クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

X-MEN:ファイナル ディシジョン 関連記事

  • 『X-MEN』シリーズでジーン・グレイのストーリーを掘り下げる新作が制作へ(※『X-MEN:アポカリプス』場面写真)

    『X‐MEN』シリーズ新作、『ダーク・フェニックス』2018年11月2日全米公開へ

    映画

     超人的パワーを持つミュータント達の活躍を描くマーベル・コミックの映画化『X‐MEN』シリーズ。1作目からシリーズを手がけているブライアン・シンガー監督が2016年の『X‐MEN:アポカリプス』の続編として、ジーン・グレイのストーリーを掘り下げる「ダーク・フェニックス・サーガ」を描く『X‐MEN:Dark Phoenix(原題)』を制作することが明らかになった。Entertainment Weeklyによると、2018年11月2日(現地時間)より全米公開されることが決定したという。@@cutter かねてから噂のあった「ダーク・フェニックス」ストーリーは、多重人格のジーンが「ダーク・フェニックス」となって強大なパワーを発揮することから、宇宙の破壊者として罪を問われるという内容。コミックで描かれており、オリジナルシリーズ3作目『X‐MEN:ファイナル ディシジョン』でも、ファムケ・ヤンセン演じるジーンがフェニックスのエネルギーを吸収して破壊的パワーを発揮する姿が描かれた。  シンガー監督は『スーパーマン リターンズ』でメガホンを取るため、『X‐MEN:ファイナル ディシジョン』は監督しておらず、同作のメガホンはブレット・ラトナー監督に渡されたが、シリーズの中では低評価の作品となった。『X‐MEN:Dark Phoenix(原題)』はサイモン・キンバーグが監督すると噂されているが、過去にシンガー監督が『X‐MEN:ファイナル ディシジョン』を監督しなかったことを後悔するコメントを残しており、誰がメガホンを取ることになるのか注目されるところだ。『X‐MEN:アポカリプス』でジーンを演じたソフィー・ターナーの続投に期待したい。  『X‐MEN』シリーズではまた、スピンオフとして映画『きっと、星のせいじゃない。』のジョシュ・ブーン監督がメガホンを取る『X‐MEN:The New Mutants(原題)』も制作される。同作は2018年4月13日(現地時間)より全米公開予定。

  • <フォト特集>マーベルヒーロー&悪役を演じた俳優 定番から懐かしまで大集結!

    <フォト特集>マーベルヒーロー&悪役を演じた俳優 定番から懐かしまで大集結!

    映画

     『アベンジャーズ』を始め、『X‐MEN』『スパイダーマン』など数多くする製作されてきた「マーベル・コミックス」原作のヒーロー映画。それらの中でヒーローや悪役を演じてきた俳優を写真でご紹介!

  • 『X‐MEN』シリーズのテレビドラマ化は実現するか?(※写真は、『ウルヴァリン:X‐MEN ZERO』より)

    『X‐MEN』シリーズ、テレビドラマ企画が浮上!

    海外ドラマ

     アメコミ・ヒーローのテレビドラマ化が大賑わいで進んでいる米テレビ界だが、スピンオフを含め続々と映画版が製作されている大ヒットシリーズ『X‐MEN』のテレビドラマ化企画が浮上しているそうだ。@@cutter E!Onlineによると、FOXが“ここしばらく” 『X‐MEN』の実写ドラマ化に向けて交渉を進めていると複数の関係者が話しているという。だいぶ前から水面下で企画が動いており、契約段階には至っていないものの、実現するとしたらFOX以外ではあり得ないとのことらしい。20世紀フォックスなどからはコメントは出ていないそうだ。  これ以上の詳細は明らかになっていないが、マーベル・コミック・キャラクターの実写ドラマ化が着々と進んでおり、今後の動向が気になるところだ。  FOXは1994年に『X‐MEN』の映画化権を獲得。映画では2000年に公開された第1作『X‐メン』を皮切りに、スピンオフを含めて新シリーズの最新作『X‐MEN:フューチャー&パスト』まで、7作が製作されている。映画シリーズとしては歴代12位の人気で、全世界興行収入は30億ドル(約3249億円)。今後も現時点で、新シリーズ第3弾『X‐MEN:Apocalypse(原題)』とタイトル未定のウルヴァリン・スピンオフ第3弾、デッドプールを主人公にしたスピンオフ『Deadpool(原題)』の製作が予定されている。

  • ウルヴァリンはしばらく辞められない!?

    ヒュー・ジャックマン、約98億円のギャラで『X-MEN』関連4作品に継続出演か

    映画

     『ウルヴァリン:SAMURAI』の9月13日日本公開に先駆け、来日が予定されているヒュー・ジャックマンだが、1億ドル(約98億円)の出演料で『X-MEN』関連作品4作への出演を依頼されているという。@@cutter Digital Spyによると、このニュースは米タブロイド紙の「National Enquirer」がヒューの知人と称する人物に聞いた話として伝えており、「National Enquirer」に対し、この知人はこう話しているそうだ。  「ヒューは大きな選択を迫られています。この手の額の出演料をオファーされることは、日常茶飯事ではありませんからね。でもヒューは『X-MEN』後に、二度と複数作品に出演する包括契約で縛られることはしないと心に決めました。彼はまだ返答していませんが、検討はしているようですよ」。  『X-MEN』スピンオフの『ウルヴァリン』が長期シリーズ化しそうな勢いのヒューだが、この関連4作品がどのような作品かは不明。現在、撮影が進んでいる『X-MEN』シリーズ最新作『X-Men: Days of Future Past(原題)』の後に、製作が決まっている作品はないはずだ。  『X-MEN』シリーズに関しては、オリジナル三部作の最終章と銘打たれた『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(06)で出番が終わるはずだったヒューだったが、その後、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(09)でウルヴァリンに返り咲き、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)ではクレジットなしのカメオ出演だった。  『X-Men: Days of Future Past(原題)』では、新旧メンバーに混じり、再びウルヴァリンを演じているらしい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access