田中美佐子 関連記事

  • 『獣になれない私たち』に出演する黒木華、新垣結衣、田中美佐子

    新垣結衣、黒木華、田中美佐子の『獣になれない私たち』女子会が楽しそう

    エンタメ

     ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ/毎週水曜22時)公式インスタグラムが6日、女優の新垣結衣、黒木華、田中美佐子がビール片手に乾杯する様子をアップ。ファンから「顔面偏差値高いい」「笑顔最高やで」といった声が寄せられている。@@cutter 本作は、脚本家・野木亜紀子と新垣が再びタッグを組んで贈るラブストーリー。誰からも好かれ頼られるがゆえに疲弊する深海晶(新垣)と、毒舌のエリート会計士・根元恒星(松田龍平)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、ぶつかり合いながら自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  5日放送の9話で、千春(田中美佐子)の息子・京谷(田中圭)のマンションで千春と鉢合わせした京谷の元カノ・朱里(黒木)。その後、同じく京谷と別れた晶(新垣)のマンションに逃げ込むも、千春は仲の良かった晶のマンションにもやってきて…という展開が描かれた。  公式インスタグラムは「盛り上がる女3人のみ会」として、ハッシュタグで「京谷のマンションでの」「鉢合わせからいろいろあって」「意気投合した3人 」「会えてよかった」「生きててよかった」と1枚の写真を投稿。  これに対しファンから「朱里ちゃんの涙と晶ちゃんの反抗シーン思わず涙しました…みんな負けるな!」「田中美佐子さんの演技とても面白かったです!録画して何度も笑いました!!」「すごい楽しそうだったー!! 良い絆に発展してて素敵」といったコメントが殺到。「来週で最後なんて寂しすぎる」と最終回後の“けもなれロス”を恐れる声もあった。 引用:https://www.instagram.com/kemo_nare_ntv/

  • 『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣

    新垣結衣&黒木華&田中美佐子の友情に「かわいい」の声 『獣になれない私たち』第9話

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が5日に放送され、晶(新垣)と朱里(黒木華)、そして2人の元カレの母・千春(田中美佐子)が、笑顔でビールを酌み交わすシーンに、視聴者から「女の友情だねぇ」「かわいい」などの声が寄せられた。@@cutter 晶(新垣)が業務改善を進めた結果が出始め、入社した朱里(黒木華)もSEチームとなじんでいる。そんな中、社長の九十九(山内圭哉)は、晶を“営業部の特別チーフクリエイター部長”に昇進させることを発表。  夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子)が京谷(田中圭)のマンションを訪ねると、そこでとっくに別れたと聞いていた朱里と鉢合わせ。朱里はマンションを抜け出し晶の部屋に逃げ込むが、そこにも千春が訪ねてきて…。  朱里は晶の自宅に逃げ込んだものの、そこに千春が来てしまう。そして千春はバー「5tap」で、京谷が朱里を自宅マンションに住まわせていたこと、そのまま晶と4年間付き合っていたことを聞かされる。「育て方を間違っちゃったかしら…」と悔いる千春に対して、晶は「私もちゃんと自分の気持ちを言えてなかったし…」と語り、一方の朱里も「私、京谷さんがいないと死んでたかもしれなくて…」とフォロー。朱里の言葉を聞いた晶が「朱里さんが生きてて良かった…生きて、ここで3人でビール飲んでる…」と涙を流すと、つられて朱里と千春も泣いてしまう。  京谷が「5tap」に駆けつける頃には、3人はすっかり意気投合。千春は京谷に「今3人で飲んでるから、そっち言ってなさい!」と一喝すると、3人は笑い合いながら会話を続ける。このシーンに対して、ネット上には「女の友情だねぇ。生きててよかった」「なんかすごい展開になってきたなぁ」などの声が多数寄せられた。  さらにビールを酌み交わす3人の関係性について、視聴者からは「3人の姿を見てると泣けてくる」「みんなかっこよくてかわいい」「可愛くて幸せなシーン」などのツイートも投稿されていた。

  • (左から)田中圭、新垣結衣、田中美佐子

    新垣結衣&田中圭&田中美佐子の3ショットに反響 『獣になれない私たち』

    エンタメ

     ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式インスタグラムが27日、ヒロインを演じる女優の新垣結衣、俳優の田中圭、田中美佐子の3ショットを投稿。ほほえましい1枚に、ファンからさまざまな反響が寄せられている。@@cutter 「相模湾から更に愛を込めて」というコメントとともに投稿されたのは、同作に出演する新垣、田中圭、田中美佐子が海をバックに寄り添いポーズをとるほほえましい3ショット。新垣が演じるヒロインの恋人・京谷を田中圭が、その母・千春を田中美佐子が演じており、インスタグラムでのこの3ショットは第1話放送前に投稿された1枚以来となる。  先週の21日に放送された第7話では、晶が相模にある京谷の実家を訪れ、千春と再会。夫の介護で苦悩する彼女に寄り添う、という感動的な場面が描かれた。  第7話ではさらに、京谷との交際についても1つの結論を下した晶。彼女にとっては激動となった前話について示唆するかのように、同アカウントはハッシュタグで「#この3人は再び会えるのか」と添えている。  コメント欄には、「田中美佐子さんの演技がうますぎて泣きました」「もう泣いています」「晶と千春さんの縁は切れないでほしいな」といったドラマ本編に対する反響が続々と寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kemo_nare_ntv/

  • (左から)田中圭、新垣結衣、田中美佐子

    『獣になれない私たち』新垣結衣&田中圭・美佐子“親子”オフショット

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)公式ツイッターが10日、新垣、田中圭、田中美佐子の3ショットを投稿した。ファンからは「この写真だけで撮影現場の雰囲気の良さが物凄く伝わってきます」といった声が届いている。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈るラブ“かもしれない”ストーリー。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、女にモテるエリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、本音でぶつかり傷つきながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。田中圭は新垣扮する晶の恋人、花井京谷を演じており、第1話では京谷が晶を初めて母親・千春(田中美佐子)に紹介し、3人で会食するシーンが描かれた。  同アカウントのツイッターに投稿されているのは、そんな3人の会食シーンのオフショット。新垣と田中美佐子がグラスを傾けニッコリする手前で、田中圭がフォークを片手にウインク。ドラマでは晶が両親のことを語る羽目になり気まずい空気が流れるシーンだが、写真の3人は和気あいあいとした雰囲気を醸し出している。  ファンからは「とっても良いお写真ですね」「楽しそうではないですか笑笑」「大好きな3人やばい」「可愛いが渋滞してる…!!!」と劇中とのギャップに驚く声や、「ガッキーかわいい!」「田中ウィンク圭ーー!!」「なにそのウィンク、、イケ散らかしてる」と萌える声のほか、「ガッキー 田中美佐子さんとはミックス。以来ですねー 二人の絡みも楽しみしてます」と、2017年の映画『ミックス。』を思い出したコメントも寄せられている。 引用:https://twitter.com/kemonare_ntv/

  • (左から)田中圭、黒木華、菊地凛子

    『獣になれない私たち』ガッキーの恋人役に田中圭、黒木華&菊地凛子出演

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演する10月期新ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に、田中圭、黒木華、菊地凛子らが出演することが明らかになった。新垣演じるヒロインの恋人に扮する田中は「花井という男を楽しみながら生きていきたいと思います」とコメントしている。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈る、今どきの男女のラブストーリー。「常に笑顔」で「仕事は完璧」、誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、「世渡り上手」で「人当たりがよく」女にモテるエリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会い、本音でぶつかる中で傷つきながらも、自分らしく踏み出していく姿を描く。  田中が演じるのは、晶の恋人で大手デベロッパー勤務の優しい保身的な男・花井京谷。黒木は晶のストレスの原因となる「謎の女」長門朱里を演じ、菊地は恒星と最近まで付き合っていたブランドデザイナーで野性味ある情熱的な女・橘呉羽に扮する。  田中は「以前からご一緒したかった主演のお二人、他の方々との共演が楽しみで心踊っています。野木さんのオリジナルシナリオも楽しみですし、初めてご一緒する監督スタッフ、皆で現場を作れたらいいなと、とにかくワクワクしています。素敵な現場になって、それがテレビの前の皆様にも伝わればいいなぁと思います」とコメント。  「素晴らしく面白い方々とご一緒出来ること、大変嬉しく思います」と話す黒木は、「久々のドラマで緊張もありますが、野木さんの脚本を自分自身でも楽しみつつ出来ればと思います」と意気込みを見せる。菊地は「8年振りの野木さんの作品、そして11年振りの新垣さんと松田さんとの共演」と明かし、「楽しみしかありません。素敵な時間を過ごし、素敵な時間を皆様にお届けできたらなと思います」とメッセージを寄せた。  そのほか、田中美佐子、松尾貴史、山内圭哉、犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園、一ノ瀬ワタルなどバラエティ豊かな俳優陣が物語を彩る。  ドラマ『獣になれない私たち』は、日本テレビ系にて10月10日より毎週水曜22時放送(初回10分拡大放送)。

  • 新垣結衣、瑛太、『ミックス。』完成記念イベント&舞台挨拶に登壇

    新垣結衣、瑛太から「大好き」と愛の告白 『ミックス。』完成イベントにキャスト集結

    映 画

     女優の新垣結衣が20日、主演映画『ミックス。』のレッドカーペットイベントおよび舞台挨拶に登場した。卓球シーンは「ゾーンに入ってる気持ち」で熱演したと話し、舞台挨拶では共に主演を務める瑛太に「大好き」と告白される一幕もあった。@@cutter 同作は、卓球を題材にしたロマンティックコメディ。かつて“天才卓球少女”と呼ばれていた富田多満子(新垣)は、平凡な日々を送るも、会社の卓球部エースで恋人の江島晃彦(瀬戸康史)を寝取られてしまう。田舎へ逃げ戻っってきた多満子は、亡き母が経営していた卓球クラブの再生と江島たちを倒すことを目標に、元プロボクサーの萩原久(瑛太)と全日本卓球選手権の男女混合ダブルス部門に出場する。  新垣ら出演キャストは、それぞれペアになってレッドカーペットに登場。詰めかけた1000人のファンと交流を楽しんだ。  撮影を振り返って新垣は「『ミックス。』の世界観がロマンティックラブコメディで楽しい話なので、そういう雰囲気も手伝って、キャストの皆さんと撮影の合間にたくさんコミュニケーションを取って一緒にお話したりゲームしたり、卓球という一つの目標に向かって仲間として過ごせました。すごく本当に楽しかったです」と述懐。共演陣との仲の良さをアピールした。  終盤の卓球シーンは、4日間かけて撮影。「最初は頭で考えて動いてたんですけど、クライマックスのシーンは途中から気持ちで打ってる感じがした。(思考が)飛んでってゾーンに入ってる気持ちになれました。大変だったんですけど、楽屋に戻るたびに、遠藤(憲一)さんたち卓球チームの皆がねぎらってくれたり、先に終わって帰っちゃっても置き手紙をして『頑張って』って言ってくれたりしました」とキャスト陣への感謝を露わにした。  瑛太は「今まで壁ドンって流行ってたじゃないですか。僕がやったのは壁ドンじゃないですから。ドンですから! 日本中のガッキーファンに嫌われる覚悟で、思いっきりやってやりました」と挨拶。客席の男性陣から野太い歓声を浴びた。  舞台挨拶では、今だから言えるお互いの印象を暴露。瑛太は、新垣との共演の希望が叶って「幸せ」と話し始め、「初日からガッキーを知りたくて質問攻めにしました。自分がこの作品に対してどういう熱量でやりたいのか。そして今まで僕はどういう心持ちで俳優の仕事をやってきたのか。そんなところまで話して引かれたところもありました。でも一緒にお芝居しても、一緒に待ち時間を待ってることも多かったんですけどウソがない。自然体で、まわりの空気感を和ませてくれる。黙っていても、すごく気持ちのいい空間にしてくれる。だから…好きです」と急に愛を告白。新垣に「でも、けっこう前から言ってくれてる」と指摘されると「じゃあ、大好き」と言い直していた。  今回のイベントには新垣や瑛太のほか、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、中村アン、トレンディエンジェルの斎藤司(レッドカーペットのみ)、鈴木福、谷花音、田中美佐子(舞台挨拶のみ)、遠藤憲一、石川淳一監督が出席した。  映画『ミックス。』は10月21日より全国公開。

  • 新垣結衣、“国宝級”の可愛さ爆発ショットに反響 「白石先生」の声も「白石先生」の声も ※『ミックス。』インスタグラム

    新垣結衣、“国宝級”の可愛さ爆発ショットに反響 「白石先生」の声も

    エンタメ

     映画『ミックス。』の公式インスタグラムが11日に更新され、ヒロインを演じる新垣結衣が、映画のロゴが刻印されたピンポン球を持つ姿の写真を公開。ファンからは「可愛すぎる、最高、国宝」と反響が寄せられている。@@cutter 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育で“天才卓球少女”として将来を嘱望されたものの、現在は失恋して無職の28歳独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの萩原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘する姿を描くロマンティック・コメディ。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優らが名を連ねている。  インスタグラムには、映画のロゴが刻印されたピンポン球、そして以前より披露されてきたハート型のラケットを持つ新垣の姿を収めた写真が投稿されている。ファンからは「今回も期待通りの可愛さです」「可愛すぎる、最高、国宝」「世の中にこの人より可愛い人はいるのだろうか?」「この表情可愛すぎる」などのコメントが集まっている。  現在、『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系/毎週月曜21時)にも出演中の新垣は、同作でフライトドクターの白石恵を演じており、青い制服姿で登場することが多い。今回投稿された写真でも、新垣が青色のトップスを着ていることから、ファンからは「白石先生やと思った!」「白石先生!」といった声も寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/mix_pingpong/

  • 新垣結衣、“ハート球”とニッコリ 「好きすぎてヤバい」と反響 ※『ミックス。』インスタグラム

    新垣結衣、“ハート球”とニッコリ 「好きすぎてヤバい」と反響

    エンタメ

     新垣結衣と瑛太が共演する映画『ミックス。』の公式インスタグラムが28日、新垣が“ハート球”を持って微笑む姿を収めた写真を投稿。ファンからは「好きすぎてヤバい」などのコメントが寄せられている。@@cutter 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育で“天才卓球少女”として将来を嘱望されたものの、現在は失恋して無職である28歳の独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの荻原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘する姿を描くロマンティックコメディ。出演者には、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世らも名を連ねている。  インスタグラムには、イエローのパーカーにブラックのライダースジャケットを合わせた新垣が、これまでにもインスタグラム上でたびたび披露されている、ハートが書き込まれたピンポン球=“ハート球”を持って微笑む姿が収められている。  写真を見たファンからは、「結衣ちゃん好きすぎてヤバいよ」「愛すぎるガッキーをありがとうございます 1週間のエネルギー源です」「もう見てるだけで癒されます!」「どんなガッキーも最高に素敵です」「ガッキーはどんな服でも似合う」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/mix_pingpong/

  • 新垣結衣の『ミックス。』オフショットにファン歓喜「奇跡の可愛さ」 ※映画『ミックス。』インスタグラム

    新垣結衣の『ミックス。』オフショットにファン歓喜「奇跡の可愛さ」

    エンタメ

     映画『ミックス。』の公式インスタグラムが、14日に更新。ヒロインを演じる新垣結衣のオフショットが公開され、ファンからは「奇跡の可愛さ」など絶賛の声が寄せられている。@@cutter 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育によって“天才卓球少女”として将来を期待されたものの、現在は失恋して無職の独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサー・荻原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘する姿を描く。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世らも名を連ねている。  インスタグラムに投稿された写真には、キャストが勢ぞろいした映画のポスターを持ちながら、柔らかな笑顔を見せる新垣の姿が収められている。この写真は、過日に行われた取材で納められたオフショットとのことだ。  写真を見たファンからは、「天使だしお姫様だし女神様だしとにかくもうだいすきです!」「な…なんでこんなに可愛いんだ死にかけた。奇跡の29歳…。癒しをありがとうございます」「この髪型どストライクです」「奇跡の可愛さ」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/mix_pingpong/

  • 映画『ミックス。』場面写真

    新垣結衣&瑛太『ミックス。』 “頭ポン”の胸キュンシーンなど新場面写真が到着

    映 画

     新垣結衣と瑛太ダブル主演する映画『ミックス。』から、新たな場面写真が到着。瑛太演じる萩原が、新垣演じる多満子の頭をなでる場面ほか、キャスト陣の劇中シーンが公開された。@@cutter 『ミックス。』はかつて母のスパルタ教育により“天才卓球少女”として将来を期待されるも、現在は失恋、無職の独身女・多満子が、妻と娘と別れた元プロボクサーの荻原が卓球の男女混合のミックスダブルスを通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語。  キャストには他に、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世ら個性派が集っている。  今回解禁された写真は6枚。写真では、萩原が少し首をすくめる多満子の頭になでる胸キュンシーンが披露されている。  そのほかにも、乗り込んできた江島(瀬戸)を制する萩原、酔った表情の多満子と同じ卓球チーム「フラワー卓球クラブ」に所属する弥生(広末)が絡み合う場面、多満子と元恋人の江島の出会いの場面、「フラワー卓球クラブ」でペアを組む落合夫婦(遠藤、田中)のツーショット、さらに弥生とペアを組む優馬(佐野)のユニフォームに身を包んでのツーショットなどが公開されている。  映画『ミックス。』は10月21日より全国公開。

  • 新垣結衣&瑛太、『ミックス。』“ダサカワ”ユニフォーム姿解禁

    新垣結衣&瑛太、『ミックス。』“ダサカワ”ユニフォーム姿解禁

    映 画

     新垣結衣と瑛太の共演作として話題を呼んでいる映画『ミックス。』から、場面写真が解禁。新垣と瑛太が“ダサカワ”なユニフォームをまとった姿が初公開となった。@@cutter 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育で“天才卓球少女”として将来を嘱望されたものの、現在は失恋して無職である28歳の独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの荻原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘する姿を描くロマンティックコメディ。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世らも名を連ねた。  解禁された場面写真は、全部で5枚。緑を基調に、所属する「フラワー卓球クラブ」の赤文字とカラフルで可愛らしい花々がデザインされたユニフォームをまとって、真剣な表情で卓球台に向かう多満子と荻原の姿が収められている。  ほかの場面写真には、吉岡弥生(広末)と佐々木優馬(佐野)、落合元信(遠藤)と落合美佳(田中)が、笑顔の多満子と卓球場で集まっている様子や、試合会場で不安げな表情を見せる姿のほか、足を痛めた多満子を気遣う荻原の姿が収められている。果たして、多満子と荻原は全日本選手権出場という目標を達成することができるのだろうか?  映画『ミックス。』は、10月21日より全国公開。

  • 新垣結衣×瑛太W主演『ミックス。』ポスタービジュアル解禁

    新垣結衣&瑛太W主演『ミックス。』特報映像解禁! “コメディエンヌ”新垣に注目

    映 画

     ドラマ『リーガル・ハイ』や『デート~恋とはどんなものかしら~』などで知られるヒットメーカー・古沢良太が脚本を務め、新垣結衣と瑛太が卓球の混合ダブルス(ミックス)ペアとしてW主演を果たす映画『ミックス。』のポスタービジュアルと特報映像が解禁された。@@cutter 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育で“天才卓球少女”として将来を嘱望されたが、現在は失恋して無職の28歳独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの荻原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指し奮闘する姿を描いた新感覚ロマンティックコメディ。共演には、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、斎藤司(トレンディエンジェル)、蒼井優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、遠藤憲一、小日向文世ら豪華キャスト陣も集結。  今回、解禁されたポスタービジュアルで印象的なのは、卓球のラケットを挟み微笑む多満子と、萩原のやや困り気味な表情。2人が卓球を通して、どのように“ミックス”されるかを想像させる仕上がりになっている。  さらに、特報映像で一足早く味わえるのは、失恋して職も失った多満子と、落ちぶれた元ボクサーの萩原が卓球を通して人生と向き合うさま。「あなたみたいな素人と私みたいな中古品が勝てるほど卓球は甘くないよ」と多満子が萩原に辛らつな台詞を浴びせるシーンがある一方、豪華キャスト陣によるコメディ要素も満載。映像のラストでは“コメディエンヌ”としての新垣の新境地も垣間見える。  映画『ミックス。』は、10月21日より全国公開。

  • 新垣結衣と瑛太が映画『ミックス。』で共演

    新垣結衣&瑛太、男女ペアの卓球選手に 新感覚ロマコメでW主演

    映 画

     新垣結衣と瑛太のW主演で贈る、新感覚ロマンティックコメディ『ミックス。』の公開が決定した。本作で2人は卓球選手として混合(ミックス)ペアを結成。瑛太は、卓球映画といえば「日本なら『ピンポン』、韓国映画なら『ハナ~奇跡の46日間』という素晴らしい作品がある」と語るも「そういった作品を上回る作品にしたいと思っています」と意気込みをみせている。@@cutter 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を嘱望された28歳の独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた萩原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘する姿を描く、新感覚ロマンティックコメディ。監督は、かつて『リーガル・ハイ』で新垣とタッグを組んだ石川淳一が務め、脚本は古沢良太が担当。新垣と瑛太のほか、キャストには広末涼子、遠藤憲一、田中美佐子、佐野勇斗、瀬戸康史、永野芽郁が名を連ねた。  「元天才卓球少女で、今は“普通の結婚をして普通の幸せを手に入れたい”と必死になっているアラサーの女性ですが、失恋をきっかけに卓球をまた始めることになり前に進んでいく」と役どころを解説する新垣は、卓球の練習をした際、瑛太の姿勢に感銘を受けたという。「大きい声でその場を盛り上げようとしてくださって、作品に対する熱意がすごくある人なんだと思いました」。  しかし、当の瑛太によれば、「最初『ガッキー』と呼べばいいのか『新垣さん』と呼べばいいのかわからなかったので、『ガッサン』みたいな風に呼んでしまって、その照れ隠しで練習中『これはいけるぞ!』と声を出して誤魔化したというか(笑)」とのこと。そんな瑛太いわく、見どころは新垣との恋愛シーンだという。「新垣さんとの恋愛シーンは今もすごくドキドキしていますが、壁ドンどころじゃないんですよ。もうドンっていう感じなんですよね。壁なんて使わない。ちょっと勇気を出して撮影に臨みたいと思います」。本作で初共演となった二人は、どんな卓球を、そして恋愛を見せるのだろうか?公開に向けて、今から期待が高まる。  映画『ミックス。』は2017年秋 全国東宝系公開。

  • 映画『彼らが本気で編むときは、』ビジュアル

    生田斗真&桐谷健太が恋人役を演じる『彼らが本気で編むときは、』予告編公開

    映 画

     生田斗真と桐谷健太が恋人役を演じることで話題の映画『彼らが本気で編むときは、』より、本編映像が初公開となる予告編が公式サイトにて解禁となった。トランスジェンダーの女性という難役に挑戦した美しい生田の姿や、そんな恋人を支える優しいマキオを演じた桐谷の新しい魅力溢れる映像になっている。@@cutter 本作はトランスジェンダーの女性リンコ(生田)と、彼女のすべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷)、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)の3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描いた作品。『バーバー吉野』『かもめ食堂』『めがね』などを手掛けた荻上直子監督がメガホンをとり、文部科学省の選定作品にも選出されている。  映像では、食卓を彩るリンコの手料理や初めてのキャラ弁、髪を可愛く結んでもらったりと、家庭の温もりと愛情を受け、戸惑いながらも徐々に心を開いていくトモが描かれる。また他にも11月11日に逝去したシンガーのりりィさんをはじめ、ミムラ、小池栄子、門脇麦、田中美佐子ら、豪華女優陣の顔ぶれも見られる。  さらにイメージソングである、ゴスペラーズによるカバーソング「True Colors」も予告編と同時に解禁。1986年にシンディ・ローパーが発表したこの曲は、ビルボード・ホット100で2週間1位を記録、世界中で大ヒットし幅広い世代から愛されている楽曲だ。  また、今まで劇場などに設置されていたポスターやチラシ、公式ウェブサイトで使用されていたキービジュアルは、リンコ役の生田一人が大きく配置され、海辺でひとり佇み目を伏せた意味深な表情が評判を呼んでいたが、今回解禁された新しいキービジュアルは、リンコに加えマキオとトモも登場。まるで「家族」のように寄り添う姿が写し出されている。  『彼らが本気で編むときは、』は2017年2月25日公開。

  • 荻上直子監督最新作『彼らが本気で編むときは、』豪華女優陣出演決定。

    ミムラ、ネグレクトの母親役に!生田斗真主演『彼らが本気で編むときは、』女優陣集結

    映 画

     生田斗真がトランスジェンダー役に挑む荻上直子監督最新作『彼らが本気で編むときは、』に、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦という豪華女優陣が出演することが明らかとなった。@@cutter 本作は、女性として再出発しようとしているトランスジェンダーのリンコとその恋人・マキオのもとに、母親に置き去りにされた少女・トモが引き取られてきたことから、三人が奇妙な共同生活をする姿を描いた作品。生田が女性への性別適合手術を受けたトランスジェンダー役を演じることでも話題となっている。  今回、出演することが発表されたミムラは、桐谷健太演じるマキオの姉であり、娘のトモを置き去りにして行方をくらます母親・ヒロミ役を演じる。ミムラは、「題材的に社会問題にも踏み込んだものが多く描かれています」と本作についての思いを寄せる。  トランスジェンダーのリンコ(生田)の母親・フミコ役を務める田中は、「脚本を最後まで一気に読み切ってしまうくらい、とても感動しました。まさに監督のいま一番描きたいことが、この脚本の中にはすべて詰まっていると思います」と語る。  そして、トモの同級生カイの母親・ナオミ役の小池は「恋愛には寛容でいてほしい、いられる人になってほしいと、この映画を観た人には期待します」、マキオとヒロミの母親・サユリ役のりりィは「男女を超越した人間愛。そこには男も女も、年齢制限もない。愛するってそういうこと」、リンコの職場の同僚・佑香役の門脇は「様々な社会問題が盛り込まれていますが、人間関係が希薄になっていく社会で、一緒になるのが困難だからこそ、人間の繋がりの大切さや温かさが描かれるところを観て欲しいです」とそれぞれコメントを寄せた。  映画『彼らが本気で編むときは、』は2017年2月25日より新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほかで全国ロードショー。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access