miwa 関連記事

  • 髪を切る前のmiwa

    miwa、ばっさりショートヘアで『FNS歌謡祭』に登場 視聴者びっくり

    エンタメ

     シンガソングライターのmiwaが5日、『2018 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に出演。以前のロングヘアからバッサリ切って、ショートヘアとなって登場した。髪が短くなった彼女を、本番組で初めて見た視聴者も多かったようで、ネット上には多くの反響が寄せられた。@@cutter miwaは自身のデビューシングル『don’t cry anymore』を披露したほか、倖田來未&LiSAとコラボしてDREAMS COME TRUEの『雪のクリスマス』、そして第1夜の最後のステージに上坂すみれ、上白石萌音、JUJU、NEWSらと立ち、中島みゆきの『時代』を熱唱した。  視聴者の間で話題になったのはmiwaの髪型。以前は黒髪のロングヘアがトレードマークだったmiwaだが、8月に開催された音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」出演の際に、髪をバッサリ切ってショートヘアにしていた。今回の番組でそのことを知った視聴者も多かったようで、「miwaちゃん髪切ったん?!!?えっ?!」「miwaが髪ばっさりだったの衝撃すぎた」「髪切ったmiwa雰囲気変わってとってもよいよね」「はじめ誰かわからんかった」といった声が殺到。  miwaのスタッフが運営するツイッターも「久しぶり&ショートカットのdon’t cry anymoreいかがでしたか?」とコメント。miwa本人のブログは同番組への出演を報告し、倖田らと出演した面々とのオフショット写真をアップしている。 引用:https://twitter.com/miwastaff/    https://lineblog.me/miwa/

  • TVアニメ『ヒロアカ』、UVERworld&miwaが主題歌アーティストに!PVも解禁

    TVアニメ『ヒロアカ』、UVERworld&miwaが主題歌アーティストに!PVも解禁

    アニメ・コミック

     4月より放送スタート『僕のヒーローアカデミア』の主題歌アーティストが決定。オープニングをUVERworld、エンディングをmiwaが担当することが明らかになった。UVERworldの楽曲は、公開された最新PVにて確認することができる。@@cutter 『僕のヒーローアカデミア』は、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の堀越耕平によるシリーズ累計発行部数が1300万部超の人気コミックを原作としたTVアニメ。舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持つ世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを目指し、雄英校に通う高校生・緑谷出久の成長、戦い、友情のストーリーが繰り広げられていく。  新シリーズ第3期では、デクたちヒーロー候補生やプロヒーローたちと、死柄木弔率いる敵(ヴィラン)連合。そして、その背後にいる、オールマイトの宿敵である“巨悪”オール・フォー・ワンの邪悪な敵たちとの激しい戦いが描かれる。  このたび、『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ第3期の主題歌アーティストが発表。OPは、独自のサウンドと歌詞から若者を中心に絶大な支持を集めるロックバンドのUVERworld。EDは、2010年に若干19歳でデビューしてから第一線を走り続ける女性シンガーソングライター、miwaが担当ことになった。  UVERworldは「主人公が“個性”を授かり、努力し強くなり、仲間と共に強敵に挑む姿は応援したくなります。僕達UVERworldも“個性”という名の音楽を武器に、ヒロアカファンの方々にOPから楽しんでもらえる曲を届けたいです」と、ヒロアカの新たなOPに期待のコメント。  EDを担当するmiwaは「仲間と集まる大切な場所があるって良いなぁ…と思いました。そんな中で『自分を更新して、新しい景色を見に行けるように』というテーマで曲を作りました!」と語っている。  アニメ『僕のヒーローアカデミア』第3期は、4月7日毎週土曜17時30分から読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットで放送スタート。

  • 『miwaのオールナイトニッポンPremium』で共演するmiwaと高梨沙羅

    高梨沙羅、今夜放送『miwaのオールナイトニッポンPremium』にゲスト出演

    エンタメ

     高梨沙羅が、シンガーソングライター・miwaによるラジオ番組『miwaのオールナイトニッポンPremium』28日放送回にゲスト出演することが明らかになった。@@cutter 『miwaのオールナイトニッポンPremium』はmiwaがパーソナリティーを務める3ヵ月限定のラジオ番組。  かねてより親交のある間柄である二人。高梨は以前よりmiwaのファンであることを公言しており、miwaのデビュー曲『don’t cry anymore』をつらいときなどに聞き、励まされてきた。  今回の放送では、高梨が平昌オリンピックのジャンプ女子ノーマルヒルで銅メダルに輝いたときの心境や、大会期間中の過ごし方、選手村での生活、そして、この4年間にかけた想いなど、旧知の仲だからこそ打ち明けられる本音トークを、miwaが引き出していく。また、miwaから高梨選手へサプライズで生歌のプレゼントがあり、高梨選手が思わず涙する場面も見られるようだ。  高梨沙羅がゲスト出演するニッポン放送『miwaのオールナイトニッポンPremium』は、2月28日19時よりニッポン放送をキーステーションに全国ネットで放送。

  • 『君と100回目の恋』初日舞台挨拶に登壇した坂口健太郎

    坂口健太郎、「大切な人は1回でしっかり守りたい!」発言にmiwaの反応は…

    映 画

     俳優の坂口健太郎が4日、都内で行われた映画『君と100回目の恋』初日舞台挨拶にmiwa、竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希、そして月川翔監督と共に登壇した。作品の内容にちなんで「100回繰り返しても守りたいことはなにか?」という質問をされた坂口は「100回も繰り返さずに大切な人は1回でしっかり守りたい」と発言し会場を沸かせていた。@@cutter 本作は、彼女の運命を変えるために100回人生を捧げようとした大学生・長谷川陸と、彼の1回の未来を守るために自分の運命を決めた日向葵海の幼なじみ二人が紡ぐ青春ストーリー。“一途男子”の陸を坂口、葵海をmiwaが務める。  坂口の“一途男子”発言に会場からは歓声が上がったものの、隣にいたmiwaは「言っていることがわからない」と静かな口調ながらしっかりとしたツッコミ。すると所属事務所が一緒の坂口は「僕の発言って抽象的なのかな、いつも『よくわからない』って言われるんですよね」と苦笑いを浮かべていた。  一方、2度目の映画出演にして主演を務めたmiwaは「演じた葵海は、明るくて元気いっぱい、ギターを弾いて曲を作るという部分は、私に近い部分は多かったのですが、一途男子な幼なじみが私にはいないので『陸って私のことが好きなの?』というセリフは難しかった。撮影前は何度もマネージャーと練習しました」と撮影エピソードを明かした。  「全身全霊を込めて作った作品。たくさんの人に観ていただき、一人でも多くの人の心に響く映画になっていただければ嬉しいです」とmiwaが思いを語ると、坂口も「スタッフ、キャスト、監督みんなで育ててきた映画です。皆さんに観てもらい、さらに大きく成長してくれれば…」と客席に呼びかけていた。  映画『君と100回目の恋』は全国公開中。

  • 『君と100回目の恋』miwa&坂口健太郎インタビュー

    坂口健太郎、miwaのツッコミに反論!?「僕は一途です」

    映 画

     あまたあるラブストーリーの中で、2017年、とりわけ胸を焦がすような純愛が生まれた。軽やかな声で老若男女の心をつかむシンガーソングライターのmiwaと、2016年に出演作が相次ぎ、押しも押されもせぬ人気俳優となった坂口健太郎が主演を務める『君と100回目の恋』だ。爽やかな二人の空気感をそっと封じ込めたような、オリジナル脚本が光る本作で、miwaと坂口が魅せたひたむきな恋心とは、一途な思いとは、どのようなものだったのか。@@cutter 『君と100回目の恋』は、同じ大学に通い一緒にバンドを組む幼馴染の日向葵海(miwa)と長谷川陸(坂口)のピュアな恋を描いた物語。陸の気持ちにいまひとつ自信が持てない葵海は、ある日、不慮の事故に遭ってしまうが、気づけば一命をとりとめ過去に戻っていた。戸惑う葵海に、陸は実は自分はタイムリープができる事実をカミングアウトする。  時間を巻き戻してやり直すことができれば、という万人の願いを具現化した本作。タイムリープすることによって、二人は晴れて恋人同士となり、相思相愛の時間を過ごせるようになる。陸の葵海に対する眼差しは常に優しく、抱きしめたり、寄りそったりという乙女心をくすぐる行動は、坂口ファンならずとも悶絶もの。役の上とはいえ、その愛情を一手に引き受けたmiwaは、「陸は、実はずっと見守ってくれていたんですよね。絶対的な安心感があるから、葵海がただただ羨ましいというか。女性として大切に思ってくれる人がそばにいたら、それは天真爛漫に伸び伸びと育つなって思いました(笑)」と、飾らぬ笑みを広げた。  「葵海のことばかりを見すぎて、痛々しいだけの男の子にはなりたくなかったので、いい平均点の取り方にしました」と等身大の陸を注意深く演じた坂口。一途さについては、「陸はすごいなと思いました。そこまで一途に一人の女性を愛せて、命をかけて守ろうとすることは、自分は…できないですよね…」と言葉尻を濁すと、すかさずmiwaが「できないんだ(笑)!」と突っ込んだ。坂口は、「陸ほどの熱量を持ったことはないので(笑)。僕は一途は一途なんですけど、熱量がちょっと(笑)」とのことで、実際の坂口も一途男子ではある、らしい。@@separator 特に思い出に残ったシーンを聞けば、脚立の上に立った葵海を陸が正面から追って登り、そっと口づけを交わす「図書館のシーン」だという。坂口は、「段取りでは脚立の後ろから上がっていって、振り返ったときに目が合うのがきっかけ(でキス)だったんです。でも1回やってみたら女性スタッフは“正面からのほうがドキドキする!”って。やってみたら、皆が”キャーッ”って言ってくれて(笑)」という流れで、スクリーンでは、見事、正面バージョンが収められた。miwaもうなずき、「リハーサルで、スタッフのおじさま二人でやっている姿を見たんですけど、それでも美しかったんです(笑)」と構図の絶妙さも勝因に挙げていた。  劇中ではベーシスト・直哉(竜星涼)とドラムス・鉄太(泉澤祐希)と4人でバンドを組んだ二人。音楽といえばmiwaの持ち場なわけで、ギターに初挑戦した坂口について尋ねると、「身長が高くて、足が長くて、手が大きくて、ギターが似合う。坂口くんは恵まれているよね」と、手放しで称賛。そして実際に「“私たち、売れちゃうね”って言いながらやっていたよね(笑)?」と笑顔で坂口を見つめた。坂口も「うん、ミリオン、ミリオン!って(笑)」と振り返る。ただ、miwaのボーカリストとしての表現について聞けば、坂口は途端に真剣な顔つきに一変。「隣でギターを弾いていましたけど、葵海として歌っているときはすごかったです。びっくりしました。泣いちゃったエキストラの方もいて、miwaが持っているものに感化されているんだろうなと思いました」と熱を込めて語った。(取材・文・写真:赤山恭子)  映画『君と100回目の恋』は2月4日より全国ロードショー。

  • 真野恵里菜、『君100』メンバー愛を告白 ※「真野恵里菜」インスタグラム

    真野恵里菜、『君100』共演者に釈明?「嫌いだったからじゃない」メンバー愛を告白

    エンタメ

     女優の真野恵里菜が30日、自身のインスタグラムを更新。出演している『君と100回目の恋』(2月4日公開)のキャストと食事やカラオケに行かなかったことについて、「嫌いだったからじゃないよ!」と釈明した。@@cutter シンガーソングライターのmiwaと俳優の坂口健太郎がW主演を務める本作は、タイムリープを行うことができる大学生の陸(坂口)が、バンド仲間の葵海(miwa)と織りなす恋愛模様を描く作品。真野は劇中で、バンドを支える相良里奈を演じている。  同日には、miwaや坂口、そして竜星涼、泉澤祐希が劇中歌を演奏する、公開直前ライブイベントが行われた。舞台袖で見守った真野は「みんなの歌ってる姿とてもかっこよかった」とmiwaたちのパフォーマンスを絶賛している。  イベントでは、バンドのメンバーと一緒に食事やカラオケに行くことができなかったことを明かしていた真野。インスタグラムでは仲睦まじげな写真を添えて、「岡山でみんなとのご飯もカラオケもあまり行かなかったのはみんなのことが嫌いだったからじゃないよ!!笑」と釈明した。 引用:https://www.instagram.com/erinamano_official/

  • 『君と100回目の恋』坂口健太郎、miwa描き下ろし楽曲に「音楽聞いたら泣いちゃう」

    『君と100回目の恋』坂口健太郎、miwa描き下ろし楽曲に「音楽聞いたら泣いちゃう」

    映 画

     シンガーソングライターのmiwaと俳優の坂口健太郎が30日、都内で開催された映画『君と100回目の恋』公開直前ライブイベントに、共演の竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希らと出席。坂口はmiwaが書き下ろした楽曲を絶賛し、「音楽聞いたら泣いちゃうね」と語った。@@cutter miwaと坂口がW主演を務める本作は、タイムリープを行うことができる大学生の陸(坂口)が、バンド仲間の葵海(miwa)と織りなす恋愛模様を描く作品。劇中でmiwa、竜星、泉澤とともにバンド「The STROBOSCORP」に扮し、ギターを演奏している坂口は、「本当に触るのが初めてだったから、コードとかも何もわからなくて」と練習に苦戦したことを告白。また、メンバーと一緒にカラオケに行ったことも明かし、「組んだことはないんですけど、もし本当にバンドを組んでいたら、こんな感じなんだろうなって」と楽しそうに撮影の日々を振り返った。  一方、劇中でボーカルを務めているmiwaは、「この3人は、すごく忙しい、本当に今をときめく俳優さんたちで、忙しいスケジュールの中、自分が作った曲を一生懸命練習してくれたっていうのがすごくうれしい」と感謝のコメント。さらに、「それぞれ練習してくれたのを、岡山に行ってから初めて4人で合わせたんですけど、その時に『あっ、すごいな』と思って。『これで、映画行けるね』っていう感じで言ったら、3人ともすっごいうれしそうな顔をしてくれて!」とニッコリ。  これを受けて坂口は、「この作品は音楽が肝となっているんですけど、僕は一つのシーンで、その曲を聞いたら涙が出てきちゃったんですね。そのくらい、心に訴えかけるような曲を彼女が作ってくれて…」と感慨深そうに話し、「音楽聞いたら泣いちゃうね」とmiwaの楽曲を絶賛していた。  映画『君と100回目の恋』は2月4日より公開。

  • 映画『君と100回目の恋』の劇中写真

    坂口健太郎、『君と100回目の恋』で猫男子に仲間入り! 胸きゅんワンシーン公開

    映 画

     坂口健太郎が、茶ブチ猫を抱っこする映画『君と100回目の恋』の場面写真が公開された。このシーンは、伯父・俊太郎(田辺誠一)が営む喫茶店で猫を抱っこしながら何やら考え事をする陸(坂口)を切り取った胸キュンの1枚となっている。@@cutter 本作は、miwaと坂口のW主演で贈る、歌姫と一途男子のオリジナル恋愛映画。彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の時をかけめぐる純愛ストーリー。  近年、北村一輝主演『猫侍』や佐藤健主演『世界から猫が消えたなら』など、イケメンと猫が結びつくいわゆる“猫男子”が映画界を席巻している。5月には大野拓朗主演『猫忍』が公開。中村倫也や中川大志といった若手イケメン俳優と猫の姿を収めたフォトブック『猫男子』なども発売されている。また、窪田正孝、松田翔太なども愛猫家として知られている。本作の坂口と猫の2ショットも、昨今のブームに加わる新たな“猫男子”として胸キュンな1人と一匹になるに違いない。  本作は、miwa演じる大学生の葵海を事故から救うため、坂口健太郎演じる幼なじみの陸がすべてをかけて何度もタイムリープする恋愛物語。劇中でmiwa・坂口が組むバンド「The STROBOSCORP」には、ベースの松田直哉役に竜星涼、ドラムの中村鉄太役に泉澤祐希と若手俳優陣が多数出演する。ほか、葵海の親友・相良里奈役に真野恵里菜、幼い頃から2人を見守ってきた陸の伯父・長谷川俊太郎役には、田辺誠一と実力派が脇を固める。  映画『君と100回目の恋』は2月4日よりロードショー。

  • 『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶に出席した、坂口健太郎

    坂口健太郎、交際報道後初の公の場に登場 「恋をしてほしい」とニッコリ

    映 画

     歌姫と一途男子による恋愛映画『君と100回目の恋』の完成披露舞台挨拶が12日に都内で行われ、W主演を務めたmiwa、坂口健太郎のほか、共演の竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希、月川翔監督が登壇した。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などで共演した高畑充希との真剣交際が報じられた後、初のマスコミの前に登場した坂口だったが、交際について触れることはなかった。@@cutter 『君と100回目の恋』は、時をかけめぐる幼馴染二人の純愛物語。ある日事故に遭った大学生の葵海(miwa)だったが、気づけばなぜか事故から1週間前に戻っていた。混乱する葵海に、陸(坂口)は、実は時間を戻すことができるという秘密を打ち明ける。想いが通じ合い付き合うことになった二人だったが、陸のタイムリープに隠されたもうひとつの秘密が意外な顛末を呼ぶことになる。  この日、金髪姿をお披露目した坂口は、場内の女性から「かっこいい」「かわいい」と黄色い声援を浴びた。今回、バンドも組み、ギターにも挑戦した坂口だが、「初めて完成作を観たときに、恋をしてほしいなと思ったんです。もちろん相手がいる人は、いることがすごいことだと感じたので大事にしてほしいし、恋をしたくなる、バンドもしたくなる色々な気持ちになれる作品です」と、恋愛を推奨し場内をざわつかせていた。  紅白出場などアーティストとして実績と人気を兼ね備えているmiwaは、意外にもバンドを組んだ経験はなく、この映画で初挑戦したという。miwaは「すごく新鮮でした。ひとりで弾き語りをやっていたので、同級生とバンドを組んでいたらこんな感じだったのかなって」と笑顔を見せると、バンドメンバーでベース役の竜星は、「男3人でまず合わせていたんだけど、miwaちゃんが入ったらみんな緊張しまくりで(笑)」と言い、ドラム役の泉澤も「重圧感がすごかった」とmiwaの存在が大きかったと明かし、本人を「本当~!?」と驚かせていた。  『君と100回目の恋』は2017年2月4日(土)より全国公開。

  • 『君と100回目の恋』坂口健太郎&miwaが超接近!

    坂口健太郎、miwaに超接近!『君と100回目の恋』“胸キュン”写真公開

    映 画

     シンガーソングライターで女優としても活動するmiwaと、モデルで俳優の坂口健太郎が主演する純愛映画『君と100回目の恋』の場面写真が解禁された。予告編公開時から胸キュン必至として話題になっている本作だが、今回の場面写真でも目を閉じてキスを待つシーンや頭をポンポンされるシーンなど、キュンとする映画のワンシーンが披露されている。@@cutter 本作は、事故で亡くなる運命を追った女子大生・日向葵海(miwa)と、その運命を変えるためにタイムリープし続ける幼馴染の陸(坂口)との究極の純愛を描いたラブストーリー。自身の誕生日に事故にあってしまった葵海だったが、気がつくと1週間前に見たはずの大学の教室へと戻っていた。動揺する葵海に、幼馴染の陸は「自分が葵海の運命を変えるために、時を巻き戻した」ことを告げる。想いが通じ合った二人は、幸せな日々を送るが、葵海の運命を変えるためのタイムリープには、陸の重大な秘密が隠されていた。  夢もバンド活動も恋も、何事にも一生懸命にまっすぐ挑む葵海をmiwa、ギターも勉強もトップクラスで常に羨望のまなざしを向けられてきた陸を坂口が演じるほか、葵海や陸と同じバンドのメンバーとして竜星涼、泉澤祐希が、葵海の親友・相良里奈役を真野恵里菜、幼い頃から二人を見守ってきた陸の伯父・長谷川俊太郎役を田辺誠一が務める。  この度解禁された場面写真は、ギターを持った葵海の後ろから陸が手を合わせるショットや陸が優しく包み込むように葵海の頭をポンポンしたり、腕をグイッと掴む姿、さらには、キス寸前カットまでキュン死に必至のカットが満載。彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした一途男子・陸と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の葵海。愛する相手の幸せを想う姿が切り取られている。  映画『君と100回目の恋』は、2017年2月4日から全国公開。

  • miwa&坂口健太郎、胸キュン映画『君と100回目の恋』予告編解禁!

    miwa&坂口健太郎、キス寸前…胸キュン必至の『君と100回目の恋』予告編解禁!

    映 画

     人気のシンガーソングライターmiwaと、モデルで俳優の坂口健太郎による胸キュン映画『君と100回目の恋』の予告編映像が解禁となった。映像では、悲しい運命に翻弄される2人が、互いに“愛する人”を想い合うラブストーリーの一端が描かれている。@@cutter 本作は、事故で亡くなった歌姫の少女と、その運命を変えるためにタイムリープし続ける青年の奮闘を描く。自身の誕生日に事故に遭ってしまった葵海(miwa)。しかし、気が付けば1週間前に見たはずの大学の教室へと戻った葵海は、幼なじみの陸(坂口)から「葵海の運命を変えるために時を巻き戻した」と告げられる。  悲しい運命を変えようとする陸と、陸の未来を守ろうとする葵海。今回解禁された予告編では、想い合う2人が時間を巻き戻す中で、「好きだよ、お前のことが……」という陸からの告白。そして、「ずっと一緒にいようねー」と叫ぶ葵海。2人の浴衣デート、ハグ、キス寸前のシチュエーションと胸キュンシーンが続く。しかし一方では、「やり直したくない、どの時間も……」と号泣する葵海と、彼女の運命を変えるために100回の人生を捧げようとした陸の姿に、涙を禁じえないシーンに胸を打たれる。  また、miwaのボーカル、坂口のギターによる劇中バンドThe STROBOSCORPによる楽曲「アイオクリ」も解禁。劇中では葵海と陸が想い合う2人の気持ちを乗せて歌う楽曲で、3日間にわたるライブシーンの撮影では、参加したエキストラが涙したというエピソードも明かされている。  映画『君と100回目の恋』は、2017年2月4日から全国ロードショー。

  • 映画『君と100回目の恋』坂口健太郎、miwaら主要キャストが勢揃い 

    miwa&坂口健太郎、浴衣姿を披露! 『君と100回目の恋』オフショット解禁

    映 画

     シンガーソングライター・miwaと、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』出演の坂口健太郎のW主演で贈るオリジナル恋愛映画『君と100回目の恋』の全国公開が2017年2月4日に決定。miwaと坂口の浴衣姿のオフショット写真も解禁された。@@cutter 本作は、一人の女子大生を事故から救うべく、幼なじみの青年があるきっかけで、何度もタイムリープに挑むというラブストーリー。彼女の運命を変えるために100回人生を捧げようとした一途な男子を坂口が、彼の1回の未来を守るために自分の運命を決めた切なさと強さを併せ持つ彼女・葵海をmiwaが演じる。竜星涼、泉澤祐希、真野恵里菜らも共演する。  今回解禁されたオフショット写真では、白地に赤と青の水玉があしらわれた浴衣に身を包むmiwaと、縞模様の落ち着いた印象を与える浴衣を着た坂口を中心に、、満面の笑みで2人を囲む竜星、泉澤、真野らの姿が写っている。5月初旬からクランクインし、ほぼ1カ月合宿状態で、終始和気あいあいとした中で行われたという本作の撮影。その中ではぐくまれたキャストらの仲の良さがにじみ出る一枚となっている。  また、映画の製作と並行して、「(君100)プロジェクト」も始動中。「週刊ヤングジャンプ」にて、同タイトルの漫画『君と100回目の恋』も連載中であり、秋以降には本作の関連小説の出版も決定。さらにmiwaの劇中でのラブソング・ストロボスコープの楽曲をはじめ、音楽での様々な展開も予定されている。

  • 『君と百回目の恋』チームの真野恵里菜

    真野恵里菜、miwa&坂口健太郎ら『君と100回目の恋』豪華キャスト写真を公開

    エンタメ

     映画『君と100回目の恋』(2017年2月公開)に出演する真野恵里菜が、主要キャストが揃った集合写真を自身のインスタグラムにアップした。竜星涼は半目になっているが、本人的にはこれでもOKらしい。ファンからは「素敵なお写真ありがとうございます。皆さん楽しそうな姿が見れて嬉しいです」などのコメントが寄せられた。@@cutter 映画『君と100回目の恋』はmiwaと坂口健太郎がW主演を務めるラブストーリー。大学生の葵海(miwa)を事故から救うため、幼なじみの陸(坂口)がすべてをかけて何度もタイムリープする展開が繰り広げられる。  キャストの真野は、miwa、坂口健太郎、竜星涼、泉澤祐希らとのチームワークの良さを感じせる写真を投稿。「来年2月に公開予定。お楽しみに!」とアピール。また「みんなで写真撮ると誰かしら変顔する」とも書き込んだ。  ファンからは「帽子は私物なのか衣装なのかな?」「真野ちゃんの変顔はNGなの?」「涼くんの優しい表情が好きだー」などのコメントが届いている。

  • 映画『君と100回の恋』豪華な追加キャストが発表

    映画『君と100回目の恋』竜星涼、真野恵里菜、田辺誠一ら追加キャストが発表

    映 画

     シンガーソングライターのmiwaと俳優の坂口健太郎がダブル主演することで話題を呼んでいる映画『君と100回目の恋』。miwaと坂口に加え、主演映画『シマウマ』の公開を控える竜星涼や若手注目俳優の泉澤祐希、真野恵里菜、さらに田辺誠一ら豪華追加キャストが発表された。@@cutter 本作は、miwa演じる大学生の葵海(あおい)と、彼女の窮地に駆けつけるため何度もタイムリープする坂口演じる幼なじみの陸(りく)の、ロマンスを描いた不思議な青春ストーリー。葵海、陸のバンド仲間で葵海に片思いするベーシスト、松田直哉役に竜星涼、バンド内でのムードメーカー的役割のドラマー、中村鉄太役に泉澤。直哉のことが好きな葵海の親友・相良里奈役に真野、さらに、ダブル主演の二人を見守る陸の伯父・長谷川俊太郎役に田辺がキャスティングされた。  また、陸の指導を行う先輩大学院生・遥役の太田莉菜、葵海の母・圭子役の堀内敬子、大学教授役の大石吾朗も同時に発表されている。  劇中で俳優陣が組むバンドの演奏も見どころのひとつで、ギターの坂口・ベースの竜星・ドラムの泉澤はそれぞれの楽器を猛練習中。竜星は「今回自分にとって最大の挑戦でもあるベースで、仲間たちと今までに味わったことのない、『音楽のチカラ』で青春し、一生懸命爆発して、燃え尽きたいと思います」と意欲を見せている。  葵海の親友・里奈役に決まった真野は「初めて台本を読んだ時、どうなるの?どうなるの?という気持ちが強くて、ページをめくる手がどんどん進みました。月川(翔)監督とは何度かご一緒させていただいてるのですが、今回のようなピュアな恋愛作品を創り上げるのは初めてなので、とても楽しみです」と作品への意気込みをコメントしている。  映画『君と100回目の恋』は、2017年2月公開。

  • 映画『君と100回目の恋』 miwa&坂口健太郎、初共演でW主演

    miwa&坂口健太郎、W主演でラブストーリー “タイムリープ×音楽”のオリジナル映画

    映 画

     miwaと坂口健太郎が、映画『君と100回目の恋』でW主演を務めることがわかった。本作は、大学生の葵海(あおい/miwa)を事故から救うため、幼なじみの陸(坂口)がすべてをかけて何度もタイムリープを繰り返すオリジナルのラブストーリーだ。@@cutter 本作の監督は『黒崎くんの言いなりになんてならない』の月川翔、脚本は『ダーリンは外国人』の大島里美が務め、海辺の街を舞台にした切ない恋模様を描く。  今人気のふたりが初共演でW主演を務めるだけでなく、音楽も魅力のひとつ。劇中ではふたりが仲間と組むバンドの演奏も見どころとなっており、坂口はギターを猛練習中だ。また、miwaが物語の中核を担うラブソングを描き下ろすことも決定している。  miwaは本作について「脚本を読んで、ラストは涙が止まらないほど、とても切ない気持ちになりました」とその感動を語り、劇中で組むバンドの楽曲を作っている最中だそうで「自分で歌うのとはまた違った楽しみがあるなと思っています」と語る。役どころについては「明るく元気で、後先考えずに行動しちゃうところが、自分と似ているところ。坂口くん演じる陸に、とても一途に想われていて本当に幸せ者だなと思います」と微笑む。  一方の坂口は、自身の役を「全部が完璧でダメなところなんて一つもないように見えます。でも、好きな子の前ではついカッコつけてしまうという点では、誰もが共感できる普通の男の子」と説明。また、初挑戦のギターについては「人前で演奏したり、歌うことは全く未知の世界です。しっかり弾けなくてはならない役柄なので、時間を掛けて頑張りたい」と意気込みを語った。  映画『君と100回目の恋』は、2017年2月公開。また、映画の製作と並行して、「(君100)プロジェクト」も始動。4月28日発売の「週刊ヤングジャンプ No.22・23合併号」(集英社)にて漫画連載がスタートするほか、様々な展開を予定している。

  • 綾野剛&miwaの『コウノドリ』2ショット

    miwa&綾野剛、『コウノドリ』2ショット 主題歌担当は「とても光栄でした」

    エンタメ

     シンガーソングライターのmiwaが21日、自身のブログにて俳優・綾野剛との2ショットを公開。綾野が主演し、自身が主題歌を担当したドラマ『コウノドリ』の打ち上げに参加したと報告し、アコースティックギター1本で、主題歌「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」を披露したと明かした。@@cutter miwaはブログで、「こんな素晴らしいドラマの主題歌を、周りの友人やいとこが出産を迎えた今年のタイミングで歌えたことに運命を感じますし、この作品に出会えて本当によかったです!感謝の気持ちでいっぱいです」と同楽曲とドラマを振り返り、「綾野剛さんの初主演ドラマの主題歌を担当させていただけてとても光栄でした」と喜びを綴る。  また「鴻鳥サクラ先生の綾野剛さんは、今までで1番優しくてあたたかくて、本当に素敵でしたよね!キャストの皆様、そしてスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!この作品のおかげで生まれた“あな抱き”をこれからも大切に歌っていきたいと思います」と、決意を新たにした。  ブログには「コウノドリ最終回、すごく感動して、すごくいい作品でしたね!綾野剛さん、カッコいい!」「コウノドリ毎回号泣で見ていました!エンディングで流れるmiwaちゃんの曲が余計に涙をそそりました。コウノドリ先生優しくてカッコよかったです~」「綾野剛との2ショットのmiwa可愛い」「兄妹みたいでいい!」等のコメントが届いている。

  • miwa「ドラえもんの歴史の一員になれて光栄」映画ドラえもん主題歌秘話を語る

    マンガと共に成長してきたmiwa、大人になって「のび太君に感情移入」

    アニメ・コミック

     今年でデビュー5周年を迎え、アーティスト活動のみならず、テレビアニメ『ドラえもん』で声優デビューを果たし、さらに演技初挑戦の映画が公開されるなど、活躍の幅を広げているmiwaが、『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』の主題歌を担当する。映画35周年を迎える記念の作品に携わり「ドラえもんの歴史の一員になれて光栄」と笑顔を見せた彼女に、ドラえもんの魅力や楽曲の制作秘話を聞いた。@@cutter 主題歌を制作するにあたり、「宇宙がテーマということで、スペーシーなサウンドや、お子さんも見る映画なので、サビはエアギターが踊れるような曲がいいなと意識しました」と作曲したといい、作詞については「ドラえもんには“どこでもドアを開いたら、新しい世界にいつでもどこにでも行ける”というイメージを持っていて、その無限の可能性を持っている素晴らしさを込めたくて、360度見渡せば色んなところに可能性は広がっていて、いつだってどこにでも行けるという自由さを感じてもらえたらいいなと思いました」と詩に込めた思いを明かした。  また、ドラえもんを見る際に「のび太君に感情移入して感動している自分がいる」と大人になって改めて気付いたというmiwaは、「きっと自分をのび太君と重ねて、弱い自分もできない自分もいるけど、それでも頑張ることをドラえもんが教えてくれると感じました」と印象を語り、「実際にいつも弱っているので、やっぱりドラえもんにいてほしいですね(笑)。作曲に煮詰まったときに、ちょっと元気が出る道具や作曲手助けマシーンをもらいたいです(笑)」と目を輝かせていた。  さらに、ドラえもんの魅力を聞いてみると、「変わらない存在でいてくれる安心感と包容力を持っていると思うんですけど、人を魅了し続けるものがあり、変化し続ける中で変わらないものを持っているということは、見習うべきところだと思いますし、それが魅力なんじゃないかと思います」と分析した。@@separator なお、今作のオススメポイントについては、「コスチュームを着れば特技が必殺技になるというのがポイントだと思います。ただ単に最強になるわけではなく、その特技は人より良いところなんだと気付けるのはすごいなと思います」と熱い口調で語り、「自分の良さに自分で気付けなくて、人から見たら分かることってあると思うんですけど、そういうところも描かれていて深いなと思いました」と感心していた。  デビュー5周年を迎えたことについて、「小さいころに思い描いていた夢を叶えた自分もいるし、まだ叶えられていないこともあって、デビューしたころには想像つかないような感じですが、どこか思い描いていた部分もあったような気がして不思議な感覚です」と振り返り、「念願の海外レコーディングはできたのですが、海外でライブをやったことがないので、アジア公演とかやってみたいですね」と声を弾ませた。  また、プライベートな一面も探ってみると、「実はマンガが大好きです。小さいころから少女マンガを読んできたので、ずっとマンガと成長してきた感じで、未だに読んでいます」と意外な一面を覗かせ、3月に入り卒業シーズンということで、自分の中で卒業したいことを聞くと、「実家を出たいです(笑)。どうしても母親に頼ってしまうので、そろそろ自立しないとなと思います」とはにかんでいた。(取材・文・写真:風間直人)  『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』は3月7日より全国東宝系にて公開。

  • miwa、初出演映画の舞台挨拶で松坂桃李と2ショット

    miwa、松坂桃李と2ショット公開 ファンのさり気ない行動に「めっちゃ嬉しい!」

    映 画

     シンガーソングライターのmiwaが、自身の初出演映画『マエストロ!』の初日舞台挨拶に出席。同作で主演を務める松坂桃李との2ショットをブログに掲載した。また、舞台挨拶の感想や、イベントに参加していたファンのマナーについて思いを綴っている。@@cutter 『マエストロ!』初日舞台挨拶を振り返り、「映画館でお客さんの顔を見たら、5年前のデビューを思い出しました」というmiwa。「デビュー日にCDショップへ行き、自分のCDがお店に置いてある感動」と例える。  「映画を見終わったお客さんの顔を見たら“あぁ、わたし映画デビューしたんだな”という実感がわきました」と言い、「さっそく映画を観てくれた方から感想が届いてます。このときをどれだけ楽しみに、どれだけドキドキしていたか(笑)」と心境を明かす。  また、ニューシングル「fighting‐Φ‐girls」持参のファンもいたようで、「映画館で、胸の前にファイファイのCDを持って舞台挨拶観てくれていた方がいて!めっちゃ嬉しい!あのさりげなさがmiwaファンマナーっぽくて好き」と、ファンの行動に嬉しさを滲ませた。  ブログには「『マエストロ!』とても良かったです」「初演技と思えないくらいとても上手でした」など、miwaの女優挑戦を絶賛するコメントのほか、「デビュー当時から変わらずの精神だから皆に愛されてるんですね」という、初心を忘れない姿勢への賛辞が贈られている。

  • 本田翼、撮影中は共演者とゲームの話で盛り上がったと告白

    本田翼、松山ケンイチ&星野源と「ずっとゲームの話をしてた」 ドラマ撮影を振り返る

    エンタメ

     NHK放送開始90年を記念し、4K制作でおくるスペシャルドラマ『紅白が生まれた日』。今月9日にクランクインし、31日にクランクアップを迎える本作の撮影中のスタジオで、主演の松山ケンイチ、共演の本田翼、星野源らキャスト総勢8名が取材に応じた。@@cutter 昭和20年、第二次世界大戦終戦からわずか4ヵ月後の大晦日に「紅白歌合戦」の前身となる「紅白音楽試合」がラジオ放送により行われた。本作では、戦争により傷ついた人々に歌声を届けようと奮闘するディレクター、新藤(松山)を中心に、スタッフや歌手たちが織り成す人間ドラマがコメディ色を交えて描かれる。  主演の松山は「(役の)モデルとなった方の映像を見たのですが、(自分と)同じように猫背で、すごく小さい声でボソボソと話していて意外でした。でも中ではものすごく熱く燃えている物を持った人だと思い、それをちゃんと表現したいと思いながらやっています」と語った。  GHQの通訳担当である日系アメリカ人・ジョージ馬淵役に扮した星野源は「今までにいただいたことのない、常にしかめ面のすごく難しい立場の役で、とても充実感を覚えています。同じNHKの『LIFE!』というコント番組では、ブリーフ1丁でほぼ全裸でコントをやっており、すごいふり幅だなと思っています」と会場を笑わせた。  新藤に協力する女子放送員、光江役の本田はNHKドラマ初出演。「最初はドキドキしてましたが、みなさんが優しく接してくださって。松山さんと星野さんとは、同じゲーム好きで、ずっとゲームの話をしてました」とほほ笑んだ。  取材会にはほかに、これがドラマ初出演となり、往年の大スター・並木路子役で「リンゴの唄」を歌うmiwaをはじめ、水の江瀧子役で久々に黒燕尾服姿を披露する元宝塚の大空祐飛、小林隆、六角精児、高橋克実が出席した。  NHK放送90年ドラマ 第1弾『紅白が生まれた日』は3月21日、NHK総合にて21時より放送。

  • miwa&シンディ・ローパー、驚きの2ショット

    miwa、憧れのシンディ・ローパーとの2ショット公開「いつか共演できますように」

    エンタメ

     20日、歌手のmiwaがアメリカから来日していた米ミュージシャンのシンディ・ローパーとのツーショット写真を自身のブログで披露。大ファンであるシンディとの思い出や、いつか共演したいという想いをつづった。@@cutter miwaはこの日、日本武道館で行われたシンディのライブに行ったことを報告。以前にシンディの曲をカバーしていたこと、テレビに初めて出た時に歌ったこと、震災直後のライブで舞台から降りてきたシンディに手を握ってもらったことなど、数々のエピソードを告白。  この日のライブの感想を「号泣でした」と明かすmiwaは、3月に同じく武道館でのライブを控えており、「わたしも3月に立つんだ、ひとりで。でも、シンディの愛溢れるパワフルなステージ姿を見てたら元気と勇気が湧いてきました」と意気込みをみせている。  そして、ステージ終わりのシンディと対面、「前は手を握って歌ってくれたシンディが、ハグしてくれました。いつか、共演できますように…」と今後の夢を宣言した。

  • 『マエストロ!』公開直前イベントに登場した松坂桃李

    松坂桃李、綾瀬はるかは「友達です」 熱愛報道を即答否定

    映 画

     映画『マエストロ!』公開直前イベントが1月20日に行われ、出演者の松坂桃李、miwa、西田敏行、エンディングテーマを担当する辻井伸行、小林聖太郎監督が登場。イベント終了後の去り際、松坂は話題となっていた綾瀬はるかとの熱愛報道を否定した。@@cutter 第一声、松坂は「お忙しい時間の中、『マエストロ!』のために割いていただいてありがとうございます」と挨拶。本作で演技初挑戦となるmiwaは「音楽の素晴らしさを伝えられることができて光栄に思っています」と笑顔で一礼し、西田は「自信を持っておすすめできる一級の娯楽作品です」と胸を張る。  司会者から撮影時について聞かれた松坂は「プロオケの方々に直々にご指導いただき、本物の経験を味あわせてもらえた」と振り返る。一方、miwaは「私の役は“天才”という設定があって…どうやって天才を表現すればよいか、悩みました」と述懐した。  イベントでは、本作で謎の指揮者・天道を演じている西田敏行が、劇中演奏曲であるベートーヴェン『運命』を指揮。さらに、盲目ピアニスト・辻井伸行が本作エンディングテーマとなっている楽曲「マエストロ!」を披露し、会場は感動の渦に。  最後に松坂は「音楽の力は偉大なものだと実感している。オーケストラといえどもバラバラな人たちの集まり。ケンカをすることもあります。しかし、この映画には、大勢の人たちで何かをつくる素晴らしさがぎゅっと詰まっています。ぜひご覧ください」と全力でアピール。去り際に、綾瀬はるかとの熱愛関係について報道陣から聞かれていたが、「友達です」と即答、ステージを後にした。  本作は、謎の指揮者と負け組楽団員が巻き起こす、笑いと涙の本格的音楽エンタテインメント。第12回文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞し、第13回手塚治虫文化賞ノミネート作である、さそうあきらの同名マンガを原作に、『毎日かあさん』でヒットを飛ばした小林聖太郎が監督を務める。  映画『マエストロ!』は、1月31日より全国ロードショー。

  • 福山雅治、「恋人にしたい音楽アーティスト」20~60代 全ての世代で1位を獲得!

    福山雅治、世代別でも全て1位!「恋人にしたい音楽アーティスト」ランキング

    エンタメ

     音楽情報誌「CD&DLでーた」(KADOKAWA)は、10~60代の男女を対象とした「恋人にしたい音楽アーティスト」を調査し、ランキング形式で発表した。男性アーティストでは福山雅治、女性アーティストではmiwaが1位を獲得。“恋人にしたい理由”の男女の目線の違いが発見できる面白い調査結果が明らかとなった。@@cutter 男性が回答した“恋人にしたい女性音楽アーティスト”1位に輝いたのは、小さな身体でギターをかき鳴らす姿が印象的なmiwa。その他はaiko、安室奈美恵、May J.、西野カナ、大島優子(AKB48)、きゃりーぱみゅぱみゅなど、長く愛されているアーティストからフレッシュな人物まで幅広くランクイン。  男性の回答で特徴的なのは「かわいい」「歌がうまい」といったようにルックス面と音楽面の両方を満たしていることと、それぞれの得票数に大きな差が出ていないこと。好みの違いはあれ、男性が求めているものは近いのかもしれない。  続いて、女性による“恋人にしたい男性音楽アーティスト”は、20~60代で1位と、幅広い世代の支持を集めた福山雅治が、圧倒的得票で総合1位も獲得。歌やルックスに対してだけではなく、「素敵な年齢の重ね方をしている」「ひょうきんな性格」などの回答が寄せられた。他には、世代別10代で1位、総合2位の櫻井翔を始め、メンバー全員が上位にランクインしている嵐の人気の高さが伺える。  女性が回答した“恋人にしたい理由”は、「生き方が好き」「頭の回転が速い」「生み出す作品が好き」など多様なコメントが目立ち、様々な角度から見ているようだ。  自分の「恋人にしたい音楽アーティスト」は誰か、それはなぜか。考えてみると面白いかもしれない。 ●「恋人にしたい音楽アーティスト」 男女別ランキングTOP10 (調査期間: 2014 年4月7日~4月8日) 【恋人にしたい男性音楽アーティスト】 (有効回答者数 n=1685人) 順位:アーティスト名 1位:福山雅治 2位:櫻井翔(嵐) 3位:木村拓哉(SMAP) 4位:稲葉浩志(B’z) 5位:桜井和寿(Mr.Children) 6位:大野智(嵐) 7位:松本潤(嵐) 8位:二宮和也(嵐) 8位:平井堅 10位:相葉雅紀(嵐) 10位:桑田佳祐 【恋人にしたい女性音楽アーティスト】 (有効回答者数 n=1482人) 順位:アーティスト名 1位:miwa 2位:YUI 3位:aiko 4位:安室奈美恵 5位:May J. 6位:大島優子(AKB48) 7位:きゃりーぱみゅぱみゅ 7位:西野カナ 7位:吉岡聖恵(いきものがかり) 10位:中島みゆき

  • miwaが映画『マエストロ! 』で女優デビュー!

    miwa、女優デビュー! 松坂桃李出演の映画『マエストロ! 』ヒロイン役に決定

    映 画

     松坂桃李と西田敏行が共演する、来年公開の映画『マエストロ! 』に、若い世代から圧倒的人気を集めるシンガーソングライターmiwaの出演が決定。映画初出演で女優デビューを果たす。@@cutter Miwaは3月9日に行われた自身のライブ内で「ここで、みんなに言わなくちゃいけないことがあります。私、miwa、映画に出演します! 」と堂々の女優デビュー宣言。  「明後日からクランクインです。撮影中は音楽との両立になります。経験もなくて、いっぱいいっぱいになってしまいそうだけど、精一杯頑張ります! 」と語ると、観客から「エキストラ? 」という質問が。そんな問いかけに対して「エキストラじゃないよ! 一応、ヒロインです。フルートを吹く役で、今、フルートの練習をしています」と発表し、会場から大きな歓声と拍手を受けた。  本作は、不況で解散したオーケストラの再結成までを極上の音楽に乗せて描く、笑いと感動のオーケストラ・エンターテイメント。若き演奏家を松坂桃李、謎の指揮者を西田敏行が演じ、『毎日かあさん』でヒットを飛ばした小林聖太郎が監督を務める。  その中でMiwaは、天童に連れてこられた天才フルート奏者・あまね役を演じる。本作品で初演技に挑戦するmiwaに対して、原作者のさそうあきら氏は「miwaさんの素晴らしい歌ごころが、ヒロインあまねのフルートにのって皆さんに必ず届くだろうと思います。映画の完成を心待ちにしています! 」と期待を込めたエールを送っている。果たして、miwaはどんな演技を見せてくれるのか、ギターをフルートに持ち替えたその姿にも注目が集まる。

  • 「紅白歌合戦」初出場となった、miwa

    <紅白歌合戦>緊張のmiwaに泉谷しげるが助け船

    エンタメ

    「第64回NHK紅白歌合戦」に初出場するシンガーソングライターのmiwa、が、25日、東京・同局放送センターで行われた紅白出場者発表記者会見に登場し、喜びの心境を明かした。@@cutter 2010年にメジャーデビューを果たした23歳のmiwaは「本当に光栄ですし、すごくびっくりして喜んでおります。そして家族や親戚、応援してくださった皆さまに感謝をしながら、出場できることを胸に受け止めて一生懸命歌いたいと思っております」と、緊張で声を震わせながら、真摯なコメント。そして記者から「紅白で楽しみにしていることは?」という質問が飛ぶと、緊張からか戸惑いを隠せず答えに窮する場面も見られた。  すると、答えを探しているmiwaに隣にいたベテラン歌手・泉谷しげるが「服は自前か衣装かどっちなんだあ?」と助け船。すると、miwaは笑顔をみせて「衣装を作ってもらえるそうなんですよ。でも今日履いているブーツはデビューからずっと履いているので、着ていると思います。私は本当に背や存在も小さいので、過剰すぎない衣装にしたいなと思っています。あとやっぱりいつものギターというパートナーと一緒に紅白に出られるのがすごく嬉しいです」と笑顔で締めていた。  盛岡市在住の民謡歌手で知られる福田こうへいは「被災地そして岩手を元気づけるために、一生懸命魂を込めて歌わせていただきます。必ず私の歌声で皆さまに魂を込めた、心に残る歌を歌っていきます」と、熱のこもった眼差しで決意表明をした。地元である被災地に向けては「何といっても楽天の優勝に続く、こういった明るいニュースなので、岩手のほうにも早く報告をしたい」と想いを募らせていた。  「第64回NHK紅白歌合戦」は12月31日(火)19時15分から23時45分、NHK総合・ラジオ第1で放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access