夜景鑑賞士たちオススメ! “実際に行ってみて良かったイルミ”3部門が発表

おでかけ
2020年11月8日 12:00
夜景鑑賞士たちオススメ! “実際に行ってみて良かったイルミ”3部門が発表
ハウステンボス「光の王国」(長崎)

 「第八回イルミネーションアワード」の授賞式が、11月5日(木)に開催。「総合エンタテインメント部門」、「イルミネーション部門」、「プロフェッショナルパフォーマンス部門」の3部門が発表された。


■夜景のプロが選ぶ「イルミネーションアワード」

 同アワードは、全国5880名の夜景鑑賞士、イルミネーション鑑賞士を対象に「実際に行ってみて良かった前シーズンの冬期イルミネーション」という項目でアンケートを実施し、得票ポイントから各部門のランキングを決定したもの。

 ランキングは、「総合エンタテインメント部門」、「イルミネーション部門」、「プロフェッショナルパフォーマンス部門」、「YCVB 特別賞(主催者特別賞)」の3部門に分かれて発表。今年は、新型コロナウイルス感染対策をした上で、“3密”を回避しながら楽しめる施設が注目された。

■総合1位はハウステンボス!

 「総合エンタテインメント部門」1位には、8年連続でハウステンボス「光の王国」(長崎)がランクイン。2位には、さがみ湖「イルミリオン」(神奈川)、3位に「大阪・光の饗宴 OSAKA光のルネサンス」(大阪)が続いた。

「あしかがフラワーパーク 光の花の庭 Flower Fantasy」(栃木)
 一方、LEDストリングス(紐形状)やネットライト(網形状)などをメインに使用した「イルミネーション部門」では、あしかがフラワーパーク「光の花の庭 Flower Fantasy」(栃木)が、5年連続の1位を受賞。続けて、江の島「湘南の宝石」(神奈川)、「さっぽろホワイトイルミネーション」(北海道)がランクインした。

「伊豆ぐらんぱる公園 グランイルミ」(静岡)
 また、専門性と技術性が評価される「プロフェッショナルパフォーマンス部門」の1位は、前年「総合エンタテインメント部門」で3位だった、伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」(静岡)が獲得。2位以降には、なばなの里イルミネーション(三重)、レオマリゾート「レオマ光ワールド」(香川)が選ばれた。

この記事の写真を見る

行きたい

イルミネーション

イベント

ランキング

おでかけ

あわせて読みたい

欲しい!最新ニュース

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング