TDS『アナ雪』アトラクション全貌公開! ボートの進む向きが変わり“少しのスリル”感じられる<ネタバレあり>

特集・レポート
2024年5月7日 09:53
TDS『アナ雪』アトラクション全貌公開! ボートの進む向きが変わり“少しのスリル”感じられる<ネタバレあり>
「アナとエルサのフローズンジャーニー」  (C)Disney

 東京ディズニーシーに6月6日(木)に新たに誕生するテーマポート「ファンタジースプリングス」。ロストリバーデルタとアラビアンコーストの間にできる新しい道を進んだ場所に位置する同テーマポートは、ディズニー映画を題材とした3つのエリアである「フローズンキングダム」(『アナと雪の女王』をテーマとしたエリア)、「ラプンツェルの森」(『塔の上のラプンツェル』をテーマとしたエリア)、「ピーターパンのネバーランド」(『ピーター・パン』をテーマとしたエリア)と、1つのディズニーホテル「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」で機成される。そして今回待望のアトラクションの全貌が公開! 本稿では『アナと雪の女王』のストーリーをたどるアトラクション「アナとエルサのフローズンジャーニー」の内容を紹介する。 ※アトラクションのネタバレがあります。ご注意ください


■名曲とともに物語の世界へ

 「アナとエルサのフローズンジャーニー」は、ボートに乗って、『アナと雪の女王』の物語を追体験し、冒険と“真実の愛”がおりなす壮大かつ心温まる姉妹の物語を楽しむことができる水流ライドタイプのアトラクション。

 ゲストは1台16人乗りのボートに乗り、約6分30秒の旅へ。「生まれてはじめて」や「レット・イット・ゴー~ありのままで~」などの映画の名曲が流れる中、ボートは前や後ろへとさまざまな動きで進み、ゲストはちょっとしたスリルを感じながら、『アナと雪の女王』の魅力的な世界を鮮やかに体験する。

 アトラクション待機列では、「ファミリールーム」「温室」「プレイルーム」「図書室」を通ることが可能。「雪だるまつくろう」のオルゴールが流れる「プレイルーム」では、アナやオラフの人形が動く仕掛けになっている。

「アナとエルサのフローズンジャーニー」 (C)Disney
 旅の始まりは「トロールの谷」から。トロールの長であるパビーが2匹の子どもトロールの前に立ってアナとエルサの物語を語り始め、パビーの魔法でアナとエルサの幼い頃の場面が映し出される。エルサが手を合わせると雪の結晶が生まれ、手のひらから雪だるまが生まれる。

 そして「回想」シーンへ。ボートは暗い洞窟に入り、幼いアナとエルサの出来事の続きを見る。エルサが魔法で作った雪の丘をアナが笑いながら飛び渡っているとエルサが足を滑らせてしまい、魔法が誤ってアナの頭に当たってしまう。その衝撃でアナは雪の丘から転落。

 アナが城の廊下でエルサの部屋のドアをノックし、「雪だるまつくろう」を歌っているシーンになる。しかし、エルサは「あっちへ行って」とアナを遠ざけた。ボートが右に旋回するとドアが回転し、ドアの内側の暗い部屋の中には、ひとりで膝を抱える悲しげな表情のエルサが。ボートはふさぎ込む彼女を後にして後ろ向きに進み出す。

 それから陽の光が差し込む肖像画ギャラリーには、戴冠式を迎えて気持ちが高ぶっている大人になったアナの姿が。アナはロマンティックな絵画の前でうれしそうに 「生まれてはじめて」を歌う。

 図書室へと進むとボートは一時停止して右に旋回。そこには緊張した表情の大人になったエルサがいた。エルサは片方の手に燭台を、もう一方の手には丸い陶器を持って戴冠式の練習をしており、ありったけの力と勇気を振り絞って自分を保ちながら「生まれてはじめて」を歌う。エルサの右側にある扉が開くとボートは進み、前方へと滑り落ちる。

 夜の場面となり、大きな時計塔では、アナとハンスが二人で「とびら開けて」を歌いながら踊っている。二人のシルエットがアレンデールの港に停泊している船の帆に映っている。

 ボートが城の中庭へと入ると、アナがエルサに、どうしていつも一人でいるのかと聞いている。するとエルサは怒って思わず氷の魔法を放った。鋭くとがった氷の柱がアナとハンスに向かって地面から突き出し、それを見た二人とウェーゼルトン公爵は息を呑む。中庭が凍り始め、ウェーゼルトン公爵がエルサを指さして「魔法使いだ!」と叫んだ。

「アナとエルサのフローズンジャーニー」 (C)Disney
 ボートは凍った滝と凍った柳が輝くすばらしく美しい木立に到着。雪だるまのオラフが、アナとクリストフ、スヴェンに自己紹介し、エルサがいる方角を教える。

 ノースマウンテンを上っていくと、果てしなく雪に覆われた景色の中で「レット・イット・ゴー~ありのままで~」歌っているエルサが登場。彼女の手から魔法が放たれ、雪の中に氷の階段を築き、氷の宮殿を造り上げていく。ありのままの自分でいられる場所を造ったエルサは、自信を持って歌い続けた。エルサが指揮をするように優雅に手を振ると、音楽に合わせて氷の魔法が天井に向かって進み、素晴らしい宮殿が完成する。

 エルサが「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を歌いあげるとボートは後ろ向きに進み、宮殿への扉が閉まると渦を巻く吹雪に見舞われる。アナがこの冬を終わらせてほしいとエルサに頼むと、氷の魔法がアナにぶつかり、アナは胸を押さえて倒れ込んだ。ボートが後ろ向きのまま進み、岩だらけの場所に入ると、頭上に吹雪の中でエルサに向かって剣を振り上げるハンスの姿が映し出される。

「アナとエルサのフローズンジャーニー」 (C)Disney
 ボートはアレンデールの港にたどり着いた。心からアナに謝るエルサの気持ちが届いたのか、凍っていたアナの氷が溶けて元通りに。ボートが右から左へ向きを変えるとオラフが立っており、「真実の愛が凍りついた心を溶かしたんだよ」とうれしそうに言った。

 宮殿の中庭に着くと、エルサによって見事な氷の彫刻に変わった噴水があり、上空には氷の花火が打ち上がる。アレンデールの氷職人兼配達員として公式に任命された証のメダルを首から下げたスヴェンが、真新しいそりの前で誇らしげに立っている。そりにはクリストフが座り、リュートを弾き鳴らしながらスヴェンに話しかけていた。オラフは氷った噴水に乗ってスケートのように滑って楽しんでいる。エルサとアナは手をつなぎ、笑いながらアイススケートをしていた。

 最後に、ボートが花の咲き誇る美しい庭を通ると、オラフがうれしそうにゲストに話しかけ…。

「アナとエルサのフローズンジャーニー」 (C)Disney
 『アナ雪』エリア「フローズンキングダム」は、『アナと雪の女王』の世界が広がるエリア。雪や氷を操る魔法の力を隠し続けてきたエルサがその力をありのままに受け入れ、“真実の愛”で魔法を自由に操ることができるようになった、映画が幕を閉じた後の幸せな世界が舞台となっている。アトラクションを後にすると、また違った「フローズンキングダム」を感じられるかもしれない。

【「ファンタジースプリングス」概要】
オープン日:6月6日(木)

この記事の写真を見る

行きたい

東京ディズニーシー

アナと雪の女王

東京ディズニーリゾート

ディズニー

映画

千葉

南関東(埼玉/千葉/東京/神奈川)

おでかけ

取材

特集・レポート

あわせて読みたい

[ADVERTISEMENT]

Hulu | Disney+ セットプラン

おすすめフォト

【行きたい】今読まれている記事

【欲しい】今読まれている記事

【イチオシ】今読まれている記事