーノ監督は、自身の映画を取り巻く謎めいた部分を維持しておくために、それ以上の詳細については明かしたがらない様子で「8人のキャラクターのうち1人が、僕の作品の中のいちキャラクターの親戚であるってことは言っておこうかな。どんな親戚かは言えないけどね。それを言っちゃったらヒントをあげすぎちゃうからさ」と衝撃告白。「他に言えるとしたら、その俳優はもともと他の映画のそのキャラクターとしてキャスティングされていたんだけど、スケジュールの関係で実現に至らなかったってことだね」と続けた。

  • タランティーノ監督が『キル・ビル』第3弾の可能性を示唆

    『キル・ビル』第3弾製作か タランティーノ監督が示唆

    映画

     女優ユマ・サーマンが主演し、千葉真一や北村一輝、栗山千明らが出演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督の人気作品『キル・ビル』二部作。後編の『キル・ビル Vol.2』が2004年に公開されてから10年以上の歳月が過ぎているが、タランティーノ監督が第3弾を製作する可能性がなきにしもあらずのようだ。@@cutter 結婚式の日に元ボスとその下で働く殺し屋集団に襲撃され、昏睡状態から目覚めた敏腕の元殺し屋ザ・ブライドが、夫とお腹の子の命を奪われたことを知り復讐に乗り出す様を描く『キル・ビル』シリーズ。  日本の映画や文化へのオマージュがふんだんに盛り込まれた前編には、タランティーノ監督が敬愛する千葉がザ・ブライドの持つ刀を打つ服部半蔵役で出演。ルーシー・リューがザ・ブライドと日本で一騎打ちとなる女殺し屋オーレン石井、栗山がオーレン石井の女用心棒ゴーゴー夕張、デヴィッド・キャラダインがザ・ブライドの元ボス、ビルを演じている。  タランティーノ監督はVarietyとのインタビューで第3弾の可能性について尋ねられると、「やると決めているわけではないが、僕ならザ・ブライドがもう一度現れてから、全てが終局に向かっても驚かない」と回答。「少しだけだが、ユマと話をしている。執筆したものの前作で描かれなかったことを使うこともできるだろうしね」と、頭の中だけで考えているのではないことをほのめかしている。  前2作で言いたいことは言ったと思っていたタランティーノ監督だが、10年以上の時が経った現在、ソフィ・ファタールやエル・ドライバーなど他のキャラクター達のその後を考えたりするという。

  • 最強アクションヒロインに選ばれた20名は?

    <フォト特集>最強の女性キャラクターは誰だ!アクションヒロイン20名選出

    映画

    闘う女性は美しい!ここ数年、映画ジャンルで目立ってきた女性が活躍するアクション映画。今回は、ホラーやバイオレンス系作品専門の海外サイト「Yell!magazine」から選ばれた最強のヒロイン20名を紹介しよう。

  • 映画美術監督・種田陽平氏に単独インタビュー 

    映画美術監督・種田陽平、転機になった『キル・ビル』から新作『清須会議』まで語る

    映画

     「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展 『清須会議』までの映画美術の軌跡、そして…」が、東京・上野の森美術館で開催中だ。11月9日に公開された『清須会議』に合わせ、映画美術監督・種田陽平の軌跡を紹介している。三谷作品からクエンティン・タランティーノら世界の名匠との仕事を振り返り、「デジタルの時代に新たな作戦で、さらに違う映画世界を作りたい」と語る種田氏に映画美術について話を聞いた。@@cutter 三谷監督と種田氏の共同作業は『THE 有頂天ホテル』(06)、『ザ・マジックアワー』(08)、『ステキな金縛り』(11)、『清須会議』(13)と足かけ7年に及ぶ。初の時代劇について、種田氏は「世界中どこでも(歴史物は)現代劇よりお金も手間もかかる。でも三谷さんの時代劇は、ぜひ成功させなければならなかった。時代劇でこういう面白い、現代的で新しいものが作れるんだ。CGにどっぷり頼らなくとも可能なんだと示すことが、映画界全体において重要だと思ったから」と話す。  映画のための世界観を生み出す種田氏は、“リアルだけれど、おとぎ話のような”三谷作品に欠かせない存在となっている。「三谷さんは要求がシンプルではないんです。単純ではつらつとしたイメージの人ですが、映画を作る時は込み入った、複雑なことを考えていると思う。だから一言で『こういう風にしたいんです』という会話はないし、細かくて本当に大変。なかなか難しい大監督だと思いますよ」と語る。苦労の末に生み出された種田氏の美術は、CGに頼らず「役者と共演する」(種田氏)ものとなり、作品世界に大きな意味を与えている。  今やハリウッド、アジアと世界をまたにかけて活躍する種田氏。映画界入りのきっかけは、武蔵野美術大学油絵学科在学中、寺山修司監督作『上海異人娼館/チャイナ・ドール』(81)に絵画助手として参加したことだった。その後、岩井俊二監督の『スワロウテイル』」(96)、リー・チーガイ監督の『不夜城 SLEEPLESS TOWN』(98)などを経て、タランティーノ監督の大ヒット作『キル・ビル Vol.1』(03)の美術監督を務めた。@@separator これが「21世紀に向けた転機になった」と振り返る。「90年代の映画を経て、世紀末にどんな映画を撮ろうか模索していた。次の世紀に映画は残っていけるのか。若い観客に届くのか。『キル・ビル VOl.1』を撮ったタランティーノの態度にそのことをはっきり感じました。僕ら“20世紀の映画少年”として、21世紀にどうやったら映画をもう一度復活させることができるか。彼が強く持っている意識だと思います」と言う。  最近もウェイ・ダーション監督作、台湾の歴史大作『セデック・バレ』二部作(13)、中国のチャン・イーモウ監督の『The Flowers of War ザ・フラワーズ・オブ・ウォー 金陵十三釵』(11、日本未公開)、キアヌ・リーヴスの監督デビュー作『Man of Tai Chi マン・オブ・タイチー 太極侠』(13、日本未公開)と海外作品に次々と参加している。  ウェイ、チャン監督の両作品とも、広大な野外セットを建設する大規模な取り組みだった。チャン監督との仕事で「彼は中国の黒澤明なんだ」と驚いたという。「出来上がっているセットも、現場で撮り始めてから『ちょっと作り変えてくれないか』、『あさってまでに全部直してくれ』と指示を出す。彼が一声かければ、500人ぐらいが一気に動き出す。(チャン監督による北京)五輪の演出のように。ああ、黒澤明がここにいた、と思いました」と語る。台湾映画史に残る大作となった『セデック・バレ』でも、ウェイ監督のこだわりと正面から向き合った。「彼はやりたいことは絶対に貫く。撮りたいものはなんとしても撮る。大変です。でも大変な監督を僕たちは求めている。普通の監督は求めていない(笑)。だからチャン・イーモウが大変なのも、ウェイ・ダーションのような若手が出てくるのも、今のアジア映画界にとってはいいことなんですよ」。  今後は『風と共に去りぬ』のような時代絵巻や、小さなラブコメディーもやってみたい、という種田氏。「また新たな監督に出会いたい。今世紀どこまで働くか分からないけれど、デジタルの時代に新たな作戦で、もっと違う空間、映画世界を作ってみたい。僕はまだまだ映画の可能性を信じています」。(取材・文・写真:阿部陽子)  「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展 『清須会議』までの映画美術の軌跡、そして…」は11月17日まで開催中。

  • クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』がトップ!

    「アクション映画ベスト25」発表 あの日本映画もランクイン

    映画

     世界的に大ヒットした1988年のアクション映画『ダイ・ハード』(日本公開は1989年)。その誕生25周年を記念して、米エンターテインメントサイトVultureが「『ダイ・ハード』以降のアクション映画ベスト25」を決定。栄えある1位に、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』(08)が輝いた。@@cutter Valtureは『ダイ・ハード』が以後に世に出たアクション映画に多大な影響を与えたし、以下の主要ルールのもとベスト25を選出。  まずアクション映画の定義。当然アクション・シーンがあり、かつアクション・シーンを取り除いたら物語が成立しないものを「アクション映画」とする。このルールでマイケル・マン監督の『ヒート』(95)やピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズが対象外になった。次にシリーズものの場合は「1作品のみ」の選出。そしてアニメーションは除外。  以上の主要ルールのもと、1位に輝いたのが『ダークナイト』だ。ノーラン監督の新生バットマンシリーズ3部作はスーパーヒーローものの新境地を開いたとする上で、現代に通じる叙事詩的な心理ドラマに仕上がっている点を評価しての1位選出となっている。  今回のランキングではアメリカ映画が大半を占める中、深作欣二監督の『バトル・ロワイアル』(00)が日本映画で唯一ランクインを果たしている。ベスト25入りしている殆どのアクション映画が願望成就のファンタジーとも言える作品なのに対し、本作は「子供たちがひたすら殺し合いを続けるノンストップのホラー作品」とした上で、「エキサイティングで面白くて全体的に良くできた秀作」と評価された。  また、アクションスターの仲間入りはしたものの、「代名詞」まではいかないキアヌ・リーブスの主演作品が、最多で3本ランクインしている点が興味深い。 以下にベスト25を一挙にリストアップ。納得の行く結果になっているだろうか? 1位 『ダークナイト』(08) 2位 『ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌』(92) 3位 『マイノリティ・リポート』(02) 4位 『キル・ビル』(03) 5位 『ターミネーター2』(91) 6位 『ラスト・オブ・モヒカン』(93) 7位 『HERO』(03) 8位 『マトリックス』(09) 9位 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明』(94) 10位 『ジュラシック・パーク』(93) 11位 『ラン・ローラ・ラン』(99) 12位 『ザ・ロック』(96) 13位 『ボーン・アルティメイタム』(07) 14位 『ハリソン・フォード 逃亡者』(93) 15位 『スピード』(94) 16位 『ミッション:インポッシブル』(96) 17位 『スパイダーマン2』(04) 18位 『バトル・ロワイアル』(00) 19位 『アンストッパブル』(11) 20位 『ニキータ』(91) 21位 『007/カジノ・ロワイヤル』(06) 22位 『アバター』(09) 23位 『アドレナリン』(07) 24位 『ハートブルー』(91) 25位 『ポリス・ストーリー3』(92)

  • RZA監督デビュー作「アイアン・フィスト」はマカロニ・カンフー・アクション!

    「キル・ビル」RZA初監督USカンフー・アクション「アイアン・フィスト」

    映画

     超ビッグネームが競演するマカロニ・カンフー・アクション作品「The Man With The Iron Fists(原題)」の日本公開、邦題が決定した。監督は「ジャンゴ 繋がれざる者」(3月1日公開)の音楽も担当し、また自身も役者として活躍するRZA。アメリカ発の最新カンフーアクション「アイアン・フィスト」が8月に日本公開される。@@cutter ウータン・クランのリーダーとしてヒップホップ界を牽引しながらも、99年ジム・ジャームッシュ監督の「ゴースト・ドッグ」で出演&音楽を担当し映画デビューを果たし、その後も「コーヒー&シガレッツ」出演など音楽のみならず役者としても活躍しているRZA。「キル・ビル」(音楽)でクエンティン・タランティーノ監督と衝撃的な出会いを果たし、監督最新作「ジャンゴ 繋がれざる者」の音楽も担当している。  幼い頃から中国の武侠映画や日本の時代劇に惹かれていたというRZAのカンフー映画に対する想いと構想を形にするべく、RZAの監督デビュー作をタランティーノが全面サポート。脚本には「キャビン・フィーバー」「ホステル」のイーライ・ロスが加わった。  主人公アイアン・フィストを演じるのは、「ファニー・ピープル」「アメリカン・ギャングスター」の演技で高い評価を得たRZA本人。とある抗争に巻き込まれ両手を切断されてしまうがアイアン・フィストを装着し、復讐に燃える寡黙な男を熱演!さらに「アメリカン・ギャングスター」の共演しで意気投合したラッセル・クロウがアイアン・フィストと共闘、今までの彼のイメージにない三枚目を好演する。  そして「キル・ビル」で音楽にも関わったルーシー・リューも出演。娼館“ピンク・ブロッサム”の女将を艶やかに演じ、男たちを翻弄しつつも超本格アクションを披露している。想像を絶する化学反応を起こすアメリカ発の最新カンフーアクション「となっている。  19世紀、中国の“ジャングル・ヴィレッジ”。様々な部族の争いが日々巻き起り生気を失った街の中心にある、娼館“ピンク・ブロッサム”は唯一争いの起こらない特別な場所だった。ある日、後継者問題で起きた族長暗殺によりライオン族は内部紛争が起き、その抗争が他の部族を巻き込んだ大きな抗争となっていく。思惑の異なる者たちがジャングル・ヴィレッジに揃い、ついにピンク・ブロッサムを舞台に魂をかけた闘いが巻き起こるのだった……。  「アイアン・フィスト」は8月、渋谷シネクイントほか全国公開

  • Jカルチャーイベント「HYPER JAPAN」にサプライズ出演!

    布袋寅泰、イギリス移住後初パフォーマンスで「かむゐ」とコラボ 「キル・ビル」を再現!

    映画

     日本が誇るJカルチャーを発信する英国最大規模のイベント「HYPER JAPAN 2012 Christmas」が、ロンドン・アールズコートにて11月23日(金)~25日(日)に開催され、サプライズゲストとして日本を代表するギタリスト・布袋寅泰が登場した。@@cutter 布袋が出演したのは第一日目。殺陣パフォーマンスグループとして注目を浴びている「かむゐ」のステージ後に登場。布袋といえば、クエンティン・タランティーノ監督の代表作「キル・ビル」シリーズでテーマ曲を担当したことでも世界的に話題となったが、一方の「かむゐ」も同作で殺陣振付を担当、出演を果たしている。  そんな二組のアーティストが「HYPER JAPAN」の舞台で競演し「キル・ビル」の世界を再現。圧倒的なパフォーマンスで会場を大熱狂させた。  演奏後、布袋氏は「たくさんの方々が日本の文化に興味を持ってくれているし、僕のギターも日本のカルチャーのひとつなので、楽しんでもらえたらと思って参加しました。小さな子供からお年寄りまで楽しんでもらえるギタリストだと自信を持っていますが、演奏前は少しドキドキしました。でも、演奏が終わった時に大きな拍手をもらって、ホッとしたと同時に、『してやったり』という気持ちにもなりましたね」と本イベント参加への感想についてコメント。  「かむゐ」のリーダー島口哲朗も、「イギリスの観客たちの真剣な眼差しに、より熱いパフォーマンスになった」と手ごたえを感じていた様子だ。  「HYPER JAPAN」ではそのほか、第15回文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門受賞作品の上映や最新ロボット技術ショー、巨大マグロ解体ショーなどが行われ、トリにはヨーロッパで大注目のヴィジュアル系ロックバンド「THE MICRO HEAD4N’S」のトークショーも開催され、たくさんのJ-Musicファンが集まった。  布袋はいよいよ12月、ロンドンでの初ライブを控えている。

  • 「ラッシュアワー3」(07)

    男もたじたじ!人気女優たちが悪役に挑戦

    映画

    悪と化した女は、本当に怖い!! 観る者を恐怖のどん底に陥れる悪役を、ハリウッド&アジアの人気女優たちが熱演!

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access