キム・ジェヒョン『キミセカ』撮影現場を語る 日本と韓国の違いに「僕もびっくり」

インタビュー
2021年2月28日 08:00

 俳優としても活躍する韓国のバンドN.Flyingのドラマー、キム・ジェヒョン。現在放送中のドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)では、ユン・ミンジュン役で日本ドラマ初出演を果たし、注目を集めています。今回、クランクイン!トレンドでは、そんなジェヒョンに、ドラマ撮影の裏話や今後の目標などたっぷりと聞いてきました。(取材・文=山田果奈映/写真=松林満美)



■日本ドラマ初出演は「信じられなかった」

ーー『君と世界が終わる日に』で日本のテレビドラマ初出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

N.Flyingでドラムを担当している僕が、日本の有名な俳優さん、女優さんと一緒に大きなドラマに出演するなんて信じられなかったです。「嘘だ!?」って思いました(笑)。

心配もありましたし、いろいろな感情がありましたが、本当に嬉しかったです。今は機会があれば、他の日本のドラマにも出演してみたいなと思っています!


ーー日本語での撮影ということで、やっぱり不安もありましたか?

はい…ありました。日本語の発音や、自然なイントネーションとか大丈夫かなって…。でもその不安を一生懸命に頑張る気持ちに変えて、日本でよく使う言葉や、日本人男性の喋り方を勉強しました。

ーー日本語とってもお上手です!

いえいえ、まだまだです。

ーー日本語で演技をしてみて、苦労した点や発見はありましたか?

「ざじずぜぞ」かな…やっぱり(笑)。最近ちらし寿司を食べたのですが、「ちらしずしの“ず”」が難しかった! 今も難しいです(笑)。

ーー全然言えてますよ!

韓国人にとっては、「ざじずぜぞ」の発音が苦手ですね。

ーー逆にジェヒョンさんが共演者の皆さんに韓国語を教えることもあるんですか?

たくさんあります! いつも皆さんが質問してきてくれるんです。例えば…僕は竹内涼真さんを「涼真ヒョン」と呼んでいるのですが、「ヒョン」は「兄貴」という意味で、それは僕が教えました。

ーー皆さんで教えあっているんですね。

僕が韓国語を教えて、みんなは日本語を教えてくれる。みんなが生徒や先生になっている感じで、撮影現場は本当に楽しいです。


ーー素敵ですね! 劇中では、さまざまな武器が出てきます。ジェヒョンさんは、ドラマのような世界になったとき、どんな武器で戦って生き残っていきたいですか?

僕はやっぱり銃よりナイフ。銃は頭に当てることが大事ですが、完璧にできなければ危ないですよね。だからナイフで完璧に刺すことが安全だと思います。怖いですよねすみません(笑)。

次ページ:日本で1番最初に仲良くなった共演者は?

1ページ(全3ページ中)