クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

乃木坂46・久保史緒里、初主演映画公開「うれしくもあり、不安でもありました」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『左様なら今晩は』初日舞台あいさつに登壇した久保史緒里
映画『左様なら今晩は』初日舞台あいさつに登壇した久保史緒里 クランクイン!

関連 :

久保史緒里

高橋名月

 乃木坂46の久保史緒里が11日、都内で行われた主演映画『左様なら今晩は』の初日舞台あいさつに高橋名月監督と共に出席。初主演映画が公開された今の気持ちを語った。

【写真】久保史緒里、白のワンピースで登場

 本作は、漫画家・山本中学による漫画の実写映画化作品。映画初出演&初主演となる久保が演じる幽霊の愛助と、萩原利久が演じる平凡なサラリーマンの陽平との奇妙な共同生活を描く。

 久保は、公開を迎えた気持ちを「ちょうど撮影が1年前で、映画が初めてだったので、公開される日が来るのかな?っていうぐらいの気持ちだったんですよ。それぐらい初めてがうれしくもありましたけれども、不安でもありました。初日を迎えられたことが何よりもうれしいです」と告白。

 幽霊役へのチャレンジについては「最初、幽霊って聞いたときは『どんな幽霊なんだろう?』と思っていました」と振り返り「本を読ませていただいて、幽霊ではあるけれども生きている人と変わらないな、と思ったので、何よりも等身大の女の子らしくできることが彼女にとっての救いなのかなと思いながらやらせていただきました」と語った。

 本作で久保が演じる愛助は備後弁を話しており、イベントでは劇中のせりふを披露する場面も。久保は「恥ずかしい」と赤面していたが、会場からは大きな拍手が贈られた。

 最後に久保は「本当に私は映画に出演することが夢だったので、まさかこうして初日舞台あいさつに立たせていただく日が来ると思ってなかったですし、こんなにもたくさんの方に集まっていただけたことが本当に幸せだなと思っています」としみじみ。さらに「本を読んだときの温まる感じが映像になって、さらに温かさを増していて。この温かい輪がどんどんたくさんの方に伝わっていけばいいなと思っています」と思いを口にした。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv