ショートショートフィルムフェスティバル 関連記事

  • AKIRA、『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2019』アワードセレモニーに出席

    AKIRA、三池崇史監督からの祝福に「感謝しかありません」

    映画

     EXILEのAKIRAが16日、都内で行われた国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2019」アワードセレモニーに出席。三池崇史監督から結婚を祝福され、感謝の言葉を伝えた。@@cutter 同映画祭は、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭。世界130の国と地域から応募されたおよそ1万本の作品から選りすぐりの約200作品を、東京5会場のほか、初となるオンライン会場にて上映する。  当日、EXILEのHIRO、別所哲也、作詞家の小竹正人が3人で打ち出した、詩と音楽、映像を1つに融合するプロジェクト「CINEMA FIGHTERS project」第3弾の完成が発表。AKIRAは、同プロジェクトで製作された5作品のうち、三池監督の作品『Beautiful』に出演している。  HIROは「素晴らしい監督さんと出会いがあって、それぞれすごい世界観になっています。今回から小竹さんと監督さんが直接打ち合わせして作ったので、曲に入り込みやすい作品になりました」とコメントした。  三池監督は、被災地を舞台に描いたという『Beautiful』について「デリケートな部分も含んでいたので、勇気を出してもう一歩進んでみるか、みたいな」と解説。続けてAKIRAの方を振り返ると「言ってみればあれですね。結婚おめでとうございます。こういう前向きな映画ですね」と、先日、女優リン・チーリンとの結婚を発表したAKIRAへの祝福を混じえながら、同作の前向きさを伝えた。  AKIRAは「ありがとうございます」と恐縮しつつ、「監督もお祝いの言葉を言ってくださったんですけれど、人生の節目を迎える前に、俳優としても一歩背中を押してくれるような、思い入れのある作品になりました。本当に感謝しかありません」と感謝。  さらに「ファーストシーンからラストまで、短い尺の中で良さを伝える楽しさと難しさというのがあるので、短い時間で監督を理解して演じるというのは、とても緊張した部分もあります。でも、監督が演出のひとつひとつから寄り添ってくださる温かい方でしたので、いつか長編でもご一緒できたらと思いました」と思いの丈を語った。

  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」レッドカーペットイベントの様子

    ショートフィルムの祭典に岩田剛典、山下健二郎らイケメン集結

    映画

     4日都内で、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」(SSFF & ASIA 2018)のレッドカーペットイベントが開催された。イベントには、俳優の斎藤工や濱田龍臣、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典や山下健二郎らが登場して会場を彩った。@@cutter 同映画祭は、米国アカデミー賞公認の短編映画祭。20周年を迎えた今年は「Cinema Smart~想像力で人生を発見する~」をコンセプトに、世界130以上の国と地域から集まった1万本以上の作品より、約250作品を上映する(東京8会場)。実行委員会委員長は別所哲也。  4日のレッドカーペットイベントには、フェスティバルナビゲーターであり、本映画祭の公式テーマソング『FUTURE』を担当する三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEから岩田や山下が、青柳翔、白濱亜嵐、HIROとともに参加。別所とともに報道陣の撮影に応じた。  また、斎藤工がサプライズ登場。左襟足付近のヘアカラーを変えた個性的なミディアムヘアーを披露し、にこやかな笑顔を見せた。  会場には、他にもVERBALやDream Ami、飯島直子、土屋アンナらが報道陣の前に登場し、同イベントの開催を祝った。  「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」は、6月24日まで開催中。

  • 欅坂46・織田奈那と櫻井淳子ダブル主演『未来のあたし』メインビジュアル

    欅坂46・織田奈那、初主演作が国際短編映画祭にノミネート

    映画

     欅坂46の織田奈那と女優の櫻井淳子がダブル主演し、織田にとっては初主演作となるショートフィルム作品『未来のあたし』が、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018(SSFF & ASIA 2018)」のジャパン部門に入選、ノミネーションされたことが分かった。@@cutter 本作は、46歳の家庭を持つキャリアウーマン(櫻井)が過去にタイムスリップし、高校時代の自分(織田)と出会う物語。今年初め、豊島圭介監督と織田の共通の故郷・静岡県浜松市で撮影が行われた。普段はグループ活動が多い織田は心細さと緊張で演技に固さが見られたものの、監督からの指導と櫻井のリードもあって、しっかりとした役作りで本番に臨めたという。  豊島監督の作品が「SSFF & ASIA 2018」にノミネートされるのは、2015年にDefTech MICROが主演した『すけ坊』以来3年ぶり2度目。本映画祭のジャパン部門からは優秀賞やオーディエンスアワード(観客賞)などが選出され、グランプリは次年度の米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象作品になる。  織田は「自分が参加させていただいた作品がノミネーションされたことはとっても嬉しいですが、まだ自分のことじゃないみたいでとても驚いています」と信じられない様子。さらに「自分の演技を客観的にちゃんとみたのは初めてだったので少し恥ずかしかったです。演技してる自分が自分じゃないみたいでした」としつつ、「他の方からみて、自分の演技がどのように映るのか分かりませんが、全力で頑張ったので何か感じて頂けたら嬉しいです」とコメント。  作品について「自分の未来のことについて考えるというのは誰しも学生時代にあったと思うしだれもが悩むことなのでこの作品をみて、今未来のことについて考えてる人もまだ考えていない人も自分の未来を前向きに考えてくれたらいいなと思います」と語っている。  「SSFF & ASIA 2018」は、6月4日からの東京開催を皮切りに、日本各地のナショナルツアー、日本国外で開催、展開される。

  • 岩田剛典、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」オープニングセレモニーにて

    三代目・岩田剛典、極寒撮影で監督に恨み節「ちくしょー」

    映画

     三代目J Soul Brothers、EXILEのメンバーである岩田剛典が、1日に都内で実施された「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」の舞台挨拶に桜庭ななみと出席。主演を務めた短編映画『SWAN SONG』の、極寒の中で行われた撮影を振り返って、「監督を恨んでました」と明かした。@@cutter 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」は、米国アカデミー賞が公認したアジア最大級の国際短編映画祭。「シネマファイターズ」は同映画祭の特別企画で、 作詞家・小竹正人の世界観を具現化する6本のショートフィルムのことだ。その1本である『SWAN SONG』(落合賢監督)は、未曾有の大寒波に襲われた地球を舞台に、名前も知らない女性に恋をしたギタリストのアサヒ(岩田)が、親友の女性・ウミ(桜庭)と共に、人生最後の曲「スワンソング」を届けようと歩む姿を描く。  岩田は監督から「カットをかけるまで歩いてください」とオーダーされ、30分近く歩き続けた極寒の撮影について、「監督を恨んでましたね。『ちくしょー』と思いながら、その気持ちを押し殺してやっていたんですけど(笑)」と述懐。ロケは全て新潟で行われたそうで、「新雪がすごくて、大体1メートルくらいある新雪の中を歩いていたので、本当に一歩一歩が大変だったのが、すごく記憶に残っています」と苦労を明かしたが、「現実離れした設定でのお芝居は初めてだったのですが、そういう世界観の中に組み込ませていただいて、楽しく撮影させていただきました」と満足げな表情も見せた。  そんな岩田と共演した桜庭も、極寒の撮影には苦労したようで、「岩田さんが進んだからこそ、私も進めたというか。一人だったら本当に、自分でカットをかけていたと思います(笑)」と苦笑。続けて「それくらい大変だったんですけど、その大変さが自分たちの演技を助けてくれたんじゃないかな」と感慨深そうに語っていた。  「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」は6月1日~6月25日まで開催。

  • 山田孝之、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」オープニングセレモニーにて

    山田孝之、33歳にして制服姿披露「ドッキリかと思っていました」

    映画

     俳優の山田孝之が、1日に都内で開催された「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」の特別企画「シネマファイターズ」完成披露発表会に出席。主演を務め、制服姿を披露した短編映画『パラレルワールド』について、「ドッキリなのかなと思っていました」と明かした。@@cutter 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」は、米国アカデミー賞が公認したアジア最大級の国際短編映画祭で、「シネマファイターズ」は同映画祭の特別企画として、作詞家・小竹正人の世界観を具現化するために製作された6本のショートフィルム。その内の一編として製作された『パラレルワールド』は、河瀨直美監督がメガホンを取り、15年ぶりに母校を訪れた徹(山田)が天体観測室で一冊のノートを見つけたことをきっかけに、15年前と今が交錯する様を描く。  山田は撮影について、「夏、すごく暑い天体観測室に閉じ込められて、死にそうな思いをしました。必死にがんばりました」と述懐。作品の出来栄えについて聞かれても、「…死にそうでした。死にそうなのが、伝わってきました」と苦笑。そんな山田との共演について聞かれた石井杏奈は、「撮影初日に初めてお会いして、そのまま本番という流れだったんですけど、台本がなくてほぼアドリブだったので、ため口で話さなければならず、すごく緊張した思い出があります。心臓がバクバクでした」と振り返った。  これを受けた山田は、「そんなこと言ったら、(石井を指さしながら)撮影当時18歳、33歳のおじさんが、制服を着て、これはすごいことをやっているんだと。本当にドッキリなのかなと思っていましたけど(笑)、今日本当だったんだなってわかりました」と話して会場を沸かせていた。発表会には、ほかに岩田剛典、鈴木伸之、Dream Amiらも出席した。  「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」は、6月1日~6月25日に開催。

  • 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2014」 俳優・斉藤工が、大橋トリオ「HONEY」をモチーフに監督した『半分ノ世界』に注目が集まる

    あゆ、絢香の名曲がモチーフのショートフィルムプロジェクト 斎藤工の監督作品に注目

    映画

     浜崎あゆみや絢香ら、豪華アーティストの人気楽曲の世界観をモチーフに描かれた6本のオリジナルショートフィルムが完成し、5月29日から開催される「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2014」(通称:SSFF&ASIA2014)で公開が決定。俳優・斎藤工の監督作品などの注目作が揃っている。@@cutter 本企画は、音楽・映像業界の活性化や新たな才能の発掘を目的に、アジア最大級の国際短編映画祭「SSFF&ASIA2014」とスマートフォン向け総合エンタメアプリ「UULA」の、ショートフィルム特別製作プロジェクトとして発足。作品は、同映画祭のミュージックShort部門「UULAアワード」に出品される。  いずれも名曲と映像を融合した秀作だが、注目は俳優の斎藤工が監督した『半分ノ世界』。マルチな才能を持つ斉藤が、大橋トリオの「HONEY」をモチーフに仕上げた作品である。また、昨年の同映画祭同部門の受賞者・門馬直人監督が浜崎あゆみの「LOVE~Destiny~」をモチーフに制作した『君を想う』も前評判が高い作品だ。  映画祭の代表を務める別所哲也は「音楽から生まれたショートフィルムが、国内外の国際短編映画祭で上映され、UULAでも配信されるというプラットフォームは、エンタテインメントの新たな形と可能性を指し示しているのではないでしょうか。各アーティストのファンはもちろん、映画好きの方も今回の特別製作作品をきっかけに音楽を好きになってもらえたらうれしいです」とコメントを寄せた。  「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2014」は5月29日から渋谷ヒカリエホールAほかで開催。詳細は公式サイトまで。

  • JFAハウスにて行われた「旅するボール」完成披露記者会見

    Jリーグが20周年を記念して短編映画を制作! 舞台は震災後の仙台

    映画

     1日、Jリーグ20周年記念特別ショートフィルム『旅するボール』完成披露記者会見がJFAハウスにて行われ、Jリーグの大東和美チェアマン、監督の大川五月、主演の西畑澪花らが出席した。@@cutter ショートフィルム『旅するボール』は、Jリーグが記念すべき20周年を迎えるにあたり、米国アカデミー賞公認のアジア最大級の国際短編映画祭・ショートショートフィルムフェスティバル&アジアがJリーグとタイアップし、「スポーツの持つ力」を映像から表現し、スポーツを通じたより豊かな社会・文化づくりを実現しよういう企画。誕生日を迎える父のために、津波で流されてしまった父の高校時代の寄せ書きを作り直そうと旅に出る12歳の少女が、Jクラブのホームタウンの一つでもある仙台を舞台に、サッカーをきっかけに繋がれていく人々の思いを通して成長していく姿が描かれる。  Jリーグの大東和美チェアマンは「Jリーグが制作するオリジナルショートフィルムが完成して大変嬉しく思うと同時に、多くの方に今までJリーグが掲げてきた理念が少しでも伝わればと思います」と挨拶。ショートショートフィルムフェスティバル&アジアの代表で俳優の別所哲也は「今回Jリーグとタイアップして映画の制作ができたということは、私たちが応援している若き作家、クリエイターたちに明日への切符を手渡したということになります。この作品で世界中の映画祭で賞をとってもらうことが僕の夢です」と熱く語った。  監督の大川五月は「このストーリーを思いついたのは、津波で流されたボールが1年かけてアラスカで見つかったというニュースを見たのがきっかけでした。実はサッカーを生で観たことがなかったのですが、今回の撮影にあたってスタジアムで初めて観て、試合はやっぱりスタジアムで観るのが一番ですね」と話し、少女の父親役の神尾佑は「小学校の頃に仙台に住んでいたこともあって、この作品に出演できたことが非常に嬉しかったです」と感慨深げだった。  サッカー好きで知られる平畠啓史は本作で映画初出演を果たし「この顔ぶれの中で出演させていただいて非常に恐縮ですが、この映画をきっかけにもっと多くの人にJリーグのスタジアムに足を運んでほしい!」と、映画とともにJリーグを盛り上げたいと訴えると、少女の母親役の中嶋朋子は「映画に出てくるJリーグの試合の撮影は、私だけ参加できなかったんです。これを機にJリーグを観に行きたいな」と話した。  最後に主演の西畑澪花は「初めて主演を務めさせていただいて、一生懸命頑張ったので是非観てください」と緊張気味ながらも自らの初主演映画をPRした。  また、主題歌をMONKEY MAJIKが担当することも発表された。MONKEY MAJIKIはメンバー全員が本作の舞台となっている宮城県仙台市在住。今回提供される主題歌『If』は、自身が東日本大震災の被災者であるからこそ伝えられる「忘れてはいけない」というメッセージと、明日を迎えるための「勇気」を与えるピアノ・ロックに仕上がっている。  Jリーグ20周年記念特別ショートフィルム『旅するボール』は、5月23日よりスタートする『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2013』内の『フットボールプログラム presented by J.LEAGUE』でプレミア上映される。

  • 「死神失格」舞台挨拶(第5回沖縄国際映画祭)に登場したなだぎ武、中越典子

    中越典子、なだぎ武の“死神”演技を「リアルで怖い」と激賞、本人も自画自賛!

    映画

     26日、「第5回沖縄国際映画祭」で、国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジアと沖縄国際映画祭がコラボした「死神失格」が上映。弱気でミスを連発する死神役のなだぎ武、女優の中越典子、メガホンを握った渡邊世紀監督が登壇した。@@cutter 本作は爆発事故で多数の犠牲者が出た病院を舞台に、なだぎ演じる死神があの世へ連れて行く人間の数を間違えてしまい、当事者たちを混乱に陥れるダーク・ファンタジー・コメディ。この日、完成した映画を初めて観たなだぎは、「スクリーンを通して観ると、意外に怖かった(笑)」と自信の“死神”演技を確認して自信を得たようで、「オープニングのスピード感もすごくて、目が離せない」と満足気。死神に振り回される主婦役の中越も、「顔と手のメイク、動作も怖かったです。とてもリアル!」となだぎの演技を激賞した。  元来、お笑い芸人としてキャラクターが憑依するような演技力に定評があるなだぎだが、「これまでアメリカ人や変なサラリーマン役はありましたが、人間じゃない死神役はコントでもなかった」と快諾した理由を告白。引け腰の弱々しいキャラクター設定は渡邊監督が特にこだわっていたポイントだそうだが、「何分もかけたシーンがカットしてあった(笑)。まあ、20分しかないショートショートなので、しょうがないですが」と渡邊監督を攻撃すると、「この死神のように平謝りです(笑)」と編集してしまったことを詫びていた。  ただ、「監督としては辛いですが、20分という短いなかで長編に匹敵する印象を抱いてほしい。想像力に刺激するような作品を目指したいと思っていて、それこそがショートムービーの魅力ですよね(笑)」と最後には短編映画の持ち味も指摘した渡邊監督。横で聞いていた中越も「この映画、クセになりました。何度も観ています」と賛辞を捧げ、文句を言ってたなだぎも、「最後に一言だけ言わせてください。ありがとう、いい映画です!」と感謝の念を吐露。終始、緊張気味だった渡邊監督も、晴れやかな表情で舞台を後にしていた。  「第5回沖縄国際映画祭」は、2013年3月23日(土)~30日(土)まで開催中

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access