クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

シン・シティ 関連記事

  • 女優たちが体当たり、ストリッパー役で美ボディ炸裂!

    ストリッパー役で美ボディさく裂! ジェニファー・ロペス、ナタリー・ポートマンらが体当たり演技

    映画

     先日アメリカで開催されたスーパーボウルのハーフタイムショーが、“セクシーすぎた”ことでも話題のジェニファー・ロペス。公開中の映画『ハスラーズ』では、ストリップクラブのダンサーとして見事なポールダンスとともに、美しいボディを披露している。これまでも、ストリッパーは映画に度々登場してきた。彼女たちの前で繰り広げられるのは、愛に飢えた男たちの物語や、ギャングの一触即発の話し合い、はたまた結婚前夜の新郎と友人たちのパーティーと、人間味あふれるドラマの数々。当然、彼女たちにもドラマは付き物で、数々のストーリーとともに、その美しいボディを披露している。@@cutter■『ハスラーズ』ジェニファー・ロペス、圧巻の美ボディ @@insert1  『ハスラーズ』でジェニファーが演じるのは、カリスマ的人気を誇ったストリッパー。リーマンショックの後、仲間と一緒に、ウォール街のいけ好かないオトコたちを手玉に取って詐欺を働いた姐さん的存在だ。あこぎな金持ちから大金を巻き上げるストーリーは痛快で、それも実話を元にしているというからますます気持ち良い! 彼女はこの役で、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。  劇中でジェニファーは、セクシーなコスチューム姿を惜しげもなく披露。鍛え上げられた腹筋と豊かな胸に、引き締まった長い脚、昨年50歳になったとはとても思えない姿はゴージャスで圧巻。観客から現金を浴びせられるシーンにも、真実味があるというもの。成人したばかりのお若い女子には到底出せないド迫力の美ボディには、日々の努力が垣間見え、これまで長くキャリアを積み重ねてきたジェニファーならではの“ストリッパー”と言えそう。 ■『素顔のままで』デミ・ムーア、トップレスで魅惑のダンス @@insert2  『ハスラーズ』と同じくストリップクラブを舞台に描かれるのが、デミ・ムーア主演の『素顔のままで』。デミが演じるのは、元FBI務めという、ストリッパーにしては異色の経歴の持ち主。娘(実の娘ルーマーが演じていてかわいい!)の親権を元夫から取り返そうと崖っぷちの彼女は、危険を顧みず、身辺で起きた事件に果敢に挑む。そもそも、度胸がなくてはストリッパーなど務まらない。本作ではデミも度胸を見せつけて、トップレスで魅惑のダンスを披露。その脱ぎっぷりが気持ち良い。 ■『なんちゃって家族』ジェニファー・アニストン、水を浴びながらダンス  ダンスと言えば、R指定のコメディ映画『なんちゃって家族』で、ジェニファー・アニストンが見せたストリップダンスも忘れられない。『フラッシュダンス』風ダンスで水を浴びたジェンの下着姿は、思い切りがよくヘルシーで、彼女もも脱ぐんだというオドロキとともに、映画のクライマックスを印象深いものにしている。 @@separator■『ショーガール』エリザベス・バークレイら、美女たちが男たちを骨抜きに @@insert3  露出度の高さで他の追随を許さないのは、ラスベガスのショーダンサーたちを描いた『ショーガール』。主演のエリザベス・バークレイや、ジーナ・ガーションはじめ、出演する女優たちがオールヌードを大盤振る舞い。ショービジネスの世界で働く女性を描くとあって、その美ボディはお色気たっぷりで、カイル・マクラクラン演じる興行重役も骨抜きに。せっかく気前よく脱いで見せたのに、映画の評価が芳しくなかったのは残念なところ。 ■『クローサー』ナタリー・ポートマン、ミステリアスな存在で魅了 @@insert4  その一方、露出度は高くないものの、ストリッパーという職業が効果的に登場したのが、アカデミー賞2部門ノミネートの『クローサー』。ナタリー・ポートマンがストリッパーだった過去を持つキャラクターを演じ、助演女優賞にノミネートされた。男性客を虜(とりこ)にする職業は、ミステリアスさを醸し出すのに十分な個性。劇中、ナタリーのヌードは登場しないものの、大胆ポーズで男性たちの欲望を受け止める姿は十分すぎるほどにセクシーだ。 ■『シン・シティ』ジェシカ・アルバ、カウガール姿で男たちを挑発 @@insert5  『シン・シティ』でジェシカ・アルバが演じたストリッパーは、あどけなかった。銃を構えた売春婦が多く登場する本作では、ストリッパーなどかわいらしい。その姿はナタリーと同じく露出度は高くないものの、カウガール姿で男たちを挑発。アツイ視線を一身に受け止めていた。 ■『マジック・マイク』チャニング・テイタムら、筋肉ムキムキのセクシーボディ @@insert6  ストリッパーを演じるのが、女優だけの特権とは限らない。忘れてはいけないのが、男性ストリッパーを描いた『マジック・マイク』。チャニング・テイタムの実体験を元にした本作では、チャニングはじめ、アレックス・ぺティファーやマット・ボマー、ジョー・マンガニエロらがストリッパー役で登場。ボス役のマシュー・マコノヒーを含む、彼らの筋肉ムキムキのスーパーセクシーボディを見ることができる。  男性ストリッパーの物語は支持を得て、続編が公開。さらには舞台化され、ラスベガスを筆頭に各地で上演されている。ストリッパーにドラマあり。そして美ボディあり。それを見たいという欲望ありだ。 (文:寺井多恵)

  • 『シン・シティ』テレビドラマ企画が進行中(※写真は、映画『シン・シティ』より)

    『シン・シティ』のテレビドラマ企画が浮上!

    海外ドラマ

     米アメコミ作家フランク・ミラーが自身の原作をベースに、ロバート・ロドリゲス監督と共同監督を務めた異色クライムアクション映画『シン・シティ』シリーズ。レジェンダリー・テレビジョンのもと、テレビドラマ化が進められているという。@@cutter ミラーは契約済み、ロドリゲス監督も契約間近とのことで、2人のタッグがテレビシリーズでも実現することが見込まれる。両者は製作総指揮として参加することになるが、監督を務めるかは未定。  契約では、少なくともシーズン1の制作と、テレビ局での放送、もしくはストリーミング配信が条件になっているという。原作のグラフィックノベルをベースにした、R指定のアニメ前日譚シリーズの話もあるとのことだ。  独特の視覚効果とモノクロ映像、世界観で話題になった2005年作『シン・シティ』。シン・シティ(罪の街)に生きる殺し屋、娼婦、無実の罪で投獄された刑事らの人生が交錯するストーリー展開で、俳優のブルース・ウィリスやミッキー・ローク、女優のジェシカ・アルバなど豪華スター陣が出演した。2014年には、1作目の続投キャストと新キャストによる続編『シン・シティ 復讐の女神』が製作・公開された。  ドラマ版の設定やあらすじ、制作時期などは不明。どのようなキャストが集まるのか、また映画版キャストの出演などはあるのか、さらなる続報に注目したい。

  • 最強アクションヒロインに選ばれた20名は?

    <フォト特集>最強の女性キャラクターは誰だ!アクションヒロイン20名選出

    映画

    闘う女性は美しい!ここ数年、映画ジャンルで目立ってきた女性が活躍するアクション映画。今回は、ホラーやバイオレンス系作品専門の海外サイト「Yell!magazine」から選ばれた最強のヒロイン20名を紹介しよう。

  • ハリウッド版『ドラゴンボール』チチ役女優ジェイミー・チャンが女殺人兵士に!

    ハリウッド版『ドラゴンボール』チチ役女優、デヴォン青木に代わり最強女殺人剣士に!

    映画

     前作『シン・シティ』から9年、アメコミ界の巨匠フランク・ミラーと鬼才ロバート・ロドリゲスが再びタッグを組んだ最新作『シン・シティ 復讐の女神』が、2015年1月10日より全国公開。豪華キャストがしのぎを削る中、ハリウッド映画『DRAGONBALL EVOLUTION』のチチ役などで知られる女優ジェイミー・チャンが、男たちを斬って斬って斬りまくる女殺人剣士ミホを熱演している。@@cutter 本作は、フランク・ミラー原作の同名グラフィック・ノベルから最も人気の高いエピソード2話と、新たに書き下ろした2話によって構成されたアクション大作。前作からのジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスら豪華キャストに加え、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジョシュ・ブローリンなどクセ者たちが新たに集結し、欲望渦巻く罪の街で、腐敗した権力に汚されたアウトサイダーたちの壮絶な復讐劇を活写する。  そんな中、ひときわ異彩を放っているのが、女殺人剣士ミホ役を務めたジェイミー。前作では、デヴォン青木が能面のように表情を崩さず殺戮を繰り返すミホを演じ、観る者に強烈な印象を与えたが、今回、デヴォンが妊娠中ということでジェイミーが抜てきされた。ロドリゲス監督も、「彼女の身体能力の高さに驚いた。数年前からミホ役をやっていたんじゃないかと思うほどでね。ハマリ役だよ」と大絶賛。  一方、ミホ役をスタントなしでこなしたというジェイミーは、「まばたきもせずにフィジカルな演技をするのはきついけれど楽しかった。マスクを付けたりするのも面白い経験だったわ」と、撮影当時をかみしめるように振り返った。

  • 映画『ミスト』、『シン・シティ』、テレビ・ドラマ化なるか?(※『ミスト』場面写真より)

    S・キング原作『ミスト』、『シン・シティ』のテレビドラマ化企画が浮上

    海外ドラマ

     スティーヴン・キング原作のホラー・ミステリー『ミスト』(08)や、モノクロの斬新な映像が話題になったクライム・アクション映画『シン・シティ』が、テレビドラマシリーズになってお目見えするかもしれない。@@cutter 両作品の製作を担当したプロデューサーのボブ・ワインスタインがNew York Times紙との電話インタビューで明かしているそうだ。ボブは兄のハーヴェイと共に、映画賞レースの候補入りが有力視されている『大統領の執事の涙』(14)などを配給する映画会社ザ・ワインスタイン・カンパニーを経営。同会社で計画を進めているという。  まず、キング原作の『ミスト』のドラマ化は10話構成を想定。同作の監督を務め、最近では人気海外ドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』に携わっているフランク・ダラボンと共に企画を進めているとのこと。そして『シン・シティ』の続編『Sin City:A Dame to Kill For(原題)』の2014年8月全米公開の後に、同作品のテレビ・ドラマを放送したいと考えているようだ。両作品ともに企画段階のようだが、ボブやハーヴェイがプロデュースしてきた作品に携わった脚本家や監督が参画する可能性はあるようだ。  同会社では他にも現在、MTV向けにヒット・ホラー『スクリーム』シリーズのテレビドラマ用パイロットの製作を進めている。また、古代エジプトを舞台にした探偵ドラマや、聖書の十戒をテーマにしたドラマなどの企画があり、共に10話構成のシリーズを計画しているという。十戒の物語『10 Commandments(原題)』に関しては、リー・ダニエルズやマドンナ、ウェス・クレイヴンなどが各エピソードを監督する可能性がなきにしもあらずと話しているようだ。

  • 待望の続編で主演を!

    ジョセフ・ゴードン=レヴィット、「シン・シティ」続編に出演

    映画

     フランク・ミラー&ロバート・ロドリゲスによるアメコミ実写化映画「シン・シティ」(05)待望の続編「Sin City: A Dame To Kill For(原題)」に、「ダークナイト ライジング」のジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演することが米映画情報サイトdeadline.comによって明らかになった。@@cutter ゴードン=レヴィットが演じることになったジョニーという役はもともと、ミラーとロドリゲスがジョニー・デップにオファーしていたようだが、決裂した模様。この役は前作で登場したミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、ブルース・ウィリス、ロザリオ・ドーソンらに加わるアンサンブル・キャストの中心的な人物になるという。  また、ゴードン=レヴィットの他には「メン・イン・ブラック3」(12)でトミー・リー・ジョーンズ扮するエージェントKの若かりし頃を演じたのが印象的だったジョシュ・ブローリンも参加する予定とのこと。  結果としてゴードン=レヴィットが主役を務めるのではないかといわれていたマーベルコミックの実写化「Guardian Of The Galaxy(原題)」出演の話は立ち消えとなった。  ゴードン=レヴィットの待機作には、1月12日公開の「LOOPER/ルーパー 」、アカデミー賞最多ノミネート作「リンカーン」(4月19日公開)、そして自身の監督・脚本デビュー作となる「Don Jon’s Addiction(原題)」があり、今後の活躍がますます期待される。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access