チョコレートプラネット 関連記事

  • 『R‐1ぐらんぷり2019』やります会見に登場した河邑ミク

    河邑ミク「顔で選んだんかな?」 男性ファンに“ネタを見て”と呼びかけ

    エンタメ

     お笑い芸人の河邑ミクが、30日に都内で開催された「『R‐1ぐらんぷり2019』やります会見」に出席した。今年、初めて決勝の舞台に立った河邑は「男性のお客さん、ネタをちゃんと見ていただきたいですね。結局、顔ばっかり見てる」と語った。@@cutter 『R‐1ぐらんぷり』は、ひとり芸の日本一を決めるお笑いコンテスト。参加資格がプロのみとなる今回は12月29日に予選がスタートし、来春に決勝戦を行う。また、アマチュア向けに『R‐1アマチュア動画ぐらんぷり2019』を開催することも発表された。会見には河邑ミクのほか、レイザーラモンRG、紺野ぶるま、霜降り明星の粗品・せいや、ジャッキーちゃん、しゅんしゅんクリニックP、チョコレートプラネットの長田庄平・松尾駿、トレンディエンジェルのたかし、ゆりやんレトリィバァも出席した。  今年、初めて決勝進出を果たした河邑は「もともとそんなに有名じゃなかったので、それをきっかけに知っていただけて良かったです」と回想。活動の拠点を東京に移したことを明かし「東京のロケとかは、すごくちゃんとしてはるんですけど、大阪のロケとかは、運動会を見に来たお父さんくらい、カメラめっちゃ小っちゃいなあっていうことに気づいて」と語り、「めっちゃ小っちゃかったんや。いつも小っちゃいのでやってたんやと思って。東京に来てから『あ、これがカメラか!』と思って(笑)。すごいです(笑)」と、東京と大阪で感じた違いを明かしていた。  また、かわいらしい顔立ちも相まって、男性ファンが増えたのではないかと聞かれると「R‐1も、もしかしたら顔で選んだんかな? っていうのもあるんですけど。それをありがたく受け止めて。男性のお客さん、ネタをちゃんと見ていただきたいですね。結局、顔ばっかり見てる」とこぼす一幕も。このコメントへの意見を求められたゆりやんは「全く同じ意見です」と返して会場を沸かせていた。  一方のレイザーラモンRGは、カルロス・ゴーン氏をネタにした“アルロス・ゴーン”として登場。「アルロス・ゴーンです」と自己紹介し、鋭い目を巡らせながら「フランスのアルアルノーから来ました」と自己紹介すると、会場は大ウケだった。当日はゲストとして、2018年大会優勝者・濱田祐太郎も登場して凱旋漫談を披露。会見の司会は、はりけ~んず(前田登・新井義幸)が担当した。

  • ソフトバンクロボティクス/ソフトバンク新製品発表会に登壇したチョコレートプラネット

    チョコレートプラネット、ブレイクの実感なし「やっと人並みの給料を」

    エンタメ

     チョコプラことお笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平、松尾駿が、女優・モデルの河北麻友子と共に19日に都内で開催された「ソフトバンクロボティクス/ソフトバンク新製品発表会」に出席した。松尾はブレイクの実感はないと言い「やっと人並みの給料をいただけるようになったくらい」と語った。@@cutter 当日、長田は狂言師・和泉元彌、松尾はヘアメイクアーティスト・IKKOのふん装で登場。松尾は「最近はこういう形でいろいろ呼んでいただけるので、本当にもう、自分がなんなのかよく分からなくなってきてます」と自嘲。IKKOと共演しているCMについては「本当にありがたいです。初めてのCMなので」と笑顔を見せた。  ブレイクぶりについては「寝れてますし、皆さんそうやって言っていただけるんですけど、そんなにお給料の方が爆発的に上がったりとかじゃないので(笑)。全くブレイクしているっていう実感がないんです」と発言。昨年にテレビ番組で公表した給料と比較して「リアルなところ言うと、3倍くらいです」と言い「やっと人並みの給料をいただけるようになったくらい」と明かした。  2018年を漢字一字で表すというお題を受けた長田は「柿!! やっぱり柿ですね。元彌さん、こんなにブレイクすると思わなかったので。最近ね、元彌さんもちょっとテレビ出てきてらっしゃいますので、どこかで共演できたらいいなと思います」と回答。  今年5月に結婚を発表していた松尾は「愛です。結婚できたっていう愛もありますし、よくIKKOさんが『愛をこめて』と仰るんです。本当に今年、IKKOさんの愛によって、僕らは仕事を頂くことができたので。その点でいったら愛です。今もうちょっと、トリオなんじゃないかっていうくらい、一緒になることが多いので(笑)」と話していた。  ソフトバンクロボティクスでは「pepper」以来の新製品となった「whiz」は、オフィスや業務フロア向けの清掃ロボット。当日は、チョコレートプラネットがそれぞれの持ちネタを見せつつ「whiz」のデモンストレーションが行われ、河北は「IKKOさんが立っていたところをちゃんと回りましたよね。すごい。賢い」と感心していた。

  • 若手お笑い芸人による新番組「パワー☆プリン」が始動!

    ライバルはAKB! TBSで2700、ジャングルポケットら若手芸人による新番組スタート

    エンタメ

     TBSが若手お笑い芸人による新番組「パワー☆プリン」をスタート、都内で記者懇談会が行われた。「パワー☆プリン」は、600人以上の候補者から選ばれた若手お笑い芸人がユニットを結成し本格的コントに挑戦するという内容。パワー☆プリンメンバーに選抜されたメンバーは、「キングオブコント2011」で準優勝した2700を始め、ジャングルポケット、パンサー、スパイク、チョコレートプラネット、横澤夏子といった実力派揃いだ。更に、毎回旬な女性アイドルのゲストも予定されている。@@cutter 収録の合間にスタジオで集合したレギュラー陣は、番組への決意を表明。さっそく「コント番組といえば夢の舞台なので頑張って結果を残し、僕らだけでも売れたいなと思っています」とジャングルポケットの太田が言うと、共演者たちからブーイングが。  2700の八十島からは「自分が亡くなった時に、パワー☆プリンのすべてのフィルムを棺桶に巻きつけて燃やしてもらいたいほど、気合が入っています」と意味不明の発言。相方のツネが「エイドリアンですねぇ!」といきなりロッキーのモノマネを披露すると、早くも会場の空気は凍りつきそうな展開になったが、「今、ちょっと氷河期に入っているお笑い界を皆で盛り上げていきたいので、よろしくどうぞ。まずは番組を全国区にしましょう!」とすかさず八十島がフォローした。  パンサーの尾形は「ひとりひとりが街で顔を指さされて、モテて、いい女を抱いて、いい車に乗って… だから頑張りましょう!」とこの番組を通じてビッグになる夢を語ったが、首に巻いているのがグリーンのパンティストッキングだとわかると皆は失笑。メンバーの菅からは「ライバルはコント番組が始まったAKB48。切磋琢磨してやっていきます!」と心強いひとことも飛び出した。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access